インターネット回線

いまさら聞けない!光コンセントってなに?~工事・増設・探し方等~

インターネット回線の工事について調べていると「光コンセント」という言葉がよく出てきます。

光コンセントはインターネット回線の契約時、特にマンションプランの場合、重要なポイントとなります。

光コンセントという言葉は知っているけれど、なにかよくわからないという方のために「光コンセント」について説明していきます。

光コンセントとは

インターネットを光回線で利用する場合、外の電柱や集合住宅の共用部分から光ファイバーを引き込んできます。

部屋の外から引き込んだ光ファイバーはONU(光回線終端装置)に接続され、そこからルーターを介しLANケーブルやWiFiでパソコンやスマホなどに接続されます。

部屋に引き込まれた光ファイバーは直接ONUには接続されることが無くまずは光コンセントに接続されます。

光コンセントはいろいろな形のものがあり、上はセットタイプといって通常の100Vやテレビ、電話などの接続が一つになったものです。

他にも壁埋め込み型の物や壁などに貼り付けるタイプなどの光コンセントがあります。

埋込光コンセント」は屋外から電話の線などが通っている配管を利用して部屋まで光ファイバーを引き込んで設置するコンセントです。

集合住宅や比較的新しい戸建て住宅などに多く利用されます。

光成端箱」はエアコンダクトなど建物の配管を利用せずに光ファイバーを部屋内まで引き込む場合に利用することが多い光コンセントで、設置に場所を選ばないメリットがあります。

光回線の工事の際、どちらの光コンセントが使われるかは工事担当者により違いますのでユーザーからの指定は基本的にできないと思ったほうがいいです・。

設置された光コンセントから「ONUの接続」は両端にSCコネクタと呼ばれる接続端子がついている光ファイバーを使って光コンセントとONUを接続します。

接続はコネクタと端子の形を合わせて差し込むだけです。

初めて光ファイバーを接続する際グレーの防塵キャップがついていることがあるから接続前に外してね。

光コンセントSCとは

光コンセントの中には「光コンセントSC」と書かれたものもありますが光コンセントと光コンセントSCとはどのように違うのでしょうか?

光コンセントとは光ファイバーを接続する部品の総称で、

  • セットタイプ
  • ローゼットタイプ

といったように、色々な形があります。

光コンセントSCとは光コンセントにあらかじめ付属する光ファイバーを接続するコネクタの形状を指します。

光ファイバーを接続するコネクタにはいろいろな形式がありますが、その中の一つで、最も一般的な形のコネクタをSCタイプといって現在インターネット回線で利用される光回線のコネクタはこのSCタイプが使用されています。

光コンセントSC」とはSCタイプのコネクタが接続できるコンセントということになります。

光ファイバーについているのがSCコネクタ、光コンセントについているのがSCアダプタと言うんだよ。

光コンセントはどこにある?

光コンセントが何かは分かったけど、それっていったいどこにあるの?
光コンセントは家によって設置場所は違うから一概にどこにあるって言えないんだよ。

光コンセントはおうちのどこにあるのでしょう?

多くの場合リビングルームなどの電話を接続するモジュラージャックと同じ場所についていることが多くあります。

基本的には外からの光ファイバーを宅内に引き込む際、光ファイバーは電話やテレビなど弱電と同じ配管を通すので、電話の線と同じコンセントに設置されることが多いようです。

しかし、それ以外の場所に光コンセントがついていることも珍しくなく、配管に隙間がなくエアコンダクトから光ファイバーを引き込んだ場合や壁に穴をあけて通線口を設けた場合には、エアコンダクトの下や部屋の隅など建物により設置場所は変わります。

光コンセントがある場合のメリット

でも光コンセントがあると何かいいことがあるの?
光コンセントがあると工事の時いろいろなメリットがあるんだよ

では、光コンセントが部屋についている場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

インターネット回線の工事の必要がない

光コンセントが部屋に設置している場合、光回線の工事は基本的に必要ありません。

厳密には局内の工事はあるのですが、ユーザー側の工事は無派遣工事というスタイルになるのでユーザーのところに工事担当者は行きません。

ユーザーには事業者からONUが送られてくるので、それを同梱されている光ケーブルとONU、光コンセントに接続するだけの作業となります。

この場合工事費は約2,000円と安くなります。
※通常の開通工事だと15,000円~24,000円前後かかります。

ただし、光コンセントがついていればすべて無派遣工事になるというわけではありません

工事が必要かどうかはNTTのシステムに情報が保管されているようで、特に戸建ての場合には光コンセントがついていても派遣工事になることもあるようです。

心配の場合は、NTTに電話をすると工事が必要かどうか教えてくれるよ!

インターネット開通までの期間が早い

開通までの期間が早いという点は上の「工事の必要がない」と関係があるのですが、光ファイバーの引き込み工事がないということは局内の工事とONUの発送だけになるので開通までの時間は早くなります。

派遣工事の場合申し込みから開通まで3週間から4週間といわれていますが、無派遣工事であれば申し込みから1週間から10日程度でインターネットが利用できるようになります。

開通までの期間は時期により大きく変わりますので引越しなど決まったら早めに申し込みをすることが大事です。

引越し先の住所など設置先がわかればNTTに電話をすると派遣工事になるか無派遣工事になるか教えてくれますので確認するといいでしょう。

光コンセントがあることでデメリットになることは基本的にありません。
ただし注意しなければいけないのはNTT、au、NURO光はすべて別の回線になるので光コンセントはそのまま利用できません。
現在ついているのがNTTの光コンセントならばその他のインターネット回線の工事の場合光コンセントの工事が必要にあります。

光コラボはNTTの回線だから光コンセントがあれば基本的に工事の心配なし!

光コンセントがない

光コンセントがある場合のメリットはご理解いただけたと思いますが、引越し先や今住んでいる場所に光コンセントがない場合にはどうすればいいのでしょうか?

光コンセントがない場合には部屋内に光コンセントを設置しなければいけないので派遣工事が必要です。

光コンセントがない場合

光回線の工事は主に3つの工事方法から本人の希望と工事担当者の判断で工事が行われます。

  • 電話線などの配管を利用して宅内に引き込む
  • エアコンのダクトを利用して宅内に引き込む
  • 壁に穴をあけて通線口を作る

光コンセントの設置場所は指定可能ですが部屋までの配管が無い場合にはエアコンダクトなどから光ファイバーを引き込んで分離型の光コンセントを設置します。

マンションなど集合住宅の場合ほとんどが光コンセントの位置は電話のモジュラージャックがあるところになります。

まれに光ファイバーが建物の外壁沿いに引いている露出配線の場合には光コンセントは別の場所になります。

いずれにしろ光コンセントがない場合には派遣工事になるので、工事担当者に光コンセントの位置を相談してみるといいかもしれません。

光コンセントがある場合の接続方法

光コンセントが部屋に設置されている場合、機器の接続はどのようにすればいいのでしょうか?

光コンセントがある場合、光回線の工事は基本的には無派遣工事となります。

無派遣工事の場合には事業者からホームゲートウェイ(ONU)が送られてくるので自分で接続しなければいけません。

送られてくる内容物は以下の4点です。

  1. ONUまたはHGW
  2. ACアダプタ
  3. 光ケーブル(両端がSCコネクタ)
  4. LANケーブル

ONU(光回線終端装置)とは光ファイバーから流れてくる光信号を電気信号に変換しLANケーブルに送信する装置でHGW(ホームゲートウェイ)はONUにルーターの機能を合わせた通信用の機器のことを言います。

光コンセントにLANケーブルを直接つなぐわけじゃないの?
光コンセントとLANケーブルが似てるからLANケーブルを指したくなるけど、光コンセントの故障の原因となるからLANケーブルは差しちゃだめだよ!

光コンセントの外し方と差し方

光コンセントの外し方と差し込み方は非常に簡単で、特殊な工具などは必要ありません。

外し方は写真の青い部分を掴んで下に引き抜くだけです。

光コンセントからケーブルを抜く際に光ファイバーのケーブルを持って抜くのは、SCコネクタと光ファイバーの破損につながるのでやめましょう。

また、光コンセントにSCコネクタを差し込む場合ですが、SCコネクタの断面には凸があり、光コンセントには凹の溝がありますので合わせて「カチッ」と音がするまで差し込むだけです。

この際も抜くとき同様ケーブルを持たずに、SCコネクタの部分を持って光コンセントに差し込みます。

光コンセントの場所は変えられる?増設は可能?

お家や事務所のパソコンを移動することがあると思いますが、その際に光コンセントの場所を変えることは可能なのでしょうか?

また、現在光コンセントが設置してある場所とは別に光コンセントを増設することは可能なのでしょうか?

光コンセントの移動に関してはNTTに依頼をすれば移動は可能です。

ただしNTTに依頼して工事をしてもらうと20,000円~30,000円程度の工事費がかかってしまいますので、最初に光コンセントを設置する場合は十分に検討したうえで光コンセントを設置してもらいましょう。

また、光コンセントの増設については不可能です。

光コンセントは1回線につき1か所となっていますので工事をしてほしい場合には増設ではなく移設となってしまいます。

引越しで光コンセントはどうなるの?

引越しやインターネット回線を変えるときに光コンセントはどうすればいいのでしょうか?

NTT系の光回線の場合光コンセントの撤去は基本的にありません。

また、埋め込みタイプの光コンセントの場合にもほとんどの場合撤去はせずにそのまま引き渡しということが多くなっています。

しかし賃貸の物件で大家さんもしくは管理会社さんによっては入居したときの状態に戻してくれという場合もあります。

その場合には撤去の作業が必要となりますので現在利用しているインターネット回線の事業者に連絡して撤去してもらわなければいけません。

撤去費用はNTTの場合無料ですが、その他のインターネット回線は事業者や物件により変わってきますので問い合わせる必要があります。

「光コンセントなんて面倒!」という人には

なんか光コンセントなんて面倒!
何か良い方法はないのかなぁ・・・
そんな人におすすめなのがソフトバンクエアーやホームルーター。
これなら工事も必要ないから光コンセントのことを考える必要もないんだよ。

ここまで光コンセントについて説明していくと中には「なんか光コンセントなんて面倒で嫌だなぁ」と思う人もいると思います。

マンションなどですでに光コンセントが設置してある人は、あまり気にしなくてもいいのですが、光コンセントが無いとなるとやはり少し手間はかかってしまいます。

そこで便利なのがソフトバンクエアーやモバイルルーターも検討しても良いでしょう。

速度など光回線と比べると劣るところはありますが、【工事不要、最短で翌日から利用可能】は光回線には無い大きな魅力です。

ホームルーターは電波の状況によって回線速度が大きく変わるから注意してね。
特にオンラインゲームをプレイしたい人は面倒でも光回線の方がおすすめだよ。
【2020年版】ポケットWiFi・モバイルルーターのおすすめランキングを徹底比較!ポケットwifiを契約したい、でも何処から買ったら良いのかわからない。 回線Boyでは、モバイルルーターの購入を検討している人の条...

まとめ

光コンセントはご理解いただけたでしょうか?

光コンセントは、あらかじめ設置してある場合工事が必要ないなどメリットが多くあります。

ただし、すべての建物で工事が必要ないということではありません。

工事が必要かどうかの判断はNTTのデータベースにあり、NTTの光ファイバーを利用したサービス【光コラボレーション】もNTTのデータベースから工事が必要か不必要かを判断しています。

集合住宅ですでに光コンセントがついていても工事が必要な場合もありますし、戸建てでも工事が必要ないケースがありますので、まずはNTTに問い合わせをしてみるのも有効です。

また、光コンセントは他社の光コンセントは利用できません。

NTTの設置した光コンセントは基本的に光コラボレーションでは利用することが出来ますが、auひかりやNURO光などでは利用できませんのでインターネット回線を変更するときは光コンセントの工事が必要です。