ポケットWiFi

クラウドSIMの無制限WiFiを比較~仕組み・デメリットも解説~

テレビCMで話題の「どんなときもWiFi」を筆頭に、「Mugen WiFi」「よくばりWiFi」「限界突破WiFi」等、クラウドSIMを利用したポケットWi-Fiのサービスが今大人気です。

人気の理由として、

  • 通信量が無制限
  • 3キャリアの電波が使える

となっており、便利なWiFiサービスが次々と出てきています。

このページでは「クラウドSIM」の比較から、気になる仕組みについても解説していきます。

クラウドSIMについて

クラウドSIMは、クラウドサーバー上でSIMが管理されています。

そのためクラウドSIMに対応したルーターやスマホをもって入ればSIMカードを挿さずにネットを使う事ができます。

クラウドサーバー上で、自動でSIMの切り替えも可能となっておりますので、今いる場所の最適な回線を掴むことができます

クラウドSIMは「uCloudlink社」の特許技術だよ!世界中でSIMの挿入をしないで、ポケットWiFiが使えるよ

uCloudlinkの日本語の公式サイトへ

クラウドSIMの仕組みについて

端末にSIMが不要って事は、SIM情報はどこに保管されてるの?
それは、クラウドサーバー上に国内用SIMや世界中のSIMが保存されているよ!

簡単に言ってしまえば、

  • SoftBank
  • docomo
  • au
  • 海外用SIM

上記の情報が全てクラウドサーバー上に保管されています。

端末側(モバイルルーター or スマホ)では、その場所にあった最適なSIMをクラウドサーバーにアクセスして取得します。

そのため、端末側でSIMの切り替え等を行わずに、その場所にあった最適な回線を使う事ができます

3キャリア対応!って言ってたり、海外でも使えるってそういうことなんだね。
そうだね。このクラウドSIMの技術によって、端末にSIMを挿したり、さし替えたりする手間がなくなったよ!電源をつけたら勝手にSIM情報を取得してくれるから便利だよ!

クラウドSIMのルーターについて


日本で使われている「クラウドSIM」対応のルーターは少ないです。

  • Glocal Me G3
  • Glocal Me G4
  • U2
  • U2s(D1も含む)
  • jetfon P6(スマホタイプ)

となっております。

ルーターの紹介をする前に、G3とG4の違い及び、u2とu2sの違いについて解説していきます。

G3とG4の違いについて

G3とG4の大きな違いは、

  • G4の端末の軽量化(G3「240g」⇒G4「188g」)
  • G4の対応BAND増加

となっております。

モバイルルーターは持ち運びますので、端末が軽いに越したことはないですね。

U2とU2sの違いについて

U2とU2sの大きな違いは、「対応BAND」の違いだけです。

U2sの方がU2よりも対応BANDが多いです。

対応BANDが多いという事は、多くの電波を受信しやすいという事でもあります。

そのためU2とU2sで悩んでる場合は、U2sがおすすめです。

「どんなときもWiFi」で使われている「D1」という端末も中身は「U2s」です。
U2sとの違いは、どんなときもWiFiのロゴが入ってるか、入ってないかの違いです。

G4の端末のスペックについて

G4の主なスペックは下記の通りです。

下り速度最大150Mbps
上り速度最大50Mbps
連続通信時間12時間
重さ約188g
翻訳機能
充電機能
同時接続台数5台

G4には液晶画面もついておりますので、直感的に使いやすいのが特徴です。

G4のデメリットとしては、最大速度が少し遅いのと同時接続台数が5台と少ないです。

G4の端末を提供しているポケットWiFiのサービスについて

ポケットWiFiサービスで「G4」の端末を取り扱っているのは、「Mugen WiFi」だけです。

Mugen WiFiのG4は、

  • 月額3,880円(U2sなら月額3,280円)
  • 無制限
  • ソフトバンク・ドコモ・auの3キャリア対応

となっており、私も契約していますが、料金も安く、使いやすいです。

また、Mugen WiFiには30日間全額返金保証がありますので、速度が心配という人でも気軽に申し込みができます。

【ガチレビュー】Mugen wifiのメリット・デメリット・評判を解説!2019年10月3日よりサービスを開始したMugen wifiは月間無制限に使えて月額3,280円という格安のWiFiサービスです。 ...

U2sの端末のについて

U2sのスペックを見ていきます。

下り速度最大150Mbps
上り速度最大50Mbps
連続通信時間12時間
重さ約151g
同時接続台数5台

G4よりも軽いのがU2sです。

U2sは液晶画面がついていませんので、基本的にサイドにあるボタンひとつで操作します。

操作すると言っても、電源を入れればWi-Fiが使えるようになりますので、特に難しい操作は必要ありません。

なお、どんなときもWiFiで使われている「D1」もスペックは全く同じです。

U2sの端末を提供しているポケットWiFiのサービスについて

U2sの端末を提供しているポケットWiFiのサービスは沢山あります。

上記以外にもU2sを使ったポケットWiFiのサービスは出ていますが、数が多いので掲載しておりません。

ただし、U2sを使用したポケットWiFiの中で最安値は月額3,280円の「Mugen WiFi」となっております。

知名度で言えば「どんなときもWiFi」が有名です。

どこと契約したら良いかわからないよ。
それなら「2020年版おすすめクラウドSIMのWiFiサービス」を見てね!おすすめ順に紹介しているよ!

クラウドSIMのメリットについて

1.速度制限なし!?無制限に使える

クラウドSIMを利用したサービスでは、国内通信であれば、通信制限なしで利用することができます

1日3GBや3日で10GBといった制限もないので、安心して長時間動画視聴が可能です。

ネット上の口コミでも、無制限に使えるのは便利と書かれています。

ちょっと待って!稀に速度が1Mbps位迄遅くなる時があるんだけど。これって速度制限?
その症状の時は、端末の再起動をしてみて!僕もテストしてる時に同じ現象があったけど、再起動したら高速通信できるようになったよ!

クラウドSIMを利用している場合は、基本的に速度制限なしの無制限WiFiとなっております。

2.ソフトバンク・au・ドコモの回線が利用可能

クラウドSIMでは、今までのスマホのように、1端末1回線ではなく、最適な電波に自動でSIMを切り替えることができます。

そのため、クラウドSIMを利用したサービス「どんなときもWiFi」や「Mugen WiFi」等では、3キャリア対応のポケットWiFiとなっております。

SoftBankの電波をよく掴むと聞いたけど・・・どうなの?
そうだね。僕も試してみたけど、SoftBankの回線をよく掴んでいたよ。
ドコモやauの電波を期待して契約すると拍子抜けになる可能性はあるから注意してね。

検証してみればわかりますが、「docomo」「au」の回線もエリアによっては掴みます。ただし、ソフトバンク回線が選ばれる場合が多いという事です。

なお、回線は端末側で自動で最適化されているため、手動で選ぶことはできません

3.料金が安く利用できる

クラウドSIMを利用したポケットWiFiのサービスは、全体的に料金が安いです。

有名どころを記載しますが、

  • Mugen WiFi 月額3,280円
  • どんなときもWiFi 月額3,480円
  • 限界突破WiFi 月額3,500円

となっており、無制限に使えるWiFiがこれだけ安い料金で利用できます。

何か裏があるんじゃないの?
特にないよ!あくまでも僕の予想だけど、クラウドSIM提供会社の「uCloudlink」が安く卸してるんじゃないかな。

WiMAXの場合、3日で10GBの制限があって、しかも3年契約で「月額3,480円~4,380円」としますが、クラウドSIMのポケットWiFiなら2年契約で3,280円~利用ができます。

料金と通信量で考えると、クラウドSIMを利用したWiFiの方がお得ですね。

4.海外でもそのまま利用可能

クラウドSIMが凄いのは、海外でもその国に適したSIMに自動で切り替えが行われます。

ルーターの電源をONにするだけで、利用可能です。

凄いね!何か注意点はないの?
海外利用の場合は、別途費用が請求されるよ!契約先のWiFi会社にもよるけど、大体1日1GBで1,000円~1,500円位だよ!

海外行くのにわざわざイモトのWiFiやGLOBAL WiFiといったレンタルWiFi借りずに、いつものルーターを持っていけるのは便利ですね。

クラウドSIMのデメリットについて

1.Wi-Fiが利用できるようになるまで時間がかかる

実際に使ってみるとわかるのですが、端末の電源ONからWiFiが利用できるようになるまで1分~3分程度時間がかかります

ポケットWiFiって20秒くらいで使えるようにならなかった?
そうだね。クラウドSIMの場合は、クラウドサーバーのSIMを読み込むからどうしても時間がかかるんだよね。

そのため、電源ONから直ぐにネットが使いたいという人には向いていません。

2.クラウドSIM対応の端末が少ない

クラウドSIM対応のポケットWiFiは、

  • U2s
  • G4
  • jetfon P6(スマホタイプ)

上記の3つしかありません。

オシャレなルーターが欲しいという人にはクラウドSIMはおすすめできません。

クラウドSIM対応のルーターの速度はどうなの?
最大速度150MbpsとWiMAXの端末W06(1.2Gbps)と比較すると遅いよ。
それは困るよ。。。
安心して!実際に出る速度は、どちらもそこまで差がないよ!

実際にW06とU2s、G4、jetfon P6の速度を比較しましたが、どれも10Mbps~50Mbpsと同じくらいの速度でした。

最大速度よりも、実際に出る速度や使えるエリアを重視した方が良いです。

その点では、3キャリア対応のクラウドSIMは広いエリアで利用できるので期待できます。

3.同時接続台数が少ない

クラウドSIM対応ルーターの同時接続台数は以下の通りです。

U2s5台
G45台
jetfon P68台

U2sとG4は5台、jetfon P6は8台までです。

jetfonは8台まで同時接続できますので、特に問題なさそうですが、「U2s」と「G4」に関しては5台となっており、家族みんなでWi-Fiを共有すると接続数が足りないという事があります。

家族以外にも、

  • ノートパソコン
  • AMAZON echo
  • タブレット
  • ゲーム機

等に、接続すると直ぐに5台になってしまいます。

クラウドSIMに対応したポケットWiFiサービスを契約するときは、必ず事前に接続する機器の台数を数えておいた方が良いです。

契約してから、「同時接続台数は5台迄と知らなかった」となっても遅いです。

6台目接続しようとするとどうなるの?
僕が試したときは、「パスワードが違います」と表示されて接続できなかったよ。

「U2s」と「G4」のWiFiルーターの場合は、同時接続は5台。
「jetfon P6」の場合は、同時接続8台と覚えておきましょう!

4.最大速度が遅い!?

デメリット2でも少し触れましたが、クラウドSIMに対応したモバイルルーターは最大速度が遅いです。

下り最大上り最大
G4150Mbps50Mbps
U2s150Mbps50Mbps
jetfon P6150Mbps50Mbps

上記の通り、どれも最大下り速度150Mbpsの上り50Mbpsです。

WiMAXの最新端末の最大速度は下記の通りです。

下り最大上り最大
W061.2Gbps75Mbps
WX06440Mbps75Mbps

見ての通り、WiMAXの方が最大速度は速いです。

しかし、実行速度はWiMAXもクラウドSIMのルーターも大きく変わりません。

全ての端末で速度テストをしましたが、

  • W06 → 22Mbps
  • U2s → 15Mbsp
  • G4 → 28Mbps
  • jetfon P6 → 22Mbps

上記の通り、どれも高速通信です。

最大速度よりもかなり遅くない?
そうだね。最大速度はあくまでも、ベストエフォートだから参考程度にした方が良いよ。

※ベストエフォートとは、最良の条件が全てそろった場合に出る速度であり、実際にでる速度は遅くなる場合が多いです。

最大速度はWiMAXの端末の方が速いですが、実行速度はそこまで変わらないため、クラウドSIMを利用したポケットWi-Fiの速度は気にしないで大丈夫です。

2020年版おすすめクラウドSIMのWiFiサービス

1.月額料金が安い「Mugen WiFi」

クラウドSIMを使ったポケットWiFiの中で月額料金が一番安いのが「Mugen WiFi」です。

Mugen WiFiの料金を見ていきます。

月額料金3,280円(税抜)
初期費用3,000円(税抜)
端末G4 / U2s

上記の通り、安くクラウドSIM対応のポケットWiFiを利用できます。

契約期間は2年間となっており、2年以降は解約金0円で解約できるのも特徴です。
※1年未満は9,000円、2年未満は5,000円と安いです。

さらに、30日間全額返金保証キャンペーンも行っており、契約したけど速度が思ったより遅い、電波が思ったよりも悪いという場合、30日以内であれば全額返金してもらう事が可能です。

条件良すぎだけど、何かデメリットはないの?
唯一のデメリットは、初月が日割りできない事だよ。月の途中から月末で申し込んでも初月は1ヶ月分の請求が来るよ。

ただし、翌月から契約するというオプションも用意されています。

大人気格安無制限WiFi「Mugen WiFi」
mugen wifiの公式サイトはこちら

2.スマホ型ポケットWiFi「限界突破WiFi」


氷川きよしさんがイメージモデルの「限界突破WiFi」です。

クラウドSIM対応のスマホ型ポケットWiFi(jetfon P6)を提供しています。

初期費用0円という破格の料金設定により、人気を集めています。

月額料金3,500円(税抜)
初期費用0円
端末jetfon P6

月額料金は「Mugen WiFi」よりも高くなってしまいますが、初期費用0円というのは大きいメリットです。

なお、「限界突破WiFi」は端末のファームウェアアップデートを何回も行っており、アップデート毎に機能が改善されています。

以前のアップデートでは、「限界突破WiFi」も同時接続台数5台でしたが、アップデートにより8台まで可能になりました。

また、他のクラウドSIMでは繋がりづらい「au回線」も繋がりやすくなっており、ソフトバンク回線が嫌という人にも好評です。
※au回線が繋がりやすくなっただけで、ソフトバンク回線も繋がります。

限界突破WiFiの運営元は「エックスモバイル株式会社」のため、実店舗での販売も行っております。

ネットからの申込の方が楽ですので、ネットをおすすめしますが、実際に店員さんに話を聞きたいという人は、実店舗での購入も有りです。

限界突破WiFiの公式サイトはこちら

3.契約期間の縛りなし「クラウドWiFi東京」

クラウドWiFi東京は、クラウドSIM対応のポケットWiFiでは珍しい「契約期間の縛りのない」WiFiです。

そのため、2ヶ月だけ使って解約するのもOKです。
※解約金0円です。

注意点としては、他と比較すると少し初期費用が高いです。

月額料金3,380円
初期費用3,980円
端末U2s

なお、初回の支払い費用は、

  • 当月日割:110円×日数分
  • 翌月料金:3,380円
  • 初期費用:3,980円

となりますので、最初にかかるお金は少し大きいです。

3ヶ月や半年使うにはお得ってこと?
そうだね。2年とか長期利用の場合は「Mugen WiFi」の方がお得だけど、短期間の利用なら「クラウドWiFi東京」はお得だよ!

クラウドWiFi東京の公式サイトはこちら

その他のクラウドSIMを利用したサービスについて

回線Boyとしておすすめできるのは、上記で紹介した、

  • Mugen WiFi
  • 限界突破WiFi
  • クラウドWiFi東京

の3つとなっております。

ただし、テレビCMで人気の「どんなときもWiFi」も根強い人気です。

Mugen WiFiと料金を比較すると「どんなときもWiFi」の方が毎月200円高いのですが、

  • CMで知った
  • 大手の安心感
  • SNS上の口コミの良さ

上記の点から、「どんなときもWiFi」を申し込む人も多いのが実情です。

どんなときもWiFiについて詳しくは「『どんなときもWiFi』でポケットWiFiを使う際の落とし穴 ~評判・レビューもチェック~」をご覧ください。

実際に利用した速度や評判を記載しています。

まとめ

クラウドSIMを利用したポケットWiFiのサービスは2019年から一気に増えました。

どこも同じようなサービス内容のため、何を比較したら良いか悩む人も多いですが、比較する場合は、

  • 料金
  • 契約期間
  • 解約金
  • 端末の返却の有無

となっております。

これらの条件が良いのは「Mugen WiFi」となっております。

月額料金3,280円と安く利用でき、解約金も他のポケットWiFiと比較すると安いです。

WiFiルーターも2年間使えば、返却不要となっております。

格安で利用可能の「Mugen WiFi」は今一番おすすめです。

mugen wifiの公式サイトはこちら

海外でも自動でクラウド上のSIMを切り替えてくれるので、クラウドSIMは本当に便利な仕組みとなっています。