インターネット回線

緊急告知!ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えが可能に!!!

ドコモのスマホや携帯電話を使用しているのにおうちのインターネットはソフトバンク光。

こんな人かなりいるようです。

ドコモのスマホユーザーならドコモ光がお得ということは多くの方がご存じだとは思いますが、ここで改めて説明していきましょう。

なぜドコモユーザーがソフトバンク光を使う?

そもそもなぜこのようなことになってしまうのでしょうか?

スマホはドコモなのにソフトバンク光を使う理由

  • 街の量販店で安くなるからとすすめられるまま契約した
  • 契約時のキャッシュバックや特典が魅力的だった
  • 以前はソフトバンクのスマホを利用していた

光コラボレーションが始まった当時は知識が少ないまま契約してしまう人も多く、街の量販店で光回線が安くなるというだけでセット割を考えず契約してしまう人やフレッツ光から乗り換えることでキャッシュバックや特典が受けられることを理由に乗り換える人も多くいました。

また、以前はソフトバンクのスマホを使っていたためソフトバンク光のおうち割りが適応になっていたけれど、スマホをドコモに変えてしまったという人もいるようです。

ここではそんな人のためにソフトバンク光からドコモ光に乗り換える手方法・手続きなど詳しくご紹介していきます。

ドコモユーザーなのにソフトバンク光の何が悪い!?

ドコモユーザーがソフトバンク光を利用しても、悪いことではありませんがおすすめではありません。

ではなぜドコモユーザーがソフトバンク光をおすすめできないのでしょうか?

ドコモのスマホが安くならない

ドコモユーザーがソフトバンク光を使うことがおすすめできない大きな理由はドコモのスマホやケータイの割引の点です。

そもそも光コラボレーションが始まった大きな理由の一つとしてドコモのスマホと自宅のインターネットのセット割引にあります。

NTTがauスマホのスマートバリューのような光回線とドコモのスマホとのセット割引を行うために光コラボレーションがスタートした理由の一つと言われています。

そのドコモのスマホとのセット割引がソフトバンク光では受けられないのは非常に大きなデメリットです。

年間40,000円以上安くなる!ドコモ光セット割

まずはドコモのスマホとドコモ光のセット割について説明していきましょう。

ドコモ光セット割とはドコモのファミリー割引グループ内またはビジネス通話割引グループ内でドコモ光を契約している場合に対象のドコモスマホやケータイが割引になります。

割引額は以下のようになっています。
プラン別ドコモ光セット割一覧

ドコモプラン名 月額料金 セット割の割引額
ギガホ 6,980円(税抜) 1,000円割引
ギガライト(~7GB) 5,980円(税抜) 1,000円割引
ギガライト(~5GB) 4,980円(税抜) 1,000円割引
ギガライト(~3GB) 3,980円(税抜) 500円割引
ギガライト(~1GB) 2,980円(税抜) 割引無し
ウルトラデータLLパック 8,000円(税抜) 1,600円割引
ウルトラデータLパック 6,000円(税抜) 1,400円割引
ケータイパック 300円~4,200円(税抜) 500円割引
ベーシックパック(~20GB) 7,000円(税抜) 800円割引
ベーシックパック(~5GB) 5,000円(税抜) 800円割引
ベーシックパック(~3GB) 4,000円(税抜) 200円割引
ベーシックパック(~1GB) 2,900円(税抜) 100円割引

*2019年6月以降の新規契約はプランがギガホ、ギガライトのみの取り扱いとなり、その他のプランを契約することはできません。

では、実際にソフトバク光からドコモ光に乗り換えるとどのくらい安くなるのでしょうか?

家族4人のケースで説明していきましょう。


上の例で説明すると、父のスマホ代が500円毎月割引、母と息子、娘のスマホ代がそれぞれ毎月1,000円割引となるので家族合計で毎月3,500円の割引となります。

スマホ利用者 ソフトバンク光を利用 ドコモ光を利用
父(ギガライト~3GB) 3,980円 3,480円
母(ギガライト~5GB) 5,980円 4,980円
息子(ギガホ) 6,980円 5,980円
娘(ギガホ) 6,980円 5,980円
合計 23,920円 20,420円

ドコモユーザーがソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるだけで毎月3,500円、年間にすると42,000円も通信費が安くなることになります。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える

年間で40,000円以上の節約ができるならソフトバンク光からドコモ光に乗り換えたいという方は多くいるのではないでしょうか。

では、ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるにはどうすればいいのでしょうか?

方法が3つありますので自分に合った乗り換え方法を参考にしてください。

新たにドコモ光を契約する

一つ目は現在使っているソフトバンク光はそのままで、ドコモ光を契約、工事を行いドコモ光が開通後ソフトバンク光を解約する方法です。

一時ですがソフトバンク光とドコモ光の両方の回線を契約することになりますが、この方法であればネットが使えない期間がないのでネットが数時間でも使えないのは困るという方にはおすすめの方法です。

また、新規の契約なのでプロバイダによっては工事費が無料であったり、キャッシュバックなどの特典も期待できます。

ただし、建物によってはこの方法は利用できないケースがあります。

戸建ての場合ほとんどが問題なく2回線光ファイバーを引き込むことがは可能ですが、マンションの場合には部屋までの配管などの問題により2本の光ファイバーを引き込むことができないケースがあります。

このような場合にはソフトバンク光とドコモ光の両方を同時に引き込むことはできません。

2回線引き込みができるかどうかは、実際に申し込んで工事の人が来ないことにはわからないので注意が必要です。

ソフトバンクを解約し新たにドコモ光を契約する

2つ目は現在お使いのソフトバンク光を一度解約した後、新たにドコモ光を契約する方法です。

この方法であれば集合住宅で屋内配管に2つの光回線が引き込めない場合でもソフトバンク光からドコモ光に乗り換えることができますし、上の方法同様ドコモ光は新規契約になるのでキャッシュバックなどの特典を受けることも可能です。

また、契約が重複する期間がないので2契約分の料金を支払う必要もないので無駄がありません。

契約が重複することがないので無駄なくソフトバンク光からドコモ光に乗り換えることができます。

ただし、この場合ソフトバンク光解約後からドコモ光が開通するまでの間インターネットが利用できなくなってしまいます。

インターネットが利用できない期間があるのは困る方はポケットWi-Fi等のモバイルルーターをレンタルするなどの対応が必要です。

ソフトバンク光からドコモ光に事業者変更

2019年6月の時点ではソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは上記2つの方法しかありません。

その理由として光コラボから光コラボへの乗り換えはできないというルールがありからです。

ところが2019年7月よりこのルールが変わりソフトバンク光からドコモ光への乗り換えが簡単にできるようになります。

それが光コラボの事業者変更というものです。

フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えた時のように基本的には簡単な事務手続きだけで現在お使いの光コラボから他の光コラボに乗り換えすることが可能になりました。

ただし、上の2通りと比較すると新規契約ではないのでキャッシュバックなどの特典については期待することはできません。

事業者変更はキャッシュバックなどの特典は不要で、とにかく簡単にソフトバンクからドコモ光に乗り換えたいというドコモのスマホユーザーにはおすすめの方法です。

ついに解禁!光コラボから光コラボへ乗り換えが可能に!!現在の光コラボに不満がありませんか? 「ネットの料金が安くなる、ネットが速くなる」そんな話だったのにいざ光コラボでプロバイダを変え...

ドコモ光はここに注意!

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える方法はご理解いただけたと思いますが、ドコモ光に乗り換える際に注意しなければいけないこともあります。

ここからは失敗しないドコモ光の契約についてご説明していきます。

ドコモ光のプロバイダ選び

ドコモ光の特徴としてプロバイダを選ぶことができます。

ここがドコモ光を悩ますポイントで、選ぶプロバイダによってサービスはもとより月額料金も変わってきてしまいます。

マンション 戸建て
タイプA 4,000円 5,200円
タイプB 4,200円 5,400円
単独タイプ 3,800円 5,000円

タイプAとタイプBの異なる点はタイプ別の差というよりもプロバイダによりメールの数やセキュリティーソフトの有無などの違いがあります。

ドコモ光プロバイダ タイプA
ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、ニフティ、DTI、ビッグローブ、andline、So-net、Tigers-net.com、エディオンネット、excite、hi-ho、ic-net、SIS、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、@ネスク、TIKITIKI,、01光コアラ

ドコモ光プロバイダ タイプB
OCN、@T-COM、TNC、AsahiNet、WAKEAK、@ちゃんぷるネット

ドコモ光プロバイダ タイプC
プロバイダセット契約無しのためタイプA、タイプB以外のプロバイダを自分で契約するプラン

タイプCはタイプAとタイプB以外のプロバイダを利用したい場合に利用しますが、これだと料金が高くついてしまうのでおすすめできません。

ドコモ光のプロバイダを選ぶ場合は料金の安いタイプAから選ぶのが最もおすすめです。

おすすめのプロバイダはどこ?

料金設定の安いタイプAのプロバイダは約20社ほどありますが、その中のどのプロバイダを選ぶのが良いのでしょうか?

プロバイダ選びの最も重要なポイントをご紹介しましょう。

IPv6+IPoE接続ができるプロバイダを選ぶ

ネットで調べると中にはドコモ光は遅いという書き込みを見つけることができます。

ソフトバンク光からドコモ光乗り換えても、速度が遅くなってしまっては元も子もありません。

そんなことを避けるためにもドコモ光のプロバイダはIPv6対応のプロバイダを選ぶ事が重要です。

IPv6+IPoEはインターネットの次世代通信技術でこの技術を利用するとプロバイダの混雑を避けることが可能で、光回線の速さを十分利用できるサービスです。

ドコモ光で特に重要なポイントはこのIPv6です。

ではIPv6に対応したプロバイダの中でどのプロバイダがおすすめでしょうか?

ドコモ光のおすすめプロバイダはGMOとくとくBB

ドコモ光の中でもおすすめなのがGMOとくとくBBです。

IPv6通信にも対応していてネット上の評判もまずまずです。


なかにはこのような報告も。

V6プラスを使用していればかなり早いとの報告が多くみられます。

また、ドコモ光は他の光コラボレーションと比較すると特典が少ないことが多いのですが、GMOとくとくBBは契約時の特典な点もおすすめできるポイントです。

ポイント1 新規工事0円


新規でドコモ光GMOとくとくBBを契約すると基本工事費が実質無料となります。
※光コラボ(ソフトバンク光等)からドコモ光への転用の場合は、基本的には工事は必要ありません。

ポイント2 キャッシュバック最大15,000円


ドコモ光と同時にひかりTVやDAZN等の映像サービスを申し込むと最大15,000円のキャッシュバック

ポイント3 dPOINT最大10,000ptプレゼント


新規契約で10,000POINT、転用契約で5,000POINTプレゼント

ポイント4 訪問サポート無料


ドコモ光専用無料訪問サポートが以下の内容で無料でサポートを受けることができます。

ドコモ光専用無料訪問サポートメニュー 設定可能台数
インターネット接続設定 各1台
Wi-Fi設定 Wi-Fi親機1台+子機1台
メール設定 1アカウント
ひかりTV for docomo接続設定 各1台
dtvインストール・接続設定 各1台
dtvチャンネルインストール・接続設定 各1台

ポイント5 Wi-Fiルーターレンタル無料


v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル契約期間中0円で利用できます。

ポイント6 セキュリティーソフトが無料


信頼のセキュリティーソフトマカフィーが通常月額500円のところ1年間無料で利用可能 

ポイント7 GMOポイント5,000円分プレゼント


ドコモ光をさらにお得に使えるdカードゴールドを申し込むと公式特典だけではなくGMOとくとくBB会員限定で現金に交換可能なGMOポイントが5,000円分受け取ることができます。

まとめ

ドコモのスマホユーザーがソフトバンク光を利用している場合、どれだけ損をしているのかご理解いただけたと思います。

ドコモユーザーでソフトバンク光を利用している人が多いようなので今回はソフトバンク光を例に出しましたが、光コラボレーションはフレッツ光と比較するとかなりお得にインターネットを利用することができます。

さらに1台の場合でもスマホと自宅のインターネットはセットにすることでお得に利用できるようになります。

ドコモだけではなくソフトバンクやauなどスマホをご利用の方はセットにするのが通信費用を節約する大きなポイントとなります。

また、現在ソフトバンク光をお使いの方でドコモ光に乗り換えたいという方は手間がかかっても乗り換えをする価値は十分あるはずです。

さらに、2019年7月から解禁される光コラボから光コラボへの乗り換えが可能となる事業者変更でもっと気軽にソフトバンク光からドコモ光に乗り換えできるようにあります。

仮に家族4人なら年間40,000円以上の節約ができるドコモ光のセット割。

使わないのは絶対にもったいない

今ソフトバンク光を使っているドコモユーザーはドコモ光の方がトータルで安く使用することができます!

ドコモ光のおすすめ申込み先は「GMOとくとくBB」!月額料金が安く、キャッシュバックも貰えます!
GMOとくとくBBの申込みページへ