インターネット回線

スマホと光回線はセット割がお得!通信費はどれだけ安くなる?

スマホをお使いの方なら光回線とのセットでお得になることはほとんどの方が理解していると思います。

ただし中には思っていたセット割以外にも、もっと安くなるセット割引があります。

ここでは改めて本当にお得なスマホと光回線のセットについて解説していきます。

スマホと光回線のセット割引とは

いきなりだけど、スマホってドコモを使ってるんだよね?
そうだよ!
うちは家族4人みんなドコモ!
それなら家の光回線もドコモ光なんだよね?
え?
家のネットは安いっていうからauひかりだよ!?
それってすごく損してるよ!
スマホと光回線はセットにすると割引になるから、一緒にした方が絶対お得!
すぐにでも乗り換えを検討してね!

スマホと光回線のセット割引はご存じでしょうか?

スマホと光回線をセットにすることでスマホや光回線が割引になるサービスです。

ここでは光回線とスマホのセット割引にはどのようなものがあるのか解説していきます。

割引の対象はスマホが割引になるセット割光回線が安くなるセット割と2通りになります。

スマホが割引になるセット割

大手携帯電話会社が提供している割引サービスはすべてこちらで、スマホと光回線をセットにすることで対象となるスマホすべてが割引になります。

割引額はスマホのプランにより変わってきますが、現在契約が可能なプランでは1台につき最大毎月1,000円の割引を受けることが出来ます。

家族が多く同じ会社のスマホを利用しているのであれば、その分割引も多くなるのでお得になります。

スマホが安くなるセット割
ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile・OCNモバイル等

光回線が安くなるセット割

光回線とスマホをセットにすることでスマホではなく光回線が割引になるサービスです。

対象となるのは格安スマホなど適用になることが多いので自分の利用している光回線とセットにできるスマホを知っておくことが重要です。

また光回線が割引になる方は対象となるスマホの数は関係ないので、一人暮らしや家族でスマホの会社がバラバラの場合におすすめのセット割引になります。

光回線が安くなるセット割
DTI SIM・IIJmio・BIGLOBEモバイル・NifMo・UQモバイル

主に格安スマホと呼ばれるものがこのタイプの割引となり割引額も低いのが特徴となります。

《スマホと光回線のセット割とは》のまとめ

セットの割引は主に2パーターン
スマホの料金を割引くパターンと光回線から割引するパターン。
スマホの料金から割り引くほうがお得で大手の携帯電話会社はこの方法

セット割以外の割引に注意

自分で料金を調べてみてもテレビやネットで見る料金にならないんだけどなんでかなぁ
そう思っている人は多いみたいだね。
実は最近のスマホの料金表示は最初から割引が前提で表示されているんだ。
割引が無い人もいるの?
人によってはすべての割引が適用にならないから、よく見る金額にはならないから注意しないとだめだよ

最近のスマホの基本料金は光回線とのセット割の他に家族割引という割引サービスもあります。

家族割引は家族内で同じ会社のスマホを何台使っているかにより割引が受けられるサービスです。

家族割引 ドコモ au ソフトバンク
1台 0円 0円 0円
2台 -500円 -500円 -500円
3台 -1,000円 -1,000円 -1,500円
4台以上 -1,000円 -2,020円 -2,000円

ドコモは3台、auとソフトバンクは4台以上で最大の割引額になりますが2台の場合は3社とも割引額は同額となります。

auとソフトバンクは4台以上で1台につき2,000円の割引なので家族が多ければauやソフトバンクのほうがおすすめです。

《セット割以外の割引に注意》のまとめ

スマホの割引は大きく分けて2つ、セット割引と家族割引。
広告で見る月額料金は割引が最大のケースで表示してあるので誰でも同じ金額になるわけではありません。

ドコモのスマホが安くなるドコモ光セット割

割引額 0円~1,000円
最大割引回線数 最大20台
オプションの加入 不要
対象の光回線 ドコモ光

ドコモのスマホが安くなる光回線は現在ドコモ光の1回線だけです。

重要なのはドコモ光セット割が適用になる条件です。

まずはドコモ光セット割の適用条件から解説していきます。

ドコモ光セット割適用条件

ドコモ光セット割の適用条件はドコモの「ファミリー割引」グループ内でドコモ光の契約者がいることです。

多くの光回線とのセット割は光回線の契約と光電話などのオプション契約が必要ですが、ドコモに関しては光回線の契約のみなのでほとんどの方がセットにすることでお得にスマホと光回線を利用することが出来ます。

ただしデータプランが5Gギガライトもしくはギガライトの場合で利用データ量が1GB未満の場合については割引が無いので注意しないといけません。

またドコモ光はプロバイダを自由に選ぶ事が出来ますが、どのプロバイダを利用してもドコモ光セット割は適用になります。

そのためドコモ光を検討するなら少しでもお得なプロバイダを選ぶのがコツとなります

ドコモ光セット割がいくら安くなる?

ドコモ光セット割の割引額はドコモの加入するプランにより割引金額が以下の表のように変わってきます。

料金プラン セット割引額
5Gギガホ -1,000円
ギガホ -1,000円
5Gギガライト/ギガライト <ステップ4:~7GB> -1,000円
<ステップ3:~5GB> -1,000円
<ステップ2:~3GB> -500円
<ステップ1:~1GB> 0円

一人暮らし(割引対象1台)


ドコモのスマホユーザーが自宅に固定の光回線を契約した際のコストをドコモ光とフレッツ光の場合で比較してみます。

利用条件
ドコモ加入プラン / ギガホプラン(月額6,980円)
ドコモ光加入プラン / ドコモ光ファミリー(月額5,200円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※ドコモ光セット割の割引額は1,000円/台

ドコモ+ドコモ光 ドコモ+フレッツ光
月額 11,180円 12,910円
12ヵ月 134,160円 154,920円
24ヶ月 268,320円 309,840円
差額 41,520円

そもそもフレッツ光は月額料金がドコモ光に比べ高額なのに加え、スマホの料金が毎月1,000円の割引となりますので合わせて月額1,730円お得に利用できることになります。

ドコモ光の契約期間は2年間となっているので2年間でかかる料金の差額は41,520円と高額です。

ドコモのスマホをお使いの方で一人暮らしでしたら、ネット回線はドコモ光が割引がありお得です。

夫婦2人(割引対象2台)


次に夫婦でドコモのスマホユーザーで自宅に光回線を引いた場合のコストを比較してみます。

利用条件
【夫】 ドコモ加入プラン / ギガライトプラン(月額5,980円)
【妻】 ドコモ加入プラン / ギガライトプラン(月額5,980円)
ドコモ光加入プラン / ドコモ光ファミリー(月額5,200円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※ドコモ光セット割の割引額は1,000円/台の毎月2,000円

ドコモ+ドコモ光 ドコモ+フレッツ光
月額 15,160円 17,890円
12ヵ月 181,920円 214,680円
24ヶ月 363,840円 429,360円
差額 65,520円

スマホの割引とフレッツ光とドコモ光の差額730円を加算すると月額2,730円お得に利用できることになります。

ドコモ光の契約期間は2年間となっているので2年間でかかる料金の差額は65,520円となり、ドコモスマホ+ドコモ光の契約がコスパが良いです。

ドコモのギガライトプランは1ヶ月で利用したデータ量で月額料金も割引額も違うので注意は必要。
ただし割引が無いからと言って無理にデータを使う必要はないから安心してね。

夫婦+子供1人(割引対象3台)


次は夫婦と子供が1人の家族構成で自宅に光回線を引いた場合のコストを比較してみます。

利用条件
【夫】 ドコモ加入プラン / ギガライトプラン(月額5,980円)
【妻】 ドコモ加入プラン / ギガライトプラン(月額5,980円)
【子】 ドコモ加入プラン / ギガホプラン(月額6,980円)
ドコモ光加入プラン / ドコモ光ファミリー(月額5,200円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※ドコモ光セット割の割引額は1,000円/台の毎月3,000円

ドコモ+ドコモ光 ドコモ+フレッツ光
月額 21,140円 24,870円
12ヵ月 253,680円 298,440円
24ヶ月 507,360円 596,880円
差額 89,520円

スマホの割引とフレッツ光とドコモ光の差額730円を加算すると月額3,730円お得に利用できることになります。

ドコモ光の契約期間は2年間となっているので2年間でかかる料金の差額は89,520円となるため、ドコモのスマホを契約中の人はドコモ光の方が割引が多くおすすめです。

ドコモのギガライトプランは1ヶ月で利用したデータ量で月額料金も割引額も違うので注意は必要。
ただし割引が無いからと言って無理にデータを使う必要はないから安心してね。

夫婦+子供2人(割引対象4台)


次は夫婦と子供が2人の家族構成で自宅に光回線を引いた場合のコストを比較してみます。

利用条件
【夫】 ドコモ加入プラン / ギガライトプラン(月額5,980円)
【妻】 ドコモ加入プラン / ギガライトプラン(月額5,980円)
【子】 ドコモ加入プラン / ギガホプラン(月額6,980円)
【子】 ドコモ加入プラン / ギガホプラン(月額6,980円)
ドコモ光加入プラン / ドコモ光ファミリー(月額5,200円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※ドコモ光セット割の割引額は1,000円/台の毎月4,000円

ドコモ+ドコモ光 ドコモ+フレッツ光
月額 27,120円 31,850円
12ヵ月 325,440円 382,200円
24ヶ月 650,880円 764,400円
差額 113,520円

スマホの割引とフレッツ光とドコモ光の差額730円を加算すると月額4,730円お得に利用できることになります。

ドコモ光の契約期間は2年間となっているので2年間でかかる料金の差額は113,520円となっており、ドコモスマホの人はドコモ光の選択がベストです。

《ドコモのスマホが安くなる家族割》のまとめ

ドコモの家族割は1台につき0円~最大1,000円の割引が受けられるサービス。
ドコモはオプション契約の必要がないのでギガホもしくはギガライト5GB以上の契約ならセットが絶対お得!

今なら新規工事料無料!
ドコモ光の公式サイトはこちら

auのスマホが安くなるスマートバリュー

割引額 0円~1,000円
最大割引回線数 最大10台
オプションの加入 必要
対象の光回線 auひかり・ビッグローブ光・コミュファ光・eo光

スマートバリューはauのスマホユーザーがスマートバリューに対応した光回線に加入すると利用できる割引サービスです。

スマートバリューの特徴は適用になる光回線が多いことです。

auスマホが対象なのでauひかりはもちろんですが、主要のケーブルテレビやNTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションでも一部のプロバイダでスマートバリューの適用が可能です。

スマートバリューの適用条件

スマートバリューの適用条件は契約するインターネットにより違ってきます。

auひかりや光コラボレーションサービスの場合インターネットの契約と合わせて固定電話の契約が必要になります。

一方ケーブルテレビの場合には2つ以上のサービスを利用すればスマートバリューが適用になります。

ケーブルテレビの場合、ネット・電話・テレビの3つのサービスがあるので、ネットに限らずどれか2つのサービスを利用すればスマートバリューの適用になります。

スマートバリューの割引額

スマートバリューの割引額はauスマホやケータイの加入プランにより以下のように変わります。

料金プラン セット割引額
データMAX 5G ‐1,000円
データMAX 5G Netflixパック ‐1,000円
データMAX 5G ALL STARパック ‐1,000円
データMAX 4G LTE ‐1,000円
データMAX 4G LTE Netflixパック ‐1,000円
ピタットプラン5G
ピタットプラン4G LTE
~1GB 0円
1GB超~7GBまで ‐500円
auピタットプラン 2GBまで ‐500円
2GB超~20GBまで ‐1,000円

現在auスマホで新規契約できるプランは以上のようになります。

ピタットプラン5Gとピタットプラン4G LTEの1GBまでの場合については割引対象外になります。

一人暮らし(割引対象1台)


auのスマホユーザーが自宅に固定の光回線を契約した際のコストをauひかりとフレッツ光の場合で比較してみます。

auのスマホは家族で自分だけの場合となるのでスマートバリューの適用は自分のスマホ1台のみです。

利用条件
au加入プラン / データMAX 4G LTE(月額7,480円)
auひかり光加入プラン / auひかり1G+auひかり電話(月額5,600円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※スマートバリューの割引額は1,000円/台

au+auひかり au+フレッツ光
月額 12,080円 13,410円
12ヵ月 144,960円 160,920円
24ヶ月 289,920円 321,840円
差額 31,920円

auの契約期間は2年間となっているので2年間でかかる料金の差額は31,920円です。

auのスマホの料金は基本料金の設定がドコモより高額の設定となっています。

家族でauのスマホを利用しているのであれば家族割プラスという割引が適用になりますが、一人の場合家族割プラスが適用にならずドコモよりも高額となってしまいます。

スマホの契約が1人の場合にはauよりもドコモのほうがお得となります。

夫婦2人(割引対象2台)


ご夫婦でauスマホを利用しているケースで比較してみます。

スマホのプランはその月によって使わないときもあるのでデータ従量制のピタットプラン4GLTEで比較します。

利用条件
【夫】au加入プラン / ピタットプラン 4G LTE(月額5,980円)
【妻】au加入プラン / ピタットプラン 4G LTE(月額5,980円)
auひかり光加入プラン / auひかり1G+auひかり電話(月額5,600円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※スマートバリューの割引額は500円/台の毎月合計1,000円

au+auひかり au+フレッツ光
月額 15,560円 16,890円
12ヵ月 186,720円 202,680円
24ヶ月 373,440円 405,360円
差額 31,920円

家族2人でauを利用するので家族割プラス(2人以上で1台につき永年-500円割引)が適用になります。

また、スマホのプランは仕事中はあまり利用できないので7GBまでのプランとしています。

そのためスマートバリューの割引額は月額500円となります。

auの契約期間は2年間となっているので2年間でかかる料金の差額は31,920円です。

夫婦でauを利用している方には、auひかりが割引金額も大きく節約できます。

夫婦+子供1人(割引対象3台)


ご夫婦でauスマホを利用しているケースで比較してみます。

スマホのプランはその月によって使わないときもあるのでデータ従量制のピタットプラン4GLTEで比較します。

利用条件
【夫】au加入プラン / ピタットプラン 4G LTE(月額5,980円)
【妻】au加入プラン / ピタットプラン 4G LTE(月額5,980円)
【子】au加入プラン / データMAX 4G LTE(月額7,480円)
auひかり光加入プラン / auひかり1G+auひかり電話(月額5,600円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※スマートバリューの割引額は500円/2台と1,000円/1台の毎月合計2,000円

au+auひかり au+フレッツ光
月額 20,040円 22,370円
12ヵ月 240,480円 268,440円
24ヶ月 480,960円 536,880円
差額 55,920円

家族3人でauを利用するので家族割プラス(3人以上で1台につき永年-1,000円割引)が適用になります。

スマホのプランは夫婦が7GBまでのプランとし、子は利用頻度が高いのでデータMAX4G LTEプランとします。

割引額は夫婦が利用する2台が各々500円、子のスマホが1,000円の合計2,000円の割引となります。

auの契約期間は2年間です。

そのため、2年間でかかる料金の差額は55,920円となっており、フレッツ光よりもauひかりの方がかなりお得と言えます。

夫婦+子供2人(割引対象4台)


ご夫婦でauスマホを利用しているケースで比較してみます。

スマホのプランはその月によって使わないときもあるのでデータ従量制のピタットプラン4GLTEで比較します。

利用条件
【夫】au加入プラン / ピタットプラン 4G LTE(月額5,980円)
【妻】au加入プラン / ピタットプラン 4G LTE(月額5,980円)
【子1】au加入プラン / データMAX 4G LTE(月額7,480円)
【子2】au加入プラン / データMAX 4G LTE(月額7,480円)
auひかり光加入プラン / auひかり1G+auひかり電話(月額5,600円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※スマートバリューの割引額は500円/2台と1,000円/2台の毎月合計3,000円

au+auひかり au+フレッツ光
月額 21,040円 24,770円
12ヵ月 254,480円 297,240円
24ヶ月 504,960円 594,480円
差額 89,520円

家族4人でauを利用するので家族割プラス(4人以上で1台につき永年-2,020円割引)が適用になります。

スマホのプランは夫婦が7GBまでのプランとし、子は利用頻度が高いのでデータMAX4G LTEプランとします。

割引額は夫婦が利用する2台が各々500円、子のスマホが1,000円の割引が2台で合計3,000円の割引となります。

auの契約期間は2年間となっているので2年間でかかる料金の差額は89,520円です。

《auのスマホが安くなるスマートバリュー》のまとめ

auのスマートバリューもドコモ同様1台につき0円~最大1,000円の割引が受けられるサービス。
ただし割引を適用させるためにはオプションの契約が必要です。
対象の割引が1台の場合はenひかり等の組み合わせのほうがお得になるので注意してください。

auスマホを使っている人は結局どのネット回線が良いの?
auひかりがおすすめだよ!

auひかりは、最大52,000円のキャッシュバックも貰えて、auスマートバリューにて携帯電話の通信料も安くなります。

ネットでの申し込みが不安という人も多いと思いますが、申込後はカスタマーセンターより折り返しのお電話が来ます。

そこで、契約内容や疑問点について質問も可能となっております。

最大52,000円のキャッシュバック!
auひかりの公式サイトはこちら

ソフトバンクのスマホが安くなるおうち割り


おうち割り光セットはソフトバンクのスマホが安くなる光回線とのセット割引です。

おうち割り光セットもスマートバリュー同様インターネットだけの契約では割引の対象にならないので場合によってはあまりお得ではないことがあるので注意しないといけません。

おうち割り光セットの適用条件


おうち割光セットの適用条件はソフトバンク光とNUROひかり違いがあります。

NURO光はネット回線の契約に合わせ光電話の契約が必須となりますが、ソフトバンク光の適用条件は少々複雑です。

ソフトバンク光の場合は以下の通りです。

ソフトバンク光ファミリー10G
■ 光BBユニットレンタル
■ Wi-Fiマルチパック
■ ホワイト光電話

ソフトバンク光ファミリー10G以外のプラン
■ 光BBユニットレンタル
■ Wi-Fiマルチパック
■ ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンのいずれか1つ

一見するとオプションだけでかなりの金額になってしまいそうですが上記のオプションはセットにして加入することで費用は月額500円と非常にお得です。

またソフトバンク光は高速通信でもあるIPv6接続の際には必ず光BBユニットが必要となりますので、電話などのオプションを利用しなくても加入したほうがお得となります。

おうち割り光セットの割引額

おうち割り光セットの割引額はソフトバンクスマホの加入プランにより以下のように変わります。

加入プラン セット割引額
メリハリプラン -1,000円
ミニフィットプラン -1,000円

現在加入できるソフトバンクのプランは上記のプランになります。

旧プラン(データ定額プラン)の場合の割引額はそれぞれデータ定額2GB以下は月額-500円、5GB以上は月額-1,000円の割引になります。

新プランのほうがお得なので旧プランの方はプランの見直しをおすすめします。

一人暮らし(割引対象1台)


ソフトバンクのスマホユーザーが自宅に固定の光回線を契約した際のコストをソフトバンク光とフレッツ光の場合で比較してみます。

ソフトバンクのスマホは家族で自分だけの場合となるのでスマートバリューの適用は自分のスマホ1台のみです。

利用条件
ソフトバンク加入プラン / メリハリプラン2GB以上(月額7,480円)
ソフトバンク光加入プラン / ソフトバンク光+ひかり電話(月額5,700円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※おうち割の割引額は1,000円/台

ソフトバンク+ソフトバンク光 ソフトバンク+フレッツ光
月額 12,180円 13,410円
12ヵ月 146,160円 160,920円
24ヶ月 292,320円 321,840円
差額 29,520円

ソフトバンクの契約期間は2年間です。

そのため、2年間でかかる料金の差額は29,520円となっており、SoftBankユーザーでしたらフレッツ光よりもソフトバンク光を契約した方が安くネットをご利用できます。

夫婦2人(割引対象2台)


ご夫婦でソフトバンクスマホを利用しているケースで比較してみます。スマホのプランはその月によって使わないときもあるのでデータ従量制のピタットプラン4GLTEで比較します。

利用条件
【夫】ソフトバンク加入プラン / メリハリプラン(月額7,480円)
【妻】ソフトバンク加入プラン / メリハリプラン(月額7,480円)
ソフトバンク光加入プラン / ソフトバンク光+ひかり電話(月額5,700円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※おうち割光セットの割引額は1,000円/2台の毎月合計2,000円

ソフトバンク+ソフトバンク光 ソフトバンク+フレッツ光
月額 18,660円 20,890円
12ヵ月 223,920円 250,680円
24ヶ月 447,840円 501,360円
差額 53,520円

家族2人でソフトバンクを利用するのでみんな家族割プラス(2人以上で1台につき永年-500円割引)が適用になります。

ソフトバンク光なら2年間で53,520円も安いの!?
そうだよ!おうち割光セットが適用になって、毎月の料金が安くなるよ。

ソフトバンクスマホをお使いの場合、ソフトバンク光を契約すれば「おうち割光セット」を適用できるため、スマホ1台につき最大1,000円/月の割引を受ける事が出来ます。

夫婦+子供1人(割引対象3台)


ご夫婦でソフトバンクのスマホを利用しているケースで比較してみます。

スマホのプランは家族割が適用になるメリハリプランで比較していきます。

利用条件
【夫】ソフトバンク加入プラン / メリハリプラン(月額7,480円)
【妻】ソフトバンク加入プラン / メリハリプラン(月額7,480円)
【子】ソフトバンク加入プラン / メリハリプラン(月額7,480円)
ソフトバンク光加入プラン / ソフトバンク光+ひかり電話(月額5,700円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※おうち割光セットの割引額は1,000円/3台の毎月合計3,000円

ソフトバンク+ソフトバンク光 ソフトバンク+フレッツ光
月額 25,140円 28,370円
12ヵ月 301,680円 340,440円
24ヶ月 603,360円 680,880円
差額 77,520円

家族3人でソフトバンクを利用するので家族割プラス(3人以上で1台につき永年-1,000円割引)が適用になります。

フレッツ光との料金の差額を考えても、ソフトバンクのスマホ+ソフトバンク光は圧倒的に安く利用できます。

夫婦+子供2人(割引対象4台)


ご夫婦でソフトバンクスマホを利用しているケースで比較してみます。

利用条件
【夫】ソフトバンク加入プラン / メリハリプラン(月額7,480円)
【妻】ソフトバンク加入プラン / メリハリプラン(月額7,480円)
【子1】ソフトバンク加入プラン / メリハリプラン(月額7,480円)
【子2】ソフトバンク加入プラン / メリハリプラン(月額7,480円)
ソフトバンク光加入プラン / ソフトバンク光1G+ひかり電話(月額5,600円)
フレッツ光加入プラン / フレッツ光ネクストファミリーギガライン(5,930円)
※おうち割光セットの割引額は1,000円/4台の毎月合計4,000円

ソフトバンク+ソフトバンク光 ソフトバンク+フレッツ光
月額 31,620円 35,850円
12ヵ月 379,440円 430,200円
24ヶ月 758,880円 860,400円
差額 101,520円

家族4人でソフトバンクを利用するので家族割プラス(4人以上で1台につき永年-2,020円割引)が適用になります。

上記の表の通り、家族4人で利用した場合、10万円以上も安く使う事が可能です。

地域が限定されてしまうけど、にNURO光のサービス提供エリアならNURO光のほうがおすすめ!
ソフトバンク光よりも月額料金が安いうえに、おうち割も適用になるからソフトバンクユーザーならNURO光のほうがお得!
NURO光については「NURO光の評判は?エリア・キャンペーンについて元回線営業マンが徹底解説」を確認してね!!
《ソフトバンクのスマホが安くなるおうち割り光セット》のまとめ

ソフトバンクのおうち割りは現在加入できるプランすべてで1,000円の割引が受けられるサービスです。

ソフトバンク光とソフトバンクのスマホを利用すれば、通信料をかなり安くすることができます。

ソフトバンク光の公式サイトはこちら

その他のスマホの場合はどうする?光セット


上記のスマホ以外(RAKUTEN UN-LIMIT等)や格安スマホの場合にはどの光回線を選べばいいのでしょうか?

上記以外のスマホやRakuten UN-LIMITを利用している人はスマホと光回線のセット割引は当然ですが適用になりません。

その場合には月額料金が安い光回線をえらぶのが最もお得です。

中でもenひかりやexcite MEC光は光回線の中でも低価格なので格安スマホなどを利用している人にはおすすめの光回線です。

光回線 月額料金
enひかり 4,480円 詳細はこちら
excite MEC光 4,500円 詳細はこちら

ドコモ光が5,200円なのでenひかりと比較すると毎月720円安くなることになります。

さらにスマホの料金が安くなるので、ドコモやau、ソフトバンクのユーザー以外ならば月額料金の安い光回線が最もお得です。

重要】au・ソフトバンクは1台ならセット割は損!


auとソフトバンクはセット割の条件としてオプションの契約が必要ですがプランによっては1台だけの契約の場合おすすめできません。

大きな理由としてauとソフトバンクはセット割引を受けるために光電話などのオプションに加入しなければいけないからです。

どちらも月額500円相当のオプションの加入が必須となるので必要なければ無駄な出費となってしまいます

例えばauの場合の例ですが、スマートバリューの適用条件として光電話の加入が必須となります。

スマートバリューの対象が1人の時の月額料金とauスマホとenひかりの組み合わせで料金を比較してみます。

au+enひかり au+auひかり
スマホ料金 7,480円 7,480円
光回線料金 4,480円 5,600円
割引 0円 ‐1,000円
合計 11,960円 12,080円

上記のような合計金額となり、電話がいらなければスマートバリューが無くてもauスマホ+enひかりのほうがわずかですが安くなります。

auとソフトバンクユーザーでセット割引の対象が1台なら月額料金の安いenひかりやexcite MEC光を選んだほうがお得になります。

ドコモの場合セット割引の適用条件にオプション契約の必要が無いから、1台でもドコモのスマホを使っているならドコモのスマホとドコモ光のセットがお得になるよ。

ただしドコモでセット割引が500円のギガライト3GB以下の場合はお得にならないから注意してね!

スマホと光回線のセット一覧


ここまではスマホに合わせて光回線を説明してきましたが、光回線は工事が伴うために乗り換えは簡単にできません。

そこでここからは今お使いの光回線とセットにすると安いスマホをご紹介していきます。

光回線を変えることが出来ないけれど料金をしっかりと見直したいという人は是非参考にしてください。

セット割引が可能な組み合わせ一覧

回線名 割引対象スマホ 割引額
ドコモ ドコモ光 最大‐1,100円/台
au auひかり・その他※1 最大‐1,100円/台
ソフトバンク ソフトバンク光・NURO光 最大‐1,000円/台
Y!mobile ソフトバンク光 最大‐1,000円/台
UQモバイル enひかり 光回線から‐100円
BIGLOBEモバイル ビッグローブ光 光回線から‐300円
OCNモバイル OCN光 -200円/台
mineo eo光 光回線から1年間‐2,000円
以降‐447円
DTI SIM DTI光 光回線から-150円
IIJmio IIJmio光 光回線から-600円

※1 auひかりちゅら・コミュファ光・eo光・Pikara・MEGA EGG・BBIQ・ひかりJ・ビッグローブ光・エディオンネット・So-net光・Tcomヒカリ・@nifty光・JCOMなどケーブルテレビ各社

auについてはKDDIの系列会社でスマートバリューが利用できるので適用になる光回線は多くあります。

格安スマホは基本料金が安いため主に光回線の料金から割引をすることが多く、複数台契約があっても割引額は変わりません。

ドコモ・au・ソフトバンク コスト比較


スマホと光回線のセットがどれほど節約になるかはご理解いただけたかと思います。

では、大手携帯電話会社のドコモ・au・ソフトバンクでは実際にどのくらいコストに差があるのでしょうか?

現在日本の平均的な世帯人数が約2.5人となっているので、3人と仮定して1年間で発生する通信費を比較してみます。

1年間のコスト
ドコモ 253,680円
au 240,480円
ソフトバンク 301,680円

ただし、ここで比較しているスマホのプランは会社により基本料金が違いますので、自分で加入しているプランを確認して比較してください。

3社の中で年間にかかる通信費が一番安いのがauスマホ+auひかりの組み合わせとなります。

まとめ

スマホの料金は光回線とセットが基本的にお得です。ただし以下の2点については慎重に検討する必要があるので契約の際には十分注意が必要となります。

■ セット割引の対象が1台の場合ドコモの組み合わせ以外はセットにするよりもenひかり等の安い光回線のほうがお得になることがある。

■ セット割引だけではなく家族割引もコストに大きく影響するので、基本は家族で会社を揃えるのがおすすめです。

以上2点を抑えておけば通信費の節約に必ず繋がります。

基本的な点は各社共通していますので損をしないよう適切な組み合わせを見つけるのが重要です。