ポケットWiFi

気をつけて!「限界突破WiFi」のデメリットと評判を調査!料金の比較も有り

エックスモバイルが無制限にネットが使える「限界突破WiFi」を2019年10月10日に販売を開始しました。

ネットが無制限、海外でも使えるという事から話題になっていますが、本当に「限界突破WiFi」はおすすめできるのか徹底調査していきます。

購入前にぜひ読んでいただき、メリット・デメリット・ネット上の評判をシッカリと理解したうえで契約するかしないかを決めていただきたいです。

限界突破WiFiとは

限界突破WiFiとは「通信容量の限界」「海外旅行レンタルWi-Fiの限界」「モバイルWi-Fiの限界」「料金の限界」「通信エリアの限界」の5つを限界突破します。

  • 通信容量の限界突破⇒無制限にネットが利用可能!1日中動画視聴も可
  • 海外旅行レンタルWi-Fiの限界突破⇒限界WiFiなら世界100ヵ国以上でもWiFiが利用可能
  • モバイルWi-Fiの限界突破⇒WiFiなのに地図や翻訳アプリが利用可能
  • 料金の限界突破⇒端末代0円の月額3,500円
  • 通信エリアの限界突破⇒Softbank、docomo、auの3キャリアの回線を利用できる

利用者にとっては夢のようなポケットWiFiとなっております。

運営会社について

運営会社はエックスモバイル株式会社です。

エックスモバイル株式会社は、格安SIM・スマホでの販売で急成長を上げている会社です。

全国に80店舗のスマホショップが有ることからも有名です。

エックスモバイルは格安携帯の中では有名な企業だよ。決して怪しい運営会社ではないよ!

エックスモバイルの会社ホームページ:https://xmobile.ne.jp/

料金について

限界突破WiFiの料金はシンプルな料金体系となっています。

初期費用 0円
月額料金 3,500円
X-mobile端末補償 500円

※端末補償の加入の可否は選ぶことができます。

上記の料金表の通り月額3,500円と格安で無制限のポケットWiFiが利用できます。

初期費用が0円というのも魅力的で、料金面で考えれば安く使えるポケットWiFiです。

限界突破WiFiの公式サイトはこちら

実際に使ってみてわかったのですが「限界突破WiFi」は、他の無制限WiFiよりも、接続が不安定になる(ネットに繋がらなくなる)ことがあります。再起動すれば直りますが、再起動にも数分かかるので少し手間です。

下記のページで無制限WiFiの実機比較(速度・起動時間など)を行っておりますので参考にしてください。

全部の無制限WiFiを契約して試したよ!
【これが真実】無制限のポケットWiFi5社の比較~料金・速度・評判~無制限WiFiと言えば「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」等の5社が有名です。 どれも同じ無制限だから、どこと契約をしたら...

限界突破WiFiのデメリット

限界突破WiFiにもデメリットは有ります。

デメリットは必ず知っておいてくださいね!

1.端末(モバイルルーター)はちょっと不安

限界突破WiFiで利用されている端末は「jetfon P6」のOEM製品です。

まずは、スペックを見ていきます。

重量 162g
サイズ 152.9×74.2×8.5mm
液晶サイズ 5.7型
連続使用可能時間 15時間
最大通信速度 下り150Mbps/上り50Mbps
バッテリー容量 3,400mAh
同時接続台数 8台(2019年10月時点は5台)

※同時接続台数は8台と記載がありますが、実際使ってみると5台しか接続できませんでした。今後アップデートで改良予定のようですが、現時点での同時接続台数は5台です。

スペックを見る限り、下り最大150Mbpsの上り最大50Mbpsと同じ無制限WiFiで使われている「U2s」端末と同じスペックです。

しかし、ネット上の評判は、いまいちです。

実際使ってないので本当のところはわからないですが、
スマホとして作られているものなので、ルーターとして使うなら常にデータ通信してしまうことによるバッテリーの寿命の心配や、使っている最中にフリーズ、シャットダウンするとかが予想されるので期待できないと書きました。
価格ドットコムの口コミより
https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000030336/#tab

口コミでも記載してありますが、「jetfon p6」はスマホとして作られています。

それを常にモバイルルーターとして使用した場合、何かしらの問題(バッテリーの減りが早い等)が起こる可能性があります。

画面が液晶という事で、落下した時に画面が割れるというのも怖いね。

他のサイトの口コミでは、端末の発熱がひどいと記載がありました。
端末到着後から使い続けていますが、端末が熱くなるという事は今のところありません。

2.3キャリアの回線使えるけど・・・

限界突破WiFiの公式サイトでは、「ドコモ・au・ソフトバンク回線のトリプルキャリア対応でどこでも使える」と記載がありますが、

どんなときもWiFiと同じサービスと考えると、8割~9割はソフトバンク回線となります。

auしか繋がらないエリアで利用すると、最悪の場合電波が入らないという事も起こりますので注意してください。

限界突破WiFiは「ソフトバンクのエリア」が利用可能と思って契約した方が間違いありません。

ソフトバンクのエリアマップ:https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/

どんなときもWiFiも3キャリアの最適な回線が使われると言ってたけど、実際使ってみたら殆どがソフトバンク回線だったよ!

3.サービス開始したばかりで不安

限界突破WiFiがサービスを開始したのは2019年10月10日~です。

サービス開始して直ぐの事もあり、ネット上には口コミ・評判が少ないです。

わざわざ評判が少ない新しいWiFiサービスにいくよりも、同じサービス(無制限にWiFi)で既に高評価の「どんなときもWiFi」を選んだほうが良いという意見も多いです。

どんなときもWiFiと、限界突破WiFiは料金はほぼ変わりません。

危険!『どんなときもWiFi』でポケットWiFiを使う際の落とし穴 ~評判・レビューもチェック~2019年3月より無制限にWiFiが使える「どんなときもWiFi」がサービスを開始して半年ですが、ポケットWiFiの中で大人気となってい...

4.端末補償の金額高い

端末補償は毎月500円です。

端末補償有と無しの費用を比較すると、

月額料金 故障した際の端末代
端末補償有 500円 0円 ※2回まで可
端末補償無 0円 18,000円

上記の表の通り、端末補償を契約期間の2年間払い続けると500円×24ヶ月で12,000円の費用がかかります。

12,000円が無料になるのは嬉しいのですが、故障しなかったら12,000円無駄な出費になってしまうので、回線Boyとしては入らなくて良いと思っています。
※加入の可否については自己責任でお願いします。

よくスマホの画面を壊すという人は、加入しても良いね。 毎月500円の出費は意外と高いからあまりおすすめしてないよ!

なお、端末補償の補償対象は、

  • 基盤
  • 画面
  • カバー
  • フロントカメラ
  • バックカメラ

となっております。

盗難・紛失は保証対象外となりますので気をつけてください。

5.即日・翌日発送ではない

限界突破WiFiは発送が遅いです。

2019年10月16日にサポートに確認してみましたが、端末の発送は申込をしてから3日~8日前後と言われました。
※現在込み合っているようで、発送が遅れていると言ってました。

「どんなときもWiFi」や「GMOとくとくBB WiMAX」の即日または翌日発送を考えると限界突破WiFiの3日~8日前後に発送というのは遅いですね。

ポケットWiFiにしては、届くまで時間かかるからもう少し発送までの日数を改善してほしいね

限界突破WiFiの評判・口コミについて


電話が繋がらないという口コミは私も同意できます。

限界突破WiFiへお問い合わせの電話をかけましたが、なかなか繋がりません

しかも、何回も音声ガイダンスに戻されます。

繋がらない場合は、電話を一度切ってかけなおすと繋がる場合もあるようです。

諦めて最後にもう一度電話しようと思って電話したら繋がったよ。

サービス開始して直ぐという事もあり、恐らく人員不足でお問合わせの対応が間に合ってないかと思われます。


口コミでは、下り20Mbps・上り20Mbpsと高速通信できてるのがわかります。

この速度が無制限で使えると思うと嬉しいですね。


どんなときもWiFiと限界突破Wi-Fiで悩む人が増えているようですね。

どちらも無制限WiFiという事で魅力的なポケットWiFiであることは間違いないですね。


エックスモバイルの販売店では数日で100台の在庫がなくなったそうです。

月額料金が3,500円で使えるため、携帯料金を抑えて、限界突破Wi-Fiを持つ人が増えそうだね!

限界突破WiFiはサービス開始したばかりのため、口コミ・評判は少ないので随時追加していきます。

限界突破WiFiのレビュー

10月14日に申込をしました。

注意点としては、限界突破WiFiは申込時に本人確認書類(免許証・パスポート等)の提出が必要です。

申し込みが完了すると下記のメールが届きます。

メール内容としては、申込完了と決済金額が記載されています。

限界突破WiFiは初期費用が取られないので初めから安く使う事(月額3,500円)ができます。

本人確認書類の審査の関係上、発送まで3日前後かかると記載がありました。

直ぐに端末が欲しい人は、店頭で購入するのも有りですね。

エックスモバイルの店舗一覧:https://xmobile.ne.jp/shop/

端末が届きました(限界突破WiFiレビュー)


10月20日に端末が届きました。

10月14日に申込をしましたので、届くまで6日かかりました

どんなときもWiFiの即日発送と比較すると遅いですね。

しかも、今回は本人確認書類の提出が問題なかったから良いのですが、本人確認書類で引っかかった場合はもっと日数がかかってしまいます

急ぎで無制限WiFiが欲しいという人は「どんなときもWiFi」がおすすめだよ。

限界突破WiFiを開封してみる!


早速開封すると、中に入っていたのは、

  • 限界突破WiFiのモバイルルーター
  • USBケーブル(TYPE-C)
  • 電源コネクタ
  • 取り扱い説明書
  • 保証書(1年保証)
  • その他書類

となっており、1年のメーカー保証がついていますので、自然故障であれば無償で修理が可能です。

SIMの抜き差しに使うピンが入っていますが、限界突破WiFiはクラウドSIMのため、自分で抜き差しすることはありませんので、このピンは特に使いません。

速度は速い?早速計測してみました!


下り35Mbpsの上り6Mbpsと動画視聴程度であれば、快適に使える速度となっています。

どんなときもWiFiと速度を比較してみましたが、同じ回線を使っているため、ほぼ同じ速度でした。

「どんなときもWiFi」と「限界突破WiFi」どちらが速いか比較するのは不毛だね。どちらも同じ回線を使ってるから違いはほぼ無いよ。

実際に一週間利用した感想としては「どんなときもWiFi」よりも少し電波が途切れるときがある。
※原因は不明です。「限界突破WiFi」側のWiFiのON/OFFをし直すことで改善しまsう。

App StoreやGoogle Playストアに繋がらない!?

限界突破WiFiは大容量通信を避けるため、データ容量の節約モードがONになっている場合があります。

節約モードがONの時は、App StoreやGoogle Playストアに接続ができない可能性がありますので注意してください。
※デフォルトではOFFになっているはずです。

解除方法ですが、【設定】画面を開いて【データ容量の節約】をタップしてください。

その先でON/OFFが可能です。

「トラフィック保護をオンにする」と記載がある場合は「節約モード」という、大容量通信を避けるためのモードになっております。

これは、App StoreやGoogle Playストアに接続ができません。

そのため、上記画像の赤丸内の緑バーをタップすることで「節約モードOFF」にすることができます。

「トラフィック保護を無効にする」と記載があれば、節約モードOFFになりました。

iPhoneでAppストアに繋がらない!と思ったら試してみてね!

限界突破WiFiは世界でも使える!

限界突破Wi-Fiのメリットの一つでもありますが、国内に限らず世界107ヵ国で利用可能です。

しかも料金が安く使えます!

例えば、アジアの「中国」「香港」「台湾」「韓国」「マレーシア」「ベトナム」「イドネシア」「タイ」では、

  • 1日300MB:380円
  • 7日1GB:980円
  • 30日3GB:1,880円

上記の料金で利用可能です。

他にもアメリカ(ハワイ・アラスカ含む)・カナダ・メキシコは、

  • 1日300MB:580円
  • 7日1GB:1,480円
  • 30日3GB:2,980円

となっており、イモトのWiFiやGLOBAL WiFiといった海外用レンタルWiFiよりも安く利用ができます。

詳細の料金は「限界突破WiFi」をご確認ください。

クラウドSIMを使用してるから、SIMを挿入する必要がないよ!ネットワークで自動的にSIMが切り替えられるよ!

限界突破WiFiとどんなときもWiFiの比較

限界突破WiFiとほぼ同じサービスのどんなときもWiFiとの比較です。

どんなときもWiFiは2019年3月からサービスを開始して、既にテレビCMも流しており、限界突破WiFiよりも実績はあります。

当サイトからも多くの人が申し込みをしております。

そんな「どんなときもWiFi」と「限界突破WiFi」の料金を徹底比較していきます。

限界突破WiFi どんなときもWiFi
契約事務手数料 0円 3,000円
月額料金 3,500円 3,480円
端末の返却の有
契約期間 2年間 2年間
契約解除料 1~24ヶ月目 18,000円
3年目以降 5,000円
更新月 0円
1~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円
更新月 25,26,27ヶ月目 25ヶ月目
通信量 無制限 無制限

比較表を見ての通り「限界突破WiFi」の方がメリットは多いです。

特に特徴的なのが、

  • 初期費用(契約事務手数料)0円
  • 端末返却なし
  • 更新月は3か月

となっております。

どんなときもWiFiは端末返却が必須で、故障させてしまった場合には弁済金が必要ですが、限界突破WiFiは返却の必要がないので、端末を壊してしまったり液晶にヒビを入れてしまっても大丈夫です。

メリットを考えると限界突破WiFiがおすすめと思いますね。

但し、今までの実績を考えると「どんなときもWiFi」は評価が高いです。

不具合やトラブルが起きても直ぐに対応しているのは嬉しいサービスです。
※どんなときもWiFiは9月に通信障害がありましたが、直ぐに復旧しております。

総合的に考えると始まったばかりのサービス「限界突破WiFi」よりも安定してサービスを提供している「どんなときもWiFi」の方がおすすめです。

何かあった時の対応は「どんなときもWiFi」は凄い良いよ!以前の通信障害の時も、直ぐに対応して、返金対応まで行ってたよ!

どんなときもWiFiの公式サイトはこちら

限界突破WiFiのQ&A

SIMを挿入してないのに何でネットが使えるんですか?

限界突破WiFiはクラウドSIMを採用しているため、SIMを挿入しなくても自動でネットワークに接続することができます。

電波の入りが悪いと言う時は、端末を再起動する事で、回線が良くなる場合もあります。

速度が急激に遅くなりました。速度制限ですか?

端末を再起動する事で速度が改善される場合があります。
速度が1Mbps以下で遅いと感じた場合は、端末の再起動を試してください。

「どんなときもWiFi」と「限界突破WiFi」どちらを契約するか悩んでいます。

料金を安く済ませるなら「限界突破WiFi」
実績があり、信頼できるのは「どんなときもWiFi」です。
「限界突破WiFi」はクレジットカード払いのみですが、どんなときもWiFiは口座振替にも対応しています。

解約方法について教えてください

限界突破WiFiの解約は、毎月25日の18時30分までにサポートに連絡を入れる必要があります。
※上記の日時を過ぎてしまうと翌月扱いです。
解約の連絡方法ですが、「faq@mosimosiix.jp」に契約者情報を記入の上、解約の旨を伝えれば大丈夫です。
※端末の返却の必要はありません。

限界突破WiFiのお問合わせ先は?

カスタマーサポートの電話番号は「050-1745-7355」です。
年中無休の10時~19時となっております。

支払い方法は口座振替にも対応していますか?

インターネットからの申込はクレジットカード払いのみとなっております。

但し、X-mobileの店頭からの申込は口座振替にも対応していますので、お近くの店舗にご確認ください。

限界突破WiFiのまとめ

限界突破Wi-Fiのまとめ
  • 初期費用が0円のため「どんなときもWiFi」よりも安く利用ができる
  • 端末は返却不要のため、ヒビや故障してても弁済金は請求されない
  • 無制限に使えるため、一日中動画を見たいという人にもおすすめ
  • 契約期間は2年間あるので、短期間の利用はおすすめできない(2年以内の解約は18,000円)
  • 端末(jetfon P6のOEM)に少し不安がある

限界突破WiFiについて、メリット・デメリットから評判・実際のレビューについて紹介しました。

評判は今のところ少ないですが、サービス内容からして「無制限WiFi」と思って使用して大丈夫です。

2年間使う自信のある人は「限界突破WiFi」も有りですが、2年間使うかわからないという人は、解約金が高いので注意してください。

初期費用かからず、月額3,500円で無制限に使えるWiFiは魅力的だね!

限界突破WiFiの公式サイトはこちら

半年や1年間しか使わないという人は、1日2GBの速度制限はありますが「縛りなしWiFi」もおすすめです。