ポケットWiFi

【コスパ最強は?】「WiMAX」と「どんなときもWiFi」おすすめはどっち?

2019年の年初までは、ポケットWiFiと言えば「WiMAX」がおすすめというのは当たり前の事でした。

しかし、2019年3月黒船のように突如現れた「どんなときもWiFi」のサービスに脅かされるようになりました。

そして今「WiMAX」と「どんなときもWiFi」の2強時代に入ろうとしています。

このページでは、どちらが快適にポケットWiFiとして利用できるか、料金安いのは?等、徹底比較をして結論を出します。

WiMAXからどんなときもWiFiへ乗り換えようと考えている人も多いみたいだけど、比較結果を見てから決めてね!

「WiMAX」と「どんなときもWiFi」について

まず比較をする前に「WiMAX」と「どんなときもWiFi」について簡単に特徴を紹介していきます。

WiMAXについて

WiMAXは最大速度1.2Gbpsと理論上光回線と同等レベルの速度が可能で、月間無制限のポケットWiFiとして人気です。
※3日で10GBの速度制限有。

WiMAXを最安値で契約できるのは「GMOとくとくBB」で、高額キャッシュバックが貰える「高額キャッシュバックプラン」か月額料金が安い「月額割引プラン」の2つのプランが用意されています。

最近では地下鉄でも繋がるようになってきて、以前のWiMAXよりも繋がるエリアが広くなってきました。

高額キャッシュバックならWiMAX一択だよ。

どんなときもWiFiについて

今田美桜と佐藤二朗の二人起用した「どんなときもWiFi」のCMで一気に人気が出ました。

サービス内容も、

  • 月額3,480円
  • データ通信量無制限
  • SoftBank、docomo、auの回線に繋がる

という夢のような内容になっており、申込が殺到しました。

あまりの申込の勢いに、

  • 在庫不足
  • 回線の接続不安定

というトラブルが少し起きましたが、現時点では全て改善しております。

速度制限が一切なくデータ通信量無制限というのは嬉しいね。

WiMAXとどんなときもWiFiの比較

比較1.速度制限について

どんなときもWiFiは無制限って聞いたけどWiMAXはどうなの?
WiMAXは月間の制限はないけど、3日間で10GBを超えると速度制限になるよ
速度制限について
WiMAX 月間無制限
3日で10GBを超えると速度制限
どんなときもWiFi 無制限

WiMAXには直近3日間で10GBを超えると翌日の18時~2時迄、速度制限になります。

速度制限の解除は、直近の3日間で10GBを下回れば自動で解除されます。

どんなときもWiFiは大容量通信を行うと制限をかける場合があると記載がありますが、今のところ1日100GB利用しても1ヶ月で300GB利用しても速度制限になっていません

速度制限に関して、WiMAXとどんなときもWiFiを比較すると、無制限に使える「どんなときもWiFi」の勝ちです。

速度制限を気にしないでネットが使えるのは嬉しいね!

比較2.料金について


前提条件としてWiMAXで一番お得に契約できるのは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBを基準に、どんなときもWiFiと比較します。

月額料金 キャッシュバック 実質月額料金
GMOとくとくBB
(割安プラン)
1~2ヶ月目 2,170円
3ヶ月目以降 3,480円
なし 3407円
GMOとくとくBB
(キャッシュバックプラン)
1~2ヶ月目 3,609円
3ヶ月目以降 4,263円
34,800円 3,260円
どんなときもWiFi 3,480円
25ヶ月目以降 3,980円
なし 3,480円

※WiMAXは3年契約のため3年間で実質月額料金を計算しています。どんなときもWiFiは2年契約のため2年間での実質月額料金を計算しています。

料金での比較でいうと一番安く使えるのは「GMOとくとくBB WiMAX」のキャッシュバックプランです。

しかし、キャッシュバックは申請しないと貰うことができません。申請期間を過ぎてしまうと、キャッシュバックは無効になってしまいます。

そのため当サイトでは、キャッシュバックプランよりも月額料金が安い「割安プラン」をおすすめしています。

どんなときもWiFiの実質月額料金は3,480円、GMOとくとくBBの実質月額料金は3,407円とGMOとくとくBBの方が安いです。

GMOとくとくBBとどんなときもWiFiの実質月額料金はそこまで変わらないね?
そうだね。最安値を追求すれば「GMOとくとくBB」だけど、大きく変わりはないから他の比較もチェックして検討してね。

料金の比較ということでは、「WiMAX(GMOとくとくBB)」の勝ちです。

比較3.契約期間・解約金について

契約期間って何?途中で解約したらダメ?
契約期間中に解約すると「契約解除料」を請求されるから注意してね。

WiMAXとどんなときもWiFiの契約期間と契約解除料を見ていきましょう。

契約期間 契約解除料
GMOとくとくBB
(割安プラン)
3年間 1~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
25ヶ月目以降 9,500円
37ヶ月目(契約更新月) 0円
GMOとくとくBB
(キャッシュバックプラン)
3年間 1~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
25ヶ月目以降 9,500円
37ヶ月目(契約更新月) 0円
どんなときもWiFi 2年間 0~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
25ヶ月目 無料

契約期間の比較では、WiMAXは3年間、どんなときもWiFiは2年間の契約となっております。

どんなときもWiFiの方が1年早く無料で解約できる時がきます。

2年と3年どっちがいいの?
ポケットWiFiについては、2年後どうなってるかわからないね。5Gが始まって今よりもいいポケットWiFiのサービスが出てるかもしれないよ。
そうなんだ。ってことは2年契約の方がいいってことかな?
そうだね。わざわざ3年契約を結ぶよりは2年契約がいいよ!

契約期間と契約解除料については、WiMAXよりも1年契約期間が短い、2年契約の「どんなときもWiFi」の勝ちです。

比較4.利用可能エリアについて


ポケットWiFiの利用可能エリアですが、それぞれ見ていきましょう。

WiMAXの使用されている電波について

  • WiMAX2+
  • au 4G LTE

WiMAXでは「WiMAX2+」という回線と「au 4G LTE」の2回線を使う事ができます。

au 4G LTEはauの携帯電話の電波となっておりますので、WiMAXよりも幅広いエリアで大活躍します。

au 4G LTEを月7GB以上利用すると速度制限になりますので気をつけてください。

WiMAX2+とau 4G LTEのエリアについては「サービスエリア|UQ WiMAX」でご確認頂けます。

次にどんなときもWiFiで使用されている電波について

  • SoftBank 4G/4GLTE
  • au
  • docomo

SoftBankの4G/4G LTE回線をメインに、地域によってはdocomo・auの電波を掴みます。

そのためWiMAXよりも幅広いエリアで利用が可能です。

何故3キャリアの回線を使えるかというと、クラウドSIMという技術を使っており、端末にSIMを挿す事無く、端末が自動で最適なSIMへネットワーク上で切り替えを行ってくれます

どんなときもWiFiは電源ONからWiFiが使えるようになるまで1分~3分前後かかります。

WiFiが使えるようになるまで長くない?
クラウドSIMの特性上、最初に最適なSIMを探すから時間がかかっちゃうんだよね。
朝起きて電源いれて数分待つのは嫌だな。

実機にて電源ONからWiFiが使えるようになるまでの時間を何度も計測していますが、どんなときもWiFiの端末は早い時で1分弱です。遅いときは3分前後かかる時もあります。

今回はエリアの比較という事ですので、「どんなときもWiFi」は3キャリアの回線が使えますので「どんなときもWiFi」の勝ちです。

比較5.端末・速度について


比較する端末は、

  • WiMAX W06
  • どんなときもWiFi U2s(D1)

となっております。

さっそく端末・速度について比較していきましょう!

WiMAX どんなときもWiFi
最大下り速度 1.2Gbps 150Mbps
最大上り速度 75Mbps 50Mbps
最大接続可能台数 16台 5台
バッテリーの持ち 約9時間 12時間
起動迄の時間 10秒から20秒 1分から3分前後
重さ 約125g 約151g
大きさ 128×64×11.9mm 127×65.7×14.2 mm

WiMAXとどんなときもWiFiの端末(モバイルルーター)を比較して、大きく違う点は、

  • 最大下り速度
  • 最大同時接続可能台数
  • 起動迄の時間

上記3点になります。

最大速度8倍も違うけど、どんなときもWiFi使えるの?
そうだね。結論から言うと大丈夫だよ。最大速度は「WiMAX」の方が圧倒的に速いけど、実際にでる速度はそこまで変わりはないよ。

WiMAXの端末の最大速度1.2GbpsはポケットWiFiの中で物凄い速いです。

しかし、実際に使ってみるとわかりますが、100Mbpsを超すことは極まれです。

実際に「大阪梅田駅前のサンマルクカフェ」にて計測を行いましたが、

上記の写真の通り、

  • WiMAX 16Mbps
  • どんなときもWiFi 18Mbps

そこまで速度に変わりは有りませんでした。

実際に2台とも使用している私自身の感想としては、都会や電波の入りやすいエリアの場合、WiMAXの方が若干速度が速い時が多いです。

但し、動画視聴程度の速度であれば、どちらも十分速度を満たしていますので、止まることなく快適に動作します。

あとは、同時接続台数が「どんなときもWiFi」は5台と微妙に少ないです。

実際使ってる身としては、

  • ノートパソコンに接続
  • iPhoneに接続
  • サブiPhoneに接続
  • ゲーム(任天堂スイッチ)に接続
  • Amazon FireTV Stick

これだけで5台の接続になってしまいます。

AMAZONとゲームは同時に使う事はありませんが、接続しなおしたりするのが面倒ですよね。

使ってみるとわかりますが、同時接続台数5台というのは少し少ないと感じました。

速度・同時接続台数、起動迄の時間を考慮して、WiMAXの端末の勝ちです。

WiMAXの端末の勝利だけど、どんなときもWiFiの端末も決して悪い訳じゃないよ。

WiMAXとどんなときもWiFiの比較のまとめ

比較の結果としては、WiMAXが2勝、どんなときもWiFiが3勝でした。

結果をみたけど、どんなときもWiFiの方がおすすめってこと?
比較結果としてはそうだけど、ポケットWiFiの何を重視するかがポイントだよ。

最後にもう一度「WiMAX」と「どんなときもWiFi」の特徴を説明すると、

WiMAXの特徴としては、

  • 料金が「どんなときもWiFi」よりも安い
  • 同時接続台数16台と沢山の端末を同時に接続が可能
  • キャッシュバックプランは「高額キャッシュバック」が貰える
  • 端末の性能は「どんなときもWiFi」よりもいい

となっており、デメリットとしては、

  • 3日で10GBの速度制限があるため、長時間の動画視聴に向かない
  • 地下鉄等、建物内で利用するには「どんなときもWiFi」の方が優れている
  • 使えるエリアが「どんなときもWiFi」と比較すると狭い

デメリットもありますが、WiMAXも十分魅力的です。

どちらがおすすめかというと、人によって変わってきます。

例えば、「昼間だけネットを使いたい」という人の場合は、WiMAXも昼間はどれだけ使っても制限がかかりません
※3日で10GBの速度制限は夜の6時から2時までと時間が決まっているためそれ以外の時間は通常通り高速通信が可能です。

この場合で言えば、WiMAXを選択するべきです。

しかし、夜も動画を見たい、ちょっと田舎だから電波が心配という人は「どんなときもWiFi」の方がいいです。

最終的な結論としては、速度制限を気にせず無制限にネットを使いたいという人は「どんなときもWiFi」がおすすめです。

どんなときもWiFiの公式サイトはこちら

危険!『どんなときもWiFi』でポケットWiFiを使う際の落とし穴 ~評判・レビューもチェック~2019年3月より無制限にWiFiが使える「どんなときもWiFi」がサービスを開始して半年ですが、ポケットWiFiの中で大人気となってい...

3日で10GBも使う予定がないという人は、WiMAXという選択がベストです。

月額料金は驚愕の2,170円~3ヶ月以降も3,480円格安でWiMAXのギガ放題プランが利用できます
GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

※最大34,800円のキャッシュバックが貰えるキャッシュバックプランが良いという人は、「キャッシュバックプラン」へアクセスしてください。

【評判悪い?】GMOのWiMAXはキャッシュバックよりも月額割引がおすすめ!GMOとくとくBB WiMAXと言えば、高額キャッシュバックと思う人多いと思いますが、実は月額料金が安い月額割引プランもあります。 ...