インターネット回線

NURO光マンションとフレッツ光マンションを徹底比較!本当におすすめなのは・・・!?

マンションにお住まいで、NURO光かフレッツ光にするかお悩みですか?

ここではNURO光とフレッツ光のマンションタイプはなにが違うのか?

どちらがお得なのか?

これから光回線を契約しようという方や現在フレッツ光のマンションタイプをご利用の方は是非参考にしてください。

NURO光マンションとフレッツ光マンションタイプを徹底比較

マンション住まいで今度ネットを引こうかと思うんだけど、フレッツ光とNURO光で悩んでるんだぁ
どっちが良いのかなぁ
フレッツのほうはなんとなくわかるんだけど、NURO光のほうが良くわからないから選べないんだよね。
結論から言うと、料金も安く速度が速いNURO光マンションタイプがおすすめだよ!確かにNURO光のマンションタイプはちょっとわかりにくい点があるのでしっかりと説明していくね。
ちゃんと理解して、自分のライフスタイルにどっちが合うのかしっかりと見極めてね。

NURO光の公式サイトはこちら

速くて安い?NURO光マンションタイプとは

ネットで速いと噂のNURO光ですがマンションタイプもなかなか良い評判です。


SNS上でも速いという書き込みが目立ちます。

このようなNURO光のマンションタイプの評判は本当なのか気になるところですね。

そこでここからは、NURO光のマンションタイプについてわかりやすく解説していきます。

NURO光のマンションタイプにはNURO光forマンションと戸建てと同じ仕様のNURO光G2プランが用意されていますので、まずはここから説明していきましょう。

料金重視のNURO光forマンション

NURO光forマンションはNTTのフレッツ光マンションタイプと同様1本の光回線を加入者で分配して利用するタイプです。

ただしこのプランを利用するためにはNURO光の設備が事前に導入されている必要があります。

すでに設備が導入されているかはこちらから確認ができます。

NURO光forマンションの大きな特徴として建物内でNURO光を契約しているユーザーの数で毎月の料金が変わるということです。

NURO光forマンションの料金

ではNURO光forマンションの料金について説明していきます。

NURO光forマンションの月額料金は2つに分かれていて月額基本料金とHands-up会費とに分かれています。

ポイントはこのHands-up会費でNURO光forマンションを利用している人が多ければ多いほど月額の会費が安くなります。

基本料金とHands-up会費は以下の表のとおりです。

利用者数 月額基本料金 Hands-up会費 月額合計
4人 1,600円 900円 2,500円
5人 900円 2,500円
6人 900円 2,500円
7人 800円 2,400円
8人 700円 2,300円
9人 600円 2,200円
10人以上 300円 1,900円

Hans-up会費とはNURO光forマンションの設備の導入工事費や設備の維持管理を行うための団体の会費で、NURO光forマンションを利用するためには必ず加入が必要となります。

簡単に言ってしまうとNURO光forマンションを利用するためには最低4人の加入者もしくは加入希望者がいる必要があり、7人以上であれば10人を限度に加入者が増えれば増えるほど月額料金が安くなるということです。

また、新規導入に関しては、建物の管理会社やオーナーからNURO光forマンションの設備導入が許可が必要となります。

未導入の物件に関しては管理会社やオーナーに対する折衝はNURO光の担当部署が行ってくれるのでこちらのエントリーフォームから申し込みすることも可能です。

ただしこれについては許可が出ないケースもあるので必ず導入ができるわけではありません。

定員割れに注意!
NURO光forマンション最大の問題点は会員数が4人を割ってしまった時です。
建物内に契約者が3人以下となってしまった場合にはNURO光forマンションのサービスが終了となってしまうことです。
問題なのはこれだけではなく、建物に設備を導入した際の工事費も会員に請求が来てしまうことです。
詳細はこちらの「NURO光forマンション+4」ご注意事項を確認下さい。

これについては実際のところあまり心配する必要がないようで、NURO光のサーポートセンターに確認したところほとんどサービス終了となったケースはないとのことです。
これは撤去にお金がかかることや、NURO光forマンション導入物件では加入者が多く4人を割る心配がないということでしょう。

速度重視ならNURO光G2

NURO光G2は戸建てプランと同じプランで、NURO光forマンションが一本の光ファイバーを複数の契約者で分配するのに対し、NURO光G2は建物の外の電柱から直接部屋まで光ファイバーを引き込む方法です。

これにより建物内の他の利用者が増えても回線速度に影響がなく安定した速度を確保できるというものです。

以前は7階までという制約がありましたが、現在はそのような制約もなくなりましたので、7階以上のマンションに住んでいる方で今のインターネットの速度に不満がある方には非常にメリットのある光回線となります。

ただしどのマンションでも可能というわけではなく、こちらに関しても管理会社やオーナーに許可は取る必要があるので注意が必要です。

NURO光G2の料金

NURO光G2はプラン名同様料金も仕様も戸建てと同様です。
料金は

NURO光G2 NURO光forマンション
月額料金 4,743円 2,500円
プロバイダ料金 0円 0円
光電話 500円 500円
セキュリティーサービス 0円 500円
メールアドレス あり 無し
月額合計 5,243円 3,500円

*NURO光forマンションは建物内の利用者が4人の設定となります。
毎月の差額が1,743円とかなりの額になってしまいます。

しかし回線速度に関しては非常に良好で、NURO光forマンションはどのくらいの世帯に分配されているかわかりずらいことや、利用者の中でヘビーユーザーがいるとその他の人が遅くなるようなことが考えられます。

NURO光G2であれば建物内の加入者数や他のユーザーの利用状況など心配をする必要はないので、仕事やゲームでネットを使う方にとっては差額以上のメリットはあります。

NURO光G2プランについては【1ギガ超え!NURO光のメリット・デメリットを検証~お得なキャンペーンも有~】を参考にしてください。

NURO光forマンションとG2プランおすすめは?

ではNURO光forマンションとNURO光G2プランのどちらがおすすめでしょうか?

料金の差額は年間約20,000円NURO光forマンションが安くなりますが、速度に関してNURO光G2に軍配が上がります。

では、速度を気にするのならば、やはりNURO光G2のほうが良いのでしょうか?

NURO光forマンションの速度は建物内の利用者の数で左右されてしまいます。

建物内でどれだけのユーザーが利用しているかというのは公にされませんが、Hands-up会員の数で料金が変わるNURO光forマンションは大体のユーザー数が把握できます。

月額合計が2,500円であれば、4人から6人の場合のHands-up会費となるので多くても6人で共有することになります。

6人であればよほどのヘビーユーザーがいない限り利用に支障はないでしょう。

そうなればやはり年間20,000円以上安く利用できるNURO光forマンションがおすすめとなります。

NURO光をマンションで使う場合どちらでも好きなほうを選べるってことでいいの?
NURO光forマンションが利用できる建物なら基本的には大丈夫。
でも光ファイバーを通す配管などに空きがないなど物理的に部屋まで光ファイバーを引けない場合にはどちらも選べるわけじゃないんだよ。

NURO光forマンションは設備がすでに導入されている建物であればいいのですが、未導入の建物の場合には導入までの期間がかなりかかってしまうなどハードルは高くなってしまいます。

その場合にはNURO光G2プランも合わせて検討する必要があります。

NURO光forマンションとフレッツ光マンションタイプ徹底比較

ではここからが本題です。

お住いのマンションがNURO光forマンションとNTTフレッツ光マンションタイプのどちらでも選べる場合、どちらがおすすめなのでしょうか?

まずは間単に表にして比較してみました。

NURO光forマンション NTTフレッツ光マンション
月額料金 1,900円~2,500円 2,650円~3,650円
プロバイダ料金 0円 500円~
セキュリティー 500円(4台) 400円(3台)
回線速度 2Gbps 1Gbps
配線方式 光配線 光配線、LAN配線、VDSL配線

月額料金について

NURO光forマンションはサービスの利用者数、フレッツ光は建物の世帯数で料金が変わってきます。

NUROのほうは戸数が少ない集合住宅でも割引が期待できますが、利用者が減ってしまうと料金が上がる可能性があります。

それに対しフレッツ光のほうは戸数で料金が決まるので料金の変動はありません。

とはいえNURO光のほうが最高でも月額2,500円なのに対し、フレッツ光の最低料金が2,650円と考えるとNURO光のほうが有利と言えます。

プロバイダ料金について

NURO光はSo-netの運営となる事もあり、プロバイダに関してはSo-netのみとなり、プロバイダ料金は月額料金に含まれています。

一方フレッツ光に関してはプロバイダは別途契約が必要となりますので、基本料金のほかにプロバイダ料金が発生します。

プロバイダ料金は低価格なプロバイダでも500円ほどになるのでフレッツ光のプラン2(16世帯以上の建物)でも合計で3,000円を超してしまいます。

プロバイダがSo-netがどうしてもいやだということでなければ、NURO光のほうが手間もプロバイダ料金もかからないのでよりお得インターネットを利用できるでしょう。

オプションについて

今やほとんどの人が利用しているWi-FiですがNURO光もフレッツ光もレンタルされるONUにはすべて標準でWi-Fi機能が付いたルーターとなります。

Wi-FiルーターはIEEE802.11acという最大通信速度6.9Gbpsの高機能のWi-Fiルータで、有線ポートも3つ備わっているので後からネットワーク関係の装置を購入する必要がありません。

オプションで違いがあるのがセキュリティーソフトです。

フレッツ光は1契約で3台までインストール可能ですが、それに対しNURO光は500円で4台まで利用可能です。

ただしNURO光G2プランではセキュリティソフトが無料になるので、NURO光forマンションではフレッツ光のほうがお得ですが、NURO光G2の場合にはNURO光のほうがお得となります。

回線速度について

NURO光の回線速度は2Gbpsでフレッツ光は1Gbpsとなっています。

ただしこれはどちらもベストエフォートとなっているので利用状況や環境、時間帯などで変わってきます。

また、集合住宅のプランなので利用者の数でも速度に影響が出ます。

カタログ的にはNURO光のほうが優位ですが実際の速度はその建物、環境時間により変わるので一概にNURO光が有利とはいえません。

実際に使ってみないとわからないというのが事実です。

配線方式について

集合住宅の場合一般的には建物の共有部分にスプリッターといわれる分配器のようなものが設置されます。

そこからは光ファイバーで各部屋まで配線される光配線方式、分配器から各部屋までLANケーブルで配線されるLAN配線方式、分配器から電話線を使って各部屋に配線されるVDSL方式の3つの方法があります。

VDSL方式の場合既設の電話線を利用するので建物が新たに設備を用意する必要が無く手軽に光ファイバーを利用できることから年数の経過した建物に多く見られます。

ただし、メタル配線なので速度が遅いというデメリットがあります。

一方LAN配線の場合速度は高速ですが線が太いことなど工事の手間やセキュリティの問題からあまり普及しませんでした。

現在の主流は光配線方式で分配器で分配された光ファイバーを各部屋まで引き込む方法です。

光ファイバーを利用することで速度も確保することができ、光ファイバーも細く敷設しやすいなどの多くのメリットがある事から現在では一般的となっています。

フレッツ光の場合には光配線、LAN配線、VDSL配線を利用するかは建物で決まってしまいます。

ゲームなどで高速なインターネットを希望される場合にはVDSL配線だと快適にプレイすることは厳しくなってしまいます。

NURO光の場合には光配線方式のみとなっているので配線方式による回線速度の低下は気にしなくていいでしょう。

NURO光の公式サイトはこちら

まとめ

NURO光forマンションとNTTのマンションタイプを比較した場合、NURO光forマンションのほうがメリットが多くおすすめと言えます。

また、仮にNURO光forマンションが利用できない建物であったとしても戸建てのプランNURO光G2プランが利用できる可能性があります。

お住いのマンションにNURO光forマンションの設備が導入されていない場合や、マンションタイプでは速度が心配な方はG2プランがおすすめです。

NURO光G2 フレッツ光マンション
月額料金 4,743円 2,950円~3,950円
プロバイダ料金 0円 500円~
Wi-Fiルーター 0円 0円
セキュリティー 0円 400円
合計 4,743円 3,850円~4,850円

一番安いフレッツ光マンションタイプ2の場合NURO光G2のほうが893円高くなりますが、フレッツ光マンションミニの場合ではほぼ同額となります。

回線速度はNURO光のほうが高速なので、ゲームを快適にプレイしたい人や回線速度にこだわる人は、NURO光forマンションが未導入の建物だとしても、NURO光G2のほうがおすすめということになります。

結論としてご利用の建物がNURO光の提供エリアで導入可能であれば一番おおすすめはNURO光となります。

NURO光forマンションかNURO光G2かは料金で選ぶか速度で選ぶかによって変わりますので自分のライフスタイルによって選ぶのが良いでしょう。