ポケットWiFi

【2019年版】ポケットWiFi・モバイルルーターのおすすめを徹底比較!

ポケットwifiを契約したい、でも何処から買ったら良いのかわからない。

回線Boyでは、モバイルルーターの購入を検討している人の条件にあったWi-Fiを提案しています

月額料金が安かったり、高額キャッシュバックが貰えたり、1ヶ月や2ヶ月の短期利用だったりと、状況に合わせておすすめのポケットWiFiを紹介しています。

※電気屋や量販店での購入は99%おすすめできませんので注意してください。

ポケットWiFiとは


ポケットWiFi(ポケットワイファイ)は、持ち運びができるモバイルルーターです。

契約先次第では、月額2,000円台で月20GBの高速通信が可能だったり、月額3,000円台で月間無制限に使う事もできます

一人暮らしの人が家のWi-Fi代わりに使ったり、外でノートPC使うのにポケットWiFiを使ったりと、利用方法は沢山あります。

スマホの通信量を抑えるために、ポケットWiFiを契約すると言う人も多いです。

スマホが速度制限になって低速でイライラしちゃうわ。
そういう時のためにポケットWiFiを契約する人が増えてるよ!普段はポケットWiFiを利用して、スマホの通信を節約してるんだね!

ポケットWiFiのメリット・デメリット

ポケットWiFiのおすすめプロバイダを紹介する前に、まずはポケットWiFiのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ポケットWi-Fiのメリットについて

メリットは大きく分けて3つあります。

  • 持ち運び可能なモバイルルーター
  • 携帯電話よりも通信代が安い(実は格安SIMよりも安い)
  • 開通工事不要のため直ぐに使える
  • レンタルも可能

1.持ち運び可能なモバイルルーター

ポケットWi-Fiという位ですから、ポケットに入れて持ち運ぶ事ができます。

カフェでノートPCを使って仕事をしたり、旅行や出張先でWiFi環境がない時に使用したり、自宅のホームルーターとして使用する人も居ます。

利用方法は人それぞれですが、持ち運べるというのは光回線と違い大きなメリットでもあります。

スタバやカフェで使ってる人も見かけるようになったね!

2.携帯電話よりも通信代が安い(実は格安SIMよりも安い)

ポケットWi-Fiを使う人で多いのが、携帯電話の通信費が高いから、代わりにモバイルルーターを契約したと言う人です。

スマホの通信費は50GBが6,000円だったりと高額です。

その点、ポケットWi-Fiなら20GBが月額2,760円で利用できたり、月間無制限のWiMAXなら月額3,480円で利用できたりします
※WiMAXは3日で10GBの制限有

このように、ポケットWiFiの月額料金は安いため、docomo・au・SoftBankといった携帯電話会社では、低容量のデータ通信を契約して、ポケットWiFiを別に持つ人が増えています。

実は携帯電話会社だけでなく、格安SIMの大容量プランよりもポケットWi-Fiを契約したほうがデータ容量が大きく料金が安いです。

月額2,000円台から持てるポケットWi-Fiは人気急上昇中です。気をつけて欲しいのがプロバイダ選びを間違うと月額料金が高い場合があるよ!

3.開通工事不要のため直ぐに使える

光回線を自宅に引くとなると、開通工事で2週間~4週間待たされてしまうという事がありますが、ポケットWi-Fiならモバイルルーターが手元に届いた日から即日利用できます。

最近では、即日発送してくれるプロバイダも増えてきましたので、地域にもよりますが、早ければ申し込んだ次の日には手元に届いており、直ぐにWi-Fiのある生活を送れるようになります

NTTの開通工事って立ち会わないといけなかったりと予定空けるのが大変だけど、ポケットWi-Fiなら直ぐに使えて良いね!

4.レンタルも可能

2018年位から急に増えてきたのが、ポケットWi-Fiのレンタルです。

今までのポケットWiFiは2年~3年契約と携帯電話と同じ長期契約が普通でしたが、1ヶ月だけ使いたい、2ヶ月だけ使いたい、契約期間の縛りなく使いたい人に人気なのがレンタルWi-Fiです

レンタルのため借りたら返さないといけませんが、月額料金が安く設定されてる業者が多いです。

契約先にもよりますが、「初期費用なし」「契約事務手数料なし」「契約解除料なし」と3拍子揃っているレンタルWiFiもありますので、契約期間の縛りが嫌だなと思う人はレンタルWi-Fiをご覧ください。

回線Boyで一番売れているのが「縛りなしWiFi」というレンタルWiFiだよ!

ポケットWiFiのデメリットについて

残念ながらポケットWi-Fiにもデメリットはあります。
契約を検討している人は必ずデメリットを確認してから申し込みをしてくださいね。

  • 通信制限がある
  • 充電する必要がある
  • 速度が不安定のためオンラインゲームにはNG
  • 携帯電話会社からの購入はNG

1.通信制限がある

ポケットWiFiには月1GB、5GB、7GBといった通信制限が設けられている場合が多いです。

通信制限になると速度が遅くなり、動画を視聴するとカクカクしたり場合によっては、見れない事もあります。

WiMAXのギガ放題プランは月間無制限と言われていますが、直近3日間で10GBを超えると翌日の18時~2時まで速度制限になります。

基本的にポケットWiFiは通信制限が有るものと覚えて置いてください

完全無制限に使えるWiFiと紹介されるポケットWi-Fiを良く見ますが、どれも殆どの場合速度制限があります。プロバイダ側で制限をかけなくても回線元のSoftBankが制限をかける事もありますので、ネットのうその情報には注意してください。

2.充電する必要がある

モバイルルーターによって違いはありますが、連続通信時間は約5時間~20時間となっています。

長時間使う人の場合は、毎日充電しないと、使用途中でバッテリーが切れて電源が落ちてしまったと言う事もあります

長期間使っていると、携帯電話同様、バッテリーの持ちも悪くなっていきますので、使える時間が短くなっていきます。

寝るときに携帯電話を充電している人は、一緒にモバイルwifiルーターも充電するようにするのがおすすめの方法です!

3.速度が不安定のためオンラインゲームにはNG

通信速度が重要なオンラインゲームにはポケットWi-Fiは不向きです。

例えば、「PUBG」「フォートナイト」「Apex Legends」「スプラトゥーン2」「スマブラSP」等、どれも人気の対戦型オンラインゲームとなっていますが、これらのゲームにポケットWi-Fiを使用するのはおすすめしていません

問題なく使えたという口コミもありますが、光回線とポケットWi-Fiを比較した時点で、速度、通信の安定性、PING値等、すべてにおいて光回線が上回っています

強めに書きますが、これらゲームをするのにポケットWi-Fiを契約しようと考えている人は辞めた方が良いです。

ポケットWi-Fiを利用して対戦型オンラインゲームをプレイすると、ラグや遅延が多くて対戦相手にも迷惑をかけてしまうので、出来る限り控えようね!

4.携帯電話会社からの購入はNG

ポケットWi-Fiはdocomo、au、SoftBankといった携帯電話会社でも取り扱いがありますが、月額料金が高額なので契約はおすすめしておりません

下記は月額料金の一例ですが、

月額料金 高速データ通信量
docomo 6,400円 5GB
au 4,380円 無制限(3日で10GBの制限有)
SoftBank 3,696円 7GB

表の通り、全体的に月額料金が高く、月々のデータ通信量の縛りが厳しいです。

auだけは月額4,380円で月間無制限に使えるWiFiですが、これはWiMAXのギガ放題プランとサービス内容が同じです。

そのため、月額料金が安いWiMAXのプロバイダから購入したほうが安く使えてお得になります。

何も知らずに携帯電話会社からポケットWi-Fiを購入してしまったと言う人が増えていますが、もっと安く使えるところは沢山ありますので、直ぐに契約はせずに、他社と比較して検討してください!

モバイルルーターの選び方は?

ポケットWiFiの契約時にモバイルルーターを選びますが、どれを選んだらいいのかわからないと言う人多いと思います。

ネクストモバイル等の一部プロバイダでは端末が選べなかったりします。

下記の表はWiMAX契約時に選べるモバイルルーターとなっております。

最大下り速度 特徴
W06 1.2Gbps 高性能ハイモードアンテナ搭載
WX05 440Mbps バッテリーの持ちが良く、WiMAXハイパワー対応
W05 758Mbps 特になし

W06が2019年1月発売、WX05が2018年11月発売となっており、この2台が最新端末です。

詳しいスペックについては省略させて頂きますが、W06のハイモードアンテナ、WX05のハイパワー対応により、以前のモバイルルーターよりも繋がりやすくなっています

殆どのポケットWiFiの業者が本体代は無料としていますので、できるだけ最新機種を選ぶようにしましょう

W06は発売当初は端末の不具合があったけど、ファームウェアのアップデートにより修正されてるよ!今はWiMAXの端末の中で一番おすすめだよ!

WiMAXの場合は最新端末のW06かWX05の選択がベストです。

ポケットWiFi・モバイルルーターのおすすめ4選

1.WiMAX最安値!GMOとくとくBB WiMAX(割安プラン)


GMOとくとくBBの割安プランは3年間の月額料金が安く利用できます。

WiMAXのギガ放題プランのため月間無制限に使えて3日で10GBの速度制限しかありません。

覚えておいて頂きたいのが3年間利用して一番安く使えるポケットWi-FiがGMOとくとくBBです。

実は他のホームページで「月額1,000円台で使える格安のポケットWiFiはカシモWiMAX」といったように見る人に誤解を与える文章を記載しているホームページが多いからです。

なおカシモWiMAXの3年間の総額支払い費用は「130,368円」です。GMOとくとくBBの割安プランは「122,660円」となっており、どう見てもGMOとくとくBBの方が安く使えます

しかもカシモWiMAXの130,368円は旧端末のW05を選んだときの料金となっており、最新端末のW06を選んだ場合は3年間の費用はもっと高くなります。

その点GMOとくとくBBは旧端末でも最新端末でも料金が変わりません。今ならキャンペーン中で5,000円のキャッシュバックまでついてきます。

月額料金が安く、コスパが良く、最短即日発送、20以内キャンセルOKとGMOとくとくBBは一番おすすめです。

月額料金(1~2ヶ月目) 2,170円
月額料金(3ヶ月目以降) 3,480円
最大速度 下り1.2Gbps/上り75Mbps
通信制限 3日で10GB迄(月間制限無し)
契約期間 3年間
キャッシュバック 5,000円
GMOとくとくBBならハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)

月額料金は驚愕の2,170円~3ヶ月以降も3,480円と格安でWiMAXのギガ放題プランが利用できます!
GMOとくとくBBの申込みはこちら

2.月20GBが最安値!2年契約の「ネクストモバイル」


月額料金2,760円で月20GB迄高速通信が利用できる「ネクストモバイル」です。

料金プランは、

  • 20GB 月2,760円
  • 30GB 月3,490円
  • 50GB 月3,490円~4,880円

上記の通り、3つのプランが用意されておりますが、おすすめは20GBです。

理由として、30GBや50GBプランの場合は、上記で紹介しているGMOとくとくBBを選んだほうが安く済むからです。

ネクストモバイルのメリットはSoftBankの回線を利用していることです。

WiMAXがつながりづらい建物内や地下鉄等でも比較的繋がりやすいです。

使用するモバイルWiFiルーターは「FS030W」です。

連続通信時間が最大20時間となっており、他のWiFiと比較しても長時間の利用ができおすすめです。

キャンペーン中のため本体代無料です。

月額料金 2,760円
最大速度 下り150Mbps/上り50Mbps
通信制限 月20GB迄
契約期間 2年間
キャッシュバック なし
月20GB以下であればネクストモバイルがおすすめだよ。月20GB以上の場合は30GBプランを選ぶよりもWiMAXを選んだほうが月額料金が安く済むよ!

 NEXT mobileの申込みへ

3.レンタルという選択肢も有り「縛りなしWiFi」


「縛りなしWiFi」は国内専用の無制限のレンタルWi-Fiです。

  • 初期費用0円
  • 契約事務手数料0円
  • 契約解除料0円
  • 月額料金3,300円 13ヶ月目以降は2,800円

上記の通り、月額料金以外にかかる費用がありません。
※オプションで「安心サポート月500円」「モバイルバッテリー月300円」を加入する事は可能です。

最初の1年間の月額料金は3,300円となっており、無制限のポケットWiFiの中では最安値級です。

さらに13ヶ月目以降は月額2,800円と激安での利用が可能です。

縛りなしWiFiの特徴として、レンタルWiFiのため、いつ解約しても契約解除料は請求されません。

2年、3年といった契約期間が嫌という人に人気です。

月額料金 3,300円 13ヶ月目以降は2,800円
通信制限 WiMAXの場合3日で10GB
SoftBankの場合1日3GB迄(月間制限無し)
契約期間 特になし
キャッシュバック なし
回線Boy経由で申込みが多いのも「縛りなしWiFi」なんだよね。新元号になるこれからの時代は、レンタルが主流になってきそうだね!

縛りなしWiFiの申込みはこちら

4.大手の安心感「So-net WiMAX」


So-net WiMAXはギガ放題プラン(月間無制限)が月額3,620円です。

月額料金が定額で使えるのは良いのですが、最安値のGMOとくとくBBと比較してしまうと高いです。

  • GMOとくとくBB 3年間の総支払額122,620円
  • So-net WiMAX 3年間の総支払額130,320円

しかし、So-netは運営会社がSONYのため、大手の安心感はありますね。

例えば、GMOとくとくBBの場合は、サポートに電話がつながりづらいのは有名な話ですが、So-net WiMAXは繋がりやすいです。

他にも2年10ヶ月以上使い続けると無料(一部3,000円)で最新機種にアップグレードできるキャンペーンを行っていたり、auスマホユーザーに嬉しいauスマートバリューmine対応です。

月額料金 3,620円
通信制限 3日で10GB(月間制限無し)
契約期間 3年間
キャッシュバック なし

auスマートバリューmineとは、auスマホとWiMAXをセットでご利用いただくとスマホ側の月額料金が毎月最大1,000円割り引きを受ける事ができます。

So-net WiMAXの申込みはこちら

まとめ『本当におすすめできるポケットWiFiは少ない』

ポケットWi-Fiを提供してるプロバイダは沢山ありますが、結局のところ上記で紹介している4社がベストな選択となります。

月額料金・キャッシュバック・契約期間、全てにおいて比較した結果です。

回線Boyでは何回も注意点としてあげていますが、最初の1,2ヶ月だけ安いプロバイダには気をつけてください

最後にこれだけは覚えておいてください。

  • WiMAXの最安値はGMOとくとくBBの割安プラン
  • 20GB以下の最安値はネクストモバイル(20GBプラン)
  • 契約期間の縛りがないレンタルWiFi「縛りなしWiFi」

また、ポケットWiFiは初期契約解除制度が設けられていますので、通信速度に満足いかない場合は、直ぐに初期契約解除を申請しましょう。

初期契約解除の期間は8日間と短いです。
※初期契約解除制度は電気通信事業法にて定められています。電気通信事業分野における消費者保護施策(総務省)

ぜひ、貴方にあったポケットWi-Fiを見つけていただき、快適なインターネットライフをお過ごしください。