インターネット回線

【2020年版】ドコモ光の料金・評判・プロバイダのキャンペーン比較~元営業マンが解説~

2020年3月ドコモ光工事費無料キャンペーン開催中

工事費用新規契約工事費無料
高機能Wi-Fiルーター契約期間中無料
キャッシュバック最大20,000円プレゼント
dポイント最大10,000円分プレゼント
dカード申し込み5,000円分のGMOポイントカードプレゼント

ドコモ光の公式サイトはこちら

ドコモ光はドコモスマホとのセット割により、スマホ代が安くなるという事で、ドコモユーザーに人気の光回線です。

キャッシュバックも代理店次第では、15,000円前後貰えますので、代理店選びも重要です。

このページでは、ドコモ光の評判・デメリット・メリット・キャンペーンについて元回線営業マンがガチ解説しています。

ドコモ光10Gbpsサービススタート

NTTはフレッツ光クロス上り下り10Gbpsと高速通信プランを2020年4月1日よりサービスを開始しますが、それに合わせてドコモ光もフレッツ光クロス同様の最大通信速度上り下り10Gbpsのサービスを開始します。

サービスの受付は2020年3月23日より順次受付を開始、フレッツ光クロス同様2020年4月1日よりサービスを開始します。

2020年4月1日フレッツ光クロス10ギガ(Gbps)スタート!光コラボはどうなる!? フレッツ光の10Gサービスが解明!! フレッツ光の10Gbpsのサービスがついに正式発表となりました。 サービス名はフレ...

ドコモ光10Gbps 提供エリア

サービスの提供エリアにより受付開始とサービスの開始時期が異なります。

提供エリア受付開始提供開始
NTT東日本 東京都23区の一部2020年3月23日2020年4月1日
NTT西日本 大阪府大阪市2020年4月1日2020年4月13日
NTT西日本 愛知県名古屋市2020年5月11日2020年6月1日

月額料金と利用可能タイプ

通常の1Gプラン同様タイプA、タイプBの他単独タイプから選ぶことが出来ます。

ただし、10Gプランはプロバイダが対応していないと利用できませんので単独タイプを選ぶ際は注意が必要です。

提供タイプ2年契約契約期間無し
10G タイプA6,300円7,800円
10G タイプB6,500円8,000円
10G 単独タイプ5,900円7,400円

ドコモ光10Gプランが利用可能なプロバイダ

ドコモ光10Gプランは一部のプロバイダのみ利用可能です。

利用可能なプロバイダは今後増えていく予定ですが現時点では以下のプロバイダになります。

提供タイプ提携プロバイダ
10G タイプAドコモnet、plala、GMOとくとくBB、andline、hi-ho
10G タイプBBB.excite、ASAHIネット
おすすめのプロバイダは特典が多いGMOトクトクBB
他のプロバイダよりもキャッシュバックが高額でさらにwebショッピングで利用できるGMOポイントももらえるよ。

ドコモ光について

ドコモ光とはNTTの光ファイバーを使ってインターネットに接続するサービスで、ドコモが提供するプロバイダと光回線が一つになったインターネット接続サービスです。

2014年にスタートした光コラボレーションの中の一つでNTTの光ファイバーを利用しているため通信品質も良く、料金もフレッツ光よりも安くインターネットを利用できることからドコモ光を利用する人が増えています。

ドコモのスマホとのセット割により毎月のスマホ代が安くなる事からも人気です。

ドコモ以外のスマホや携帯電話をお持ちの方にはドコモ光はおすすめできません。
ドコモ以外のスマホは「ドコモ光+携帯電話」のセット割の割引を受けることができません

auスマホをお使いの方は、ドコモ光ではなくauひかりなどスマートバリューが使える光回線がおすすめです。
※毎月auのスマホ代が1台につき最大1,000円割引されます。

【注意】スマートバリューの適応条件とセット割について~auひかり以外も対応?~スマートバリューというと、auスマホと固定回線のauひかりを契約すればセット割引になると思っている人が多いようですが、これはカン違い! ...

SoftBankスマホをお使いの人は、おうち割(毎月一人につき最大1,000円割引)が使えるソフトバンク光などの光回線のほうが通信費を大幅に節約することができます。

ソフトバンク光の料金・キャッシュバック・速度について~評判・口コミも有り~ソフトバク光の「新規契約」「乗り換え」を検討しているけど、あと一歩が踏み出せない。 ネット上の評判も悪い評判・良い評判の両方あり、...

光コラボレーション(光コラボ)とは

光コラボ前は、フレッツ光はNTTの独占販売でしたので、インターネットを利用するためには、回線はNTTと契約し、それとは別に自分に合ったプロバイダを契約する必要がありました。

契約が2つのため、請求も別々に来ます。料金も光コラボに比べ高くなってしまいます。

光コラボレーションはNTTが様々な企業にフレッツ光のサービスを低価格で卸販売することで、ユーザにもプロバイダとセットで低価格で自社ブランドとしてユーザーに提供できるようになりました。

さらに、フレッツ光利用者であれば大きな工事も必要なく、手軽にインターネットの乗り換えができるようになったのが光コラボレーションです。

ドコモ光も光コラボの一つということ?
そうだよ!だからドコモ光は料金が安く使えるよ!
ついに解禁!光コラボから光コラボへ乗り換えが可能に!!現在の光コラボに不満がありませんか? 「ネットの料金が安くなる、ネットが速くなる」そんな話だったのに、いざ光コラボでプロバイダを変...

ドコモ光の料金とプロバイダについて

ドコモ光を検討するうえで重要なのが毎月の料金です。

光コラボレーションのおかげでフレッツ光に比べ安くなったと言いますが、いったいどのくらい安くなったのでしょうか。

ここからはドコモ光の大きな特徴でもある料金とプロバイダの関係について説明していきます。

ドコモ光はプロバイダによって料金が違う?

ドコモ光は選ぶプロバイダによって料金が変わります。

プロバイダは、

  • タイプA
  • タイプB
  • タイプC

と3つのタイプに分かれています。

ドコモ光タイプ別料金表

戸建てプランマンションプラン
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円
タイプC5,000円3,800円

ドコモ光プロバイダ タイプA
ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、ニフティ、DTI、ビッグローブ、andline、So-net、Tigers-net.com、エディオンネット、excite、hi-ho、ic-net、SIS、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、@ネスク、TIKITIKI,、01光コアラ

ドコモ光プロバイダ タイプB
OCN、@T-COM、TNC、AsahiNet、WAKEAK、@ちゃんぷるネット

ドコモ光プロバイダ タイプC
プロバイダセット契約無しのためタイプA、タイプB以外のプロバイダを自分で契約するプラン

タイプCはプロバイダ契約がないためタイプA、タイプB以外のプロバイダを自分で契約しなければいけません。そのため上の金額とは別にプロバイダ料金が必要です。

一般的に選ぶのはタイプAかタイプBとなり、何らかの理由でプロバイダを変えることができない場合以外でタイプCを選ぶ事はないといっていいでしょう。

タイプAとタイプBの違いは、単純に月額料金が違うという程度の認識で問題ありません。

結果として、ドコモ光のプロバイダは月額料金の安いタイプA接続方式がIPv6+IPoEを選ぶのがおすすめということになります。

ドコモ光プロバイダに関する評判

ドコモ光のメリットは20社以上もあるプロバイダから選べることだよ!でもプロバイダによって速度・サービス内容がかわるから、ドコモ光はプロバイダ選びが一番重要

ドコモ光の回線速度について


インターネットを利用するのに重要なのが、インターネットの通信速度です。

月額料金が安いプロバイダに乗り換えても、ネットが遅くて動画も見れなかったら光回線を乗り換える意味もなくなってしまいます。

では、ドコモ光の回線速度は速いのか遅いのかを解説していきます。

ドコモ光の回線速度はベストエフォート1Gbpsとなっています。

ベストエフォートというのは最大時の速度ということなので、実際には1Gbpsには及びませんが、通常の利用には十分な速度が期待できます。

ドコモ光は2020年4月1日からフレッツ光クロスと同じ上り下り最大10Gbpsのサービスを開始するよ。
ただし、利用できるのは一部の地域のみで、順次エリアは広がるようだから今後に期待だね!

マンションでドコモ光の利用時は速度が遅い可能性もあるので注意!

マンションでドコモを光を利用する場合、利用する建物の設備の伝送方式により回線速度は最大100Mbpsの場合もあります。

見分け方としては、部屋に光コンセントが設置してある場合は1Gbpsが使用できますが、光コンセントではなくLANコネクタやVDSLの場合100Mbpsとなりますので注意してください。

ドコモ光はプロバイダによって速度が違う?

最近ネットで回線の速度に関して調べると出てくるのが【IPv6】という言葉です。

IPv6とは次世代通信規格のことで、ドコモ光はこのIPv6にすべてのプロバイダが対応しています。

ただし同じIPv6でもPPPoE接続とIPoE接続の2種類の接続方法があり、基本的にPPPoE接続ではIPv6でも回線速度の改善は期待することができません。

IPoEに対応することで今までインターネットが遅い原因とされていたうちの一つ、プロバイダでの混雑というポイントを避けて通ることができ、より快適にインターネットを利用することが出来るようになります。

ドコモ光プロバイダ別接続方式

ドコモ光のプロバイダを選ぶうえで重要なのがインターネットの接続方式です。

タイプサービス名称通信方式
ドコモnetタイプAIPv4 over IPv6機能IPv6+IPoE
GMOとくとくBBタイプAv6プラスIPv6+IPoE
ぷららタイプAぷららv6エクスプレスIPv6+IPoE
ニフティタイプAv6プラスIPv6+IPoE
DTIタイプAIPv6(IPoE)接続サービスIPv6+IPoE
ビッグローブタイプAIPv6オプションIPv6+IPoE
andlineタイプAv6プラスIPv6+IPoE
Tigers-net.comタイプAv6プラスIPv6+IPoE
エディオンネットタイプAIPv6 インターネット接続機能IPv6+PPPoE
BB exciteタイプABB.Excite接続サービスIPv6+PPPoE
hi-hoタイプAIPv6_IPoE接続サービスIPv6+IPoE
ic-netタイプAv6プラスIPv6+IPoE
SISタイプAIPv6サービス(v6プラス)IPv6+IPoE
SYNAPSEタイプAIPv6接続オプションIPv6+IPoE
楽天ブロードバンドタイプAIPv6接続機能IPv6+PPPoE
@ネスクタイプAIPv6対応インターネット接続サービスIPv6+PPPoE
TIKITIKIタイプAIPv6接続IPv6+PPPoE
01光コアラタイプAIPv6接続オプションIPv6+PPPoE
OCNタイプBOCN v6アルファIPv6+IPoE
@T-COMタイプBv6インターネット接続機能(IPoE)IPv6+IPoE
TNCタイプBPPPoE IPv6機能IPv6+PPPoE
AsahiNetタイプBIPv6接続機能IPv6+IPoE
WAKWAKタイプBIPv6接続機能IPv6+IPoE
@ちゃんぷるネットタイプBちゃんぷる光v6プラスIPv6+IPoE
プロバイダ無し契約タイプCプロバイダによるプロバイダによる

ドコモ光はIPoE接続が可能なプロバイダを選ぶ事が重要です。

ドコモ光の速度についての評判・口コミについて

ドコモ光で重要なのは、実際に使ってみて速度が速いかですよね。

速度が遅くてネットに接続するとストレスがたまるようでは意味ないです。

SNSの書き込みを調べてみてもドコモ光の回線速度に関する評判はかなり良いようです。

ドコモ光の回線速度に関する評判

回線速度に関する評判も良く200Mbpsは当たり前でなかには700Mbpsといった測定結果も報告されています。

SNS上では様々な評判ですが、速度の面でもサービスの面でも特にドコモユーザーからは好評です。

ただし、書き込みの中には下のような遅いといった書き込みもあります。


これはIPv6+IPoE接続をしていないためと思われます。

IPv6+IPoE接続を利用している人の場合、上りも下りも回線速度は100Mbps以上出ているようことが多いようですが、PPPoE接続の場合は10Mbpsを切ってしまうこともあるようです。

ドコモスマホが安くなる「ドコモ光セット割」について

ドコモのスマホを利用している方ならドコモ光セット割はご存知だと思いますが、これからドコモ光に乗換えを検討している方のために改めて説明していきましょう。

ドコモ光セット割とは、ドコモのファミリー割引のグループ内でドコモ光の契約があればドコモ光セット割が適応になりスマホの料金が割引になります。

ドコモファミリー割引とは

ドコモファミリー割引とは家族でドコモを利用している場合、ファミリー割引を適応させることで家族のスマホの料金が割引されるという特典です。

ファミリー割引が適応になるのは、

  • 同居の家族
  • 離れて暮らす両親
  • 子供

以上の家族が適応になり、代表回線契約者から3親等の方がファミリー割引を申し込むことができます。

ファミリー割引が適応になる範囲

ファミリー割引の3親等とは法律上の3親等ではなくドコモが定めた3親等となっています
※ファミリー割引は2回線~最大20回線まで適応可能です。

誰か一人がドコモ光を利用していればグループ(家族)すべての回線が割引対象になるよ!

ただし、割引の適応や内容については現在の契約内容により変わってきますので、ドコモファミリー割引を適応させるならば自分の利用環境を確認しておく必要があります。

ドコモ光セット割はいくらお得?

気になるのはドコモ光セット割にするといったいどのくらいドコモのスマホが安く使えるようになるかです。

ドコモのスマホの料金体系はわかりにくく、それに伴ってドコモ光セット割もいくら安くなるのかわからないという声が多くありましたが、2019年7月にドコモの料金プランが大きく変わり非常にわかりやすくなりました。

合わせてドコモ光セット割についてもauスマートバリューやソフトバンクのおうち割同様とても分かりやすい割引サービスになりました。

ドコモの新プランは以下のようになっています。

現在ドコモのスマホを契約する際は

  • ギガホ
  • ギガライト

の2つしか選択肢がありません。

ギガライトはステップ1~ステップ4までのデータ量で、使ったデータ量に応じ月額料金が変わります。

それに合わせドコモ光セット割も1回線最大1,000円の割引が適応になります。

ギガホは月間最大30GBのデータ通信が可能なプランで、外で動画の視聴など多くのデータ通信を行うユーザー向けのサービスです。

ギガホの場合料金が定額なのでドコモ光セット割の割引額は一律1,000円の割引額となります。

上記の例では父が毎月500円、母、息子、娘がそれぞれ毎月1,000円の割引となりますので、家族で合計すると毎月3,500円の割引となります。

さらに、契約者と離れて暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんも自宅でドコモ光を利用していなくても割引の対象になるということになります。

ドコモ携帯を使っていて、光回線はドコモ光ではない人は直ぐにでもドコモ光に変えたほうが良いよ!1人につき毎月最大1,000円の割引は大きいね!

ドコモの旧プランの光セット割は?

当然ですが今までの旧プランもドコモ光セット割の割引対象になりますので、旧プランの方は以下を参照してください。

旧プランは、

  • パケットシェアパック
  • データパック

上記の2つに分かれています。

データパックはスマホ1回線につき1,000円といった割引サービスで分かりやすいのですが、パケットシェアパックは代表回線からの割引となります。

パケットシェアパックとは代表者の利用できるデータ量を家族で分け合って利用するサービスです。

上の表で説明するとウルトラシェアパック100は代表者の100GBのデータ量を家族で分け合って使うというものです。

分け合うプランという事で、良いのでは?と思う人も多いですが、だれか一人がデータを大量に使ってしまうと他の家族が使えるデータが減ってしまうというデメリットがあります。

そのため、パケットシェアパックは、あまりおすすめできません。

現在のプランを確認しドコモ光のセット割にした際にどの割引が適応になるかしっかりと理解しておくことがのちのトラブルを避けることになります。

ドコモ光のセット割に関する評判

2019年7月にスタートした新プランはほとんどのスマホユーザーにとってお得なプランだよ!
旧プランを利用している人は、ドコモの公式サイトで料金シュミレーションが可能だからプランの見直しをすると良いかも!
ドコモの料金シュミレーション

ドコモ光でWi-Fiを使おう!

インターネットを始めたい人や現在光回線を利用している人の多くは、Wi-FIも合わせて利用している人や、これから利用したいという人が多いはずです。

Wi-Fiは携帯電話の機種によってはアップデートに不可欠なアイテムとなっていますし、動画の安定した視聴などには欠かせません。

自宅の光回線をドコモ光にしたときにWi-Fiを利用するにはどうすればいいのでしょうか?

ここではWi-Fiについて基本的なことから説明していきましょう。

今更ですがWi-Fiってなに?

Wi-Fiとは無線LANの規格のことで、無線通信を利用して機器同士のデータ通信を行うシステムのことです。

以前の無線LANは同じメーカーの製品でも機器同士の接続は分かりにくく、相互接続は保証されていませんでしたが、Wi-Fiの規格が一般的になり知識の少ない人でも簡単に機器同士を無線で接続することができるようになりました。

よく「Wi-Fi=インターネット」と思われがちですが、Wi-Fiは機器同士をつなげる電波の規格であって、単体ではインターネットに接続することができません

機器同士を接続しインターネットに接続するためには、Wi-Fi規格に対応した無線LANルーターを用意し、光回線などでインターネットにつなぐ必要があります。

ドコモ光を利用してWi-Fiを使いたいのであれば、ドコモ光を契約し、無線LANルーターを別途用意すれば自宅でWi-Fiが使えるようになります。

ルーターは、一つのインターネット回線で複数の機器に接続できる機器だよ!
現在販売されている一般的な無線LANルーターはほぼWi-Fi規格に対応しているよ!

ドコモ光なら無線LANルーターが無料

ではWi-Fi対応の無線LANルーターはどのようなものを用意するのがいいのでしょうか?

街の量販店に行くと様々なWi-Fi機器が販売されています。

金額も安いもので3,000円から、高いもので30,000円を超すものもあってどれを選べばいいのか迷ってしまいます

簡単なのは店員さんに聞いてしまうのがいいのですが、人によっては高性能すぎる高価な無線LANルーターを進められたりしてしまう事もありますので注意しなければいけません。

無線LANルーターの選び方としては以下のポイントを抑えておくといいでしょう。

  • 家の間取りとルーターの対応している間取りを確認する。(例:2階建て 3部屋等)
  • IPv6+IPoE接続に対応している。
  • 11acという通信規格に対応している

以上のポイントを押さえておけばまず問題ありませんが、設定など自信のない方はバッファローやNEC、エレコム等を選ぶと比較的サポートは良好です。

とはいえ、それでも機種が多くてどれを選べばいいのかわかりませんよね。

ドコモ光ならプロバイダによって無線LANルーターが利用期間中はずっと無料でレンタルできるサービスがあります。

レンタルできるルーターは、「IPv6+IPoE接続」にも対応した高機能ルーターですので自分で選ぶよりも確実で、さらに設定のサポートもしてくれるので安心です。

たくさんのWi-Fiルーターがある中で自分にあったルーターを選ぶのはなかなか大変な作業です。

プロバイダのキャンペーンを利用すれば、手軽にドコモ光でWi-Fiを利用できるようになります。

ドコモ光のWi-Fiに関する評判


ドコモ光でWi-Fiを使った時の速度も通常の利用なら十分の速度が出ています。

GMOとくとくBBのドコモ光ならIPv6に対応した無線LANルーターが無料でレンタルできます!

ドコモ光は高性能のルーターが無料でレンタルできるよ!キャッシュバックも貰えるからおすすめのドコモ光のプロバイダだよ!

ドコモ光の公式サイトはこちら

ドコモ光のキャンペーンについて

光回線を契約する際に忘れてはいけないのがキャンペーン情報です。

キャッシュバックや工事費無料など申し込みの時期によってキャンペーンの内容は変わってきますが、光回線の新規契約や乗り換え時には必ずキャンペーン内容をチェックして比較しないと損をしてしまうことになります。

ドコモ光だけではありませんが光回線を検討の際はキャンペーン情報を随時チェックしておきましょう。

【2020年3月】ドコモ光のキャンペーンについて

ドコモ光のキャンペーンは、

  • NTTドコモが行っているキャンペーン
  • プロバイダや申込窓口が行っているキャンペーン

上記の2つのキャンペーンから成り立っています。

まずは2020年1月時点でNTTドコモの公式サイトが行っているキャンペーンを紹介していきます。

ドコモ公式キャンペーン

ドコモ光新規および事業者変更申し込み、開通でdポイント20,000ポイント、転用での乗り換えで5,000ptプレゼント
※適用条件は少し複雑です。詳しくはドコモ公式サイト「ドコモ光dポイントプレゼント特典」にてご確認ください。

ドコモ光のキャンペーンはネットで調べるといろいろなキャンペーンが出ててきます。

公式サイトのキャンペーンとしては上記のdポイントプレゼントキャンペーンしか行っておりません。

ドコモ光をお得に契約する方法としては、公式サイトからの申込は現金キャッシュバックがなかったりとプロバイダ経由での申し込みの方がお得です。

少しでもお得にドコモ光を契約するなら、ドコモ光のプロバイダから申し込むといいよ!(例:GMOとくとくBB ドコモ光 等)

ドコモ光プロバイダキャンペーン

ネットで見つかるdポイントプレゼント以外のキャンペーンはプロバイダ独自のキャンペーンになります。

ドコモ光のプロバイダ選びは独自のキャンペーンをしっかりと把握することがポイントになりますので、各プロバイダのキャンペーンをしっかりと確認してプロバイダを選びましょう。

キャンペーンの内容に関しては大きく分けて3つです。

  • キャッシュバック
  • Wi-Fiルーター
  • セキュリティソフト

上記の3つが主にキャンペーンの内容となります。

キャッシュバックについては現金もしくはポイントでのプレゼントになり、Wi-Fiルータはプレゼントや無料レンタルといった方法がありますが、どちらでも差はありませんのであまり気にする必要はありません。

中でも料金が安い、タイプAのプロバイダでキャッシュバックとWi-Fiルーターの特典について一覧表にまとめてみたよ!
プロバイダ別キャンペーン一覧
キャッシュバックWi-Fiルータレンタル
GMOとくとくBB20,000円無料
ぷらら15,000円無料
ニフティ15,000円無料
DTI15,000円無料
ドコモネット××
ビッグローブ×無料
hi-ho×無料
楽天ブロードバンド××
SIS××
ic-net×無料
andline×無料*1
@ネスク××
01光コアラ××
TIKITIKI××
BB excite××
SYNAPSEh××
エディオンネット××
Tigers-net.com××

セキュリティソフトに関してはプロバイダにより提供されるソフトが違いますが、1年間無料というプロバイダがほとんどです。

また、無線LANルーターについてはプロバイダによってメーカー・機種様々です。

キャンペーンとして一覧以外のいろいろな特典を用意しているプロバイダも多くあります。中でもGMOとくとくBBは、支払い時お得な【dカード GOLD】を申し込むとさらに5,000ポイントがもらえます。

もう一度「GMOとくとくBB」の「ドコモ光」の特徴を確認しておくと

  • 新規工事費実質無料
  • 月額料金が安い
  • キャッシュバック最大20,000円
  • Wi-Fiルーター無料レンタル

となっており、ドコモ光を選ぶのであれば、「GMOとくとくBB」がベストな選択です。

月額料金
戸建てプラン5,200円
集合住宅プラン4,000円

ドコモ光と言えば「GMOとくとくBB」!今なら新規工事費無料です。
ドコモ光の公式サイトはこちら

ドコモ光おすすめのプロバイダは?

ドコモ光のプロバイダを選ぶポイントは上記で紹介しましたが、

  • タイプ(月額料金)
  • 回線の速度(回線の接続方法)
  • キャンペーン内容(キャッシュバックやルーター無料でレンタル可等)

の3つをしっかりと抑えることが重要です。

3つのポイントを抑えると複数あって選びづらいドコモ光のプロバイダがかなり絞られてきます。

選び方としては、

  • タイプA
  • IPv6+IPoE接続が利用できる
  • キャッシュバックが多い

を選べば、ドコモ光を一番安く、高速で、お得に使うことができます。

この条件が当てはまるのドコモ光のプロバイダは現時点で

    • GMOとくとくBB
    • ぷらら
    • ニフティ
    • DTI

となっており、上記の4社が候補となります。

4社の中でもGMOとくとくBBは料金の安いタイプAで、接続方法もPv6+IPoE接続に加え他のプロバイダよりもキャンペーンが充実している点でおすすめできるプロバイダと言えます。

GMOとくとくBBのドコモ光のキャンペーン内容

プロバイダや公式キャンペーンは時期によってキャンペーンの内容が変わりますが、GMOとくとくBBも他のプロバイダ同様時期によってキャンペーンの内容は変わります。

ただし、キャンペーンの内容が他のプロバイダと比較しても劣るようなことはないので、安心してGMOとくとくBBを選ぶことができます。

では、気になるGMOとくとくBBが現在行っているキャンペンの内容はどのようになっているのでしょうか?

ポイント1 工事費無料!

ドコモ光工事費実質無料キャンペーンがスタート!

ドコモ光を新規契約した場合、工事費通常18,000円が実質無料となります。

dポイントプレゼントキャンペーンが20,000ポイントから10,000ポイントに下がってしまいましたが、それでも8,000円分はお得にドコモ光を契約することができます。

ポイント2 キャッシュバック最大20,000円

ドコモ光と同時にひかりTVやDAZN等の映像サービスを申し込むと最大20,000円のキャッシュバック
ドコモ光の契約だけでもキャッシュバックがありますが、さらにお得にドコモ光を申し込むならドコモ光と合わせて映像サービスの申し込みでキャッシュバックが上乗せされます。

最高でキャッシュバック20,000円になります。

映像サービスは解約にお金もかからないので、不要な時には簡単に解約することができます。

ポイント3 dPOINT最大10,000ptプレゼント

新規契約で10,000POINT、転用契約で5,000POINTプレゼント

dポイントのプレゼントは公式サイトが行っているキャンペーンなので、どのプロバイダを契約しても最大20,000ポイントをもらうことができます。

dポイントについてはこの後説明していきますが、ドコモのdポイントはドコモの支払いなどに使えるのでドコモユーザーにとってはほぼ現金と同様と思っていいでしょう。

ポイント4 訪問サポート無料

ドコモ光だけではありませんが光回線の乗り換えや新規での導入は初期設定が面倒です。

そんなユーザーにとって非常に助かるのが訪問サポートですが、自宅にサポートを呼んで設定してもらうとなると、それなりに高額な費用が発生してしまいます。

GMOとくとくBBのキャンペーンでは、ドコモ光専用無料訪問サポートが以下の内容で無料サポートを受けることができます。

ドコモ光専用無料訪問サポートメニュー設定可能台数
インターネット接続設定各1台
Wi-Fi設定Wi-Fi親機1台+子機1台
メール設定1アカウント
ひかりTV for docomo接続設定各1台
dtvインストール・接続設定各1台
dtvチャンネルインストール・接続設定各1台

ポイント5 Wi-Fiルーターレンタル無料

GMOとくとくBBを契約すると無線LANルーターが契約期間中無料でレンタルすることができます。

GMOとくとくBBでレンタルされる無線LANルーターは通信速度も速いIEEE802.11acという規格に対応している機種で、IPv6+IPoE接続にも対応している高性能ルーターがレンタルされます。

一般的な家庭では十分な性能の無線LANルーターになるので安心して利用できます。

ポイント6 セキュリティーソフトが無料

GMOとくとくBBではセキュリティーソフトマカフィーが1年間無料で利用できます。

マカフィーはセキュリティーソフトの中でも動作が軽いなど評判も良く、当然セキュリティー対策も高次元で可能となります。

セキュリティーソフトを悩んでいるならマカフィーはおすすめのセキュリティーソフトです。

信頼のセキュリティーソフトマカフィーが通常月額500円のところ1年間無料で利用可能なのはかなりお得といえます。

ポイント7 GMOポイント5,000円分プレゼント

GMOとくとくBB利用者がドコモのdカードゴールドを申し込むと、公式特典の最大11,000円分のidキャッシュバック+webショッピングなどで利用できるGMOポイント5,000分を受け取ることができます。

dポイントって何?

dポイントとはドコモの携帯電話を購入する際の利用料金はもちろん、コンビニやファーストフード店などで現金と同じように使うことができるポイントのことです。

dポイントは2種類あり、通常のdポイントと期間・用途限定のdポイントの2つになります。

有効期限用途
dポイント48か月dポイントが使える全てのサービスで利用できます。
dポイント(期間用途限定)獲得したサービスにより有効期限が異なります。一部利用できないサービスがあります。

dポイントは他のカードと違い有効期限が獲得した月から48か月となっているのも特徴で、ご自分のスタイルに合わせ、しっかりとためて使ったり、毎月コツコツと使ったりと自分の好きなように使うことができます。

当然ですがdポイントを毎月のドコモ光の支払いや携帯電話の料金の支払いにも利用することもできます。

光回線や携帯電話の料金は毎月発生するものなので、ポイント還元があるdカードは必須といえるでしょう

dカードってなに?
dカードはNTTドコモが発行するクレジットカードでdカードとdカードゴールドの2種類があります。
dカードゴールドの特徴は年会費が10,000円かかりますが、ドコモ光やスマホの料金の10%がポイント還元されるので、毎月の支払いが約9,000円以上であれば断然お得です。
さらにケータイの保証も購入から3年間、最大10万円の保証も受けられます。

dポイントに関する評判

ついにスタートする消費税増税に合わせポイントもためやすくなっています。
ドコモユーザーならdポイントカードを上手に利用するとポイントもかなりたまります。

ドコモ光のオプションについて

ドコモ光はインターネットだけではなく電話や映像サービスなど様々なオプションが用意されています。

便利なオプションもありますが、中には契約時につけてそのままお金だけ払って、利用していないというオプションも多くあるようなので気をつけてください。

自分に合ったオプションを上手に選ぶことで、よりお得に充実したネットライフを過ごすことができます。

ドコモ光電話(電話サービス)

ドコモ光電話はNTTの固定電話とほぼ同様のサービスです。

従来のアナログ電話よりも月額料金も通話料金も安いのが特徴です。

光電話はアナログ電話と違い停電時には利用することができませんので注意が必要です。

コレクトコール(108)や話し中調べ(114)など一部発信できない番号がありますが、最近ではほとんど利用しない番号なのであまり気にする必要はありません。

アナログ電話と光電話比較

アナログ電話ドコモ光電話
基本料金1,450円500円
通話料金市内/3分8.5円日本全国8円
県内市外/3分20円~40円
県外/3分20円~80円
国際電話/例アメリカ1分60円9円
ドコモ携帯電話/1分20円16円
au携帯電話/1分30円17.5円
ソフトバンク携帯電話/1分40円17.5円

電話番号は変わっちゃう?

光回線を乗り換える際に一番大きなハードルとなるのが電話番号ではないでしょうか?

会社が変わると電話番号をそのまま移動することができないという理由で光回線の乗り換えができないという人はかなりいるようです。

ところが固定電話の番号については2019年の7月に事業者変更という制度がスタートしたことで、電話番号を変えることなく他社に乗り換えすることが可能となりました。

ケーブルテレビや電力系の光回線を引いたときに固定電話を初めて利用した場合は電話番号は相変わらず移動することはできませんが、もともとNTTで利用していた電話番号は、加入権がついている番号も加入権がついていない番号もNTTから電話番号をもらった場合、ドコモ光に乗り換えても電話番号は変わらなくなったのです。

光電話のオプションサービス

光電話のオプションはアナログ電話とほぼ同様で、キャッチホンや転送電話などよく使われるサービスは光電話でも利用することができます。

通話中着信(キャッチホン)通話中にかかってきた電話に出ることができます 300円/月
転送電話(ボイスワープ)かかってきた電話を転送します 500円/月
発信者番号通知(ナンバーディスプレイ)電話に出る前に相手の番号がわかります 400円/月
ナンバーリクエスト番号非通知の相手には自動音声で番号通知を依頼します 200円/月
迷惑電話ストップサービス登録した番号に自動音声で応答できます 200円/月
着信お知らせメール着信があったことを登録したメールにお知らせします 100円/月
ダブルチャンネル1契約で2回線分の同時通話が可能になります 200円/月
追加番号1契約で電話番号を複数ご利用になれます 100円/月

固定電話をそこそこ使う方におすすめなのがドコモ光電話バリューです。

ドコモ光電話バリューは月額1,500円で【発信番号表示・ナンバーリクエスト・迷惑電話ストップサービス・転送電話・通話中着信・着信お知らせメール】+480円分の通話料がセットになったサービスです。

個別にオプション契約すると合計で2,180円分が1,500円となるので非常にお得です。

ドコモ光テレビ(地デジ放送)

現在ケーブルテレビやフレッツテレビでテレビの視聴をしている人もドコモ光はフレッツテレビと同様のオプションサービスがあります。

月額料金750円のみで地デジはもちろん無料のBS放送をBSアンテナなしで視聴することができます。

また、オプション契約をすれば有料のBS放送やスカパー!など様々な映像サービスを利用することができるようになります。

BSアンテナは建物の景観を損なうだけではなく、固定する際のビス止めなど建物への負担も少なくありません。

ドコモ光テレビオプションならわざわざBSアンテナを設置する必要がないのも魅力です。

ドコモ光テレビオプションの4つのメリット

      • テレビにBS・CSチューナが内蔵されていればどの部屋でもBS・CS放送を視聴することができます。
      • ケーブルテレビで必要だった専用チューナー(STB)は必要ないのでリモコンもテレビのリモコンだけでOK!すっきりします。
      • BSアンテナと違い天候で映像が乱れるようなことがありませんので大事な場面を見逃す心配が無用となります。
      • 映像信号を光ファイバーで送るのでアンテナを設置する必要がありません。ケーブルテレビからの乗り換えもスムーズに行えます。

ドコモ光テレビオプションの工事費

テレビ視聴サービス登録料2,800円
テレビオプション基本工事費3,000円
テレビ接続工事(4台まで)19,800円
テレビ接続工事(1台まで)6,500円
自分で工事0円

接続するテレビが1台の場合、初期費用合計12,300円、接続するテレビ2台から4台の場合25,600円がドコモ光の工事とは別に発生します。

テレビのアンテナの設置が一般敵に5万~10万円の費用が掛かることを考えると、台風などでアンテナが飛ばされてしまう心配をする必要もないので割安といえます。

さらに自分で接続をすれば5,800円で済んでしまいます。

少しの知識がある方なら接続は可能なので自分で挑戦してみてもいいでしょう。

テレビを見るならケーブルテレビよりフレッツテレビが安くて便利 ケーブルテレビユーザーの方に多い悩みのようです。 テレビが大好きで一時もテレビのリモコンを離さないという人...

ドコモ光の契約について、気になる点を解消!

ドコモ光を選択したときに気になるのは、契約と工事の流れですよね。

流れを知っておくことで契約から開通までスムーズに進めることができます

ここからはドコモ光を契約の流れと工事について説明していきましょう。

ドコモ光はどこで契約するのがいいのでしょう?

ドコモ光を契約するには以下の様な方法があります。

  • ドコモショップで申し込む
  • 街の量販店で申し込む
  • 訪問販売員から申し込む
  • インターネットで申し込む

ドコモ光の申し込み方法は主に4つの方法となります。

それぞれメリットとデメリットがありますので自分に合った方法をしっかりと選ぶことが重要です。

メリットデメリット
ドコモショップドコモの直営店という安心感非常に混雑している。
キャッシュバックなど特典が少ない。
量販店気軽に行けるキャッシュバックなど特典が少ない。
店本位のプロバイダをすすめられてしまうことがある。
訪問販売員自宅で申し込みできるキャッシュバックなどのトラブルが多い。
いつ営業に来るかわからない。
営業マン本位のプロバイダをすすめられてしまうことがある。
インターネット自宅で申し込みできる
自分の意志でプロバイダを選べる。
キャッシュバックや特典が多い
申し込みのページが複数ある場合、どこから申し込めばいいのかわかりづらい

以上のようにどこで申し込んでもそれぞれメリットとデメリットがあります。

ドコモ光のおすすめの契約先は、キャッシュバックや特典に期待ができるインターネットからの申し込みです。

ドコモ光のキャンペーンでも説明した通り、ドコモ光のキャンペーンは公式サイトのキャンペーンと申し込み窓口独自のキャンペーンに分かれています。

特にインターネットからの申し込み窓口(プロバイダ)のキャンペーンは内容が充実しているのでドコモショップや量販店で申し込むよりもさらにお得に契約することができます。

少しでもお得にドコモ光を申し込むならインターネットからの申し込みがおすすめです。

ドコモ光の契約の流れ

ドコモ光の申し込みから利用開始までの流れは非常に簡単です。

ここではキャンペーンなどの特典が充実しているGMOとくとくBBを例に説明していきましょう。

  • STEP1 WEBから申し込み
    GMOとくとくBBの申し込みページより指示に沿って必要事項を入力していきます。
    その際に現在フレッツ光をご利用の方は転用承諾番号、他の光コラボを利用している場合申し込みの前に事前に事業者変更承諾番号を準備しておきましょう。
    また、ネットからの申し込みの場合ドコモの携帯電話番号も必要になります。
  • STEP2 サービスの案内
    GMOとくとくBBから登録した電話番号に連絡がいきます。
    利用環境をヒアリングしながら希望プランやキャンペーンなどの説明を受けます。
  • STEP3 回線工事の決定
    ドコモ光のサービスセンターへ電話をして工事日程を決めます。
    工事日までに【開通の案内】が届くき、工事当日専門スタッフが工事に伺います。
  • STEP4 利用開始
    ルーターの設定を行い、インターネットを利用できるようになります。
基本的には新規でも転用でも事業者変更でも手続きの流れは大きく変わらないよ!

唯一気をつけなければいけないのは承諾番号の発行です。
事業者変更の場合には今使っているプロバイダ、転用承諾番号はNTTとなっているので注意してください。
また、新規の場合は承諾番号は必要ありませんので、番号を用意する必要はありません。

キャッシュバックが貰えて、工事費無料、ドコモ光おすすめのプロバイダ「GMOとくとくBB」です!
ドコモ光の公式サイトはこちら

ドコモ光の工事

ドコモ光の工事費はいったいいくらぐらいかかるものなのでしょうか?

工事費用はユーザーの現在の環境により大きく変わります。

工事について大きく分けると3つあります。

      • 工事不要
      • 無派遣工事
      • 派遣工事

となっております。

工事不要は事務手続きのみで変更が終了してしまうことで、無派遣工事とは利用場所に工事担当者が行くことはありませんが、自分でルーターの設置をしたりする作業があります。

派遣工事は利用場所に工事担当者が出向いて機器の設置を行うことを言います。

新規契約で光回線の設置場所に光コンセントがない場合は、ほとんどが派遣工事だよ!
転用や事業者変更の際、通信速度を変えないのであれば工事費は発生しないよ!

新規の工事費用

現在インターネットを利用していない人や、auひかりやケーブルテレビなどNTTの光ファイバー以外を利用してインターネットを利用している人がドコモ光を始める際にかかる工事費用です。

戸建てマンション
工事の種類派遣工事派遣工事
工事費(一括払い)18,000円15,000円
工事費(60回分割払い)324円270円
固定電話番号新規 / 継続新規 / 継続
ドコモ光電話工事費1,000円 / 3,000円1,000円 / 3,000円

申込から開通までの期間は約1か月(時期により変動します)です。

事業者変更の工事費用

現在ソフトバンク光やビッグローブ光などNTTの光回線を利用したインターネットサービス(光コラボレーション)の方がドコモ光に乗り換える場合の工事費用です。

現在のプランを維持
例(100M→100M)
戸建/マンション
光回線方式
マンション
VDSL/LAN 方式
工事の種類不要無派遣工事派遣工事
工事費(一括払い)不要2,000円15,000円
工事費(60回分割払い)不要36円270円
固定電話番号新規 / 継続新規 / 継続新規 / 継続
ドコモ光電話工事費2,000円 / 4,000円1,000円 / 3,000円1,000円 / 3,000円

申込から開通までの期間 約2週間(時期により変動します)

転用の工事費用

現在NTTのフレッツ光を利用していてドコモ光に乗り換える場合にかかる工事費用です。

フレッツ光ネクスト
全タイプ(速度維持)
フレッツ光ネクスト
*1(速度変更)
フレッツ光ネクストマンション
VDSL/LAN方式(速度変更)
工事の種類不要無派遣工事派遣工事
工事費(一括払い)不要2,000円15,000円
工事費(60回分割払い)不要36円270円
固定電話番号新規 / 継続新規 / 継続新規 / 継続
ドコモ光電話工事費2,000円 / 4,000円1,000円 / 3,000円1,000円 / 3,000円

申込から開通までの期間 約2週間(時期により変動します)

光回線の中には工事費が無料になるキャンペーンを行っている事業者あるよ!ドコモ光でも定期的に工事費無料のキャンペーンを行ってるんだよね。
でも、工事費無料の場合はキャッシュバックの額が減額されてしまうこともあるのでキャンペーンの内容をしっかりとチェックしてね。
ドコモ光の工事って?工事料金、工事内容について画像付で解説中!ドコモ光を検討したときに気になるのがドコモ光の工事費や工事の内容についてですね。 ドコモ光の工事は今使っている光回線によって大きく...

まとめ

ドコモ光について説明してきましたが、ドコモ光をよりお得に安心して利用する為の要点は以下のようになります。

  • ドコモスマホユーザーはドコモ光のセット割がお得
  • ドコモ光のキャンペーンは公式サイトのキャンペーンとプロバイダのキャンペーンの両方が対象になる
  • ドコモ光はプロバイダ選びが重要
  • ドコモ光を使うならIPv6+IPoE接続は必須
  • ドコモ光の申し込むはネットからがお得
  • 工事費は申込の内容によって異なる

ドコモ光はドコモユーザにはメリットも多く非常に魅力的な光回線です。

ネット上の評判は様々で、中には「遅くて使えない!」や「ドコモひかりに乗り換えたくてもショップが混んでて嫌になってあきらめた!」なんて声もあるようです。

しかし、速度に関しては接続方法で改善されることが多く、乗り換えの申し込みはドコモショップではなくネットからの申し込みのほうがお得で簡単に手続きできます。

SNS上の評判や口コミでドコモ光が悪く言われる問題点は、わかっていれば簡単に解決できる問題点ばかりです

マイナスな評判にとらわれることなくドコモユーザーであれば、ドコモ光を利用するのが一番おすすめです。

ドコモ光に関する評判

よし!近いうちスマホもドコモに乗り換える予定だから、今のうち家の回線もドコモ光に変えちゃおっと!
あ!今スマホがドコモじゃない場合は気を付けて!
ドコモ光を申し込む場合ドコモの携帯を持っていないとネットから申し込みできないんだ
そーなんだ!じゃぁ先に携帯をドコモに乗り換えてからドコモ光に乗り換えたほうがお得ってこと?
そーいうこと!ドコモ光をお得に申し込むならスマホを変えてからのほうが断然お得だよ!
了解!じゃぁまずはスマホ乗り換えからだね!!
月額料金が安く、キャッシュバックが貰えて、IPv6対応のWiFiルーターが無料レンタルできます!
ドコモ光の公式サイトはこちら