インターネット回線

インターネットの契約期間の縛りなし!いつでも解約できる光回線は?

光回線を新しく引いたり、乗り換えたりするときに気になるのが契約期間、いわゆる【縛り】ではないでしょうか?

少し前までは2年の縛りが多かったのですが、ここ最近の傾向としてさらに1年追加の縛り期間3年を設定している事業者が増えてきています。

では、縛りの無いいつでも解約できる光回線はないのでしょうか?

ここでは縛りなし!いつでも解約可能な光回線をご紹介していきます。

縛り(契約期間)って何?

最近ネットや携帯で2年縛りとか、3年縛りとか多いけど、実はよくわかっていないんだよね。
2年とか3年とかやめられないということは大体わかっていると思うけど、細かいことはわからないという人は意外と多いみたいだね。
縛り(契約期間)は解約するときにすごく重要だからしっかり覚えておいてね。

そもそも縛りとは何のことでしょうか?

縛り(契約期間)とは光回線を契約し、開通した時点から、決められた期間利用しないといけないという約束をするということです。

その約束した期間利用することで毎月の料金を通常よりも安くしてユーザーに提供するという方法です。

約束した期間以外での解約には違約金が発生し、金額は事業者・契約期間により変動します。

最低利用期間じゃなくて自動更新

通常契約期間とは決められた期間を自動更新するというもので、下の図は2年契約の場合の一例です。

2015年10月10日から光回線を利用開始した場合2年後の2017年8月31日までが解約できない期間となり、2017年9月1日から2017年10月31日までは解約できる期間となります。

2017年11月1日以降の解約は違約金が発生しますので次に違約金がかからずに解約できる時期は2019年9月1日~2019年10月31日までとなります。

これはあくまで一例で、各プロバイダにより若干の違いがあります。

契約期間が2年ということで2年以上使ったらいつでも解約できると思っている人も多いようですが、2年縛りというのは2年ごとの自動更新ということですので注意してください。

主要プロバイダ契約期間一覧

ここで特に人気のプロバイダの契約期間と違約金をご紹介しましょう。

プロバイダによって契約期間が2年、3年、5年など複数から選ぶことができます。

以前は2年の契約期間がほとんどでしたが、最近傾向として契約期間が長くなる傾向にあります

約期間が長いほど割引率は高くなっていきますので、毎月の料金は抑えられています。

契約期間 違約金(戸建て / マンション)
ドコモ光(GMOとくとくBB) 2年 13,000円 / 8,000円
auひかり 3年 15,000円(戸建てプランのみ)
2年 9,500円 / 7,000円
ソフトバンク光 5年 15,000円 / 15,000円
2年 9,500円 / 9,500円
NURO光 2年 9,500円 / 9,500円
So-net光 3年 20,000円 / 20,000円
ビッグローブ光 3年 20,000円 / 20,000円

ドコモ光やauひかり、フレッツ光などは契約期間を設けていないプランを選択することもできますが、その分毎月の料金が高くなるので、違約金が発生するとしても、契約期間を設定して解約時に違約金を払うほうがお得です。

縛りのデメリット

縛りというと、リスクばかりが気になってしまいますが、その分毎月の料金が安く設定されているという大きなメリットがあります。

しかし、契約期間の縛りがあるという事は、

  • インターネットの速度が遅くても途中解約できない
  • 賃貸だからいつ引越しするかわからない

上記のように、縛りがあると、途中解約ができないという悩みが多いです。

何故なら縛りの大きなデメリットはたった一つ【違約金】です。

サービスを利用中に料金を払うのは当たり前のことですが、やめるときにお金(違約金)を払うのは抵抗があるという人が多いようです。

契約期間の縛りが始まった最初の頃は10,000円弱の違約金が多かったですが、最近では20,000円と高額になってきて途中解約のリスクが高くなりました。
※携帯電話ではこの契約期間の縛りが問題視されており、途中解約の違約金は1,000円だったりと業界が変わってきてます。ネット回線も違約金が安くなるのを期待したいですね!

工事費と縛りについて

縛り期間中に解約してしまうと工事費についてどうなるのか気になるとことです。

ここからは縛り期間中に解約したときの工事費について説明していきます。

光回線の工事費は一括払いと分割払いの2通り用意されていることが多いのですが、多くの場合分割払いを設定されている方が多いようです。

問題となるのこの分割払いの回数です。

最近工事費の分割払いの回数が縛りの期間よりも長く設定されていることが多く、これだと縛りの期間が終わる時期でも解約するときには残りの工事費を一括清算しなければいけなくなってしまいます。

縛り(契約期間) 工事費用分割期間
ドコモ光(GMOとくとくBB) 2年(24ヶ月) 30ヵ月
auひかり 2年(24ヶ月)/3年(36か月) 60ヵ月
ソフトバンク光 2年(24ヶ月)/5年(60か月) 24・36・48・60ヵ月
NURO光 2年(24ヶ月) 30ヵ月
So-net光プラス 3年(36ヶ月) 48ヵ月
ビッグローブ光 3年(36ヶ月 40ヵ月

仮に上の表からドコモ光の場合ですが、ドコモ光は縛りが2年間となっています。

工事費の分割払いの期間が30ヵ月となっているので縛りが終わる2年間(24か月)で解約をしてしまうと、

【工事費分割期間30ヵ月 – 縛り2年間(24ヶ月)=6ヵ月】

6ヵ月分の工事費を一括清算しなければいけません。

ドコモ光を解約する際に支払いがないよう解約するためには48か月使ってやめるのが負担なく解約できる方法です。

近年このような縛り期間・工事費の分割回数の設定をしているプロバイダが多くなってきています。

そんな中ソフトバンク光は親切で縛り期間が2年と5年を選べるほか、工事費の分割回数も24・36・48・60ヵ月と4つから選ぶことができます。

ソフトバンク光の縛りが最短2年となっていますから、工事費も24回を設定しておくと2年後に解約しても出費は0円に抑えることができます

縛りなし、違約金なしの光回線、厳選3社

そんなどうしてもリスクがちらついてしまう縛りですが、プロバイダの中には縛り(契約期間)を設けていないプロバイダも複数あります。

ここからは当サイトがおすすめする【縛りのない光回線】をご紹介していきます。

縛りがないのに業界最安!enひかり


あまり聞いたことが無いという人も多いかもそれませんが、enひかりは株式会社縁人という会社が運営する光コラボレーションサービスです。

enひかり基本情報

月額料金(戸建て) 4,300円
月額料金(マンション) 3,300円
工事費 2,000円~15,000円
接続方式 PPPoE接続(オプションでIPv6やtransixに対応)
スマホセット割 勝手に割(UQモバイル)

※戸建てプランとは3世帯以下の建物を指し、マンションプランとは4世帯以上でマンションプラン用の設備が導入されている建物の事を指します。
enひかりの特徴は何といっても縛りがないのに業界最安という点です。

光コラボレーションの中でもプロバイダ料金込みで戸建て4,300円、マンション3,300円は驚きの安さです。

中には「あまり聞いたことのないプロバイダでこの料金だと本当に大丈夫?」

と不安になってしまうかもしれません。

しかし、そんな心配は全く無用で、そもそも光コラボレーションはNTTのフレッツ光と同じ設備を利用してユーザーに提供していますので、信頼性はご存じのとおり。

オプションではありますがIPv6+IPoE接続も可能ですから速度の面でも安心です。

また、サポートの面でも電話もつながりやすく、技術面でもしっかりと専門のスタッフが応答してくれます。

若いプロバイダの強みと言っていいでしょう。

enひかりのメリット

1.クレジットカードはもちろん、口座振替での支払いが可能
2.縛りなし
3.ポケットWi-Fiが格安レンタル
4.月額料金が安い
5.IPv6+IPoE接続に対応(オプション)ここにテキストを入力

料金が安いプロバイダの多くは毎月の支払方法がクレジットカードのみとなっていることが多いのですが、enひかりはこの低価格で口座振替も可能です。

クレジットカードをお持ちでない方や、クレジット番号をインターネット上で登録したくないという方にはとても便利です。

また、モバイルルーターを通常よりもお得にレンタルできるのもenひかりのメリットです。

モバイルルーターを購入するほどではないけれど、たまに使いたい時があるといった人には特に便利なサービスです。

光コラボレーションなので、他の光コラボやフレッツ光からの乗り換えでも電話番号はそのまま引き継ぐことができます。

enひかりのデメリット

1.メールアドレスがない
2.キャッシュバックなど特典が期待できない
3.新規契約の工事費は初回一括で支払いのみ

多くのプロバイダは契約者に対しプロバイダのメールアドレスを発行していますが、enひかりには残念ながらメールアドレスが用意されていません。

ただ、最近ではプロバイダメールは乗り換えのたびにメールアドレスが変わってしまうので、yahooメールやGmailなどのフリーメールを利用する人が増えています。

この機会に現在プロバイダメールをお使いの方はフリーメールに移行するのもおすすめです。

ただ、やはりプロバイダのメールアドレスがないと心配ということならばenひかりはおすすめできない光回線になってしまいます。

また、enひかりは転用はもちろん新規契約でもキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることがほとんどありません(繁忙期には工事費一部負担などのキャンペーンを行うことはあります)

その分毎月の料金が安く設定してあるようなので、特典に関してはあまり期待できません。

enひかりの評判

気になるsnsの書き込みにはどのようになっているでしょう?

回線速度も上々の様ですがポイントとなるのはオプションのIPv6です。
快適にインターネットを使うならIPv6は必須といえます。
enひかりはIPv6で超高速通信!?しかも料金が安い!~キャンペーン情報・評判~安いインターネットをお探しの人多いですよね。 enひかりなら光コラボレーションの中でも戸建て月額4,300円、マンション月額3,3...

安かろう悪かろう!?excite光


安いインターネットといえば【excite】というほど低価格で有名になったexcite光。

このexcite光も縛りがないので好きな時に解約ができる光回線です。

excite光の基本情報

月額料金(戸建て) 4,360円
月額料金(マンション) 3,360円
工事費 2,000円~18,000円
接続方式 PPPoE接続

※戸建てプランとは3世帯以下の建物を指し、マンションプランとは4世帯以上でマンションプラン用の設備が導入されている建物の事を指します。
excite光はプロバイダとしては老舗の会社で、スタート当初から縛りなしで低価格を売りにシェアを伸ばしてきました。

そのexcite光が2017年にスタートした光コラボレーションで開始したのがexcite光です。

NTTの回線を利用しているため通信品質は信頼はNTTのフレッツ同様安定しています。

ただし、近年ホームページのデーターの巨大化や高画質な動画配信などのおかげで、excite光では満足な速度が得られないといった声も多くあるようです。

excite光のメリット

1.月額料金が安い!
2.縛りがない

excite光のメリットはこれにつきます。

残念ながら、それ以外のメリットは無いといっても良いでしょう。

2019年8月の時点でexcite光は新規契約・転用キャンペーンを行っています。
12ヵ月間割引があるのですがこのキャンペーンが適応になってしまうと縛りが発生してしまいます。
これでは他のプロバイダと同じなって、最低利用期間前に解約してしまうと違約金が発生してしまうのでおすすめできません。

excite光のデメリット

1.回線速度が遅い(IPoE接続に対応していない)
2.支払いはクレジットカードのみ
3.新規契約の工事費は初回一括で支払いのみ

ホームページでは回線速度はベストエフォート1Gbpsとなっていますがexcite光の通信方式はPPPoE接続となります。

PPPoE接続では通信速度は最大で200Mbpsとなっていることやプロバイダの混雑する部分を通過しないとインターネットに接続できないことを考えるとネットの高速化を期待することはできません。

excite光はIPoE接続のオプションも用意されていないのでインターネットで動画の視聴やゲームなどをしたいという人にはおすすめすることができない光回線といえます。

EXCITE光の評判

気になるsnsの書き込みにはどのようになっているでしょう?

excite光にはIPv6に対応するexcite MEC光というサービスもありますが、こちらは月額料金も高額で縛りもあります。
料金も高くなって縛りもあるのでは他の光コラボと条件は同じになってしまうのでしっかりと自分に合っているか検討する必要があります。

やはりネット上の評判は厳しいようです。
速度を気にしないという人以外はおすすめできません。
知ってましたか?exciteMEC光の問題点~速度は速くて評判は!?~ キャンペーン情報 選べるキャンペーン開催中! 月額料金キャンペーン ・ファミリー 月額1833円(税抜)割引×...

特典は多いけど・・・DTI光


DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)は1995年にサービスを開始した20年以上の実績を持つプロバイダで、他社と同様2017年光コラボレーションがスタートしたことに伴い、DTI光として光サービスの提供を始めました。

料金も比較的低価格に設定されていることから利用者数も多く、信頼できるプロバイダといえるでしょう。

DTI光の基本情報

月額料金(戸建て) 4,800円
月額料金(マンション) 3,600円
工事費 2,000円~18,000円
接続方式 IPv6+IPoE接続
スマホセット割 DTI 光× SIMセット割

※戸建てプランとは3世帯以下の建物を指し、マンションプランとは4世帯以上でマンションプラン用の設備が導入されている建物の事を指します。
DTI光も上の2社同様NTTのフレッツ光と同じ回線を利用した光コラボレーションです。

縛りがないプロバイダの中でも比較的特典も多くお得感は強いプロバイダです。

ただし、月額料金は他のプロバイダと変わらないので、縛りを気にしないのであれば他のプロバイダを検討してもいいでしょう。

DTI光のメリット

1.auスマホ・DTI格安スマホとのセット割がある
2.DTIの格安スマホとのセット割がある
3.縛りがない
4.IPv6+IPoE接続に対応(オプション)
5.支払いはクレジットカードはもちろん口座振替も可能

DTIは自社で提供している格安スマホのほかにauのスマホとのセット割にも対応しています。

スマートバリューほどの割引ではありませんが、固定電話は必要ないというauスマホユーザーにはうれしいサービスです。

また、IPv6+IPoE接続にも対応しているのでインターネットの速度も高速で安定した通信が期待できます。

サポートについてもホームページ上で謳っている通り力を入れているようで、サポートセンターへの電話も比較的つながりやすくなっています。

auスマホのセット割はスマートバリューのようにスマホ1台につきではなく、DTI光の料金が毎月最大1,200円が割引になるサービスです。スマートバリューとは内容が違いますので注意が必要です。

DTI光のデメリット

1.ネット上の評判はイマイチ
2.キャンペーンはあまり期待できない

新規契約の場合2019年9月現在工事費無料のキャンペーンを行っていますが、転用や事業者変更の場合についてはキャッシュバックなどの特典はありません。

新規での申し込みに関してはメリットはありますが転用や事業者変更の場合にはメリットはあまりないといえます。

また、キャッシュバックについては7ヶ月後となりますので注意が必要です。

DTI光の評判

気になるsnsの書き込みにはどのようになっているでしょう?

DTI光のIPv6の対応は無料ですが別途オプションの申し込みが必要です。
インターネットを快適に利用するのであれば忘れずにIPv6のオプション契約をしましょう。

ネットの工事不要!縛りなしWi-Fiという選択肢

縛りを嫌がる理由の一つとして引っ越しするかもしれないという理由があります。

転勤の多い人や学生さんの場合、特に気になるところかもしれません

光回線を新規で契約した場合、縛りの【契約期間】、【工事費】2つを気にしなければいけないのは難しいかもしれません

そこでもう一つの選択肢として、工事の必要がなく契約期間の無い縛りなしWWi-Fiを選択肢に入れる方法もあります。

ここのところ急激に利用者が増えてきたモバイルルーターは工事が必要なく、最短で申し込んだ翌日には利用できると引っ越しが多い人や外でネットを使う人の注目を集めています。

最近では通信速度も高速になり、ほぼ無制限のデータ量など固定回線と同様の使い方ができるようになってきました。

その中でも【縛りなしWi-Fi】は料金も安く初期費用なし、解約時の違約金なしと縛りが気になるユーザーにとって非常にメリットが多く手軽に申し込むことができます。

転勤の多い人や学生さん、出張の多いサラリーマンの方々には特におすすめのアイテムといえます。

光回線を契約し工事費や縛りのリスクを気にするのであれば縛りなしWi-Fiを選択肢に入れてみるのもいいでしょう。

騙されるな!縛りなしWiFiにもデメリットがあった~契約前に知っておくべきこと~月額3,300円の縛りなしWiFiが今大人気ですが、デメリットもあります。 知らずに契約したら39,800円の高額費用を請求された...

あえて縛りのある光回線を選ぶ?

縛りをリスクと考える人にとって本当に縛りのある光回線は本当にリスクといえるのでしょうか?

縛りなしの光回線(enひかり)と縛りのある光回線(ビッグローブ光)を例に、契約期間前に解約した場合にかかった料金を比較してみました。

  • 12ヶ月利用後解約
  • 戸建て3年プラン
  • 新規契約
  • 工事費実質無料(750円×40ヵ月)
  • ビッグローブ光キャンペーン25,000円CB
ビッグローブ光 enひかり
月額料金 4,980円 4,480円
工事費 750円×28回=21,000円 15,000円
契約事務手数料 3,000円 3,000円
キャッシュバック 25,000円 0円
違約金 20,000円 0円
12ヶ月で解約した時の合計 78,760円 71,760円

1年間で解約してしまう場合は、やはり違約金のかからないenひかりのほうが利用期間合計で7,000円安く利用できます。

しかし、利用期間が25ヶ月以上の場合には、工事費の清算、違約金を払っても縛りのあるビッグローブのほうが契約期間の合計の支払額は低価格となります。

いつ解約するかわからないけど最低2年以上は使うという方なら、違約金が発生したとしてもキャッシュバックや工事費無料などの特典で縛りのリスクは回避できると言えるでしょう。

まとめ

縛りというとどうしてもリスクばかりが気になってしまいますが、選ぶプロバイダや光回線によってはリスクを回避することができることがご理解いただけたでしょうか。

縛りがない=工事費は一括払いとなるので、auひかりやNURO光、ケーブルテレビなどの回線からの乗り換えや、初めてインターネットを契約するという人で初期費用を抑えたい場合は、工事費をに開通後に一括で支払わないといけないので縛りなしWiFiはおすすめできません。

初期費用も抑えたいなら縛りなしWiFiや、あえて縛りのあるキャンペーンの充実した光回線を契約するほうがいいでしょう。

縛りなしのおすすめ光回線

今回ご紹介した縛りなしの光回線の中でも特におすすめはenひかりです。

月額料金が安い光回線は接続方法がPPPoEを採用しており、速度に関する対応ができません。

その点enひかりはオプションではありますが、月額180円でIPv6+IPoe接続が利用できる点で他のプロバイダよりも有利といえます。

ただ、残念なのが工事費がかかってしまうので初期費用を抑えることができません。

結論として、縛りなしの光回線を選ぶのであれば、すでにNTTのフレッツ光や光コラボレーションを利用している人が転用や事業者変更でenひかりの乗り換えるというのがベストです。

これなら工事費用は最低限で抑えることができますし、毎月の料金も安く済みます。

さらに縛りがないので違約金のことなど考えずにいつでも自由にやめることができます。

25ヵ月以上利用する予定で新規で光回線を契約するのであれば、やはりキャンペーンの充実した光回線を選んだほうがお得といえるでしょう。
【2019年最新版】キャッシュバックが多い光回線のおすすめは? 2019年9月最新キャッシュバック情報 キャッシュバック その他の特典 期間 NURO光 35...