ポケットWiFi

【2020年決定版】無制限のポケットWiFiのおすすめ9選~比較完全版~

2020年8月時点で、多くの無制限のポケットWiFiが販売されています。

「どんなときもWiFi」と「THE WiFi」についてはテレビCMまで流しているという、白熱した広告合戦が起きていました。
※限界突破WiFiは2019年のレコード大賞に1回だけCMを流しています。

このページでは、多くの無制限のポケットWiFiで、どれを選んだら良いか悩んでる、迷っている人に、最適のWiFiを選んでいただけるために、料金の比較・キャンペーン内容等を徹底解説しています。

最近、ポケットWiFiの無制限についてトラブルが多いから、契約前に必ず「無制限のポケットWiFiを選ぶ際の注意点」を読んでね!

直ぐにおすすめの無制限WiFiを知りたいという人は「無制限のポケットWiFiのおすすめについて」をご覧ください。

ポケットWiFiの無制限について

無制限と言われているポケットWiFiで完全無制限に使えるポケットWiFiはありません

先に記載しておきますが、300GB以上の利用を検討している人には「ポケットWiFi」はおすすめできません。

えっ?無制限って嘘なの?
サービス開始当初は無制限に使えた所もあったんだけど、どんどん規制が厳しくなったよ

実際に回線Boyで把握しているだけでも、下記のような事象が起きています。

通信制限の内容
どんなときもWiFi 制限不明
但しネット上では速度制限がかかったという口コミ多数有
公式でも不具合を認めています。
現在発生している不具合及び補償対応について
クラウドWiFi東京 1ヶ月300GBで制限(2020年2月にテスト)
どこよりもWiFi 1ヶ月300GBで制限(利用規約に記載)
ギガWi-Fi 1ヶ月150GBで制限
ポケモバCloud 1ヶ月150GBで制限(2020年5月にテスト)
限界突破WiFi 3月6日から1日5GB超えると速度制限
※制限時の速度は下り4Mbps・上り1Mbpsです。24時を超えると制限解除。
WiMAX 直近3日間で10GBを超えた場合翌日の18時から2時は速度制限

上記の通り、無制限と言われているのに、なぜか制限がかかるという事があります。

そのため月300GB以上使うという人には「ポケットWiFi」はおすすめできません

但し、昼間のみ利用するという人の場合は「WiMAX」という選択肢はあります。

何故ならWiMAXの制限は18時~2時までのみとなっており、それ以外の時間は通信制限中でも高速通信が可能です。

ポケットWiFiは便利だけど、ゲームのダウンロードや月300GB以上使う予定があるという人は「光回線」を自宅に引いた方が、速度制限に悩まされることなく、安定した通信ができるよ。
光回線のページはこちら

開通工事が待てないという人はホームルーターの「ソフトバンクAir」もおすすめです。
ポケットWiFiの無制限と違い、どれだけ使っても速度制限になりません。
ソフトバンクエアーの2年契約に落とし穴が!料金・評判・キャンペーンについて

無制限に使えるという嘘の情報には気をつけてください。

無制限のポケットWiFiを選ぶ際の注意点

無制限WiFiを選ぶうえで注意する点を挙げました。

契約した後に、後悔しないためにも、必ず事前に確認してください。

1.契約期間・契約解除料は必ずチェック

ポケットWiFiでは、

  • 契約期間の縛りがあるサービス
  • 契約期間の縛りがないサービス

の2つに分かれています。

基本的には、契約期間の縛りがあるサービスの方が料金は安めの設定となっております。

なお、契約期間はサービスによって変わってきますので必ずチェックしてください。
※例、どんなときもWiFi⇒2年契約、Mugen WiFi⇒2年契約、GMOとくとくBB WiMAX⇒3年契約等

契約期間の縛りがあるポケットWiFiのサービスでは注意しないといけないのが契約解除料です。

当サイトで契約者が多い無制限のポケットWiFiの契約解除料を比較してみます。

限界突破WiFi 1~24ヶ月目 18,000円
3年目以降 5,000円
更新月 0円
Mugen WiFi 1~12ヶ月目 9,500円
13~24ヶ月目 5,000円
25ヶ月目以降 0円
どんなときもWiFi 1~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円
よくばりWiFi 1~12ヶ月目 18,000円
13~24ヶ月目 12,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円
めっちゃWiFi 1~24ヶ月目 9,800円
3年目以降 0円

上記の通り、Mugen WiFiが1年以内の解約でも9,500円と安いです。

どんなときもWiFiは1年以内18,000円ですから比較すると倍近く違います。

さらに、Mugen WiFiは25ヶ月目以降はいつでも解約金0円なのに対して、どんなときもWiFiは更新月以外は9,500円取られてしまいます。

このように契約解除料もシッカリチェックしておかないと、後々後悔してしまう事もあります。

2.クラウドSIM系は約9割ソフトバンク回線

ポケットWiFiの無制限と記載している業者の殆どが「クラウドSIM」を利用しています。

クラウドSIM系って例えばどこ?
有名どころで言うと「どんなときもWiFi」「THE WiFi」「限界突破WiFi」「Mugen WiFi」とかだよ!

これらのクラウドSIM系のポケットWiFiサービスでは、

  • ソフトバンク
  • au
  • docomo

上記3キャリアの最適な回線を掴むという記載がありますが、実際はソフトバンク回線を掴む割合が9割前後となっております。

ドコモやauの回線が使えると思って契約すると痛い目を見る可能性が高いです。

ソフトバンクの電波が届かない場所では、稀に「au」「docomo」の電波を掴みますが、速度は10Mbps以下だったりと、そこまで期待できません。

ソフトバンクの4G LTEを使ったポケットWiFiと割り切った方が良いよ!

ソフトバンクのサービスエリアマップはこちら

3.クラウドSIM系は速度が遅い場合が多い

当サイトでは、テストをかねて「10台以上」のポケットWiFiを契約しています。

その結論から言うと、クラウドSIM系のポケットWiFiは何故か速度が遅い時が多いです。

但し、遅いと言っても「使い物にならない」という訳ではなく、平均して10Mbps~30Mbps前後の速度となっております。

10Mbps以上出ていれば、動画視聴等にも影響はないと言って大丈夫だよ!

当サイトのテスト環境で、50Mbps以上の速度を計測したのは、

  • GMOのWiMAX
  • ネクストモバイル
  • エヌズカンパニーのポケットWiFi

となっており、どれもクラウドSIMではなく、物理SIMのポケットWiFiサービスです。

先ほども記載しましたが、10Mbps~30mbpsと速度が出ていれば、通常利用では問題ありませんが、少しでも速度の速いポケットWiFiを使いたいという人は、クラウドSIM系のサービスは避けたほうが良いです。


上記は2020年3月19日に計測しましたが、見てのとおりWiMAXはかなり速度が速いです。

速度
WiMAX 下り69Mbps/上り5.6Mbps
限界突破WiFi 下り19Mbps/上り17Mbps
どんなときもWiFi 下り12Mbps/上り13Mbps
THE WiFi 下り21Mbps/上り13Mbps

注意点としては、WiMAXは直近3日間で10GBを超えた場合、翌日の18時~2時まで速度制限になります。

私は動画が快適に見れれば良いんだけど、どうしたら良いの?
クラウドSIM系でも動画は快適に見れるから好きなサービスを選んでね!

速度については、利用エリア・利用時間帯で大きく変わってきます
そのため、ネット上では様々な情報が出ていますが、最終的には使ってみないとわからないというのが真実です。
ポケットWiFiは初期契約解除が用意されていますので、速度が遅い、電波が入らないと思ったら直ぐに初期契約解除を適用して解約してください。
※初期契約解除は8日以内です。

4.クラウドSIM系は月300GBで制限有と思った方が良い

今大人気の無制限WiFiですが、無制限に使えるのはごく一部です。

仮に現時点で無制限に使えていても、来月、2ヶ月後、3ヶ月後はわからないというのが事実です。

私、無制限って聞いて契約したのに・・・違うの?
そういう人が多いから、ここではキチンと説明するね。

最近で炎上しているのが「どんなときもWiFi」と「限界突破WiFi」です。

「どんなときもWiFi」は2月、3月と度重なる通信障害が発生しています。

この理由は定かではありませんが、恐らくユーザーが増えすぎたため、一人あたりの通信量を確保できなくなりました。

「限界突破WiFi」でも、3月6日頃から密かに1日3GB制限になったり、3月19日時点では1日5GBの制限があるという噂です。
※制限につきまして当サイトで確認中

契約者としては、無制限と思って申し込んだのに、なんで?という事態が起きています。

上記2社に限らず、少なからず制限をかけてくるサービスが殆どです。

今、無制限に使えるから〇〇というWiFiは良いよという話も聞きますが、数か月後どうなっているかはわかりません。

そのうえで「無制限」と言われている「WiFi」を契約するのであれば、月300GB迄と思った方が良いです。

何で300GBなの?
多くの無制限ポケットWiFiは300GBの制限があるんだよ!

正式に公表していないサービスもあるため、ハッキリと記載できませんが、当サイトで計測した中でわかったのは、

  • クラウドWiFi東京:月300GB制限有
  • よくばりWiFi:月300GB制限有
  • どこよりもWiFi:月300GB制限有

となっており、他の無制限ポケットWiFiでも似たような制限がかかる可能性が高いです。

月300GB以上使う可能性が高いという人は「無制限WiFi」を契約しても速度制限になる可能性がありますので、できれば自宅に「光回線」を引いた方が間違いないというのが当サイトの結論です。

【2020年最新版】キャッシュバックが多い光回線のおすすめは?

1日1時間程度の動画視聴であれば、無制限WiFiでも問題ありませんが、毎日長時間動画を視聴する場合は、速度制限になる可能性があるというのを頭の片隅に入れておいてください。

5.月額料金はそこまで重要ではない?

ポケットWiFi選ぶで、基準となるのが月額料金だと思いますが、当サイトでは月額料金で比較するのはおすすめしておりません。

料金って重要だよ?
そうだね。でも、無制限WiFiの殆どが3,250円~3,480円となってるから、大きく料金は変わらないよ。

では、どのような点を重視した方が良いのかというと、

  1. 契約期間
  2. 契約解除料
  3. その他に他と違う点

となっております。

「契約期間・契約解除料」については、既に「契約期間・契約解除料は必ずチェック」にて説明しましたので省きます。

3番目の「その他に他と違う点」について解説していきます。

当サイトで一番人気のある「Mugen WiFi」は契約解除料が安いのはもちろんですが、30日間お試しキャンペーンを行っております。

このキャンペーンでは、条件は多少ありますが、30日以内であれば返却手数料1,000円を支払う事で全額返金して貰えます。

実際にポケットWiFiを利用して、

  • 速度が遅い
  • 電波が入らない
  • 思っていた物と違った

といった時に、30日以内であれば、泣き寝入りをせずに1,000円支払う事で全額返金してもらう事が出来ます。

月額料金にこだわって、安い所ばかり探していると、途中解約の料金が高かったり契約期間が長かったりと良いことがない場合もありますので気をつけてください。

月額料金の比較は当然必要ですが、それよりも「契約期間」「契約解除料(途中解約時解約金)」「その他付加価値のあるサービス」が重要となります。

無制限のポケットWiFiのおすすめについて

1.WiMAX最安値「GMOとくとくBB WiMAX(月額割引)」

GMOとくとくBBのWiMAXは月間無制限ですが、3日で10GBの速度制限が設けられています。

速度制限がある所より、私は無制限がいいけどなぁ。
ちょっと待って!制限が有るけど、その分良い点もあるんだよ!

※無制限に使えるポケットWiFiは新規受付を停止しているサービスが殆どです。

まず、速度制限についてお話ししますが、WiMAXの速度制限は月間での制限は設けていません。

直近3日間で10GBを超えると翌日の18時~2時迄が1Mbps前後の速度まで低下するという制限内容です。

そのため、2時から18時までの間であれば、速度制限にかかっていも高速通信が可能という特徴もあります。

さらに、サービス運営側で急に制限をかけられるよりも、予め3日で10GB使うと速度制限になるというのがわかっていた方が、大事な仕事や見たいオンデマンドがある時にも通信量を調整して使う事ができます

3日で10GBで十分」「昼間しか使わないから関係ない」という人には、WiMAXはおすすめです。

たしかに!大事なオンラインミーティングの前は通信量をセーブしておけばいいよね!
そうなんだよ!クラウドSIMを利用したポケットWiFiの場合、いつ速度制限になるかわからないから、WiMAXという選択も考えてね。

WiMAXで一番安く使えるのが「GMOとくとくBB WiMAX(月額割引)」プランとなっております。

GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

2.契約期間なし!「縛りなしWiFi」

縛りなしWiFiは契約期間の縛りがありません。

そのため3ヶ月や半年で解約しても契約解除料及び解約金は0円です。

気軽にポケットWi-Fiが持てるという点でおすすめです。

縛りなしWiFiのプランは3つ用意されており、

  • 通常プラン:1日2GB
  • ライトプラン:1ヶ月20GB
  • WiMAXプラン:3日で10GBの制限のみ

となっております。

WiMAXプランなら月間無制限となっており、3日間で10GBを超えない限り速度制限になりません。

3日間で10GBを超えても速度制限は18時から2時までと時間が決まっておりそれ以外の時間帯では高速通信が可能となっております。

そのため縛りなしWiFiで大容量通信を検討している人「WiMAXプラン」がおすすめです。

縛りなしWiFiの料金については以下の通りです。

月額料金 通信量
通常プラン 3,300円 1日2GB迄
ライトプラン 3,000円 1ヶ月で20GB迄
WiMAXプラン 3,800円 月間無制限
(3日で10GBの制限有)

全体的に料金も安めとなっております。

初期費用も1,000円と安く、月額料金も低価格のためおすすめのレンタルWifiです。

契約期間の縛りがないから、気軽に解約出来ておすすめ!

\契約期間の縛りがないため、いつでも解約OK/。
縛りなしWiFiの公式サイトはこちら

3.無制限に使えて最短翌日発送「どこよりもWiFi」

どこよりもWiFiでは、無制限に使えるポケットWiFiが月額3,380円と格安で利用することができます。

無制限のポケットWiFi探していたから助かった!
そうだね。料金も安くおすすめだよ!

なお、どこよりもWiFiでは「無制限プラン」以外にも複数のプランがあります。

月額料金 通信量 契約期間
無制限GBプラン 月額3,380円 無制限 2年間
20GBプラン 月額2,480円 20GB 2年間
20GBプラン
(縛りなし)
月額2,980円 20GB 縛りなし

3つのプランが用意されていますので、状況にあわして契約する事をおすすめします。

無制限GBプランなら動画視聴しても、通信量を気にせず長時間視聴が可能です。

どこよりもWiFiは「無制限GBプラン」がおすすめってことね!?
そうだね!今在庫切れが多い中で「どこよりもWiFi」なら無制限のポケットWiFiが契約できるよ!

在庫有!最短翌日発送!
どこよりもWiFiの公式サイトはこちら

4.契約期間1年!解約金1,000円「BIGLOBE WiMAX」

WiMAXを契約したいけど、3年契約は長すぎだよね。
そういう人におすすめなのが「BIGLOBE WiMAX」だよ!

BIGLOBE WiMAXは1年契約途中解約の解約金は1,000円と安いです。

但し、端末代19,200円の費用が必要です。

なお、ビッグローブWiMAXの月額料金は3,980円となっております。

最安値のGMOとくとくBBと比較すると少し高いですね。

しかし、契約期間1年、解約金1,000円という特徴がありますので、3年間使い続けるかわからないという人にはおすすめです。

速度制限はどうなってるの?
WiMAXだから3日で10GBの速度制限は有るよ!

※直近3日間で10GBを超えた場合は翌日の18時~2時まで速度制限となります。それ以外の時間帯は高速通信が可能です。

月額料金
(ギガ放題)
3,980円(税抜)
初期費用 3,000円(税抜)
本体代 19,200円(税抜)
キャッシュバック 15,000円
契約期間 1年間
1年以内の解約違約金は1,000円
2年目以降は違約金無料
支払い方法 クレジットカードまたは口座振替

サービス開始翌月に15,000円キャッシュバックキャンペーン中!
BIGLOBE WiMAXの公式サイトはこちら

5.初期費用0円!端末貰える「限界突破WiFi」

限界突破WiFiは1日3GBの速度制限で一時期炎上していましたが、現在は下記の表の通り1日5GB迄高速通信、10GB迄快適通信、10GB以上で速度制限となっております。

制限内容
1日5GB以下 高速通信(下り最大150Mbps/上り最大50Mbps)
1日5GB~10GB 快適通信(下り4Mbps/上り1Mbps)
1日10GB 128kbps以下

1日10GB以上使う可能性のある人には「限界突破WiFi」はおすすめできません。

但し、このように速度制限を設けておりますので、いきなり速度制限がかかったという事態を避けることができます

1日5GBって、どれくらいで行くのかな?
動画の画質にもよるけど、約2時間で1GBだから1日10時間みたら5GBは超えるよ

※YOUTUBEの480p(中画質)で視聴した場合です。

仮に1日5GBを超えても、10GB迄なら速度は下り4Mbpsとギリギリ動画視聴が可能な速度です。
※動画視聴の画質にもよります。

なお、限界突破WiFiの料金体系はシンプルです。

  • 月額料金3,500円
  • 初期費用0円
  • 端末代0円(返却不要)

さらに、ポケットWiFiは独自のアンドロイド端末のため、都度アップデートをして使いやすいモバイルルーターになっています。

2020年7月29日時点で在庫有ります

限界突破WiFiの公式サイトはこちら

上記にて在庫切れと表示される場合、下記の申込フォームより申込可能です。
限界突破WiFiの申込フォームへ

※申し込みから発送まで3日前後かかります。

6.無制限WiFiで契約期間の縛りなし「クラウドWiFi東京」

クラウドWiFi東京は、無制限WiFiの中で珍しい「契約期間の縛りがない」ポケットWiFiです。

他のポケットワイファイが2年や3年といった契約期間を設けている中で、3ヶ月や半年で解約しても解約金はなしです。

凄い!いつでも解約できるのは魅力的!
そうだね。でも、注意点があるから気をつけてね。

クラウドWiFi東京の注意点は2つあります。

  1. 月300GBの制限がある
  2. 初期費用が3,980円と少し高い
  3. となっております。

    月300GBの制限については、既に「クラウドSIM系は月300GBで制限有と思った方が良い」にて解説していますので、不要だと思いますが、クラウドWiFi東京はコッソリ利用可能の通信量を変える可能性がありますので気をつけてください。

    なんでそんなにクラウドWiFi東京には厳しいの?
    実は、2月頃口コミで150GBで速度制限がかかったという事もあったんだよね。今は少し改善されて300GBの制限だけど、今後どうなるかはわからないよ。

    公式サイトでも、通信容量制限無しで使えると記載がありますが、150GBや300GBの制限に関しては何も触れられていませんので、今後使える通信量が下がってもおかしくはないです。

    但し、契約期間の縛りがないので、速度が思ったよりでないなと思ったら直ぐに解約する事は可能です。

    問題が何もなければ、上位で掲載したい位、良いサービスなんだけどちょっと勿体ないね。

    在庫切れのため新規受付を停止しています。再開は5月6日以降を予定しております。
    クラウドWiFi東京の公式サイトはこちら

    7.30日間のお試し有!「Mugen WiFi」※新規受付停止

    ポケットWiFiの無制限で一番おすすめできるのが「Mugen WiFi」です。

    その理由として3つあります。

    1.月額料金が安い

    Mugen WiFiの料金は、月額3,280円となっており、他社と比較しても安い水準になっております。

    月額料金
    Mugen WiFi 3,280円
    どんなときもWiFi 3,480円
    限界突破WiFi 3,500円

    毎月100円位までの違いなら気にすることはないと思いますが、「どんなときもWiFi」と比較すると200円、「限界突破WiFi」と比較すると220円違いますので、この料金の違いは大きいですね。

    2.契約解除料が安い

    Mugen WiFiの契約解除料は、

    • 1年未満の解約の場合:9,500円
    • 1~2年未満の解約の場合:5,000円
    • 25ヶ月目以降:0円

    となっており、急遽ポケットWiFiを解約しないといけないと言う時でも、解約金が安く設定されていますので、気軽に解約できるのが特徴です。

    他のポケットWiFiは2年以内の解約は18,000円以上取られることもあるから注意してね!

    25ヶ月目以降はいつでも解約金0円というの特徴の一つです。

    3.30日間全額返金補償キャンペーン有

    Mugen WiFiをおすすめする理由の3つ目ですが、「30日間全額返金補償キャンペーン」を行っています。

    2020年3月時点で他の無制限に使えるポケットWiFiは、初期契約解除はありますが、このような30日間お試しできるというのはありません。

    30日間全額返金補償って、30日以内の解約なら全額返金されるって事?
    そうだよ!返金手数料として1,000円請求されるけど、それ以外は全額戻ってくるよ

    他のポケットWiFiでは7日以内の初期契約解除制度は設けられていますが、7日という短い期間だと、試す間もなく解除期間が終わってしまいますので、Mugen WiFiの30日間全額返金補償はありがたいですね。

    気になる速度制限ですが、当サイトの計測では300GB迄は問題なく使えているのを確認しております。

    大容量通信のポケットWiFiを一番お得に使えるのは「Mugen WiFi」です。

    再度、特徴を確認しておきますが、

    • 料金が安い(月額3,280円)
    • 契約解除料が安い
    • 30日間全額返金補償有

    となっており、他の無制限WiFiと比較しても頭一つ抜けている感じです。

    月額料金 3,280円
    ※G4端末の場合は3,880円
    契約事務手数料 3,000円
    契約期間 2年間
    25ヶ月目以降は解約金0円
    最大速度 下り150mbps/上り50Mbps
    特記事項 30日間全額返金補償有

    ■2020年4月10日よりMugen WiFiの新規受付は停止しました。

    8.初月0円!契約事務手数料0円!「hi-ho GoGo WiFi」※在庫切れのため新規受付停止

    hi-ho GoGo WiFiは2020年3月中はキャンペーンにより、

    • 初月の月額料金が0円
    • 契約事務手数料0円

    という嬉しいキャンペーン内容となっております。

    そのため、無制限のポケットWiFiを少しでも安く使いたいという人におすすめです。

    hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プランは、

    • 通常プラン:月額3,355円
    • セレクトGプラン:4,255円

    という2つのプランが用意されていますが、特に何もなければ「通常プラン」の契約で問題ありません。

    セレクトGプランってどうなの?
    端末補償が無料でついてたり、訪問サポートが値引きされるよ!正直そこまで魅力的じゃないから、僕なら通常プランを申し込むよ!

    もう一度hi-ho GoGo Wi-Fiの特徴を確認しておくと、

    • 月額料金3,355円と安い
    • 初月の月額料金0円
    • 契約事務手数料0円

    お得なキャンペーン中です。

    他社と比較しても契約事務手数料0円、初月0円というのは大きいですね!

    2020年4月3日に在庫切れのため「hi-ho GoGo WiFi」は新規受付を停止しました。

    9.2ヶ月無料キャンペーン「よくばりWiFi」※新規受付停止中

    よくばりWiFiは最大2ヶ月無料のキャンペーンを開催中です。

    月額料金が2ヶ月無料っていいね!何か条件はあるの?
    そうだね。キャンペーンを適用するには月額380円の端末補償が加入必須だよ!

    なお、端末補償も2ヶ月間は無料で利用できますので、2ヶ月無料で使っておいて「端末補償」だけ解約するというのも有りです。

    そうすることで、月額料金2ヶ月無料キャンペーンも適用されて安く利用することができます。

    月額料金 3,450円
    事務手数料 3,800円
    キャンペーン 2ヶ月無料キャンペーン
    25ヶ月目以降解約金0円
    25ヶ月目以降端末返却不要

    注意点としては、よくばりWiFiは契約事務手数料が3,800円と少しだけ他のポケットWi-Fiよりも高いです。

    その分2ヶ月間無料キャンペーンとなっておりますので、総額で考えればよくばりWiFiは安く利用できます。

    ※2020年4月10日より新規受付を停止しております。

    12.通信障害有?CMを流していても気をつけて「どんなときもWiFi」

    今ネット上を騒がしている「どんなときもWiFi」です。

    その理由として、無制限と記載してあるのに、速度制限がかかったという事です。

    上記の通り何回も通信障害が起きており、どんなときもWiFiのユーザーは速度制限を強いられて困っている人が多いです。

    そのため、当サイトとしては、現時点(2020年3月19日)では、「どんなときもWiFi」の契約は避けたほうが良いと言えます。

    テレビCMを行っており、知名度はありますが、実情は回線が混雑していてまともに使えない人が多いです。

    どんなときもWiFiについて詳しく知りたい人は「危険!『どんなときもWiFi』でポケットWiFiを使う際の落とし穴 ~評判・レビューもチェック~」をご覧ください。
    ※2020年4月3日から「どんなときもWiFi」は新規受付を停止しております。

    無制限のポケットWiFiのおすすめへ戻る

    まとめ

    このページで紹介している大容量(無制限)のポケットWiFiは、全て契約して実際に試しています。

    少しでも正確な情報をお届けできたらと思っていますが、万が一情報に誤りがある場合は「お問合わせフォーム」よりご連絡いただけると助かります。

    繰り返しになってしまいますが、ポケットWiFiを決める前には必ず「無制限のポケットWiFiを選ぶ際の注意点」を読んで頂けると幸いです。

    何に注意したら良いのか、無制限WiFiとは本当に無制限か等記載しております。

    また、ポケットWiFiは量販店(ビッグカメラやヨドバシカメラ等)、ショッピングモールでも契約することができますが、キャンペーン内容を比較すると、95%以上がネット経由で買った方が安いです。

    営業マンの巧みな言葉に騙されないように気をつけてください。

    最後になりましたが、無制限のポケットWiFiと言って沢山の業者から販売されていますが、本当に良いと言えるのはごく一部です。

    制限ばかりかかるポケットWiFiを掴まされないように気をつけてね