インターネット回線

【評判悪い?】ソフトバンク光の評判について~口コミからわかる真実とは~

ソフトバク光を検討しているけど、あと一歩が踏み出せない・・・

ネット上の評判もまちまちで、どれを信じたらいいのかわからないのでソフトバンク光に乗り換えるのに躊躇してしまう人が多いようです。

ここではネット上での評判も含めソフトバンク光のメリット・デメリット、評判のウソ・ホントすべて解説していきます。

ソフトバンク光に乗り換えを検討している方は参考にしていただけると幸いです。

ソフトバンク光の基本情報

ソフトバンク光の評判の真意の前に基本的なスペックをおさらいしていきましょう。

月額料金(戸建て) 5,200円
月額料金(マンション) 3,800円
工事費 最大24,000円(乗り換え時実質無料)
回線速度 1Gbps
接続方式 IPv6 IPoE
おすすめ申込窓口 エヌズカンパニー
キャッシュバック 35,000円
スマホセット割 ソフトバンクユーザーは毎月最大1,000円割引
最低利用期間 2年

※戸建てプランとは3世帯以下の建物を指し、マンションプランとは4世帯以上でマンションプラン用の設備が導入されている建物の事を指します。

ソフトバンク光の申し込みはこちら

ソフトバンク光はNTTの光ファイバー網を利用したサービスで、ソフトバンクが運営する光コラボレーションサービスです。

特徴として光コラボレーションの中でもキャッシュバック等、新規加入や乗り換え時の特典が他の光コラボレーション事業者よりも期待できる点です。

また、ソフトバンクスマホの毎月の料金が安くなる【ソフトバンクおうち割り】が適応になるのも見逃せません。

家族でソフトバンクユーザーが多ければ多いほどお得になります。

ご自宅の通信費の節約ということで考えた場合、ソフトバンク光は大きな節約が可能となります

ソフトバンク光の評判

前置きが長くなりましたがここからが本題、ソフトバンク光の評判についてご説明していきます。

ソフトバンク光の評判をSNSなどで調べると様々な書き込みを見つけることができます。

しかし内容はまちまちで「速い!乗り換えてよかった!!」といった口コミもあれば「最悪!お金を払ってでもすぐに変えたい」等のどれを信じたらいいのかわからなくなってしまいます。


なぜこんなに速度の評価にばらつきがあるのでしょうか。

どちらかがホントでどちらかがウソの情報なのでしょうか?

遅い評判の鍵となるのが「IPv6高速ハイブリッド通信」

一般的にネットが遅くなる理由として、プロバイダの混雑とされています。

その混雑を避ける方法として、ソフトバンク光はIPv6高速ハイブリット接続を提供しています。

ただし、IPv6高速ハイブリットはオプションサービスとなり、同時にBBユニットの契約が必要となります。

ソフトバンク光が遅いといわれる理由の多くはこのポイントです。

ネット上でも


IPv6高速ハイブリッドプランに切り替えたら速度が速くなったという報告もあります。

私自身も以前ソフトバンク光を利用していたとき、最初はIPv6を契約していませんでした。

そのため回線速度も遅く夜間では10Mbps前後と光回線ではなくポケットWiFiに接続しているのではという速度でしたが、IPv6オプションを契約し、BBユニットを利用すると夜間でも200Mbpsを超える速度に改善されました。

ネット上でもこのような報告は多数あることから、ソフトバンク光の速度の問題は、IPv6オプションの契約とBBユニットの使用で解決することが多いということです。

ソフトバンク光を契約したいけどネット上での評判が気になって契約ができないという方もBBユニットとIPv6のオプション契約をすることで不安は解消するはずです。

またソフトバンク光の評判の中でサポートや契約時のトラブルがあります。


中でも、「知らないうちに不要なオプションがつけられた」や「キャッシュバックの申請がわかりにくくてもらうのをあきらめかけた」といった問題く見られます。

ただしこれら申し込み時のクレームについては、信頼できる代理店を選ぶことで簡単に解決することができますので、申し込み窓口を選ぶ際は実績のある代理店を選ぶことが重要です。

おススメの申し込み窓口は

ソフトバンク光の申し込み窓口は非常に多く、優良な代理店を選ぶのは非常に難しい作業です。

そこで代理店選びに不安があるという方にはソフトバンク光の正規代理店でもあるエヌズカンパニーがおすすめです。

エヌズカンパニーのメリットはキャッシュバックが早いということ。

キャッシュバックの支払いは開通後、翌々月末には支払われます。

窓口の中には半年後は当たり前で中には1年後なんてところまでありますので、翌々月末はかなり早い支払です。

また、キャッシュバックを受けるために不要なオプションを契約する必要もない点も安心のポイントです。

どこの窓口で契約しても、開通後はソフトバンク光のサポートになりますので、申し込み時のトラブルを避けるためにも代理店選びは慎重に行いましょう。

エヌズカンパニーの申し込みはこちら

ソフトバンク光のメリットとデメリット

ソフトバンク光を検討している方にとって何がメリットでないがデメリットになるかは重要な判断材料となります。

契約後に後悔しないように事前にメリットとデメリットを理解しておきましょう。

ソフトバンク光のメリット

まずはソフトバンク光に乗り換えることで得られるメリットについてご説明していきます。

ソフトバンクスマホが安くなる【おうち割】

ソフトバンク光のメリットの中でも特に大きなメリットとなるおうち割りは、ソフトバンク光の契約者やご家族のスマホの料金が、毎月一定額割引の受けられるサービスです。


割引の対象となるのが同居の家族はもちろんですが、離れて住んでいても血縁・婚姻関係であればおうち割を適応できます。

ここで一つ注意!
割引の対象となるのは手続きをする店舗の判断となるので、ソフトバンク光契約後におうち割の申請をする際は、事前に手続きをする店舗に連絡をして、おうち割の適応と必要書類の確認をしておくと手続きがスムーズに進みます。
また、割引の対象はスマートフォン、ケータイ、タブレット、Wi-Fiルーターとなっています。

ご家庭でいろいろな節約を試される方も多いと思いますが、出費の割合が多い通信費がこれだけ節約できるのは非常に魅力的です。
ソフトバンクスマホユーザーならソフトバンク光のおうち割りは必須です。

光コラボなのにキャッシュバックや特典満載

光コラボレーションの場合キャッシュバックやプレゼントなどの特典はあまり期待できないことが多いのですが、ソフトバンク光は光コラボレーションの中でもトップクラスでキャッシュバック等の特典が期待できる光コラボです。

ただし注意が必要なのが、ソフトバンク光を申し込む窓口よって変わってくる点です

公式サイトではキャッシュバックなどの特典はありませんが、販売代理店のサイトでは高額のキャッシュバックサービスを設定しているサイトがあります。

公式サイトからの申し込みよりも代理店の申し込みサイトからのほうがよりお得に申し込むことができます。

工事費が実質無料

インターネットを乗り換える場合に気になるのが工事費です。

現在フレッツ光をご利用中の方が、光コラボレーションで他社に転用するのであればほとんどの場合工事費はかかりませんが、新規契約の場合には必ず工事費が発生します。

しかしプロバイダによっては工事費を実質無料として初期費用を軽くする企業もあります

その中の一社がソフトバンク光です。

ソフトバンク光は現在工事費実質無料キャンペーンを行っていています。

実質無料の内容は
分割払いの場合
毎月工事費分割代金として1,000円の請求が発生しますが、その分の毎月1,000円(工事費の支払いが終了するまでの最大24か月)割引を受けることができるので、実質無料ということになります。

最初に工事費を用意しなくてもいいので契約者の負担は軽くなります。

一括払いの場合
工事費を開通時に一括で支払う場合には6か月後に工事費相当額がソフトバンクよりキャッシュバックされます。

2年以内に辞めてしまう可能性がある方で、解約時に余計な出費をしたくない人は一括払いもいいでしょう。

スマホをソフトバンクに変えたからソフトバンクにしたいんだけど、今の契約があと1年しないと解約できない・・・
今解約すると違約金も取られちゃうし、残念
大丈夫!ソフトバンク光では現在安心乗り換えキャンペーン中
他社からの乗り換え時にかかる違約金や撤去費用を最大10万円まで全額キャッシュバック中!
縛りがあるから乗り換えできないってお悩みの方におすすめ

知識がなくてもIPv6で簡単に高速通信が可能

ソフトバンク光はIPv6高速ハイブリッド通信に対応していますが、オプションのBBユニットを利用することで簡単にIPv6高速ハイブリッド通信が可能となります。

ルーターの設定も済んでいるのでつなぐだけで快適なインターネットが利用できます。

またBBユニットをレンタルすることで、おうち割りが適応となります。

光電話がいらないという方もBBユニットをレンタルすることでおうち割りを利用することができます。

月額料金
光BBユニットレンタル 467円
IPv6オプション 無料

ソフトバンク光の申し込みはこちら

ソフトバンク光のデメリット

当然ですがメリットもあればデメリットもあります。

ソフトバンク光のデメリットはどのような点でしょう?

おうち割りなどセットじゃないとお得感が少ない

ソフトバンク光はそれだけではあまり低価格な光コラボレーションとは言えません。

戸建てプラン マンションプラン
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ドコモ光 5,200円(タイプA) 4,000円(タイプA)
OCN光 5,100円 3,600円
enひかり 4,300円 3,300円

ソフトバンク光の場合IPv6を利用するならばBBユニットのレンタルが必須なので、月額料金は戸建てプランで実質5,667円、マンションプランで4,267円となってしまいます。

ソフトバンクのスマホをお持ちでなければ、ソフトバンク光はあまりおすすめすることはできません。

格安スマホをお使いの方や家族でスマホのキャリアがバラバラという人は、月額料金が安いenひかりやexcite MEC光などのほうがお得です。

enひかりはIPv6で超高速通信!?しかも料金が安い!~キャンペーン情報・評判~安いインターネットをお探しの人多いですよね。 enひかりなら光コラボレーションの中でも戸建て月額4,300円、マンション月額3,3...
知ってましたか?exciteMEC光の問題点~速度は速くて評判は!?~ キャンペーン情報 選べるキャンペーン開催中! 月額料金キャンペーン ・ファミリー 月額1833円(税抜)割引×...

契約期間が2年の縛りがある

多くの光回線は2年間の縛りがありますが、ソフトバンク光にも2年間の縛りがあります。

2年間の縛りというのは2年間を越したらいつでも解約できるというものではなく2年ごとの自動更新ということです。

新規で契約した時から2年を経過すると自動的に更新されてしまうので、仮に3年目で解約しようとすると違約金の9,500円が発生してしまいます。

さらに2年以内での解約で工事費を分割払いにしていた場合には、工事費用の残額を一括で支払わなければいけません。
契約満了月とは
例として自動更新ありプラン(2年)の場合、2018年1月に契約成立した場合は2019年12月が契約満了月(解除料がかからない月)となります。

まとめ

ソフトバンク光を検討している人にとってネット上での評判は気になるところです。

特に速度が遅いなどの書き込みは非常に気になるところでしょう。

ですが、ソフトバンク光の速度が遅いという評判はBBユニットのレンタルとIPv6のオプション契約をすることで解決できる内容です。

回線速度が遅いという書き込みの多くは、IPv6高速ハイブリッドを使用せず、従来のIPv4接続を使用していることが原因です。

また申し込み時のトラブルについても、実績のある窓口を選ぶことでトラブルを回避することができます。

光コラボレーションの中でも多くのシェァを持つソフトバンク光ですからある程度の酷評はあって当たり前です。

しかし、そのある程度の酷評のとおりにならないためにも、BBユニットのレンタルとIPv6のオプション契約、そして優良な代理店、窓口の選び方は非常に重要となります。