ポケットWiFi

【2019年版】国内WiFiのレンタルおすすめ4選~無制限のポケットWiFiも有~

ポケットWiFiのレンタルサービスを行っている業者は沢山あって何処からレンタルしたら良いのかわからないと言う人多いですよね。

レンタルWiFiの場合、短期レンタル向け・長期レンタル向けの業者があったりと、利用期間・利用目的に応じて選ぶ業者は変わってきます

このページでは、貴方にあった最適のレンタルWiFiが見つかるように利用用途別に紹介しています!

ポケットWiFiのレンタルについて

ポケットWiFiをY!mobileやUQ WiMAXから契約すると2年~3年といった長期契約になってしまいますが、レンタルWiFiの場合は業者によって違いますが1日~1ヶ月単位で契約することができます

最近でよく使われている例として

  • 光回線の開通までレンタルWiFiを使う
  • 自宅のWiFi代わりに利用
  • スマホが通信制限になるからレンタルWiFiで補う

上記のように利用方法は人それぞれですが、レンタルといういつでも解約できる面を考えると便利ですね。

WiMAXを契約しようとしたら3年契約って言われてびっくりした
そうなんだよね。長期契約が苦手と言う人はレンタルWiFiを使う人が増えてきたよ。料金も意外と安く使えておすすめ!
そうなの!私もレンタルしてみようかな♪

民泊WiFiとレンタルWiFiは同じ?

最近、民泊WiFiという言葉をよく聞くけどレンタルWiFiと同じなの?
そうだね。基本的に同じと考えていいけど民泊WiFiは民泊経営している人にメリットもあるよ。これから説明していくね。

民泊WiFiは、2018年頃からSPACE Wi-Fiを筆頭に急に人気が出始めたサービスです。

普通のレンタルWiFiとほぼ同じですが、違う点として民泊のゲストがモバイルルーターの操作方法がわからない場合、直接サポートにお問い合わせできるため、民泊経営者の負担が減ります。

民泊WiFiの業者によっては、外国語対応のコールセンターもあったりしますので、民泊経営者にはありがたいサービスです。

民泊WiFiは個人利用も可能です。月額料金が安い業者もあるので、一般の人がレンタルして使うと言うこともあります。

ポケットWiFiレンタルのメリット

WiFiをレンタルするときの大きな特徴は1つです。

それは、「契約期間の縛りなし!いつでも解約が可能」です。

「使わなくなった」「必要がなくなった」「速度が思ったより遅かった」「光回線を引いたから必要なくなった」という場合でもいつでも解約することが可能です。
※一部レンタル業者は長期契約があります。

契約期間の縛りにとらわれず必要なときに借りて、必要がなくなったら返せばOKです。

契約期間を気にせずいつでも解約できるのは魅力的だよね!これからの時代もっと流行りそうだね!

契約期間の縛りがない以外にも

  • 無制限プランがある
  • 月額料金が安い
  • 1日単位でレンタル可能

契約業者によってメリットは代わってきますが、レンタル先・レンタルプランを間違わなければ、利用用途にあったWiFiを安くレンタルすることも可能です。

レンタルの特徴は、契約期間を気にせず使えることです。スマホの通信料金が高いので、とりあえずレンタルWiFiを使うと言う人も増えています。

ポケットWiFiレンタルのデメリット

レンタルWiFiのデメリットは、大きく分けて3つあります。

  • 端末が壊れたら高額の請求が!?
  • 本人確認書類の提出が必要な場合がある
  • 初期費用が高い業者がある

特に注意したほうが良いのは、レンタル端末を壊してしまったときです。詳しくみていきましょう!

1.端末が壊れたら高額の請求が!?

ポケットWiFiのレンタルの場合、当然ですが端末はレンタル品です。

そのため、落下・水没等で壊してしまった場合弁償しないといけません。

弁償金として18,000円~40,000円と業者によって値段が違いますが、高額の請求が来ますので気をつけてください

高額の弁償金が嫌という人には「安心保障サービス」が月額500円~600円にて申し込みができます。
※安心保障サービスは業者によってサービス名が違いますがこのページでは「安心保障サービス」と記載しています。

安心保障サービスに加入していれば、モバイルルーターが故障しても無料もしくは最大1万円の支払いですみます。

安心保障サービスは入っておいた方が良いの?
そうだね!レンタルWiFiは持ち運んで使うものだから落下して壊してしまうと言うことは十分有り得るよね。壊してしまうかもと思う人は加入した方がいいかもね!
ただし、毎月支払わないといけないからお財布と相談して申し込んでね!

2.本人確認書類の提出が必要な場合がある

レンタル業者によっては、本人確認書類の提出が必要な場合があります。

正直言ってちょっと手間ですし、運営元が知らない会社名だと自分の個人情報を渡すと言うのは抵抗がありますね。

最近では、本人確認書類提出不要のポケットWiFiのレンタルも増えてきましたので、本人確認書類提出が嫌と言う人は、その業者を避けて提出不要の業者と契約した方が良いですね

3.初期費用が高い業者がある

レンタルWiFiは初期費用が0円の業者から7,000円~8,000円を請求してくる業者もあります。

どの業者も初期費用はホームページに記載してありますが、ウッカリ見落としてしまうと大変です。

クレジットカードの引き落とし明細を見たら高額の請求が来ていたという話も聞いたことがあります。

通常は契約事務手数料で3,000円前後となっておりますので、それ以上に高い場合は警戒をしつつ、必要であれば納得の上契約をしてください。

初期費用安く抑えたいんだけど・・・
大丈夫だよ!初期費用0円という業者もあるよ
そうなんだ!私は初期費用0円のところからレンタルしようかな~

※初期費用0円だからサービスの質が悪いと言うことは御座いません。

レンタル方法は大きくわけて3種類

  • 短期レンタル向け、1日単位で契約可能(料金高い)
  • 長期レンタル向け、1ヶ月単位で契約可能(料金安い)
  • 3ヶ月、半年、1年間等のレンタル予定期間を一括で支払う(料金安い)

レンタルWiFiには、短期レンタル(1日単位)から長期レンタル(1ヶ月単位・1年単位・2年単位)での契約があります。料金は短期レンタルよりも長期レンタルの方が安く使える業者が多いです。

短期レンタル向け、1日単位で契約可能(料金高い)について

1日単位で契約できるレンタルWiFiは高額です。契約時に利用期間を申請してレンタルする場合が多いです。

相場としては、1日辺り300円~500円ですが、1ヶ月使ってしまうと10,000円前後になりますので、1ヶ月以上の利用は長期レンタルと考えてください。

短期レンタルWiFiの利用用途としては、

  • 病院の入院時
  • 光回線の開通までの間
  • 旅行で必要
  • 電波が入るか試してみたい

等々他にも利用ケースは考えられますが、大体2週間以内の使用を目的としたレンタルを短期レンタルと考えてください。

短期レンタルは料金が高いから注意してね!

長期レンタル向け、1ヶ月単位で契約可能(料金安い)について

今大人気のレンタルWiFiのプランは1ヶ月単位です。

特徴的なのは全体的に月額料金が安く、月間無制限のプランが3,200円、3,300円と言った格安の料金でお使いいただけます。

長期レンタルWiFiの利用用途としては、

  • 自宅の回線代わりに
  • スマホが通信制限になるから代わりに
  • 長期出張でWiFiが欲しい

長期レンタルWiFiは全体的に料金も安く使えます。

3ヶ月、半年、1年間等のレンタル予定期間を一括で支払う(料金安い)

一部のレンタルWiFiで行われているサービスですが、当サイトではおすすめしていません

2年分一括払い等ありますが、「果たしてそこのレンタル会社は2年後残っているのでしょうか」という疑問により一括払いは推奨していません。

【国内版】おすすめレンタルWiFi4選

ポケットWiFiのレンタルを4つ紹介します。
利用用途、利用期間に応じてレンタル先を選んでくださいね!

【短期利用】1日からレンタル可能な「WiFiレンタルどっとこむ」


WiFiレンタルどっとこむでは、事前に「利用期間」「宅配受け取り場所」「端末を選ぶ」ことで、費用がスグにわかります。

特徴として、

  • 空港受け取り可
  • コンビに受け取り可
  • 5GB~無制限までプランが豊富
  • 当日発送可
  • 海外WiFiの取扱いも有
  • LINE@でお得情報も!?
  • 法人契約可

となっており、入院したときや海外からの一時帰国等、短期間だけどレンタルWiFiが使いたいと言うときに「WiFiレンタルどっとこむ」は低価格で利用できるのでおすすめです。

利用料金については、端末によって変わりますので詳しくは公式サイトでご確認ください。

短期間(2週間以内)のレンタルは「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめだよ!長期レンタルになる場合は他の方が安く使えるからね!

WiFiレンタルどっとこむの申込みはこちら

【長期利用】1ヶ月単位で契約可能な激安WiFi「縛りなしWiFi」


当サイトからの申し込み数NO.1の「縛りなしWiFi」です。

契約期間は1ヶ月毎の自動更新となっているため、解約申請をしない限り継続されます。

縛りなしWiFiの特徴は

  • 月額料金が安い(月額3,300円 13ヶ月目以降 2,800円)
  • 初期費用なし、契約事務手数料なし
  • レンタルWiFiのため解約金なし
  • 契約期間の縛りなし
  • 月間無制限(WiMAX端末の場合3日で10GB、SoftBank端末の場合1日3GBの速度制限有)

となっており、特に注目すべき点は13ヶ月目以降月額2,800円です。

月間無制限につかえるポケットWiFi(レンタル含む)の中で月額2,800円で利用できるのはどこもありません。

しかも13ヶ月目以降ずっと月額2,800円で使えるので、今大人気のレンタルWiFiとなっております。

注意事項としては、端末を壊してしまった際の弁済金が39,800円と高額です。

安心保障サービスに入るか、物凄く大切に取り扱いましょうね!

レンタルWiFiの中で料金は間違いなく安いよ!1ヶ月単位での契約だから、気軽に解約もできるよ!ポケットWiFiが気になってる人は縛りなしWiFiを試してみるといいね!

縛りなしWiFiの申込みはこちら

【速度制限なし】無制限にWiFiを使いたい人は「どんなときもWiFi」


今一番注目されている「どんなときもWiFi」です。

先にデメリットを話しておくと、レンタルWiFiなのに2年契約です。

しかも自動更新となっているため、2年後に解約申請をしなければ自動で2年契約が継続されます。

そして気になるメリットですが、

  • 速度制限なしの無制限に使える
  • 端末は新品
  • 月額料金も安い

まずは、速度制限なしに無制限に使えます。2019年4月にサポートにも確認済みですが1TB使用しても制限にかからないです。
※今後は制限が厳しくなる可能性はあります。

次にモバイルルーターは新品がレンタルされます。レンタルWiFiと言えば使いまわしの端末となりますが、どんなときもWiFiは新品の端末が送られてきます
※契約終了後は返却しないといけません。

月額料金も2年間月額3,280円と格安で利用ができます。3年目以降は3,980円と少し高くなりますので、2年後に解約するのがベストな選択です。

最近できたサービスみたいだけど大丈夫?
そうだね。僕も使ってるけど、サービス内容は本当に凄くてびっくりだよ!WiMAXみたいに3日で10GBの制限もなく、本当に使い放題のポケットWiFiだよ!
月額料金も安いけど、本当に平気?
安いから逆に怪しいと思う人もいるけど大丈夫だよ!今はWEB CMに佐藤二朗が出演してるよ!

どんなときもWiFiの申し込みはこちら

【民泊経営者向け】サポート充実「SPACE WiFi」


SPACE Wi-Fiは月間無制限(3日で10GB or 1日3GBの制限有)の月額3,680円の民泊WiFiです。

大きな特徴として、「英語」「中国語」での端末操作マニュアルが用意されていたり、日本語・中国語に対応したコールセンター(9時~22時)が用意されています。

そのため、民泊経営者が民泊の設備の一環として「SPACE Wi-Fi」を契約することが多いです。

何か端末操作に不具合があっても、民泊利用者から直接SPACE Wi-Fiに問い合わせしてもらうことも可能ですから、経営者としては便利なサービスです。

支払い方法はクレジットカード払い、口座振替の2通りが選べます

月額料金も3,680円と安く利用できますので、民泊WiFiをお探しの人にはおすすめです!

SPACE WiFiの申し込みはこちら

まとめ

ポケットWi-Fiのレンタルは利用期間、利用用途によって、最適のレンタル会社は変わってきます。

上記以外にも沢山レンタルWiFi業者はありますが、料金が高かったり、無制限と記載してあるのに100GBで速度制限になってしまったりとおすすめできません

他にも高額の初期費用を取られてしまったり、レンタルなのに解約金5,000円が必要だったり、ひどい業者が多いので注意してください。

当サイトでは、殆どが実際にレンタルして体験及び費用の確認をしております。そのため、このページで掲載しているレンタルWiFiは自身を持っておすすめできます