インターネット回線

ahamoユーザーにおすすめの光回線を徹底検証!

ahamoは月20GBで月額2,980円と格安でスマホを利用することができます。

しかし、今まで適用されていた「ドコモ光」とのドコモ光セット割が適用できなくなります

毎月の通信料の割引がなし!?
そうだよ。だからドコモ光を使う理由がなくなるんだよね。

ドコモ光は月額料金が少し高めの光回線です。

ドコモ光セット割が適用になるから契約している人も多いと思いますが、「ahamo」を契約した場合、ドコモ光セット割が未適用のためドコモ光を契約する必要はありません

このページでは、ahamoに変えた場合、どの光回線を契約したら料金が安くなるかを解説していきます。

はじめにahamoの解説をしておりますので、おすすめの光回線を先にチェックしたいという方は「ahamoユーザーにおすすめの光回線はどこ?」をご覧ください。ahamoの解説をスキップできます。

ahamoってなに?

最近ドコモのahamoが話題みたいだけどahamoって何?
ahamoはドコモが提供する携帯電話サービス。
ドコモの通信設備を利用したサービスで、プランは1種類のみ、すごくわかりやすく低価格な設定になっているんだ。
auでいうUQモバイルとかのサブブランドっていうこと?
ドコモではサブブランドではなく若者向けのプランということになっているけれど、実際にはサブブランドとも言えるね。

ahamoはドコモの若者向けブランドとして2021年3月よりサービスを開始します。

今までのドコモのプランは複雑で分かりにくいというデメリットがありましたが、ahamoは1プランのみと分かりやすくさらに低価格で利用できるブランドとして展開が始まります。

ahamoの詳細情報

先ずはahamoの基本情報から解説していきます。

月額料金 2,980円(1プランのみ)
データ量 20GB/月
通話 5分以内の国内通話無料
回線 4G / 5G
申し込み オンラインでの申し込みのみ

月額料金は2,980円の1プランのみの展開でデータ量は20GB/月となっています。

20GBを超えた場合通信速度が最大1Mbpsに制限されてしまいますが1GB/500円で購入することが出来ます。

通話に関してはドコモはオプションだった5分間の国内通話し放題700円がahamoは2,980円の中に含まれています。

気になる電波は4Gも5Gどちらにも対応しています。

注意しなければいけないのが申し込みで店頭での受付は一切なくオンラインでの申し込みのみとなっています。

それじゃ使い方とかで困ったときはどうすればいいの?
そこは今後サービスが開始されないと分からないところでもあるんだけど、基本的には相談や事務手続きはすべてオンラインのみで店頭では受け付けないらしいよ。
それはそれで少し心配・・・
現時点では店頭でのサポートは一切受け付けないらしいから、サポートで心配ならahamoにすぐに乗り換えるのは少し心配だね。

ahamoの低価格の秘密はサポートにあります。

ahamoのサポートはオンラインですべて行いますので、人件費など販売コストを下げることで低価格で

修理や困ったときのサポートに関してはチャットサービスなどを使って対応すると発表されています。

気になるのはahamoとドコモ光のセット割

ドコモのメインブランドなら当然ドコモ光のセット割は使えるんでしょ?
残念だけどahamoはドコモ光のセット割には対応していないんだよ。

■ドコモ光セット割とは

ドコモを安く利用するには毎月のスマホの通信料が割引になる【ドコモ光セット割】です。
スマホ1台につき最大1,000円の割引が毎月受けられるのでドコモのスマホユーザーにとってはとてもお得な割引サービスです。

1台に付き最大1,000円割引って凄いね!
そうだよ!家族4人が全員ドコモなら最大4,000円割引だよ!

この【ドコモ光セット割】ですがahamoでも利用できればかなりお得となりますが、ahamoでも適用になるのでしょうか?

結論から言ってしまうとドコモ光セット割はahamoでは適用になりません

さらにドコモのスマホには家族でドコモのスマホを利用すると割引になるドコモの家族割がありますがahamoでは家族割も適用になりません。

ahamoでセット割引が適用になる光回線はありませんので、場合によってはドコモからahamoに乗り換えると損をしてしまうこともあるので注意しないといけません。

ドコモからahamoに乗り換えて損をする場合

テレビやネットニュースの中にはドコモからahamoに乗り換えると損をしてしまうと解説することがあります。

では実際どのような場合ドコモからahamoに乗り換えると損をしてしまうのでしょう?

ドコモからahamoに乗り換えると損をしてしまう場合を解説する際に重要なのが、現在ドコモのどのプランに加入しているかがポイントになります。

また家族割が適用になる台数でも乗り換えることで損をしてしまうことになるので先ずは自分がどのプランに入っているか確認しましょう。

ドコモのプランがギガホの場合


ギガホプランは定額料金制で、月に利用できるデータ量は30GBとなっています。

30GBを超えた場合通信速度が1Mbpsに制限されますが、別途1GBにつき500円でデータ量を購入することで通常の速度に戻すことも可能です。

現在ドコモのギガホプランはキャンペーン中でデータ量が60GBに増量されているよ!

ギガホプランの基本料金

ギガホ基本料金 7,150円
定期契約あり -170円/月(割引後料金 6,980円)
みんなドコモ割 -1,000円/月(割引後料金 5,980円)
ドコモ光セット割 -1,000円/月(割引後料金 4,980円)
割引後基本料金 4,980円

上記に加え5分間の通話無料オプション(700円/月)に加入した場合、1台につき月額5,680円となり、月額2,700円ahamoのほうが安く利用できます。

ただしギガホはデータ量が30GB/月(現在はキャンペーン中につき60GB/月)とahamoより10GB多くなっています。

仮にahamoで10GB分を追加で購入した場合1GB/500円なので5,000円の追加料金が発生します。

毎月20GBを超えてデータを利用してなおかつ常に高速通信が必要な場合についてはahamoは損をしてしまいますのでドコモのギガホプランに加入していた方がお得となります。

※ahamoは月20GB迄高速通信が可能です。

ドコモのプランがギガライトの場合


ギガライトはステップ1~ステップ4まで利用したデータ量により料金が変わっていく従量制になります。

データ量を制限することが出来ないので、注意しないと気が付いた時には一番高額なステップ4になってしまったという事になってしまいます。

ギガライトの基本料金と割引(~1GB)

ステップ1(~1GB) 3,150円
定期契約あり -170円/月(割引後料金 2,980円)
みんなドコモ割 -1,000円/月(割引後料金 1,980円)
ドコモ光セット割
割引後基本料金 1,980円

上記に加え5分間の通話無料オプション(700円/月)に加入した場合、ステップ1でデータを抑えられた場合1台につき月額2,680円となります。

ahamoは月額2,980円なのでahamoに乗り換えると損をしてしまいます。

ただしステップ1は月に1GB以下のデータしか利用しない場合で、1GBを超えてしまったらステップ2~4となってしまいます。

1GBを超える月が無いのならばギガライトのほうがお得ですが、1GBを超える場合はahamoの方がお得です。

ギガライトの基本料金と割引(~3GB)

ステップ2(~3GB) 4,150円
定期契約あり -170円/月(割引後料金 3,980円)
みんなドコモ割 -1,000円/月(割引後料金 2,980円)
ドコモ光セット割 -500円/月(割引後料金 2,480円)
割引後基本料金 2,480円

上記に加え5分間の通話無料オプション(700円/月)に加入した場合、1台につき月額3,180円となります。

通話を全くしない場合ステップ2であればahamoよりもお得ですが無料通話のオプションを入れてしまうとahamoのほうがお得になります。

データ量も20GBと多いのでahamoのほうがおすすめです。

ギガライトの基本料金と割引(~5GB)

ステップ3(~5GB) 5,150円
定期契約あり -170円/月(割引後料金 4,980円)
みんなドコモ割 -1,000円/月(割引後料金 3,980円)
ドコモ光セット割 -500円/月(割引後料金 2,980円)
割引後基本料金 2,980円

上記に加え5分間の通話無料オプション(700円/月)に加入した場合、1台につき月額3,680円となります。

ギガライトの基本料金と割引(~7GB)

ステップ4(~7GB) 6,150円
定期契約あり -170円/月(割引後料金 5,980円)
みんなドコモ割 -1,000円/月(割引後料金 4,980円)
ドコモ光セット割 -500円/月(割引後料金 3,980円)
割引後基本料金 3,980円

上記に加え5分間の通話無料オプション(700円/月)に加入した場合、1台につき月額4,680円となります。

現在ギガライトプランを利用していて、データ使用量が5GB以上で無料通話プランに加入なら【~3GBのステップ2】、通話オプションに加入しない場合【~5GBのステップ3】ならahamoに乗り換えることをおすすめします。

ahamoに乗り換えて損をするのは2通り


ギガライトプランのユーザーがahamoに乗り換えることで損をしてしまうのは、データーの利用量がギガライトSTEP1(~1GB)で利用している人の場合、料金が上がってしまうので損をしてしまいます。

データーをあまり使わないから毎月ステップ2(~3GB)ならahamoより安いんじゃないの?
ahamoの一番注意しなければいけないところで、家族割対象の台数によって割引額が違うから注意しないといけないポイントだよ

ステップ2(~3GB)の場合、各割引が適用になればahamoよりも基本料金が安くなりますが、ドコモの契約(家族割引対象回線)が2契約以下の場合には、割引額が少なくステップ2(~3GB)の契約が1台の場合3,680円、2台の場合で3,180円となるので2台以下の場合ギガライトのSTEP2(~3GB)で収まってもahamoのほうがお得になります。

ahamoにすることで損をしてしまうのはドコモのギガライトの契約者で、データの利用量が毎月1GB未満のステップ1の場合のみとなります。

それ以上の場合ahamoに乗り換えたほうがお得です。

ahamoユーザーにおすすめの光回線はどこ?

ahamoはドコモ光セット割が使えないんだね。
そうなると自宅の光回線をドコモ光にすることはないってことだよね?
そのとおり!ドコモ光のセット割が使えないから、ドコモ光にする理由がないよ!

ドコモ光はNTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションサービスの1つです。

利用者も多く安心して利用できる光回線の1つですが、料金に関しては光コラボレーションの中ではそれほど安くありませんが、それでも利用者が増えてきたのはドコモのスマホが安くなるドコモ光セット割が利用できるからです。

しかしahamoはセット割引が利用できなくなるので、わざわざ高額なドコモ光を利用する意味はありません。

そこでahamoユーザーはドコモ光からどの光回線に乗り換えるのがお得なのか解説していきます。

工事もいらない手軽に乗り換えるなら

乗換えるのはいいけど、また工事をするのは面倒だし手軽に安くなるのがいいな!
それなら光コラボの安い会社を選ぶのがいいよ!

ahamoに乗り換えたらドコモ光から料金の安い光回線に変えるのがお得ですが、なるべく手間をかけずに乗換えたければドコモ光と同じ光コラボレーションがおすすめです。

乗り換えるっていってもどの光回線がおすすめなの?
enひかりexcite MEC光が料金も安くておすすめだよ!

現在ドコモ光を使っている方であれば、どちらも光コラボレーションなので工事は必要なく、手続きだけで乗り換えが完了します。

ドコモ光 enひかり excite MEC光
戸建てプラン 5,200円 4,480円 4,500円
マンションプラン 4,000円 3,480円 3,500円

enひかりの基本料金は戸建て4300円、マンション3,300円となっていますが接続方法がIPv4接続となってしまいます。

インターネットを快適に利用するためにも接続はIPv6接続が今後スタンダードとなっていくのでここではオプションの180円を加算した金額で比較しています。

IPv6接続にしてもenひかりが一番安いね!
そうだね。
でも、excite MEC光の方がキャンペーンのおかげでお得になる事が多いよ!

excite MEC光は低価格な光コラボの中ではキャンペーンが充実した光回線です。

実はおすすめ!excite MEC光は高速・低料金exciteMEC光は安さを売りにしているエキサイト光に対し、速さを売りにした光回線です。NTTの光ファイバーを利用した光コラボレーショで次世代ネットワークサービスIPv6 IPoE接続に対応したサービスとなっています。...

今より高速で安いネットが欲しいなら

家族みんなで動画とか見ちゃうとネットが遅くなるんだけど、工事とかあってもいいからもっと早くて高速なネットは無いかな?
それならFon光がおすすめ!
工事は必要だけど今光回線の中で一番安くて速い。
ただし利用できる地域が限られるから注意してね。

光コラボのおすすめexcite MEC光よりもさらに安くておすすめなのがFon光。

Fon光はNURO光のOEMでサービス内容はNURO光とほとんど同じで違う点はマンションプランが無い事と月額料金です。

excite MEC光 NURO光 Fon光
戸建てプラン 4,500円 4,743円 3,980円
マンションプラン 3,500円 1,900円~

ドコモ光から同じ光コラボのexcite MEC光に乗り換えた場合で4,500円になり月額700円も安くなりますが、Fon光はさらに520円安くなるのでドコモ光よりも月額1,220円通信費が安くなります。

品質についても通信速度に定評のあるNURO光のOEMなので上り下り2Gbpsとなっています。

料金が安くなるうえ通信速度も高速になるのでドコモ光から他の光回線に乗り換えるのであればとてもおすすめです。

ただしFon光は光コラボの光ファイバーは利用できないので、改めて光ファイバーの導入工事が必要になります。

また利用できる地域が限定されてしまうのもFon光のデメリットです。

Fon光は現在位以下の地域のみ原点でサービスを展開しています。

北海道エリア 小樽市・札幌市・千歳市・江別市・石狩市・恵庭市
関東エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海エリア 愛知、静岡、岐阜、三重
関西エリア 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州エリア 福岡、佐賀

利用可能な県内であっても場所によっては工事が出来ない地域もあるので申し込みの際は確認が必要です。

ついに申し込み開始!Fon光はNURO光よりお得!?上り下り共に2Gbpsの高速通信サービスFon光がいよいよ申し込みを開始しました。サービス内容は利用者が急増中のNURO光と同様ですが、NURO光とFon光はどのような点が違うのでしょうか?このページではFON光とNURO光について比較をして、おすすめはどちらかを解説中です。...

高速でしかもキャッシュバックが欲しいなら

自宅のネットを乗り換えるならキャッシュバックとかキャンペーンが気になるな
それならFon光じゃなくて本家のNURO光!
NURO光なら契約者すべてに45,000円のキャッシュバックがあるからお得だよ

自宅のネットを乗り換えるならキャンペーンはとても気になるポイントです。

工事費が無料は当然、キャッシュバックやプレゼントなどお得なサービスを期待してしまいます。

キャンペーンについては光コラボレーションはあまり期待できません。

特に新規契約ではなくドコモ光からの事業者変更の場合はキャンペーンに期待はあまりできません。

キャッシュバックなどの特典を期待するならauひかりやNURO光などNTTの回線以外の光回線に乗り換えたほうがキャンペーンは豊富です。

excite MEC光 NURO光 auひかり
月額料金 4,500円 4,743円 5,100円
工事費用 18,000円 0円 0円
キャッシュバック 0円 45,000円 52,000円
excite MEC光は現在「工事費無料キャンペーン+月額料金470円×12か月割引」のキャンペーン中!
詳しくは【実はおすすめ!excite MEC光は高速・低料金】を参考にしてね!

NURO光はキャッシュバックは高額ですが月額料金はOEMのFon光と比較すると月額763円高額です。

また、auひかりはキャッシュバックが一番高いのですが、解約時にかかる回線撤去費用の28,800円がかかるので慎重に選択する必要があります。

キャッシュバックを乗り換えのポイントとして光回線を検討するならば通信速度が速く、ドコモ光よりも安く、キャッシュバックが高額なNURO光がおすすめです。

NURO光の評判は?エリア・キャンペーンについて元回線営業マンが徹底解説NURO光はSo-netが提供するインターネットサービスで関東や関西の一部地域で2013年よりサービスを提供しています。「世界最速」を売りにスタートしたNURO光ですがネット上での評判では良い口コミや、悪い口コミがあふれています。元回線営業マン視点で、NURO光の評判は本当か嘘なのか実際に確認していきます。NURO光の契約前に知っておきたいこと、キャンペーンは何処から申し込むのがお得なのか等、元回線営業マンが徹底解説します。...

まとめ

テレビやネット上ではドコモからahamoに変えるのは損することがあるので注意が必要と解説していますが、料金だけで見るとahamoに乗り換えて損をするのは現在ギガホーダイのプランで毎月20GB以上利用している人とギガライトプランで月のデータ使用量が1GB未満の人。

この2通りのユーザー以外はあくまで料金の面だけで比較するとahamoのほうがお得です。

そのahamoをされにお得に使うなら光回線はドコモ光のままでは損をしてしまいます。

ahamoはドコモの光セット割と関係なくなってしまうので、ドコモ光よりも安いインターネットに乗り換えるとさらに家庭の通信費を節約することが出来ます。