ポケットWiFi

【これが真実】無制限のポケットWiFi5社の比較~料金・速度・評判~

無制限WiFiと言えば「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」等の5社が有名です。

どれも同じ無制限だから、どこと契約をしたら良いのかわからないという人多いですよね。

このページでは、料金・速度・評判・実績を中心に、制限なしで無制限に使えるポケットWiFiを徹底比較しました。

制限なし!?完全無制限のポケットWiFiとは

2019年よりサービスを開始した、

  • どんなときもWiFi
  • 限界突破WiFi
  • Mugen WiFi
  • めっちゃWiFi
  • よくばりWiFi

上記のこれら5つのサービスは、ネットが全て無制限に利用できます。

注意事項として、短期間に大容量通信を行った場合は速度制限をすると記載がありますが、私自身使用して

  • オンラインゲーム(スプラトゥーン2)をプレイ
  • 3日間ずっと動画視聴

上記の使い方をしても、速度制限になることは有りませんでした。

ネット上の評判を見ても、速度制限になったという人はみかけませんので、基本的に無制限に使えると思って大丈夫です。

ファイル共有が出来るp2pソフトの利用は禁止されているからそれだけ注意してね!

本当に無制限に使えるの?嘘でしょ?と思っている人も居るみたいですが、Mugen WiFiを使ってテストで9日間で300GB利用してみましたが、速度制限になりませんでした。

計測に利用した端末は、Mugen WiFiのG4です。G4の方が液晶に通信量が記載してあり、実際に300GB使えたというのがわかりやすいと思いG4端末を使用しました。

完全無制限WiFi5社の比較

無制限WiFiの契約を考えている、でも何処と契約したら良いかわからない・迷っている人多いですよね。

様々な角度から無制限WiFiを比較しました。
※実際に速度を計測したりもしています。

比較前の最低限の前提条件としては、

  • 3日で10GBや1日3GBの速度制限がない完全無制限WiFi
  • インターネットから契約ができる
  • 契約期間は2年間
  • 端末はレンタル※

※限界突破WiFi、Mugen WiFiの端末はレンタルではありません。
となっております。

1.初期費用・月額料金の比較

一つ目の比較ですが、料金です。

初期費用が違ったり、月額料金が違いますので、料金は必ず比較して検討する必要があります。

初期費用 月額料金 2年間の合計金額
どんなときもWiFi 3,000円 1~24ヶ月目 3,480円
25ヶ月目以降 3,980円
86,520円
限界突破WiFi 0円 3,500円 84,000円
よくばりWiFi 3,800円 2ヶ月無料
3ヶ月目以降 3,450円
79,700円
めっちゃWiFi 3,000円 3,480円 86,520円
Mugen WiFi 6,000円 3,280円 84,720円

※2年間の合計金額は、「初期費用+24×月額料金」です。
※金額は特に表記が無い限り税抜きの金額となります。

料金を比較してみるとわかりますが、2年間の合計が一番安いのは「よくばりWiFi」です。
2番目に安い「限界突破WiFi」よりも4,300円安く使えます。

よくばりWiFiを除いた4社は料金がそこまで大きく変わらないから、料金だけでみるなら「よくばりWiFi」一択だね。

2.端末の比較

無制限WiFiで使用されている端末は以下の通りです。

端末
どんなときもWiFi U2s/D1
限界突破WiFi jetfon p6(OEM)
よくばりWiFi U2s
めっちゃWiFi U2s(シルバーのみ)
Mugen WiFi U2s/G4

※Mugen WiFiのG4を選んだ場合は月額料金が3,980円と高くなります。

限界突破WiFiのjetfon p6を除いて、端末はU2s(D1)です。

jetfon p6もU2sも最大速度は下り最大150Mbpsの上り最大50Mbpsと速度に違いはありません。

端末の使いやすさで言うと、モバイルルーターとして利用するなら「U2s(D1)」の方が使いやすいです。

また、jetfon p6はスマホモデルとなっていますので、大きさもU2sよりも大きいため、ちょっと持ち運んで使うというのはおすすめしません。

限界突破WiFiの端末はiPhone XSよりも一回り大きいサイズだよ!

注意点として、限界突破WiFiなら端末(jetfon p6)で「翻訳」と「地図」が使えるとありますが、

  • 翻訳は「Google翻訳アプリ」
  • 地図は「GoogleMAP」

上記2つとなっております。

そのため、わざわざモバイルルーターで翻訳やMAPを使うよりも、普段利用しているスマホでGoogle Mapや、翻訳アプリを使った方が調子いいです。

わざわざモバイルルーターで利用するメリットはあまりないので、地図や翻訳が使える!と思って契約してもそこまで特ではありません。

3.回線の比較

ここはブラックボックスの可能性もあるので、ハッキリとお答えすることはできません。
※色々な場所で計測していますが、結論はまだ出ていません。

無制限WiFiで利用できる回線は以下の通りです。
※公式サイトからの情報を記載

回線
どんなときもWiFi SoftBank、docomo、au
限界突破WiFi SoftBank、docomo、au
よくばりWiFi SoftBank
めっちゃWiFi SoftBank、docomo、au
Mugen WiFi SoftBank、docomo、au

よくばりWiFiのみSoftBankのLTE回線しか繋がらないと記載がありました。

その他4社は「SoftBank、docomo、au(KDDI)」の回線に繋がると記載がありました。

ここで注意して頂きたいのが、無制限WiFiはSoftBank回線がメインです。

公式サイトでは、最適な通信キャリアの回線を自動で掴みますと記載ありますが、繋がるのはSoftBankが多いです。

SoftBank以外の回線も調子が良いと思って契約するとガッカリする可能性がありますので気をつけてください。

ネット上の評判も調べるとわかるけど、au回線に繋がるのは稀みたいだよ。

限界突破WiFiの口コミを調べていると「au」に繋がったという声がチラホラ聞こえますので、限界突破WiFiのみはauにも繋がりやすい可能性があります。
※情報が入り次第更新します。

4.速度の比較

気になるのが速度ですね。

無制限WiFi5社はSoftBank回線を掴むのであれば、理論上同じ回線を使用しているため同じ速度になるはずですが、速度は気になりますので、5社同時に計測してみました。

計測方法は以下の通りです。

  • 同じ時間に計測
  • iPhone6sにてスピードを測定
  • 防護機能はOFF(節約モードもOFF)
  • 計測回数は3回
  • 計測毎に、端末を再起動

端末を再起動する理由としては、クラウドSIMの仕様上、ソフトバンク回線でも掴む基地局?回線?が違う場合あり、計測の度に再起動する事にしました。

1回目の速度測定

下り速度 上り速度
限界突破WiFi 22Mbps 11Mbps
Mugen WiFi 32Mbps 11Mbps
どんなときもWiFi 27Mbps 7Mbps
よくばりWiFi 11Mbps 5Mbps
めっちゃWiFi 7Mbps 2Mbps

1回目の速度測定では「めっちゃWiFi」が下り7Mbpsと速度が少し遅く、Mugen WiFiが32Mbpsと一番速度が速かったです。

但し、限界突破WiFiの22Mbps、どんなときもWiFiの27Mbpsも高速通信のため、動画視聴やゲームでも特に問題ない速度となっています。

2回目の速度測定

下り速度 上り速度
限界突破WiFi 29Mbps 13Mbps
Mugen WiFi 25Mbps 5Mbps
どんなときもWiFi 27Mbps 8Mbps
よくばりWiFi 24Mbps 7Mbps
めっちゃWiFi 6Mbps 3Mbps

2回目の計測では、またもや「めっちゃWiFi」が6Mbpsと遅く、他は24Mbps~29Mbpsと誤差程度の速度です。

3回目の計測

下り速度 上り速度
限界突破WiFi 18Mbps 11Mbps
Mugen WiFi 25Mbps 5Mbps
どんなときもWiFi 39Mbps 7Mbps
よくばりWiFi 27Mbps 4Mbps
めっちゃWiFi 5Mbps 1Mbps

3回目の速度比較ですが、ここでもまた「めっちゃWiFi」の速度が遅いです。
ちょっとこの結果は私自身もビックリしました、再度「めっちゃWiFi」だけ計測しましたが10Mbps出ませんでした。

「めっちゃWiFi」はたまたま速度が遅かったかもしれないから、再度計測して更新するね。

※後日「めっちゃWiFi」のみを計測しなおした結果、下り速度20Mbps~30Mbpsという高速通信を確認できました!

「めっちゃWiFi」を除くと、「どんなときもWiFi」は下り速度が一番安定している感はありましたが、ここら辺は誤差かもしれません。

また、上り(アップロード)速度は限界突破WiFiが全体的に良い記録が出ている感じがあります。

これは端末の違い(P6かU2s)の可能性もあります。

動画視聴等で使うのは下りの速度だから上りはそこまで気にしないで大丈夫だよ!

5.起動から電波を掴むまでの時間

実はクラウドSIMを使用した無制限WiFiは、通常のポケットWiFiやWiMAXよりも電源を入れてからWiFiが使えるようになるまで時間がかかります

ポケットWiFiの端末によっては電源がONになってから10秒前後で使えますが、クラウドSIMを使用した無制限WiFiの5社は1分以上かかります。

端末及び契約先によって、起動から電波掴むまで時間が違うのかと思い、検証してみました。

1回目の計測(電源ONから電波が利用できるまで)

時間
限界突破WiFi 1分51秒
Mugen WiFi 2分39秒
どんなときもWiFi 1分27秒
よくばりWiFi 1分15秒
めっちゃWiFi 2分39秒

電源ONにしてから電波を掴むまでに1分台ですんだのが「限界突破WiFi」「どんなときもWiFi」「よくばりWiFi」の3社でした。

Mugen WiFiは2分39秒、めっちゃWiFiも2分39秒と時間がかかっています。

2回目の計測(電源ONから電波が利用できるまで)

時間
限界突破WiFi 1分44秒
Mugen WiFi 1分22秒
どんなときもWiFi 1分08秒
よくばりWiFi 1分25秒
めっちゃWiFi 1分13秒

2回目の計測では、どのポケットWiFiも電波を掴むまでに約1分から2分以内と、安定している感じがありました。

3回目の計測(電源ONから電波が利用できるまで)

時間
限界突破WiFi 1分43秒
Mugen WiFi 1分22秒
どんなときもWiFi 1分20秒
よくばりWiFi 1分23秒
めっちゃWiFi 3分33秒

めっちゃWiFiが3分33秒と、遅かったです。

ここからはかなり個人的な感想ですが、めっちゃWiFiは何かしら遅い原因があるのかもしれません。

無制限WiFiは電源をONにしてから使えるようになるまで早くても1分以上はかかります。

6.ネット上の評判を比較

ツイッター上でリアルの口コミ・評判を調べてきました。

そこで分かった点がいくつかあります。

口コミの有無 評判について
限界突破WiFi ・他のWiFiよりもauの電波も掴む!?
・発送の遅れが出ている(10月20日時点)
Mugen WiFi 無し
どんなときもWiFi 全体的に高評価
1日100GB使用した口コミも有り
よくばりWiFi 無料期間があって高評価
めっちゃWiFi 無し

「めっちゃWiFi」と「Mugen WiFi」についてはレビューが見つかりませんでした。

特に「めっちゃWiFi」については、「速度の比較」にて検証したように速度が少し遅く感じますので、評判も気になります。

限界突破WiFiの口コミ


私の環境下では、auの電波を掴みませんでしたが、ツイッターの口コミではauの電波を掴んだとの記載もあり。

端末が他の4社と違うためauの回線を掴みやすいのかもしれません。

これに関しては情報が少ないから、詳しくわかったらまた更新するね!

どんなときもWiFiの口コミ


ラグなしでネット対戦ができたという口コミです。

注意して頂きたいのが、どこでもラグなしでネット対戦ができるというわけではありません。

電波が悪いエリアであれば、どんなときもWiFiでもラグはありますので、気をつけてください。

よくばりWiFi


下りの速度10Mbps以上出ていれば、動画視聴やゲームでも問題なく可能です。

口コミに記載もありますが、無制限で使い放題というのは、無制限WiFiのメリットですね!

7.お問合わせのしやすさ、サポートはあるか?

お問合わせの電話番号が用意されているか、お問合わせフォームがあるか、電話は直ぐに繋がるかという比較です。

お問合わせの時間帯によっても変わってくるので注意が必要です。

電話 お問合せフォーム チャット
限界突破WiFi 050-1745-7355
10時~18時30分
Mugen WiFi 0120-541-802
平日10時~19時
どんなときもWiFi 0120-048-277
11時~18時 日祝休み
よくばりWiFi 03-4223-0550
11時~19時 日祝休み
めっちゃWiFi 0570-022-577
10時~18時

お問合わせの電話について

お問合わせの電話は無制限WiFiの全ての会社に用意されています。

注意点としては、どのお問合わせ電話もつながりづらいです。

特に「限界突破WiFi」と「どんなときもWiFi」は大人気のため繋がりづらく、根気よくかけないといけません。
※どんなときもWiFiはこちらのページにて混雑状況を記載してあります。

お問合わせの電話は、「午前中からお昼」「夕方から夜」が混雑してるところが多いよ!

お問合わせフォームについて

お問合わせフォームがなかった(みつからなかった)のは、「限界突破WiFi」と「めっちゃWiFi」です。

日中は忙しくて電話をかけれないという人は、お問合わせフォームから質問を入れておくと、メールで返信がきます。

但し、無制限WiFiは今大人気のため混雑が予想されますので、返信が遅い場合があります

質問が決まってる場合は、早めにお問合わせしておくことをおすすめします。

電話だと時間が限られているから、昼間お仕事で電話できないという人はお問合わせフォームから質問するのが良いね。

お問合わせのしやすさの結論としては、どこも繋がりづらい状況です。

お問合わせフォームがある所は、フォームから質問をしておけば数日以内には返信が来ますので、待つという選択もありです。

電話に関しては、運が良ければ電話が直ぐ繋がるという事もありますが、運が悪いと1時間待たされたという人もいますので、電話問い合わせの場合は、時間に余裕をもってかけてくださいね

8.端末故障時の端末交換費用の比較

端末を壊してしまった場合の交換費用になります。

交換費用
限界突破WiFi 18,000円
Mugen WiFi 20,000円
どんなときもWiFi 18,000円
よくばりWiFi 18,000円
めっちゃWiFi 5,000円

めっちゃWiFiのみ5,000円と安い金額で交換が可能です。

どのモバイルルーターもメーカー保証1年がついておりますので、内部故障(自然故障)の場合は、1年以内なら無償修理が可能です。

但し、落下や水没等、外的要因での故障はメーカー保証対象外となりますので気をつけてください。

「めっちゃWiFi」以外は、端末補償のオプションに加入が可能です。
月額400円~500円前後ですので、故障が心配という人は加入した方が良いです。

9.契約解除料の比較

ここで紹介している無制限WiFi5社は全て2年契約です。

2年以内に解約すると高額の契約解除料(解約金)が発生しますので注意してください。

契約解除料
限界突破WiFi 1~24ヶ月目 18,000円
3年目以降 5,000円
更新月 0円
Mugen WiFi 1~12ヶ月目 30,000円
13~24ヶ月目 25,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円
どんなときもWiFi 1~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円
よくばりWiFi 1~12ヶ月目 18,000円
13~24ヶ月目 12,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円
めっちゃWiFi 1~24ヶ月目 9,800円
3年目以降 0円

比較するとわかりますが、契約解除料が高いのは「Mugen WiFi」です。

1年以内の解約は30,000円の解約金がかかりますので気をつけてください。

一番安いのは「めっちゃWiFi」です。

「めっちゃWiFi」は2年以内の解約金は9,800円と、他社よりも1万円前後安いです。

さらに、3年目以降はいつ解約しても解約金は0円となっており、使わなくなったら気軽に解約が可能です。

2年間使い続けるという人は、契約解除料を気にしないでいいのですが、もしかしたら途中で解約する可能性が有るという人は、契約解除料が高いMugen WiFiは避けるようにしたりして、無制限WiFi選びをした方が良いです。

10.納期、到着までの日数の比較

申し込んでから到着するまで何日位かかるのか気になりますよね。

明日使いたいけど届くのかな?という疑問もあると思います。

ここでは、公式サイトが記載している発送までの日数と、実際に届くまでの流れを記載しています。

発送までの日数(公式サイトでの記載)
限界突破WiFi 記載なし
Mugen WiFi 最短即日発送
どんなときもWiFi 最短即日発送
平日13時、土曜日11時までの受付分
よくばりWiFi 最短即日発送
平日13時、土曜日11時までの受付分
めっちゃWiFi 記載なし

「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」は発送までの日数が公式サイトで記載がありませんでした。

その他の「どんなときもWiFi」「よくばりWiFi」「Mugen WiFi」は最短即日発送となっております。

【届くまでの日数は?】実際に申し込んでみてどうだったのか?

即日発送と公式サイトに記載があっても、AMAZONのように必ず発送してくれるとは限りません。

全て契約して実際に届くまでの日数を調べてみました

申込日 発送連絡 到着日 合計日数
限界突破WiFi 10月14日 10月18日 10月20日 6日
Mugen WiFi 10月4日 連絡なし 10月5日 1日
どんなときもWiFi 3月6日 3月8日 3月9日 3日
よくばりWiFi 10月17日 10月18日 10月19日 2日
めっちゃWiFi 10月9日 10月11日 10月11日 2日

※どんなときもWiFiは即日発送のはずでしたが、こちらの手違いで住所の記載ミスがあり、その確認を取っていただいたため、時間がかかりました。
※「めっちゃWiFi」の発送連絡が、端末到着日であり、恐らく連絡が遅れたのかなと思います。

上記の通り、発送が遅かったのは「限界突破WiFi」です。

「限界突破WiFi」は本人確認書類の提出が必要なため、本人確認に時間がかかるのと、多くの注文が入っていることから発送まで時間がかかっているようです。

ツイッターでも遅れていると記載がありました。

申し込んでから早くポケットWiFiを使いたいという人は「即日発送」に対応している「Mugen WiFi」「どんなときもWiFi」「よくばりWiFi」の中の3社から選ぶのをおすすめしています。

無制限WiFiの比較の結論

まず、結論として無制限WiFiでおすすめは「どんなときもWiFi」です。

10個の比較をしましたが、正直な話どれも大きな差はありませんでした

何故「どんなときもWiFi」がおすすめなのかを、1社ずつ比較して書いていきます。

「限界突破WiFi」と「どんなときもWiFi」の比較

サービス名の知名度でもいい勝負をしている「限界突破WiFi」ですが、当サイトでは、一番おすすめはどんなときもWiFiです。

理由としては、2年間の合計金額は、

  • 限界突破WiFi 84,000円
  • どんなときもWiFi 86,520円

少しだけ限界突破WiFiの方が安いのですが、端末の使いやすさ、起動迄の時間、今までの実績を考慮すると「どんなときもWiFi」の方がおすすめです。

特に、限界突破WiFiの端末は、iPhoneXSよりも若干大きく邪魔になります。

ポケットWiFiは小さく持ち運び安い方が良いです。

お問合わせの電話も、限界突破WiFiの場合は、いつ混雑しているかわかりづらく、延々と待たされることがあります。

その点どんなときもWiFiはお問合わせフォームも用意されていますので、時間がない人でもフォームから質問しとけば返信がメールで届きます。

どんなときもWiFiは2019年3月からサービスを開始していて、実績を考慮すれば圧倒的に「どんなときもWiFi」がオススメだね!
気をつけて!「限界突破WiFi」のデメリットと評判を調査!料金の比較も有りエックスモバイルが無制限にネットが使える「限界突破WiFi」を2019年10月10日に販売を開始しました。 ネットが無制限、海外で...

「Mugen WiFi」と「どんなときもWiFi」の比較

Mugen WiFiは月額料金が3,280円と無制限WiFiの中では最安値で利用できます。

しかし、初期費用が6,000円かかることを考えると、どんなときもWiFiの初期費用3,000円の方が安くて良いです。

それに、今までの実績(どんなときもWiFiは2019年3月から安定したサービスを送っている)を考えると、わざわざMugen WiFiを選ぶよりも安定したサービスの「どんなときもWiFi」の方がおすすめです。

Mugen WiFiが決して悪いわけじゃないよ!
サービス提供会社の大きさ等も考慮して「どんなときもWiFi」をおすすめしてるよ!
Mugen wifiのメリット・デメリット・評判を解説!無制限に使える!?2019年10月3日よりサービスを開始したmugen wifiは月間無制限に使えて月額3,280円という格安のWiFiサービスです。 ...

「よくばりWiFi」と「どんなときもWiFi」の比較

月額料金の点では「よくばりWiFi」が2年間の合計金額79,700円とリードしていますが、SoftBank回線しか繋がらない点を考慮したり、今までの実績を考慮すると「どんなときもWiFi」の方が安心して利用できます。

SoftBank回線だけ繋がれば良いという人は「よくばりWiFi」も有りです。

2年間使う前提の話ですが、2年間合計金額を安くするなら「よくばりWiFi」、お問合わせの対応やサービス内容等、安心して契約するなら「どんなときもWiFi」です。

よくばりWiFiは本当に無制限?メリット・デメリット・評判を徹底調査!よくばりWiFiは2019年9月よりサービスが開始されたポケットWiFiです。 サービス内容としては「どんなときもWiFi」と似て...

「めっちゃWiFi」と「どんなときもWiFi」の比較

めっちゃWiFiの特徴は、

  • 契約解除料が安い(1~24ヶ月目 9,800円、3年目以降 0円)
  • 端末の弁済金5000円と安い

上記の2点です。

無制限WiFiの中では、この2点は圧倒的に安いのですが、速度比較での結果の通り、なぜか「めっちゃWiFi」は速度がでません。

また、お問合わせフォームが無いというのも、おすすめできない点になります。

これらを考慮すれば、どんなときもWiFiの方が圧倒的なサポートと、安定した回線という意味でおすすめです。

決して「めっちゃWiFi」が悪いという訳ではないのですが、2年間という長期間の間、ポケットWiFiを使うとなれば「どんなときもWiFi」の方が無難に使えます。

「めっちゃWiFi」のデメリットと意外なメリットを解説~評判・口コミも有り~めっちゃWiFiは今流行りの無制限に使えるポケットWiFiです。 特に「めっちゃWiFi」は「3年目以降の解約金が0円」というので...

無制限WiFiは「どんなときもWiFi」で決まり!

10個の比較をしてきましたが、

  • 今までの実績
  • 知名度
  • 運営会社の大きさ
  • 安定した速度
  • SNS(ツイッター)での評判

これらを考慮すれば、どんなときもWiFiで決まりです。

どんなときもWiFiは実際に海外で使用できた例もありますし、私自身もオンラインゲームでも利用可能なのを確認しています。

1日100GB利用しても、1ヶ月1TB利用しても大丈夫だったという例もありますので、料金は最安値ではありませんが、実績を考えれば無制限WiFi5社の中で一番おすすめできます。

ポケットWiFiは契約期間2年間と長期契約ですので、慎重に選んでください。

どんなときもWiFiの公式サイトはこちら