インターネット回線

【注意】スマートバリューの適応条件とセット割について~auひかり以外も対応?~

スマートバリューというと、auスマホと固定回線のauひかりを契約すればセット割引になると思っている人が多いようですが、これはカン違い!

スマートバリューを適応させるにはいろいろな条件があるのです。

ここではauスマートバリューの適応条件、さらにスマートバリューと間違いやすいauスマホセット割について説明していきます。

契約した後で「こんなはずじゃなかった!」と嘆く前にしっかりと理解しておくことが大切です。

スマートバリューとは?

スマートバリューとはauの携帯電話と、自宅のインターネットサービスをセットにすることで、auの携帯電話料金から毎月一定額割引が受けられるサービスです。

スマートバリューのポイントは光回線が割引されるのではなく、対象のケータイやスマホがすべて安くなる点です。

利用しているケータイやスマホが多ければ多いほどお得になるのがスマートバリューの特徴です。

また、割引の対象は一緒に住んでいる家族以外にも遠くに住んでいる家族(50歳以上)もスマートバリューの適応になります。

スマートバリューの適応条件は?

スマートバリューの割引は自宅の固定回線がauひかりで、利用しているケータイやスマホがauであれば、だれでも割引になるというわけではありません。

特定の条件を満たした場合のみスマートバリューが適応になるので、注意しなければいけません。

ここからはスマートバリューが適応になる条件に付いて細かく説明していきましょう。

条件1 データプランに加入すること

スマートバリューの割引を受けるためにはauケータイもしくはauスマホのデータ定額プランに加入している必要があります。

利用しているのがスマホじゃないから割引は受けられないと思われる方もいるかもしれませんが、スマホじゃなくてもデータプランを契約していればスマートバリューの適応になります。

スマートバリューが適応になるプランと割引額

auスマートフォンの契約が下記プランの時のスマートバリューが適応になった場合の割引額です。

auスマートフォン

割引額
新auピタットプラン(1GBまで) 割引対象外
新auピタットプラン(1GB超~7GBまで) 翌月から500円/月割引
auフラットプラン7プラス 翌月から1,000円/月割引
auデータMAXプラン 翌月から1,000円/月割引
auピタットプラン(s)
※受付終了プラン
auピタットプラン(2GBまで)
翌月から500円/月割引
auピタットプラン(s)
※受付終了プラン
auピタットプラン(2GB超~20GB)
翌月から1,000円/月割引
auフラットプラン20
auフラットプラン25 Netflixパック
※受付終了プラン
auフラットプラン30
auフラットプラン5(学割専用)
翌月から1,000円/月割引
データ定額1(受付終了) 翌月から最大2年間934円/月割引
3年目以降ずっと500円/月割引
データ定額2/3(受付終了)
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
※受付終了プラン
シニアプラン / データ定額3cp / LTEフラット cp(1GB)
翌月から934円/月割引
U18データ定額20(受付終了) 翌月から適用期間中1,410円/月割引
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額5/20
LTEフラット
データ定額5cp
データ定額8
プランF(IS)シンプル
翌月から最大2年間1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

auケータイ(4GLTE)

割引額
データ定額1(ケータイ) 翌月から最大2年間934円/月割引
3年目以降ずっと500円/月割引
データ定額2/3(ケータイ) 翌月から934円/月割引
データ定額5(ケータイ)
※受付終了プラン
データ定額8(ケータイ)
翌月から最大2年間1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引
※受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
翌月から最大2年間2,000円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

ケータイ(3G)

割引額
カケホ(3Gケータイ・データ付) 翌月から934円/月割引

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

割引額
※受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)
翌月から1,000円/月割引
LTEフラット for Tab/Tab(L) 
LTEフラット for Tab(i) 
LTEフラット for DATA(m)
翌月から最大2年間
1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

2019年7月にauスマホの利用プランが大きく変更になりました。

現在主となるのは【新auピタットプラン・auフラットプラン7プラス・auデータMAXプラン】となりますが、ここで注意しなければいけないのは新auピタットプランの場合、1ヶ月で利用したデータ量が1G未満だと割引の対象から外れてしまうということです。

せっかくスマートバリューで料金が安くなると思ったのに、データーを月に1GB使わなかったために割引がされなかったということにならないよう注意しなければいけません。

私の持ってるタブレットも安くなるの?
スマートバリューはSIMの入ったiPadやアンドロイドタブレットも割引の対象だから、タブレットも毎月通信費を払っているなら割引対象だよ。

条件2 電話のオプションを付けること!

スマートバリューの適応条件で重要なのが「auひかりのネットの契約+光電話のオプション」に加入する事です。

光電話のオプションは月額500円と安いので、契約してスマートバリューの割引を受けた方がお得になる場合が殆どです。

スマートバリューの割引を受けるためには、auひかりとオプションサービスのauひかり電話サービスに加入、またはauスマートポートを新規契約で購入と同時に指定プランに2年契約で加入することが必要です。

置くだけWiFiのキャンペーン比較~ドコモ・WiMAX(au)・SoftBankどれが安い!?~端末が届いたら直ぐに使える、工事不要の置くだけWiFiが人気になってきました。 置くだけWi-Fiが欲しいけど「SoftBank、...

スマートバリューの注意点

スマートバリューのように家族全員がauスマホを利用していれば割引になるサービスはドコモやソフトバンクでもありますが、auスマートバリューは他社と違い気をつけなければいけない点があります

ドコモやソフトバンクの場合光回線の契約者とご家族(血縁・婚姻関係)、または同住所であることが割引を受けることができる条件ですが、スマートバリューの場合auひかりの契約者と同一住所、または別居の50歳以上の家族が対象になります。

仮に契約者の子供が一人暮らしを始めた場合、auに登録してある住所を変えてしまうと、スマートバリューの適応範囲外となってその回線は割引が受けられなくなってしまいます。

auひかりが引けなくてもスマートバリューを適応させるには

今度引越しをするんだけど、引っ越し先にauひかりが引けない!
スマートバリューが使えなくなっちゃう!
そっか。auひかりはフレッツのようにほとんどの地域で利用できるってわけじゃないからね。
でも大丈夫!
スマートバリューが適応になるのは、auひかりだけってわけじゃないんだよ。
スマートバリューは割引も大きいからほかに方法があるならぜひ教えて!

スマートバリューの適応条件はauひかりを利用していないとダメ!と思っていませんか?

ご存じの方も多いと思いますが、スマートバリューはauひかりとスマホのセットでなくても割引を受けることができるのです。

auひかりが利用できる地域であれ、auひかりが一番おすすめなのは言うまでもありませんが、お住まいの地域がauひかりが利用できない地域の方はスマートバリューに対応したネット回線を利用することで割引の対象になります。

auひかり以外のスマートバリューの対象サービス

ここからはauひかり以外でスマートバリューが適応になるサービスの紹介をしていきます。

auひかりが引けないからとスマートバリューをあきらめている方はや、これからauひかりが利用できない地域に引っ越しするといった方は是非参考にしてください。

東海エリアにお住まいの方はコミュファ光

キャンペーン情報 ギガデビュー割2019開催中!

月額料金 5,550円+通話料+機器利用料

ギガデビュー割2019で

月額3,940円+通話料+機器利用料

★安心サポートPlus加入で機器利用料無料

初期費用 契約事務手数料 700円

光ネット工事費 25,000円 →無料

光電話工事費 3,000円

コミュファ光はKDDI傘下の企業で、東海エリア(長野県・岐阜県・愛知県・三重県・静岡県)でサービスを提供するスマートバリューに対応した光回線事業者です。

中部電力系列の中部テレコミュニケーションという企業が運営しており、東海エリアでは利用者も多く顧客満足度調査でも常に上位にいるインターネット回線事業者です。

コミュファ光の料金

コミュファ光はスマートバリューが適応になりますが、毎月の料金が高くては本末転倒です。

戸建て 集合住宅
1ギガプラン 5,250円(3,830円) 5,250円(3,830円)
300Mプラン 4,750円〈3,300円) 4,750円〈3,300円)
30Mプラン 3,810円(2,760円) 3,810円(2,760円)

※カッコ内の金額は、プロバイダを別途選択するプランを選んだ場合の料金です。

マンションVDSLタイプ

プラン 料金
100メガマンションV/L(棟内VDSL配線) 3,680円(2,680円)

コミュファ光のメリットとして光ファイバーを利用したプランは回線速度を選べることです。

ゲームや動画はまず見ない、ただしインターネットの環境は必要という方には1Gbpsは必要ないかもしれませんので料金の安い低速のプランを選ぶことができます。

また、コミュファ光は地デジ放送の信号も光ファイバーに流しているので、NTTのフレッツテレビ同様アンテナなしでもテレビの地デジ放送を視聴することが可能となっています。

コミュファ光はキャンペーンも充実していて、東海エリアでauひかりの代用としてはおすすめの光回線です。
東海エリアならコミュファ光がおススメってホント?評判からわかる真実を大公開!東海エリア限定の「コミュファ光」。東海地方では人気の光回線です。 コミュファ光を実際に使っているユーザーの評判や割引サービスの詳細、料金について、お得な申し込み方法など、東海エリアで上手にインターネットを契約する方法を紹介中です。...

コミュファ光のもうしこみはこちら

関西エリアにお住まいの方はeo光

キャンペーン情報 eo暮らしスタート割実施中!

月額料金 戸建てプラン 月額4,953円/月が

最大1年間2,953円/月

マンションプラン 月額3,524円/月が

最大1年間2,524円/月

初期費用 0円(実質無料)

関西エリア(兵庫県・京都府・滋賀県・大阪府・奈良県・和歌山県)にお住まいの方でスマートバリューが利用したいというのであればeo光です。

eo光は関西電力グループのケイ・オプティコム提供している光回線を利用したインターネット回線です。

利用者も多く契約者は150万け契約を超え、関西エリアでは人気の高い光回線です。

キャンペーンも充実していて乗り換え時のお得感も非常に高いので関西エリアでスマートバリューが利用できる光回線をお探しならeo光はおすすめの光回線です。

eo光の料金

eo光の料金設定は非常にわかりやすく基本は戸建てプランとマンションプランの2種類から選ぶことになります。
下記の料金表は1Gbpsプランです。

戸建てプラン マンションプラン
月額料金 4,953円 3,524円
光電話 286円 286円
工事費 実質無料 実質無料

上記のプランの他、新たに5Gプランと10Gプランが一部地域でスタートしました。

auひかりでもすでにこのサービスはスタートしていてより高速なインターネットの環境が必要な方から注目されているようです。

1Gbpsでは物足りないという人は検討してもいいかも入れませんが、料金は高くなってしまうので十分な下調べが必要です。

5G、10Gのプランをフルに利用するにはネットワーク環境の見直しが必要になってくることがります。
1Gbps以上の規格のネットワーク商品(LANカードなど)は商品が少ないうえ、高額なので現時点で5G、10Gのプランはまだあまりおすすめではありません
【関西で大人気】eo光は料金が安く、高速通信!?評判からわかる真実とは キャンペーン情報 eo暮らしスタート割実施中! 月額料金 戸建てプラン 月額4,953円/月が 最大1年間...

eo光の申込みはこちら

スマートバリューが適応になる光コラボ

auひかりが利用できない東海地方の方や関西地方の方には、eo光やコミュファ光がスマートバリューの適応となる光回線ということはご理解いただけたかと思いますが、それ以外の人はどうすればいいのでしょう?

auひかりは利用可能地域でも物理的にauひかりの光ファイバーを引き込むことができない地域があります。

そんな人でもスマートバリューが適応になる光回線をご紹介していきます。

料金も安くて特典も期待できるビッグローブ光

ビッグローブ光プラスキャンペーン情報!

  • キャッシュバック25,000円
  • 工事費30,000円実質無料

光コラボの中ではキャッシュバックなどの特典も比較的充実したプロバイダがビッグローブ光です。

接続方式も高速通信が可能なIPv6+IPoE接続が可能で、スマートバリューが適応可能な光コラボレーションのうちの一つです。

ビッグローブ光の料金

ビッグローブ光
月額料金(ホームタイプ) 4,980円
月額料金(マンションタイプ) 3,980円
工事費 実質無料
回線速度 1Gbps
おすすめ申込窓口 NNコミュニケーションズ
キャッシュバック 25,000円

インターネットプロバイダの老舗、ビッグローブが提供する光コラボレーションのビッグローブ光。

ビッグローブ光ならば提供可能な地域も広く、基本的にはNTTの光回線が引ける地域であれば利用可能なので、auひかりが引けなくてもスマートバリューが適応になります。

【2019年版】失敗しない!光コラボレーションの選び方光コラボレーションを検討中でしょうか? 現在光コラボレーション事業者の数は2018年の時点で約700社いろいろありすぎて、どの会社...

期間限定だけど料金が安い!So-net光プラス

So-net光プラスキャンペーン情報!

  • 月額料金3年間最大2,000円割引!(戸建て月額3,980円、マンションタイプ月額2,980円)
  • セキュリティーソフト永年無料(カスペルスキー)
  • 高性能v6対応ルーター12か月無料

So-netから新しくスタートしたSo-net光プラスサービス、大幅な月額料金の割引やセキュリティーソフトが無料になるなど、キャンペーンが充実しているSo-net光プラスです。

So-net光はすでにネットからは契約できなくなっているので、今後はSo-net光プラスだけになるようです。

So-net光プラスの料金

So-net光プラスは現在月額料金割引キャンペーンを行っています。

これにより毎月の料金は他社よりもかなり安くなっていますが、36ヵ月を過ぎると月額料金が他の光回線よりも高くなってしまいます。

So-net光プラス
月額料金(戸建てタイプ) 3,980円
月額料金(マンションタイプ) 2,980円
工事費 実質無料
回線速度 1Gbps
おすすめ申込窓口 NNコミュニケーションズ
キャッシュバック 0円

So-net光も上のビッグローブ同様老舗のプロバイダが提供する光コラボレーションです。

提供可能地域が広いのでお住いの場所を気にせずスマートバリューを受けることができるのでauスマホユーザーにはおすすめの光回線の一つです。

ただし、So-net光のころはキャッシュバックなどの特典も多かったのですが、So-net光プラスになってからはキャッシュバックが期待できなくなりました。

その分毎月の料金は安くなったのですがキャッシュバックを期待している人にとっては残念な内容になってしまいました。


So-net光プラスの詳細ページ

So-net光プラスは速度も速くお得!So-net光との違いは!? So-net光プラスキャンペーン情報! 月額料金3年間最大2,000円割引!(戸建て月額3,980円、マンションタイプ...

JCOMなどのケーブルテレビもスマートバリューが適応

もう一つスマートバリューが適応になる回線があります。

それがケーブルテレビです。

すべてのケーブルテレビ会社が対応ではありませんが、もっとも利用者の多いJCOMはスマートバリューが適応になるケーブルテレビ会社です。

ケーブルテレビの場合スマートバリューが適応になる条件がauひかりと少し変わっています。

auひかりの場合、光回線の契約と電話のオプション契約がスマートバリューの適応条件となりますが、ケーブルテレビの場合2つ以上のサービスに加入するのがスマートバリューの適応条件となるのです。

2つのサービスとは、通常ケーブルテレビのサービスは、地デジ放送以外の多チャンネルサービス・固定電話のサービス・インターネットのサービスの3つの基本的なサービスがあります。

この3つのサービスの中から2つ以上のサービスを契約することでスマートバリューの適応になります。

JCOMのネットが不満ならネットだけ光回線にする

JCOMの利用者の中にはネットが遅いけど、スマートバリューがあるからJCOMはやめられないと思っている人も多いようですが、その場合テレビと固定電話のサービスだけ残してインターネットだけビッグローブ光や、DTI光などに乗り換えてしまうという方法も可能です。

これなら若干料金は高くなってしまいますが、多くのチャンネルが視聴できるテレビサービスはそのままでスマートバリューも適応のまま、インターネットも快適に利用することが可能です。

ネットに不満があるけれど、ケーブルテレビを何らかの理由で解約できない人にはおすすめの方法です。

JCOMをやめてしまうとテレビが見られなくなるのがネックとなるのであれば、ビッグローブ光のテレビサービスを利用すればケーブルテレビを解約してもほとんど問題ありません。
テレビを見るならケーブルテレビよりフレッツテレビが安くて便利 ケーブルテレビユーザーの方に多い悩みのようです。 テレビが大好きで一時もテレビのリモコンを離さないという人は別...

カン違いしやすいauスマホセット割

スマートバリューには間違いやすいセット割引というサービスがあるのはご存じでしょうか?

通常スマートバリューを適応させるには上でも説明しましたが、auスマホ、ケータイのデータプランの加入とauひかりと光電話の加入が条件です。

しかし、auスマホセット割とは指定された光回線と、auスマホ・ケータイの対象プランで光回線の料金が割引になるというものです。

ここが非常にカン違いすることが多く、スマートバリューの割引額は【割引額×対象のスマホの台数】に対しauスマホセット割は【光回線の料金からのみ割引】になっていることです。

仮に家族4人でauスマホの【auフラットプラン7プラス】のプランに加入していて、尚且つ自宅にauひかりにオプションでau光電話サービスをオプション契約している場合、スマホ1台につき1,000円の割引となるので割引額は全体で4,000円となります。

一方auスマホセット割は家族4人でauスマホの【auフラットプラン7プラス】のプランに加入していて、尚且つ自宅にビッグローブ光・DTI光・AsahiNet光の3社のいずれかの光コラボレーションを契約すると、家族4人でauスマホを利用していても、スマートバリューとは違い光回線の料金から毎月1,200円割引が適応されるだけになります。

スマートバリューよりもセット割がお得な場合

固定電話がいらないという人はスマートバリューが適応にならないので割引はauスマホセット割になってしまいますが、スマホを2台以上お持ちの方は注意してください。

auスマホのデータプランにもよりますが、スマホが2台の場合割引額が2,000円となるので、固定電話を使わなくても毎月500円のauひかり電話サービスを契約しておいたほうがスマートバリューが適応になるのでお得といえます。

スマホが1台の場合auスマホセット割はおすすめですが、スマホが2台以上の場合光には電話のオプションを契約したほうがお得です。

まとめ

スマートバリューの割引を適応するにはauひかりの契約にひかり電話サービスのオプション契約が必要なことはご理解いただけたでしょうか?

中には「固定電話は必要ないし、電話の料金も払いたくないからスマートバリューはダメだなぁ」という人もいるでしょう。

そのような場合auスマホセット割が可能な光コラボレーションを選択する方法もありますが、2台以上のスマホをお持ちの方はひかり電話サービスの料金を支払ってでもスマートバリューが適応になる方を選んだほうが良いでしょう。

不満爆発!auひかりの悪い評判・良い評判を調査~契約前に知っておくべき事~「auひかり」インターネットを使っている方なら一度は聞いたことがあると思います。 2000年に第二電電(DDI)ケイディディ(KD...
auスマホセット割がおすすめなのは家族でauのスマホが1台で、固定電話が必要ない場合となります。

スマートバリューを適応させるなら当然auひかりが一番おすすめですが、auひかりが引き込めない場合にはスマートバリューもauスマホセット割も利用可能なビッグローブ光を選んでおくと、後に環境が変わってスマホの台数が1台になった場合でもスマートバリューからauト割に切り替えることができます。

auひかり以外でスマートバリューが使いたいならビッグローブ光がおすすめです。

auひかりのスマートバリューはauひかりでなくても割引の対応になりますし、割引の対象もドコモ光やソフトバンク光と若干違いがあります。

スマートバリューをカン違いして契約後に後悔しないように注意することが重要です。

【2019年版】失敗しない!光コラボレーションの選び方光コラボレーションを検討中でしょうか? 現在光コラボレーション事業者の数は2018年の時点で約700社いろいろありすぎて、どの会社...