インターネット回線

ピカラ光は申込みに注意!契約前に知っておきたい問題点

四国地域で人気の光回線ピカラ光はご存じですか?

ネットで調べると快適に使えるという口コミが多いですが、解約の時に高額の違約金がかかる等、注意しなければいけない点があります。

ここでは、これから四国に引越しをする人や、光回線の乗り換えを検討している人のためにピカラ光を申し込む前に注意しておきたい点等を解説してきます。

ピカラ光の基本情報

ピカラ光はNTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションではありません。

他の光回線・光コラボレーションのように乗り換えの際には手続きだけという訳にはいかず、ほとんどの場合は工事が必要となります。

まずは速度や接続方法など基本的な情報から解説していきます。

回線速度 上り 1Gbps / 下り 1Gbps
接続方式 PPPoE+IPoE接続(デュアルスタック方式)
契約期間 プランによって変わります
違約金 プランにより変わります
 スマホセット割引 auスマートバリュー適用

ピカラ光は四国電力グループのSTNetが運営する光回線で、通信速度は上り下り1GbpsでIPv6に対応したプロバイダと光回線がセットになったサービスです。

ピカラ光ホームタイプの月額料金と契約期間


ピカラ光の大きな特徴が契約期間で、多くの光回線が2年契約のところピカラ光は、

  • 2年契約
  • 3年契約
  • 5年契約

と複数に分かれています。

契約年数により基本料金が変わります。
自分のライフスタイルから最も合うプランを選ぶことが出来ます。

戸建て ステップコース5(ずっトク割5年契約)

ピカラ光の戸建てプランの中で一番安いプランがステップコース5です。

1~2年目 3~5年目 6~8年目 9年目以降
4,500円 4,400円 4,300円 4,200円

ステップコース5は5年ごとの自動更新のプランとなります。

最初から通常料金よりも700円安く利用できるのに加え、利用する期間により最大1,000円の割引が受けられます。

違約金
15カ月以内 16ヵ月以上108ヵ月以内 109ヵ月以上
違約金 35,000円 15,000円 10,000円

5年ごとの更新なので開通月から60ヵ月目と120ヵ月目、それ以降60か月ごとの更新月以外は上記の違約金が発生します。

仮に開通後1年(12ヵ月)で解約した場合違約金は35,000円(税別)、3年後(36ヵ月)に解約したとすると15,000円(税別)となります。

戸建て ステップコース3(ずっトク割3年契約)

ステップコース3は3年ごとの自動更新となります。

1~3年目 4~6年目 7~9年目 10年目以降
4,600円 4,500円 4,400円 4,200円

月額料金は5年プランのステップコース5の金額よりも100円高額ですが、利用開始から10年後は月額4,200円とステップコース5もステップコース3も同額です。

違約金
15カ月以内 16ヵ月以上
違約金 35,000円 10,000円

ステップコース3の違約金は15ヵ月以内の解約は35,000円と高額ですが16ヵ月以降は10,000円と他の光回線と同程度となります。

仮に1年(12ヵ月)で解約した場合違約金は35,000円(税別)となり、それ以降は利用開始か36ヵ月ごとの更新月以外の解約は10,000円となります。

戸建て フラットコース(ずっトク割3年契約)

フラットコースはauスマートバリューが適用になる契約です。

したがってauスマホでauスマートバリューを適用させるならばピカラ光の契約はフラットコースのみとなります。

利用期間中
月額料金 4,900円
違約金
15カ月以内 16ヵ月以上
違約金 35,000円 10,000円

フラットコースは3年間の自動更新となりますので違約金や解約が可能な時期はステップコース3と同様となります。

他のプランで申し込んでもスマートバリューが適用になると同時に強制的にフラットコースに変わるから注意してね!

戸建て 通常料金(2年契約)

通常料金は長期割引を適用しないプランです。

いつ引越しをするかわからない方など解約時にお金がかかるのが嫌という方へのプランです。

利用期間中
月額料金 5,200円
違約金

長期割引は適用になりませんが利用開始から24ヶ月以内に解約した場合、以下の違約金がかかります。

15カ月以内 16ヵ月~24ヶ月
違約金 35,000円 10,000円

通常プランは縛り期間は設けていませんが最初の2年間については違約金が発生してしまいます。

24ヵ月を過ぎればいつでも解約できますが24ヵ月以下での解約は必ず違約金が発生しますので注意が必要です。

ピカラ光マンションタイプの月額料金と契約期間


ピカラ光マンションタイプはホームタイプほど複雑ではありません。

マンションタイプは以下の3つのタイプに分かれていて契約期間に対する割引額もホームタイプほど高くありません。

マンション ステップコース3(ずっトク割3年契約)

ステップコース3は3年ごとの自動更新のプランです。

1年~5年目 6年目以降
月額料金 3,400円 3,280円

注意点は3年ごとの更新ですが料金は1年目から5年目までが通常料金から600円の割引で5年目以降から720円の最大割引額となります。

違約金

マンションタイプ ステップ3コースは契約期間が3年ごとになるので利用開始から36カ月目に解約しない場合下記の違約金がかかってしまいます。

15カ月以内 16ヵ月以上
違約金 35,000円 10,000円

特に気を付けないといけないのが16カ月以内の解約です。

利用開始から16ヵ月以内に解約をする場合には35,000円と違約金は高額となります。

マンション フラットコース(ずっトク割3年契約)

利用期間中
月額料金 3,700円

マンションフラットコースはauのスマホユーザーがスマートバリューの割引を受ける方のみが加入できるプランです。

月額料金はステップコース3に比べ毎月300円高いためスマートバリューの割引額によってはスマートバリューに申し込まないほうがお得な場合もあります。

違約金
15カ月以内 16ヵ月以上
違約金 35,000円 10,000円

月額料金は契約期間中変動ありませんが3年契約のプランなので利用開始から36カ月ごとの更新月以外での解約は上記のような違約金が発生します。

マンション 通常料金(2年契約)

長期の割引契約を適用しないプランです。

利用期間中
月額料金 3,700円

他のプランは3年や5年の自動更新ですが、このプランは自動更新はありませんので一定期間(24ヵ月)が過ぎればいつでも好きな時に解約することが出来ます。

違約金
15カ月以内 16ヵ月~24ヶ月
違約金 35,000円 10,000円

自動更新はありませんが利用開始から24ヶ月以内の解約については上記の違約金が発生しますので注意してください

《ピカラ光の基本情報》のまとめ

ピカラ光は四国地区のみで利用できるIPv6に対応した光回線です。
最近多い光コラボレーションではなくピカラ独自のサービスで、月額料金は契約期間が長くなるほど安くなります。

ピカラ光の公式サイトはこちら

解約時にかかる費用が高額?


インターネットでピカラ光のことを色々と調べていると解約時の違約金が高額という記事を見かけます。

確かに15ヵ月以内だと違約金が35,000円というのは高額な気がします。

しかしこの違約金には初期費用(工事費)が含まれていると考えるとこの違約金はそれほど高額ではないといえるのです。

例えばauひかりの場合初期の工事費は37,500円(月額625円×60回払い)です。

auひかりの工事費用は実質無料ですが仮に1年(12ヵ月)で解約した場合工事費を清算しなければいけません。

すると解約時にかかる費用は625円×48ヵ月分の30,000円と違約金の15,000円円の合計45,000円を支払わなければいけません。

ピカラ光は初期費用が無料となっていますが、auひかりなどと同じように初期費用実質無料と考えると15か月以内の解約時にかかる費用が高額なのも当然といえます。

違約金以外の解約時にかかる費用

ピカラ光は解約時に光配線設備の撤去作業が必要になる場合があります。

回線撤去作業を行う場合、違約金などとは別に回線撤去費用が必要となります。

屋内残置※1 軒先残置※2 全撤去※3
撤去費用 0円 5,000円 10,000円

※1 屋内残置とは回線終端装置のみ撤去し屋内の光回線は残す方法です。
※2 回線終端装置、屋内の光ファイバーを撤去し、軒先に光回線を残す
※3 全ての光ファイバー設備を建物から撤去

どの撤去方法にするかは賃貸物件の場合、建物のオーナーもしくは管理会社の判断となります。

また自己所有の建物に関しては契約者が撤去方法を選択します。

自己所有の物件ならば屋内残置を選ぶ事で支払いはありません。

ピカラ光でんわセットの解約
ピカラ光でんわセットを利用している場合利用期間1年以内で光ネットと光でんわを別々に解約した場合、光ネットの違約金35,000円に加え光でんわの違約金5,000円が追加で加算されます。


解約にかかる費用のまとめ

ネット上では解約に高額なお金がかかるとありますが、初期費用が実質無料と考えれば高額ではありません。

ピカラ光のメリット


ピカラ光はメリットの多い光回線です。

ここからはピカラ光を利用することでどのようなメリットがあるのか解説していきます。

長期利用なら光回線最安値!

ピカラ光の一番大きなメリットは月額料金の安さです。

戸建てプランは長く利用すれば光回線最安となります。

現在おすすめできる光回線最安と言えるのはenひかりの月額4,300円です。

しかしこの4,300円ではIPv6に対応していないためオプション料金を入れると4,480円となります。

ピカラ光はステップコース5を選択した場合、最初の2年間はenひかりのほうが低価格ですが3年目以降はピカラ光のほうが安くなります。

enひかり 4,480円(v6オプション含む)

ステップコース5(3年目以降で最安)

1~2年目 3~5年目 6~8年目 9年目以降
4,500円 4,400円 4,300円 4,200円

ステップコース3(7年目以降で最安)

1~3年目 4~6年目 7~9年目 10年目以降
4,600円 4,500円 4,400円 4,200円

ステップコース5なら3年目以降、ステップコース3なら7年目以降enひかりの4,480円より月額料金が安くなり光回線最安となります。

ピカラ光は初期費用が無料


ピカラ光はNTTの光ファイバーを使った光コラボレーションサービスではないので新規契約時には工事が必要です。

多くの光回線は新規契約時には契約事務手数料と工事費用が掛かりますがピカラ光は無料です。

ピカラ光ネット フレッツ光
契約事務手数料 0円 800円
工事費 0円 18,000円
合計 0円 18,800円

NTTのフレッツ光は事務手数料と工事費で18,800円がかかってしまいますが、ピカラ光では初期費用はかかりません。

工事費無料って最近はやりの実質無料ってこと?
公式サイトには工事費無料って書いてあるから実質無料ではなくて無料という事なんだよ
ただ、違約金でも触れたけど15ヵ月以内に解約すると違約金が30,000円と高額なことを考えると実質無料と思ってもいいかもね。

ピカラ光は初期費用がかかりませんが、利用開始から15か月以内に解約してしまうと違約金が高額です。

これは工事費が含まれていると考えると納得がいきます。

同系列のauひかりの初期費用が約40,000円と考えるとそれほど高額ではありませんし、auひかりのように長い期間で工事費を清算するわけではないので、ピカラ光の初期費用無料は親切な設定と言えます。

ピカラ光はauスマホが安くなる


ピカラ光はauスマートバリューが適用になるのでご家族のauスマホの月額料金が割引されます。

スマートバリューはauスマホの契約プランにもよりますがスマホ1台につき最大1,000円/月が割引されます。

家族4人でauスマホをお使いの場合、ご自宅の通信費が毎月最大で4,000円節約になりますので非常に大きな節約となります。

ただし、場合によってはスマートバリューを利用するとかえって損をしてしまう場合があるので注意が必要です。

ピカラ光とスマートバリューの注意点はこちらで詳しく解説するよ。

セキュリティが無料

ピカラ光はセキュリティソフトが無料で利用できます。

最近までピカラ光のセキュリティソフトはカスペルスキーというソフトですが、2020年8月よりノートンに変わりました。

今までのカスペルスキーが3台までの無料で利用出来ましたが、今度のノートンセキュリティオンラインは5台版となるのでパソコンやスマホ5台まで無料でセキュリティソフトが利用できるようになりました。

インターネットを安心して利用するためにもセキュリティソフトが必須となった今、無料で利用が出来るのは非常にありがたいサービスです。

ただしノートンを利用するためには利用手続きが必要です。

手続きはピカラ光の公式サイトの【Myピカラ】にログインしノートンの利用手続きを行ってください。。

アンテナ無しでテレビが見られる

ピカラ光はオプションで別料金になりますが、アンテナ無しでテレビを視聴することが出来ます。

ピカラ光のテレビサービスはケーブルテレビのサービスを利用するため地デジ・BS放送はもちろんCSや地域のテレビも視聴可能です。

気になるのは光テレビサービスの料金ですが、光テレビは地域のケーブルテレビ会社がサービスを提供しています。

そのためピカラ光が利用できる四国内でも、複数のケーブルテレビ会社があるのでテレビのサービスは内容も料金も地域により異なります。

利用できるサービスと料金については公式サイト【ピカラ光 光テレビ】で確認してください。

ピカラ光テレビはケーブルテレビだから地域の密着した情報が放送されているよ。
《ピカラ光のメリット》のまとめ

ピカラ光のメリットは【料金が安い・初期費用が無料・auスマホが安くなる・セキュリティが無料・アンテナ無しでテレビが見られる】5つ!
ただし、メリットも人によってはでメリットになりかねないので注意が必要

ピカラ光の公式サイトはこちら

ピカラ光のデメリット


ピカラ光はメリットがある反面デメリットも当然あります。

ただピカラ光は四国での利用者が多い人気の高い光回線だけあってデメリットは他の光回線に比べ多くありません。

ここからはピカラ光の数少ないデメリットについて解説していきます。

利用できるのは四国限定

ピカラ光の唯一のデメリットが四国限定の光回線という事です。

ピカラ光は四国限定の光回線です。

いくらピカラ光に魅力を感じても四国以外の人は利用することが出来ません。

利用可能な市町村
徳島県 徳島市・鳴門市・小松島市・阿南市・吉野川市・阿波市・那賀町・牟岐町・美波町・海陽町・松茂町・北島町・藍住町・板野町・上板町・石井町・三好市
香川県 高松市・丸亀市・坂出市・観音寺市・さぬき市・東かがわ市・三豊市・三木町・ 琴平町・多度津町・まんのう町・宇多津町
愛媛県 松山市・今治市・宇和島市・八幡浜市・西予市・東温市・松前町・ 鬼北町・松野町・久万高原町・伊方町・砥部町
高知県 高知市・南国市・土佐市・須崎市・宿毛市・四万十市・香南市・奈半利町・安田町・北川村・馬路村・大豊町・いの町・中土佐町・檮原町・日高村・大月町

また四国の中でも地域によっては利用できない地域もあります。

ピカラ光はNTTの光ファイバーを利用しておらず、自社の光ファイバーを利用したサービスです。

その為ピカラ光のエリアマップで利用可能な地域であっても、ピカラ光の光ファイバーが通っていない地域であったり、利用可能な地域でも建物に物理的に引き込みすることが出来ない等様々な理由でピカラ光を契約することが出来ない場合があります。

ドコモ・ソフトバンクのスマホユーザーは損!?

月額料金の安いピカラ光ですが、ドコモやソフトバンクユーザーは残念ながらドコモ光セット割とソフトバンクのおうち割が適用になるスマホと光回線のセットのほうがお得です。

ただし割引が対象となるスマホが1台の場合やスマホのプランで割引が少ない場合にはセットにすると逆に損をしてしまう場合があるので注意が必要です。

スマホと光回線の設置については【スマホと光回線はセット割がお得!通信費はどれだけ安くなる?】を参考にしてね。
《ピカラ光のデメリット》のまとめ

ピカラ光のデメリットで一番なのが四国地区でしか利用できない事。
今後他の地域で利用できるようになるかは期待できません。
また、ドコモやソフトバンクのスマホユーザーは光回線とセットのほうがお得!

ピカラ光とスマートバリューは注意が必要!

私がスマホはauだからピカラ光が一押しでいいんだよね?
確かにスマホと光回線はセットがおすすめなんだけど、ピカラ光はちょっと違うから注意してね。

通常であれば光回線はスマホとセットにするのがおすすめです。

しかしピカラ光の場合少し変わっているので《auスマホ=スマートバリューが安い》には注意しなければいけません。

ピカラ光の料金の特徴として月額料金が利用期間により安くなっていくステップコースと長期割引が無い通常コース、そのほかにフラットコースという3年縛りで利用期間に関係なく月額料金は一律のプランがあります。

このフラットプランがピカラ光の注意しなければいけない点で、auのスマートバリューを適用させるとどのプランを利用していても自動的にこのフラットプランに移行されてしまいます。

スマートバリューを適用させるためには光回線に光電話サービスのオプションを加えるのが適用条件です。

フラットコースの月額が4,900円で光電話が月額500円なので、スマートバリューを適用させるためには月額5,400円を支払わなければいけません。

しかしスマートバリューはプランによっては割引額は500円の場合がります。(プランによっては割引が無い場合もあります)

ステップコース5が一番高額なサービス開始直後でも4,500円なのでフラットコースとの差額が900円、スマートバリューを適用させてしまうと返って400円毎月損をしてしまうことになります。

さらにステップコース5の6年目以降に至っては差額が1,100円となるのでスマホをどのプランにしてもスマートバリューを適用させた方が損をしてしまいます。

そのため、ピカラ光を利用するユーザーがスマートバリューを適用させるのであれば、スマートバリューが適用になるauスマホが2台以上ある必要があります。

スマートバリューについては【スマートバリューの適応条件とセット割について】でさらに詳しく解説しているから参考にしてね。
《ピカラ光とスマートバリューは注意は必要!》のまとめ

何でもかんでもスマートバリューにしてしまうと逆に損するケースもあります。
ポイントは利用しているauスマホが2台以上!

ピカラ光ひかりの評判

ピカラ光には色々なメリットがある割にデメリットが少ない光回線という事はご理解いただけたかと思いますが、気になるのはネット上の評判です。

ここからはピカラ光のネット上の評判をまとめてみました。

ピカラ光の良い評判

先ずはSNS上のピカラ光の評判についてまとめてみました。


通信速度が速いという報告が多くみられます。


また中には上のような速度が遅いという報告もありますが、


このようにルータの変更で改善されたなどの報告もあります。

インターネットの速度は利用者の地域や時間帯で大きく変わりますが、回線速度が著しく遅い場合にはピカラ光のサポートに問い合わせてみるのがいいでしょう。

通信速度が遅いときは(特にWi-Fi)【WiFiが繋がらない!遅い!そんな時の対処方法は?】を参考にしてね。

ピカラ光の悪い評判

逆にピカラ光の悪い評判はどのような書き込みがあるのでしょうか。


営業に関する悪い評判を見つけることが出来ます。

加入者数がそもそも少ないという事もあるかもしれませんが、それにしても悪い評判は少ない光回線と言えます。

《ピカラ光ひかりの評判》のまとめ

利用者がそれほど多くないという点はありますが、それにしてもピカラ光の悪い評判はあまり多くありません。
回線速度も速く快適な光回線と良い報告が目立ちます。

ピカラ光はどこで申し込む?

ピカラ光を申し込むにはインターネットからの申し込みが便利ですが、ネットで検索すると多くの窓口が見つかります。

どの窓口でピカラ光を申し込んでも契約内容は変わりませんので、せっかく申し込むのであれば少しでも条件の良い窓口から申し込んだ方がよいと思ってしまいますがここも注意が必要です。

窓口の中には高額なキャッシュバックを提示してあるけれど不要なオプション契約が条件だったり、キャッシュバックの手続きにとても手間がかかるケースなど最悪キャッシュバックなどの特典が受けられないといったケースもあるようです。

では、ピカラ光を安心してお得に申し込むにはどこで手続きをすればいいのでしょうか?

ピカラ光の代表的な申し込み窓口を比較してみました。

公式サイト フルコミット NEXT
特典 ・電気圧力鍋
・タブレット型PC
・商品券2万円分
以上のいずれか
3万円キャッシュバック 2.5万円キャッシュバック
申請方法 簡単 難しい 簡単
受取時期 開通月の翌月末頃 12か月後 開通月の翌々月

公式サイトのプレゼントは2万円の商品券かもしくは電化製品ですが同等のものが2万円程度で購入できます。

株式会社NEXTからの申し込みの場合には公式サイトよりも5,000円多い25,000円、株式会社フルコミットの申し込みは30,000円と金額だけで見るとフルコミットが一番お得に見えます。

しかし注意しなければいけないのが受取時期です。

公式サイトやNEXTは商品券やキャッシュバックの受取時期が約2か月後なのに対しフルコミットは1年後です。

申請についても公式サイトやNEXTが特に必要ないのに比べフルコミットは申請が複雑です。

申請のメールを見落とし申請を忘れたり遅れたりするとキャッシュバックは受けられなくなるためリスクは少なくありません。

であればキャッシュバックが比較的高額なNEXT経由でピカラ光を申し込むのが一番お得な方法と言えます。

《ピカラ光はどこで申し込む?》のまとめ

おすすめのピカラ光の申し込み方法は株式会社NEXTのサイトから手続きするのがおすすめ。
キャッシュバックの申請も簡単なので申請忘れでもらえないなんてことがありません。
公式サイトのプレゼントも魅力的ですがNEXTのキャッシュバックで好きな物を購入できます

株式会社NEXTの詳細はこちら

ピカラ光のまとめ

ピカラ光は四国地方限定にはなりますが利用者も多く評判の良い光回線です。

ただし、誰でもお得という事ではなく、長期間(5年以上)利用する予定で、家族でauのスマホを2台お使いの方なら四国地区でおすすめの光回線です。

しかしお使いのスマホがドコモやソフトバンクの場合には、スマホと光回線はセットにした方がお得になるケースが多いため十分検討する必要があります。

スマホと光回線をセットにした時の通信費は【スマホと光回線はセット割がお得!通信費はどれだけ安くなる?】を参考にしてね。

また、ネット上ではやめるときに高額という意見も多くみられますが、工事費が実質無料と同じと考えれば他の光回線と変わりません。

四国地区でインターネットを検討しているのであればピカラ光はおすすめできる光回線の1つと言えます。