インターネット回線

ついに申し込み開始!Fon光はNURO光よりお得!?

上り下り共に2Gbpsの高速通信サービスFon光がいよいよ申し込みを開始しました。

サービス内容は利用者が急増中のNURO光と同様ですが、NURO光とFon光はどのような点が違うのでしょうか?

Fon光は申し込みの受付を開始したばかりという事もありまだ不明な点が多くあります。
今後記事の内容については公式サイトを確認及び情報を収集しつつ、訂正および追加を行っていきます

最大通信速度2G!Fon光はNURO光より・・・の目次(クリックでジャンプ)

Fon光の基本情報


まず初めにFon光の基本情報から解説していきます。

基本的なサービス内容や仕様についてはほぼNURO光と同様のサービスになります。

回線速度 上り 2Gbps / 下り 2Gbps
接続方式 IPv4/IPv6のデュアル方式
契約期間 2年間
違約金 19,800円

基本的な仕様はNURO光と同様です。

大きく違う点はNURO光にはマンションプランが用意されていましたが、Fon光には戸建て用のプランのみという事です。

マンションで料金を安くて高速なインターネットを利用したい場合にはNURO光のほうが安くてお得です。

また、工事費については30回の分割払いとなりますが、月額の分だけ割引が適用になるので基本工事費は実質無料となります。

注意しなければいけない点は、工事費が30ヶ月の分割払いで2年ごとの自動更新なので解約の際に支払いが無いようにするためには30ヶ月以上で、尚且つ2年ごとの更新月となるので開通後4年後となります。

気になるソフトバンクのおうち割の適用だけど、現時点で公式サイトでは適用かどうかは発表されていないよ!

Fon光の月額料金料金

Fon光の大きな特徴はNURO光よりも安く設定された月額料金です。

どちらもプロバイダとセットになっているのでプロバイダ料金は含まれた値段です。

Fon光 NURO光
月額料金 3,980円 4,743円
プロバイダ料金 0円 0円
合計 3,980円 4,743円

Fon光のほうが毎月763円安くなります。

年間にすると9,156円となっており、解約時に支払いが無い期間の4年で換算すると、その差額はNURO光と比較すると36,624円にもなります。

ただしNURO光は45,000円のキャッシュバックがもらえます。
その点を考慮すると、5年以内の解約の場合NURO光の方がお得です。

なお、Fon光を5年以上利用すればNURO光よりもお得になる計算になります。

Fon光の初期費用

Fon光の初期費用は工事費と事務手数料に分かれています。

Fon光は光コラボレーションとは異なりますので導入時には必ず工事が必要になりますので工事費用が発生します。

また事務手数料については開通後、初回の請求時に月額料金と同時以下の金額が請求となります。

工事費 40,000円(30回の分割払い)
事務手数料 3,000円

事務手数料は一括での請求となりますが、工事費用については30回の分割払いとなります。

現在Fon光は工事費実質無料のキャンペーンを行っています。

ただし実質無料なので開通して30ヶ月経たずに解約してしまうとの残りの月分の金額を一括で清算しなければいけませんので注意しなければいけません。

Fon光の利用可能エリア

Fon光はNURO光同様すべてのエリアで利用できるわけではありません。

申し込みが可能なエリアは現在以下の地域がサービス提供エリアとなっています。

北海道エリア 小樽市・札幌市・千歳市・江別市・石狩市・恵庭市
関東エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海エリア 愛知、静岡、岐阜、三重
関西エリア 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州エリア 福岡、佐賀

エリア内でも場所により利用出来ない地域があるので公式サイトから確認する必要があります。

また、マンションでも物件によっては利用可能な場合もありますが、契約は戸建てプランとなります。

Fon光の公式サイトはこちら

Fon光のオプション


現在発表されているFon光で利用出来るオプション契約は今のところ以下の2つのオプションとなります。

サービス名 内容 料金
NURO光でんわ 固定電話サービス 500円/月
ひかりTV  for NURO 動画視聴配信サービス 1,000円~/月

NURO光でんわは固定電話サービスで、もともとNTTで発行した電話番号であれば電話番号もそのまま移動することが出来ます。

通話料金も日本全国の固定電話にけても、3分あたり7.99円とNTTのアナログ電話と比べると非常に割安です。

また、ひかりTVforNUROはケーブルテレビのように視聴するには専用のチューナーが必要です。

そのため上記の金額の他にチューナーレンタル料金として1台につき500円が必要です。

複数のテレビで映画など見る場合にはその分チューナーが必要になるので金額がかさんでしまいます。

映画やドラマなどを見たいのであればひかりTVよりもHULUやNETFLIXのほうが料金も安いのでおすすめです。

Fon光のキャンペーン


インターネットを乗り換える際に気になるのがキャンペーンです。

キャッシュバックやルーターのプレゼント、工事費無料など他の光回線に比べFon光のキャンペーンはどのようになっているのでしょうか?

Fon光の新規加入キャンペーンは現在正式にアナウンスされているのは工事費が実質無料という内容です。

残念ですが現時点でまだFon光の公式サイトでも工事費無料以外のキャンペーンは発表されていません。

月額料金が安いから工事費無料以上のキャンペーンは期待できないかもね

Fon光かCひかりかNURO光か?


Fon光はNURO光のOEMのようなものということはすでに解説しましたが、NURO光はFon光以外にも同様のOEMのようなものでCひかりというサービスがあります。

では、これから光回線の乗り換えを検討している人は、

  • NURO光
  • Fon光
  • Cひかり

どのサービスを選ぶのが良いのでしょうか?

Fon光・Cひかり・NURO光を比較してみます。

料金比較

まずは一番気になる月額料金をNURO光をベースに比較していきます。

NURO光 Cひかり Fon光
月額料金 4,743円 4,980円 3,980円
差額(NURO光) 0円 +237円 -763円

月額料金を比較するとFon光は元となるNURO光と比較して毎月763円安く、CひかりはNURO光よりも毎月273円高くなります。

また、金額面だけではなくNURO光は標準でセキュリティソフトが利用できますがCひかりはオプションで500円となっていますのでセキュリティをセットでと考えている場合にはさらに割高になってしまいます。

Fon光については現在セキュリティ等のオプションについては公式サイトでも公表されていません。

Fon光はセキュリティのオプション設定もないので自分で市販のソフトを購入するなど対策fが必要だよ。

違約金比較

多くの光回線は月額料金を低価格に設定している代わりに契約期間を設けていますが、契約期間以外での解約は違約金が発生します。

Fon光・NURO光・Cひかりも他の光回線同様、契約期間と違約金が以下のように設定されています。

NURO光 Cひかり Fon光
契約期間 2年ごとの自動更新
違約金 9,500円 20,000円 19,800円

3社とも2年ごとの自動更新で、解約はいずれも開通月から25カ月目が更新月となります。

更新月は1か月間と短いので注意がしないといけません。

キャンペーン比較

サービス名 キャンペーン内容
Fon光 工事費無料(1,333円×30回割引)
Cひかり 工事費無料(1,333円×30回割引)
他社乗り換え時にかかる違約金の補助(最大50,000円)
NURO光 キャッシュバック 45,000円

一見するとCひかりの50,000円が魅力的に見えますが、Cひかりの50,000円というのは現在利用中の光回線の解約時にかかる違約金を補助してくれるキャンペーンです。

仮に現在利用している光回線を解約する場合に、違約金が10,000円支払わなければいけない場合に10,000円の違約金の分だけ補填するというものです。

あくまで上限が50,000円ということで、支払われる金額は実際に解約時支払った金額分が受け取れるキャンペーンです。

そのため、キャッシュバックとしてはNURO光の公式サイトからの申し込みキャッシュバック45,000円というのが一番お得なキャンペーンです。

NURO光の45,000円キャッシュバックキャンペーンはNURO光の新規契約者すべての人が対象になるよ!

4年間のトータルコスト

では、解約時にお金がかからないよう4年間利用して解約したとすると、4年間で支払うトータルの金額を各社で比較してみます。

NURO光 Cひかり Fon光
キャッシュバック 45,000円 0円 0円
月額料金 4,743円 4,980円 3,980円
4年間のコスト 182,664円 239,040円 191,040円

4年間のコストを比較するとキャッシュバックがある分、NURO光がFon光よりも8,376円安く利用できます。

やはりNURO光の45,000円のキャッシュバックはランニングコストに大きく影響します。

ただし、4年以降はNURO光とFon光の差は少なくなり、6年目になるとNURO光が296,496円でFon光が286,560円と9,936円安くなります。

NURO光は2年ごとの更新なので、4年で解約するかもしれないという事ならばNURO光、6年以上利用するのであればFon光の方がお得になるという事になります。

Cひかりは残念ながら月額料金も高額なうえキャッシュバックも無いため、3社の中で一番コスト高となります。

工事費については3社共通で実質無料だよ。

45,000円のキャッシュバックはNURO光
NURO光の公式サイトはこちら

まとめ

Fon光はサービスを開始したばかりで評判なども不明です。

ただ、NURO光のOEMなので通信速度が遅いということはないです。

NURO光の通信速度を調べてみると800Mbps前後の報告が多いことを考えると、それくらいの速度は期待できます。

不安な点はサポート面です。

通信速度が2Gbpsで月額3,980円は非常に低価格なので申し込みも多くなると予想できます。

そうなると窓口の混雑はもちろんサポートの不満も出てくる可能性があります。

結論としては4年間使ったら次の光回線を検討してもいいという方や、いつ解約になるかわからない場合はNURO光、4年以上は使うという方ならFon光ということになります。

ただ、やはりサービスが開始したばかりなので情報が少ないのが難点です。

今後キャンペーンの追加やサービスの見直し等の可能性もあるので、現時点ではNURO光のほうが安心です。

Fon光を申し込むならもうしばらく様子を見たほうがいいでしょう。