ポケットWiFi

ワイモバイル「Pocket WiFi 801HW」の特徴とおすすめしない全理由

Y!mobileから新しく出る「Pocket WiFi 801HW」を使いたいけど、特徴はどうなのか、本当におすすめのポケットWiFiなのかと迷っていませんか。

結論を先に書きますと、「Pocket WiFi 801HW」はY!mobileで選べるどの機種よりも高速通信ができます。

そこでこのページでは801HWについておすすめできる特徴から、Y!mobileの料金プラン迄解説していきます。

801HW自体は良い機種なんですが、ワイモバイルの料金プランは全体的に高額です。

「Pocket WiFi 801HW」の特徴~全機種と比較してみる~

Y!mobileで現在販売されている端末は

  • Pocket WiFi 701UC
  • Pocket WiFi 601ZT
  • Pocket WiFi 603HW
  • Pocket WiFi 502HW

上記の4機種となっております。
※Pocket WiFi 506HWはオンラインでの取り扱いは終了しております。

なお、701UCは海外用ポケットWi-Fiのため比較対象がから外させていただきます。
そのため今回比較するのは「601ZT」「603HW」「502HW」の3機種と最新端末の801HWです。

圧倒的な高速通信~下り最大速度をチェック~

下り最大速度 上り最大速度
801HW 972Mbps 37.5Mbps
601ZT 112.5Mbps 37.5Mbps
603HW 612Mbps 37.5Mbps
502HW 187.5Mbps 37.5Mbps

上りの速度はどれも最大37.5Mbpsと同じですが、下りの最大速度は最新端末801HWが圧倒的に速いです。

但し、最大速度を実現するには

  • USB接続
  • AXGP接続

と上記のとおり、東京都・千葉県・神奈川県の一部のみとなっております。
かなり限定された条件となっており、603HWの時もそうでしたが、電波状況が悪ければ他の端末と速度があまり変わらないということが多いです。

アドバンスモードのエリア内であれば、高速通信を体験できますが、それ以外のエリアの場合は、電波状況によっては他の端末とあまり違いがありません。

「Pocket WiFi 801HW」のデメリット

連続通信時間、重さ、本体サイズを他の端末と比較してみると、特に目だって悪い部分はありません。

  • 連続通信時間8時間/省電力ONの時は10時間
  • 重さ約145g
  • 本体サイズ:約W128.4×H65.6×D13.8mm

上記の通り、一般的なポケットWiFiのサイズ+通信時間となっております。

強いて言うのであれば、カラーバリエーションがネイビーしかないため、女性にはあわないかもしれませんね。

充電等の接続ケーブルの端子は今流行りの「USB Type-C」となっております。

最大速度972MbpsはUSBケーブル接続時となっております。無線LANでの接続時の最大速度は588Mbps程度です。
使用エリアにもよりますが、家の中で使用する場合は50Mbps~100Mbpsの速度が出れば良いと思ってた方が無難です。

「Pocket WiFi 801HW」の契約をおすすめできない理由とは!?

ワイモバイルの端末の中で最新端末の801HWは、デメリットもほぼ無く、他の機種と比較しても高性能ですが、問題はY!mobileと契約をしないといけない事です。

Y!mobileの基本プランは

Pocket WiFiプラン2 月額3,696円 月7GB

となっており、月7GB以上を利用してしまうと速度制限になってしまいます。

速度制限時の速度は最大128Kbpsと遅いです。スマホでホームページ表示も時間かかります。

速度制限解除の方法として「500MBごとに500円(税抜)」の追加料金が必要となります。

500MB500円は高すぎるので追加料金を払う前提で契約しない方が良いです。

一応、Pocet WiFiプラン2には「アドバンスオプション月額684円」があり、このオプション利用時は、月間の速度制限が無くなり、無制限の使い放題になります。
※3日で10GBの制限はあり。

そのため3,696円+684円の計4,380円を支払えば毎月快適にネットが利用できます。

しかし、全く同じ月間無制限の3日で10GB制限がある、WiMAXの場合は月額3,480円で利用できたり、ワイモバイルよりも月額1,000円以上安く使えるのでお得です。

【2019年版】WiFiの料金が一番安いのは?~無制限で自宅でも外でも使える!~安いWi-Fiを契約したい。 でも、電気屋さん?ホームページ?どこから申込みしたらいいかわからない人多いと思います。 料金が...

契約期間が3年間と長い!?

Y!mobileに限らずWiMAXもですが、契約期間が3年間が主流となっております。

途中解約の場合は契約解除料(違約金)として、高額の費用が請求されます。

特にY!mobileは契約解除料が高いのが有名で契約月に解約した場合は最大38,800円が請求されます。WiMAXの場合は19,000円~9,500円が一般的ですが、ワイモバイルはその倍の金額です。

解約金も高いので途中で解約する可能性がある人には、3年契約はおすすめできません

ポケットWiFiやWiMAX一度契約したら3年後の更新月迄待たなければ、契約解除料が取られてしまいます。最近では違約金が嫌という人が増えており、いつでも解約が可能なレンタルWi-Fiの需要が大きく増えています。回線BoyからもレンタルWi-Fiの契約を申し込む人が増えています。今一番多いのが「縛りなしWiFi」です。
騙されるな!縛りなしWiFiにもデメリットがあった~契約前に知っておくべきこと~月額3,300円の縛りなしWiFiが今大人気ですが、デメリットもあります。 知らずに契約したら39,800円の高額費用を請求された...

月間無制限に使えるアドバンスモード対応エリアが狭い


上記のエリアマップの赤色が通常時使えるエリアとなっており、青色がアドバンスモード使用時のエリアです。

見ての通りアドバンスモード対応エリアが狭く、都心部以外では接続できるエリアがかなり限られてしまいます。

801HWを検討中の人は必ずエリアマップを確認して自分の使用予定のエリアはアドバンスモード対応エリアなのか確認してくださいね!
エリアマップを確認する(Y!mobileのサイトに飛びます)

ワイモバイルを使っている人の口コミで明暗を分けるのが「アドバンスモード」が使えるか使えないかで違ってきます。アドバンスモードのエリア内の人はワイモバイル快適で良いよと言う評判が多いですが、「アドバンスモードのエリア外」の人は高速通信もできず、速度制限になって最悪だったという口コミが多いです。

ポケットWiFiはどれを選ぶのが良いの?

月間無制限に使えて月額料金が安いのはWiMAX


GMOとくとくBB WiMAXの割安プランなら月額2,170円(2ヶ月目まで)3,480円(3~36ヶ月目まで)と安い料金で月間無制限(3日で10GB制限有)のWiFiを使うことが可能です。

もちろん、本体端末無料、即日発送の到着しだい使える工事不要のWiFiです

当サイト(回線Boy)でも何度も紹介していますが、GMOとくとくBBは電話が繋がりづらく、お問い合わせ時は不便を感じることもありますが、コストパフォーマンスで言えば一番お得なWiMAXのプロバイダです。

安くポケットWiFiをお得に持ちたいというのであれば「GMOとくとくBB」で決まりです。

最新端末のW06は最大速度1.2Gbpsとなっているため、理論上の速度ですが、Y!mobileの801HWの972Mbpsよりも更に速い速度の実現が可能です。

最大速度 3年間の総額
W06(GMOとくとくBB WiMAX) 1.2Gbps 122,660円
801HW(ワイモバイル) 972Mbps 157,680円

上記の表の通り

  • 速度
  • 3年間の支払額

全てを比較しても圧倒的にGMOとくとくBBの方が安く、快適に利用できるのがわかります。

月間無制限のWiFiを使いたいと言う人はGMOとくとくBBがおすすめです。

注意点としては、ワイモバイルもそうですが、3年契約となりますので、途中解約の場合は違約金が発生します。

GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

月20GB迄なら最安値のネクストモバイル


ネクストモバイルはソフトバンクの回線を使用しており、エリアが広く使うことができます。

3つのプランが用意されており、使う容量にあわせて契約が可能です。

  • 20GB 月額2,760円
  • 30GB 月額3,490円
  • 50GB 1ヶ月目~12ヶ月目 月額3,490円、13ヶ月目~24ヶ月目 月額4,880円

ネクストモバイルで人気なのが月額料金が安い20GBプランです。
月30GBの月額3,490円になってくると、GMOとくとくBB WiMAX(月間無制限プラン)の方が安く利用できるため、どうかな?と思います。

月20GBの月額2,760円のプランは、au、docomo、softbankの携帯電話会社や、格安SIM会社と比較しても、20GBが2,760円という格安で提供している所はありません

安いWiFiをお探しの方におすすめです。

また、ネクストモバイルは、本体代無料、契約期間も2年と短くおすすめです。

ネクストモバイルの公式サイトはこちら

ネクストモバイルの端末はFS030Wはワイモバイルの801HWと比較すると最大速度は150Mbpsと遅いですが、一部エリアを除けば、実行速度はそこまで変わりがなく、快適な通信が可能です。

契約期間の縛りなし!レンタルWiFiの「縛りなしWiFi」


ワイモバイルの3年契約、WiMAXの3年契約、携帯電話の2年契約など、契約期間の縛りに悩まされていませんか。

縛りなしWiFiでは、レンタルWiFiのため、契約期間の縛りが無く、いつでも解約が可能です。
※解約申請した翌月が解約月となります。

もちろん、違約金や契約解除料は取られることはありませんので、解約したからといって高額請求は来ることはありません。

肝心の料金ですが、月額3,300円の月間無制限(WiMAXの場合は3日で10GB、SoftBankの場合は1日2GBの制限有)となっており、13ヶ月目以降は2,800円と格安で利用できます。

注意事項として端末はレンタルのため、自然故障以外の故障は弁償金を支払わないといけませんので注意してください。ワイモバイルよりも3年間利用した場合5万円以上安くなります。

縛りなしの公式サイトはこちら

まとめ

801HWの最大速度は972Mbpsとかなり魅力的ですが、この速度が使えるのは一部エリア+USB接続が必須のため、Wi-Fi接続の場合は最大速度588Mbpsとなっております。

なお、972Mbps、588Mbps等は、あくまでも最大速度です。

実際に利用した場合、電波状況によって速度はかわってきます。建物の中で利用した場合などは、よくて50Mbps~100Mbpsの速度と思っていたほうがいいです。

最大速度だけ見ると光回線と同等位の速度ですが、実際の速度は光回線よりもかなり遅くなる場合が多いです。

ワイモバイルの待望の最新端末ですが、Y!mobileのプラン内容がどうしても高額のため、当サイト(回線Boy)ではおすすめしていません。

月間無制限のポケットWiFiを安く契約するならGMOとくとくBBのWiMAXかレンタルWiFiの縛りなしWiFiがおすすめです。