ポケットWiFi

【比較保存版】WiMAX安いのはどこ?おすすめのワイマックス最安値は1社のみ

WiMAXの安いプロバイダを探している人多いと思います。

ネット上には多くの情報が出回りすぎてて、どれが本当で、どれが嘘かわかりづらくなっています。

このページでは、「料金」を中心にWiMAXを比較していきます。

格安のWiMAXは、たった1社しかありませんので気をつけてください。

このページでは、総額表示の義務付けにより、価格は全て税込での表記になっております。

WiMAXについて

WiMAXは、3日で10GBの制限があると言われていますが、詳しい制限内容を知っている人は少ないです。

料金比較を行う前に、まずはWiMAXについてを解説していきます。

WiMAXってUQ WiMAXが販売しているサービスだと思ったけど、GMOやBroad WiMAX等たくさんのプロバイダから販売されているよね?
そうだね。料金プランを変えて、UQ WiMAXよりも安く使えるようにしているよ!サービス内容自体はUQと同じだよ!

WiMAXの速度制限を完璧にしっておこう!

WiMAXを使っていて速度制限になる理由は大きく分けて2つあります。

  1. 直近3日間で10GBを超えた場合
  2. ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)を利用して月7GBを超えた場合

これら2つを抑えておけば、速度制限に悩まされることはありません。
※5Gプランの場合は3日で15GB、ハイスピードプラスエリアモード月15GBです。

直近3日間で10GBを超えた場合

WiMAXは直近の3日間での通信量が10GBを超えると、翌日の18時~2時が速度制限の時間帯となり、速度は概ね1Mbps程度になります。

ここでのポイントとしては、

  • 3日で10GBを超えた翌日速度制限
  • 制限時間帯は18時~2時のみ(それ以外の時間帯は通常通り利用可能)
  • 速度は1Mbps(ギリギリYOUTUBEの動画も視聴可能)

となっております。

制限時の速度の1Mbpsってどうなの?
他のポケットWiFiと比較すると早い方だよ!

他のポケットWiFiの場合、速度制限になると128Kbps以下になる事が多いため、まったく使い物になりません。

しかし、WiMAXの場合は、速度制限になっても速度は1Mbps前後となっており、ネットサーフィン・Twitter・instagram・Youtube等、ギリギリ使える速度となっております。

また、速度制限の時間帯も18時~2時となっており、それ以外の時間帯(2時から18時まで)は通常通りの高速通信が利用可能です。

速度制限解除はいつされるの?
直近3日間で10GBを下回った翌日だよ!

ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)を利用して月7GBを超えた場合

意外と知らない人が多いのが、ハイスピードプラスエリアモードにて月7GBを超えると速度制限になる事です。

ハイスピードプラスエリアモードって何?

WiMAXには、

  • ハイスピードモード(WiMAX2+)
  • ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)

の2つの回線を利用することができます。

デフォルトでは「ハイスピードモード」が選択されていますので、月7GBの制限は気にしないで大丈夫ですが、電波が悪いからという理由などで「ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)」を利用する場合は注意が必要です。

このモードでは、au 4G LTEの電波を利用するため、WiMAXの電波よりも広いエリアにてご利用が可能です。

しかし、この電波利用時は月7GB迄しか高速通信が利用できません

ハイスピードプラスエリアモードを利用して月7GBを超えてしまうと、「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」のどちらのモードでも、速度制限となり速度は128Kbps以下になります。

この制限になってしまうと速度制限が解除されるのは翌月となりますので、気をつけてください。

ハイスピードプラスエリアモードは、地下鉄や山岳部地帯でも役に立ちますが、利用する通信量が月7GBを超えないように気をつけてください。
7GBを超えそうでしたら、超える前に必ずハイスピードモードに切り替える事をおすすめしています。

参考:https://www.uqwimax.jp/wimax/plan/note/2plus_gigahodai_speedlimit/

WiMAXの速度制限について理解して頂いたと思いますので、ここからはWiMAXの料金比較について解説していきます。

何故?料金で比較するの?

WiMAXは何故料金で比較をするかというと、サービス内容自体はほぼ違いがありません

そのため比較ポイントとしては、

  • 月額料金の比較
  • 3年間の合計費用の比較
  • 端末代の比較

※端末代は「UQ WiMAX」「Biglobe WiMAX」を除けば、無料の所が9割以上です。

3つのポイントが重要となっております。

キャッシュバック額では比較しないの?
そうだね。このページではあくまでも料金が安く使えるWiMAXだから、キャッシュバック額は比較対象外だよ!

※キャッシュバックは受け取り手続きを忘れてしまうと貰えないというデメリットもあります。

WiMAXの料金比較、安いWiMAXを探そう!

ここからは、料金等を比較していきます。

比較するときに大事なのは、3年間の合計費用です。

何故なら最初の1、2ヶ月だけ料金を安くして、「WiMAX最安級」と偽っている業者もいますので注意が必要です。

なんで3年間なの?
WiMAXは3年契約だから、3年間の合計費用が重要だよ!

※3年以内での解約は、解約金がかかります。(解約金はプロバイダによって金額が違います)

WiMAX選びのポイントとしては、量販店や電気屋さんでWiMAX端末は購入しない方が良いです。
理由としては、料金が高いです。
現地では営業マンの人に安いからおすすめ!といわれるかもしれませんが、ネット経由の方が料金が安く使う事ができます

月額料金の比較

WiMAXで有名な6社の料金を比較しました。

全てWiMAXの月間無制限のギガ放題プランの料金です。
※ギガ放題プランは月間の通信制限はありませんが、直近3日間で10GBを超えた場合、翌日の18時~2時まで速度が1Mbps前後まで遅くなる速度制限になります。

月額料金 3年間の合計費用
UQ WiMAX 4,268円 153,648円
Biglobe WiMAX 1~3ヶ月目 3,278円
4ヶ月目以降 4,378円
154,308円
Sonet WiMAX 1~12ヶ月目 3,718円
13ヶ月目以降 4,816円
160,221円
カシモWiMAX 1~36ヶ月目 3,971円
※初月1,518円
142,956円
Broad WiMAX 1~2ヶ月目 2,998円
3~24ヶ月目 3,752円
25ヶ月目以降 4,412円
141,488円
GMOとくとくBB
(月額割引プラン)
1~2ヶ月目 2,849円
3~24ヶ月目 3,678円
25ヶ月目以降 4,689円
142,882円
EXWiMAX 1~2ヶ月目:1,493円
4~24ヶ月目:4,045円
25ヶ月目以降:4,507円
146,088円

上記の表の通り、料金が高いのは「So-net WiMAX」の3年間で160,221円です。

料金が安いのはGMOとくとくBB(月額割引プラン)の141,488円です。

この2社を比較すると3年間で約18,000円の違いがありますので、かなり大きい違いです。

ネットの情報だと「カシモWiMAX」がWiMAX最安級って聞いたけど・・・
安さで言えばGMOとくとくBB(月額割引プラン)だよ。でも、そこまで大きく料金が変わらないのも事実だよ。
そうなんだ!じゃあ好きな方と契約すれば良いかな?

実はGMOとくとくBBのWiMAXは月額料金が安いうえにキャッシュバックが6,000円貰えます。

そのため、トータルコストで考えるとカシモWiMAXよりも、GMOとくとくBBが最安という事になります。

回線BoyのおすすめのWiMAXは「GMO」だよ!

結論:激安のWiMAXは「GMOとくとくBB WiMAX(月額割引プラン)」


WiMAXの料金比較でも記載した通り、一番安いWiMAXは「GMOとくとくBB WiMAX(月額割引プラン)」です。

GMOのWiMAXと聞くと「高額キャッシュバック」を思い浮かべる人が多いですが、実は「GMOとくとくBB」には、

  • 高額キャッシュバックプラン
  • 月額料金が安い、月額割引プラン

2つのプランが用意されています。

キャッシュバックは受け取り忘れもありますので、キャッシュバックを削った分月額料金が安くなった「月額割引プラン」がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX「月額割引プラン」

GMOとくとくBB WiMAX(月額割引プラン)

GMOとくとくBBのWiMAXは、月額料金が安い以外にもメリットがたくさんあります。

  • 本体端末無料
  • 20日以内キャンセル可能
  • 端末、最短即日発送
  • 「auスマートバリューmine」及び「ギガMAX月割」対応
  • キャンペーン中のため6,000円のキャッシュバック

となっており、他のWiMAXと比較しても、料金以外の面でもおすすめできます。

特徴についてひとつずつ確認していきます。

本体端末無料について

最新端末の「WX06」「W06」はUQ WiMAXのオンラインストアで購入した場合「15,000円」の費用がかかります。

しかし、GMOとくとくBBなら本体代0円です。

端末の取り揃えも多くなっており、

  • WX06
  • W06

好きな端末を選ぶことができます。

WiMAXの料金が格安なうえに、本体代無料は嬉しいですね。

20日以内キャンセル可能について

WiMAXは電波を使用したサービスのため、エリアによってはどうしても、電波が弱かったりする場所があります。

実際に契約して、速度が遅すぎたり、電波が入らないという事態が起きたら困りますよね。

そういう人におすすめなのが「20日以内キャンセル」です。

GMOとくとくBBでは、公式サイトの「ピンポイント判定」で「〇」が出ているにもかかわらず、速度に満足いただけない場合は、申し込みから20日以内であれば解約違約金無料でキャンセルができます。

WiMAXを初めて契約するという人も安心だね。

端末、最短即日発送

GMOとくとくBBなら下記時間帯までに申し込みを完了すれば即日発送してくれます。

  • 平日15時30分まで
  • 土・日・祝日14時まで

他のWiMAXの場合、当日発送していなかったり、土・日・祝日は発送が休みだったりしますが、「GMOのとくとくBB」は平日でも、土日祝日でも発送してくれます。

光回線のような「開通工事」はないの?
ないよ!WiMAXは端末が届いたらスグにネットに接続できるよ!

「auスマートバリューmine」及び「ギガMAX月割」対応

この特徴は、

  • auスマホユーザー
  • UQ mobileユーザー

上記のユーザーの方のみの限定割引となりますので、それ以外のひとは読まずに飛ばしても大丈夫です。

auスマートバリューmineについて

auスマホユーザーのスマホ月額が1,100円安くなるauスマートバリューmine」に対応しています。
※GMOは対応していますが、カシモWiMAXは対応しておりません。

とくとくBBのWiMAXがお手元に届きましたら、「auショップ」もしくは「KDDIお客様センター(『一般電話』0077-7-111 or 『au携帯からの場合』157)へご連絡ください。

auスマホの料金が毎月最大1,000円安くなるのは、かなり大きいので、忘れずに「auスマートバリューmine」を適用してくださいね。

ギガMAX月割について

ギガMAX月割は、UQ mobileユーザーの人がWiMAXを契約すると適用することが可能です。

ギガMAX月割が適用されればUQ mobileの料金毎月300円安くなります

お得なサービスとなっているため、UQ mobileの人は申請し忘れないように注意してください。

申請方法は、「UQ mobile」の会員ページより可能です。

キャンペーン中のため6,000円のキャッシュバック

最安値のWiMAXの「GMOとくとくBB」はキャンペーン中のため「6,000円」のキャッシュバックが貰えます。

これほど、お得にWiMAXを契約できるところはありません。

6,000円キャッシュバックはキャンペーン中だけだよ!

GMOとくとくBB WiMAXにはデメリットはないの?

GMOとくとくBB WiMAXには大きなデメリットはありません。

料金が安いのは事実ですし、端末代0円というのも事実です。

月額料金(1~2ヶ月目) 2,849円
月額料金(3~24ヶ月目) 3,678円
月額料金(25ヶ月目以降) 4,689円
最大速度 下り1.2Gbps/上り75Mbps
通信制限 3日で10GB迄(月間制限無し)
契約期間 3年間
キャッシュバック 6,000円

2021年9月は6,000円のキャッシュバック付
GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトはこちら

WiMAXの短期契約で安いのは?


GMOとくとくBBのWiMAXは3年契約となっており、半年や1年で解約した場合は解約違約金が請求されます。

3年契約はちょっと長いと思っている人多いと思います。

そこで1年位の短期契約のWiMAXを見ていきます。

短期契約ができるWiMAXで有名どころは、

  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

上記の2社になります。

この2社の料金・サービス内容を比較していきます。

月額料金 契約期間 端末代
BIGLOBE WIMAX 1~3ヶ月目 月額3,278円
4ヶ月目以降 4,378円
1年契約 21,120円
UQ WiMAX 3,880円 2年契約 15,000円

ちょっと、上記の表だとどちらが得かわかりづらいので、「半年」「1年」「2年」使った場合の総額を出していきます。

半年 1年 2年
BIGLOBE WiMAX 44,088円 70,356円 122,892円
UQ WiMAX 42,108円 67,716円 118,932円

※上記の料金には端末代が含まれています。

比較表をみるとわかるのですが「UQ WiMAX」の方が安いです。

しかし、「BIGLOBE WiMAX」はサービス開始翌月に7,000円のキャッシュバックが貰えます。

キャッシュバックを考えると「UQ WiMAX」よりも「BIGLOBE WiMAX」の方がトータルでコスパがよくなります。

2年以内の契約の場合は「BILOBE WiMAX」がおすすめです。

半年とかで解約したら契約解除料かからないの?
契約期間中の解約でも解約違約金は1,100円しか請求されないよ!
えー!安いね!それなら気軽に解約もできるね。
実は、「改正電気通信事業法」と「新しい省令ルール」によって「UQ WiMAX」と「BIGLOBE WiMAX」の解約違約金は1,100円と安くなったんだよね!

そのため、短期間(半年や1年)の間、WiMAXを使ってみたいという人には、料金が安く、キャッシュバックも貰える「BIGLOBE WiMAX」がおすすめです。

月額料金 1~3ヶ月目 月額3,278円
4ヶ月目以降 4,378円
端末代 21,120円
キャッシュバック 17,000円
契約期間 1年間
※1年以内に解約しても1,100円の違約金のみ

キャッシュバック17,000円貰える!
BIGLOBE WiMAXの公式サイトはこちら

WiMAXよりも大容量のポケットWiFiの方が良い!?


ここまで、安いWiMAXについて説明してきましたが、WiMAXは3日で10GBの速度制限があり、「ちょっと悩む」という人もいますよね。

そこでおすすめなのが「Mugen WiFi」です。

Mugen WiFiは、3日で10GBといった速度制限がなく、月100GB迄は使い放題のポケットWiFiです。

WiMAX最安値の「GMOとくとくBB」とサービス内容及び料金を比較していきます。

料金の比較

月額料金 2年間の合計 3年間の合計
GMOとくとくBB
WiMAX
1~2ヶ月目 2,849円
3~24ヶ月目 3,678円
25ヶ月目以降 4,689円
86,622円 142,894円
Mugen WiFi 3,718円 89,232円 133,848円

2年での利用料金ならGMOとくとくBBの方が安く、3年ならMugen WiFiの方が安いです。

GMOとくとくBBは25ヶ月目以降が4,263円となっておりますので、3年目以降の料金は高いです。

契約期間・違約金について

まず契約期間についてですが、

  • GMOとくとくBB WiMAX:3年間
  • Mugen WiFi:2年間

Mugen WiFiの方が1年短いです。

次に解約違約金ですが、

解約違約金
GMOとくとくBB
WiMAX
1~12ヶ月目 20,900円
13~24ヶ月目 15,400円
25ヶ月目以降、契約更新月以外 10,450円
Mugen WiFi 1年未満 9,900円
1~2年未満 5,500円
25ヶ月目以降 0円

GMOとくとくBBは高額で、更新月以外は解約違約金がかかりますが、「Mugen WiFi」は解約違約金が全体的に安く、25ヶ月目以降はいつ解約しても0円です。

制限について

通信量
GMOとくとくBB
WiMAX
月間無制限
但し3日で10GBを超えた場合速度制限
Mugen WiFi 月100GB迄使い放題

今までWiMAXと言えば無制限というイメージが強かったですが、現在のWiMAXは3日で10GBの速度制限があります。

Mugen WiFiも月100GBにて速度制限になりますが、3日で10GBといった制限がないため、週末だけたくさん使いたいという人等に適しています。

電波について

電波についても比較していきます。

電波
WiMAX WiMAX2+、au 4G LTE
Mugen WiFi SoftBank、au、docomo

上記の通り「Mugen WiFi」の方が3キャリアの電波が使えて、室内でも電波が入りやすいです。
※WiMAXの電波は建物の中等は、電波が入りづらいですが、Mugen WiFiが利用しているSoftBank等の電波は室内でも快適に使えるケースが多いです。

注意点としては、自分で電波を選ぶわけではなく、端末が自動で最適な電波に切り替えます

Mugen WiFiは今大人気のポケットWiFi

結論としては、WiMAXが良いというこだわりがない人には「Mugen WiFi」はおすすめです。

料金」「契約期間違約金」「速度制限」「電波」等の比較をしてきましたが、殆どの面でWiMAXを上回っています

料金も月額3,718円がずっとです。途中で値上げなどありません。

そう考えると、WiMAXを選ぶよりも「Mugen WiFi」の方がお得です。

さらに、キャッシュバック13,500円も貰えますので、Mugen WiFiはさらにお得になりました。

13,500円のキャッシュバック付
MUGEN WiFiの公式サイトはこちら

安いWiMAXのまとめ

WiMAXで格安で使えるのは「GMOとくとくBB WiMAX(月額割引)」だけです。

何度も書きますが、ネット上では「カシモWiMAXが安い」「Broad WiMAXが最安」という書き方をしているホームページがありますが、実際に料金を比較してみれば「GMOとくとくBB WiMAX」が安いです。

安いWiMAXを探している場合は「GMOとくとくBB」を契約しておけば大丈夫です。

GMOとくとくBBのキャンペーンについて詳しくご覧になる場合は下記ボタンからチェックしてくださいね!

GMOとくとくBBのキャンペーンはこちら