ポケットWiFi

【レビュー有】どこよりもWiFiのメリット・デメリット・評判を調査~実は無制限じゃない!?~

どこよりもWiFiは2020年3月より、新たな料金プラン、キャンペーンを開始しております。

今までは、無制限のポケットWiFiが1年契約で月額3,380円のプランだけでしたが、新たに2年契約の「300GBプラン(公式サイトでは無制限WiFiと記載)」「100GBプラン」「10GBプラン」が追加されています。

しかも、台数限定で無制限プラン(300GB)が月額2,980円で利用可能というキャンペーンを行っております。

プランが増えたどこよりもWiFiの料金やメリット・デメリット及びネット上の評判等を解説していきます。

今まではおすすめできなかったけど、料金が月額2,980円のキャンペーンをしてるから今ならおすすめのサービスだよ!

どこよりもWiFiについて

どこよりもWiFiは4つのプランが用意されています。

  • 無制限GBプラン(2年契約)
  • 100GBプラン(2年契約)
  • 10GBプラン(2年契約)
  • 無制限GB(1年契約)

10GBから無制限と豊富なプラン内容となっております。

使う容量にあわせて契約するのがおすすめです。

なお、どこよりもWiFiの無制限GBプランは無制限に使えるわけではなく、実際は300GBで制限にかかります。
※300GBで制限がかかるのはカスタマーセンターに確認済みです。

まずは、料金を見ていきましょう!

月額料金
無制限GBプラン
(2年契約)
2,980円
100GBプラン
(2年契約)
2,780円
10GBプラン
(2年契約)
2,280円
無制限GB
(1年契約)
3,380円

上記の通り、無制限GBプランの2年契約が月額2,980円と超格安で利用できます。
※他の無制限WiFiは安くても3,280円からとなっており、どこよりもWiFiは安いです。

2年契約の無制限WiFiを安く使いたい人は「どこよりもWiFi」がおすすめです。
※無制限WiFiと記載していますが、月間300GBの制限はあります。

台数限定キャンペーン!月額2,980円でWiFiが使い放題!
どこよりもWiFiの公式サイトはこちら

運営会社について

どこよりもWiFiの運営会社は「株式会社Wiz」です。

資本金は準備金含めて6,000万円従業員数は1092人と、ポケットWiFiのサービスを提供している会社の中では大きいです。
※2019年10月時点会社情報より抜粋

会社自体の信頼性という点では高評価です。

但し、公式サイトには「お問合わせ」が用意されていませんので、何か質問がある人は「こちら」のページのお問合わせよりご質問ください。

契約解除料について

どこよりもWiFiの「無制限GBプラン(2年契約)」を選択した場合、契約期間は2年ですから2年以内に解約した場合9,500円の違約金が発生します。

なお、更新月は無料で解約できます。

更新月はいつ?
2年契約の場合、端末発送月を1ヶ月目として25ヶ月後だよ!

2020年3月に端末が発送された場合、無料で解約できる月は2022年の3月となります。
※解約の申請は当月の25日迄となっていますので気をつけて下さい。

25ヶ月目に解約をしないと自動更新で翌月からは解約するのに違約金がかかりますので注意してください。

端末について

どこよりもWiFiの端末は2種類用意されており、

  • 1年契約プラン:U2s
  • 2年契約プラン:JT101

となっております。

一つずつ端末のスペックを見ていきます。

U2sについて(1年契約プラン用の端末)

U2sの主なスペックとして

  • 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
  • 同時接続台数5台
  • サイズ:127mm×65.7mm×14.2mm
  • 重さ:約151g
  • 連続通信時間:12時間

電源を押してから使えるようになるまで1~2分かかるのがデメリットですが、それ以外は他のポケットWiFiとそん色なく利用可能です。

実際にU2sの端末を使っていますが、速度も速い時は50Mbps前後の速度が出ています。

U2sの同時接続台数5台というのが少し少ない気がするけど、それ以外は問題ないよ!

JT101について(2年契約プラン用の端末)

JT101の主なスペックは、

  • 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
  • 同時接続台数10台
  • サイズ:約92mm(H)×約58mm(W)×約13mm(D)
  • 重さ:約90g
  • 連続通信時間:8時間

となっております。

特徴としては、端末のサイズが小さいです。

私、最初見たときオモチャかと思ったよ(笑)

私が知ってる中でポケットWiFiで一番小さいです。

持ち運びもしやすいので、小さすぎてカバンの奥に隠れてたってこともありますので気をつけてください。

速度に関して言えば、最大下り150Mbpsの上り50Mbpsとなっておりますので、ポケットWiFiでは申し分のない速度です。

台数限定キャンペーン!月額2,980円でWiFiが使い放題!
どこよりもWiFiの公式サイトはこちら

どこよりもWiFiのデメリットについて

どこよりもWiFiは大きなデメリットが存在します。

もし契約する場合は、必ずデメリットを事前に確認してください。

1.無制限という表記は嘘?本当は通信制限有

「どこよりもWiFi」の公式サイトを見るとわかるのですが「無制限でWiFi使い放題」と記載があります。

しかし、運営会社の「株式会社Wiz」の「どこよりもWiFi_資料」には「月間300GBまでの通信が可能です」と記載があります。

そう考えると、他の無制限WiFiの

  • Mugen WiFi
  • どんなときもWiFi
  • よくばりWiFi

上記のサービスの方が月300GBの制限なく使い放題となっております。

月300GB以下で大丈夫という人には「どこよりもWiFi」はおすすめだよ!料金が安いね!

2.申込後電話連絡と、SNSでのクレジットカード登録が面倒

どこよりもWiFiの申込から端末到着の流れは、

  1. 「どこよりもWiFi」のサイトから申込
  2. 契約の確認の電話が来る
  3. SMSでクレジットカード登録のURLが届く
  4. クレジットカード登録をする
  5. クレジットカード登録後1日~2日で端末発送
  6. という流れになっており、少し手間です。

    他のポケットWiFiでは、申込フォームで全て完結している場合が多いので、それを考えると時間がかかります。

    「どこよりもWiFi」は料金が安く使えるという特徴がありますので、申し込みからポケットWiFiが届くまで少し面倒でも、選ぶ価値は十分あります

    3.機器補償サービスは加入必須

    どこよりもWiFiはオプションの「機器補償サービス」の加入は必須です。

    解約したい場合は、契約後、カスタマーセンターへ電話して解約する必要があります。

    えー、手間だよ。
    そうだね。最初から加入の可否を選べたらいいんだけどね。

    なお、オプションの解約の連絡先は「03-4346-0708(営業時間:9時から19時まで ※日曜祝日は除く)」となっております。

    機器補償サービスは、月額400円で、端末が故障した際「新品」もしくは「状態のよい中古品」に交換して貰えます。

    スマホを落として画面を割った事あるという人等は、加入し続けるのもありです。

    4.端末を壊した場合の弁済金が高い!?

    機器補償サービスに加入していれば大丈夫ですが、補償サービスを解約してしまった場合、高額の機器損害金が発生します。

    機器損害金18,000円
    弁済金としてなら18,000円は普通じゃないの?
    そうだね。一般的なポケットWiFiは高価な物だから普通だよ。

    但し、「JT101」は違います。

    恐らくオープン価格ですので、価格は決まっていませんが、AMAZONでは9,000円で販売していました。
    AMAZONで「JT101」を確認する

    それなのに、機器損害金として18,000円は高すぎます。

    「壊さない」もしくは「端末補償サービスに加入」していればいい話ですが、少し不満が残る点です。

    デメリットをいくつか挙げましたが、そこまで困るというものは無いと思われます。
    それほど「どこよりもWiFi」の新サービス内容は評価が高いです。

    どこよりもWiFiのメリットについて

    1.料金が安い!月100GB以上使えるポケットWiFiの中で最安値

    何故こんなに安いのでしょうか。

    どこよりもWiFiの当サイトでおすすめしているプランは「無制限GBプラン(2年契約):月額2,980円」です。

    安すぎだね。何か裏があるの?隠し事はない?
    端末補償の加入が強制というくらいで、他には何もないよ!僕は実際に契約してるから事実を伝えられるよ!


    ↑実際にどこよりもWiFiを契約した際に届いた書類

    月額基本使用料には「3,280円」と記載がありますが、割引により「割引プラン料金:2,980円」になります。

    紙の下の方に割引について記載があるのですが、写真に入りきりませんでした。

    他の会社の無制限WiFiは、安くても月額3,250円~となっており、300GBが月額2,980円で利用できるのは嬉しいですね。

    安さを求めるなら「どこよりもWiFi」だよ!

    2.口座振替が可能!

    どこよりもWiFiは「口座振替」がオプションで可能になります。

    ただし、注意しないといけないのが「月額3,380円」で使う事が出来ません。

    口座振替を選択した場合「口座振替サービス 月額700円」の費用がかかります。

    月額700円は高いので、せっかく安いプランが台無しになってしまいます。

    どこよりもWiFiで口座振替は辞めたほうが良いの?
    そうだね。クレジットカードを持っているならクレカ払いの方が断然お得!

    クレジットカードがなくて「口座振替」を選択する人は、高くなってしまいますが、「どこよりもWiFi」を契約するのは有りです。

    他の無制限WiFiで「口座振替」ができるのは「どんなときもWiFi」位となっています。
    ※どんなときもWiFiは3月18日頃からの通信障害により、速度が遅いため、今はおすすめできません。

    3.使える月の通信量が決まっているのが良い

    えっ。どういうこと?

    どこよりもWiFiは、他の無制限WiFiと違い、無制限GBプランでも「月300GB」を超えると速度制限があると利用規約に記載されています。
    ※契約時にオペレーターの方にも無制限で使えるんですよね?と質問したら「300GB」迄とシッカリと答えてもらえました。

    無制限に使えなくて残念と思った人も多いかもしれませんが、実は300GBの制限があって良かったとも言えます。

    例えば無制限WiFiと言っている、

    • 限界突破WiFi
    • どんなときもWiFi

    等、他にもありますが、使い放題と記載してあるのに、「限界突破WiFi」は1日3GBで速度制限、「どんなときもWiFi」は通信障害が起きて、使い物にならないという事態が起きてました。
    ※どんなときもWiFiの通信障害は回復しております。

    このような事態が起きるよりも、月300GBの制限だからと言われていた方が、変な速度制限がかかるよりも安心して使う事ができます

    実際に、他の無制限WiFiの口コミを調べるとわかりますが、速度が遅い、動画が視聴できないなど、炎上しているWiFiもあります
    どこよりもWiFiは300GBの制限はありますが、それ以外の制限はありませんので、月300GB迄は快適に利用できます。

    月300GBじゃ足りないという人は、使い放題の「エヌズカンパニーのポケットWiFi」がおすすめです。

    但し、月額料金は3,600円と高くなります。

    4.海外利用料金が安い!

    海外利用できるのは「無制限GBプラン」の「1年契約」U2sのみとなっております。
    ※JT101の端末の場合は海外利用できませんのでご注意ください。

    どこよりもWiFiでは、どんなときもWiFiと同じく海外でWiFiの利用が可能です。

    Glocal MEのアプリを利用することにより、海外データパックを購入することができます。

    しかも、最初の1.1GBは無料で使用することができます。

    それ以降は、

    • アメリカ 1GB 9ドル(963円)
    • 中国 500MB 1ユーロ(約118円)
    • ヨーロッパ 12ドル(1,284円)

    等、海外でも格安で使用できるのがメリットです。

    他の無制限WiFi端末と比較しても、どこよりもWiFiの方が安いです。

    海外旅行・海外出張が多いという人には「どこよりもWiFi」がおすすめだよ

    どこよりもWiFiの評判・口コミについて

    ネット上の口コミ・評判をチェックしましたが、Twitter、instagram等には口コミがありませんでした。

    現在の料金体系を考えると、他のポケットWiFiの方が安く使えますので、「どこよりもWiFi」を契約している人が少ないと感じます。

    今後「どこよりもWiFi」の口コミが見つかり次第、情報を更新していきます。

    どこよりもWiFiのレビュー「無制限GBプラン(2年契約)」

    どこよりもWiFiを実際に契約して、開封から速度の計測までレビューします。

    申込みから2日で届きました。

    申込みから到着までの流れとしては、

    • どこよりもWiFi公式サイトから申込み
    • 電話で申込確認の連絡有
    • SMSでくるメールからクレジットカード登録の手続き
    • 2日後に端末到着

    という流れでした。

    どこよりもWiFiでは端末の発送をどこよりも早くしようと頑張っているようです。
    ※WizCHのYOUTUBEにて解説されていました。 実際の宣伝動画はこちら

    届いた箱の中には、

    • モバイルルーターの箱
    • 申込内容のご案内の書類

    が入っていました。

    モバイルルーターの箱を開けてみると、上記の写真のような感じです。

    写真だとわかりにくいですが、端末のサイズは小さいです。
    ※約92mm(縦)×約58mm(横)×約13mm(奥行き)

    僕が見たポケットWiFiの中で一番小さいよ!

    モバイルルーターの箱から、中身を全て取り出しました。

    • モバイルルーター本体(JT101)
    • バッテリー
    • USBケーブル
    • ユーザーマニュアル

    上記4点が入っていました。

    USBのコンセントにさすアダプタは入っていませんので、自前で用意する必要があります。
    ※殆どのご家庭でUSBアダプタは有ると思いますが、ない場合は端末到着前に準備しておくと直ぐに充電できます。

    先ほどの写真でもわかる通り、バッテリーを本体にセットしないといけません。

    本体(JT101)の裏蓋を開けるのですが、ずらして開くわけではなく、蓋との間に爪を入れて開ける感じになります。

    ちょっと壊れそうな感じもして、開けるのは怖かったです。
    ※蓋の開け方の良い方法がありましたら、ぜひ教えてください。

    蓋が開いたら、バッテリーを入れて、蓋を閉じて準備完了です!

    最初は充電されていませんので、まずはUSBケーブルを繋いで充電してください。

    実際に「どこよりもWiFi」の速度を計測してみました!

    1回目の速度結果は下り18Mbpsの上り11Mbpsでした。

    この速度なら動画視聴は問題なくできます。

    2回目の速度は、1回目より少し速く、下り22Mbpsの上り13Mbpsです。

    最大速度は150Mbpsなのに遅くない?
    そうだね。でも、ポケットWiFiは実際に出る速度は10Mbps~50Mbpsが一般的だよ。たまに60Mbpsや70Mbpsも出るけど、時間帯やエリアによって速度は大きく変わるよ。

    正直な話としては、10Mbps以上出ていればポケットWiFiとしては十分です。

    これ以上の速度を求める場合、光回線等を自宅に引かないと駄目です。

    JT101の端末に不安はありましたが、速度を計ってみたら、全く問題ありませんでした。
    試しに動画視聴もしてみましたが、途中で止まることなく快適に視聴ができました

    どこよりもWiFiで気になる点について

    端末補償オプションはどうなの?

    月額400円を支払う事で、端末の補償を受けられるオプションです。
    ※途中からの契約はできません。

    加入することで、端末が破損・全損した場合に無償で修理・交換をしてもらえます。

    但し、

    • 水没
    • 盗難
    • 紛失

    対象外となっております。

    ポケットWiFiで多いのが「破損」もしくは「紛失」ですが、紛失は保証対象外のため失くしてしまった場合は、違約金として18,000円支払う必要があります。

    端末補償オプションは加入した方が良いかな?
    実は、デメリットでも話したけど、強制加入なんだよね。

    端末補償オプションが必要ない方は、手間ですが翌月以上にオプション解約の電話を入れないといけません。

    どこよりもWiFiのサポートセンターの電話番号は「03-4346-0708(営業時間9時から19時まで、日曜祝日は休み)」です。

    契約期間中に解約した場合は違約金が発生

    どこよりもWiFiの契約期間は1年間、もしくはプランによって2年間の自動更新となっております。

    なお、途中解約は9,500円の違約金がかかります。

    • ~12ヶ月目 9,500円
    • 13,25,37ヶ月目(更新月) 0円
    • 14ヶ月目以降(更新月以外) 9,500円

    さらに、注意が必要なのは、端末はレンタル品です。

    レンタルのため、解約後は返却しないといけませんが、返却をしなかった場合、別途18,000円の違約金を請求される可能性がありますので、必ず解約後は返却してください。

    クーリングオフ(初期契約解除)はあるの?

    「どこよりもWiFi」は初期契約解除を適用することは可能です。

    初期契約解除は10日間となっていますので、端末到着してから10日以内であれば解約金を支払うことなく解約ができます
    ※一般的に初期契約解除は8日ですが「どこよりもWiFi」は端末発送日を1日目として10日となっております。

    ポケットWiFiが届いて「電波」「速度」に不満がある場合は、我慢せずに初期契約解除を適用してください。

    どこよりもWiFiと他ポケットWiFiの比較

    テレビCMで話題のどんなときもWiFi、THE WiFiとの比較はしておりません。

    理由としては「どこよりもWiFi」の方が、毎月料金が500円も安く「どんなときもWiFi」及び「THE WiFi」を選ぶ理由がありません

    ここでは、これら2社以外の注目のポケットWiFiと比較していきます。

    Mugen WiFiとの比較

    Mugen WiFiは当サイトで最も人気のあるポケットWiFiです。

    さっそく「どこよりもWiFi」との料金を比較していきます。

    月額料金
    Mugen WiFi3,280円
    どこよりもWiFi2,980円

    料金を比較するとわかりますが、どこよりもWiFiの方が毎月300円安く利用できます。

    しかし、当サイトでは「Mugen WiFi」が人気です。

    その理由としてMugen WiFiは、

    • 30日間全額返金補償有
    • クラウドSIMを採用

    という2点が「どこよりもWiFi」と比較して違います。

    特に30日間全額返金補償では、契約事務手数料等も全額返金されますので、人気のサービスとなっております。

    30日間試せるというのは大きなメリットです。

    さらに、「どこよりもWiFi」はソフトバンクの回線しか使えませんが、「Mugen WiFi」は「ソフトバンク、au、ドコモ」の最適な回線に自動で切り替えるという「クラウドSIM」を採用しています。

    そのため他の物理SIMを利用した他のポケットWiFiよりも快適な通信がしやすい仕組みになっています。

    料金だけ比較すれば「どこよりもWiFi」で決まりですが、それ以外の「全額返金補償」「クラウドSIMの採用」を考慮すると「Mugen WiFi」の方がおすすめです。

    Mugen WiFiの詳細はこちら

    クラウドWiFi東京との比較

    クラウドWiFi東京は、公式では発表していませんが「どこよりもWiFi」と同じ1ヶ月300GBの制限があります。
    ※実機テストにて300GBでの制限を確認済み(2020年2月)

    まずは「クラウドWiFi東京」と「どこよりもWiFi」の料金を比較していきます。

    月額料金
    どこよりもWiFi2,980円
    クラウドWiFi東京3,380円

    料金だけを比較すると、「どこよりもWiFi」の方が安いというのがわかります。

    しかし、クラウドWiFi東京は契約期間の縛りがありません

    そのため、いつ解約しても解約金が請求されません。
    ※どこよりもWiFiは2年契約です。

    3ヶ月や半年もしくは、いつ解約するかわからないけど、ポケットWiFiを持ちたいという人には「クラウドWiFi東京」がおすすめです。

    クラウドWiFi東京の詳細はこちら

    まとめ

    結論としては「どこよりもWiFi」の無制限GBプラン(2年契約)は、料金が破格な程安くおすすめです。

    もう一度特徴をまとめておくと、

    • 1ヶ月300GB迄、高速通信可能
    • 月額料金2,980円
    • 端末はJT101
    • 電波はソフトバンク4G/4G LTE
    • 最大速度は150Mbps
    • 2年契約のため途中解約は解約金有

    となっております。

    1ヶ月300GB使えるポケットWiFiが2,980円というのは安すぎです。

    注意点として、台数限定のキャンペーンとなっておりますので、検討している場合は早めに申し込んだ方が良いです。

    直前でキャンペーンが終わってしまったとなったらショックですね。

    台数限定キャンペーン!月額2,980円でWiFiが使い放題!
    どこよりもWiFiの公式サイトはこちら