インターネット回線

アパートのインターネットの選び方と注意点~おすすめのインターネットは?~

今度アパートに引越しをするんだけど、アパートのインターネットってどうすればいいの?
アパートでインターネットを利用する場合、アパートの設備で利用できるインターネットが変わってくるんだ
まずは建物の設備を確認する必要があるね。
私みたいな素人でもわかるかなぁ?
大丈夫!
ポイントさえ押さえておけば自分に合ったインターネットが必ず見つかるよ!

直ぐにアパートのおすすめのインターネットを知りたい人は「アパートでおすすめのインターネットは?」をご覧ください。
但し、一通りこのページを読んで頂いた方が、納得して自分に合ったネット回線を選べます。

アパートで使えるインターネットは?

アパートでインターネットを使う方法は基本的には戸建てと同様で、

  • 電話線を使う(ADSLやVDSL)
  • 光ファイバーを使う
  • モバイルルーターを使う(ポケットWiFi等)

以上のいずれかになります。

ADSLは2020年7月より順次サービスの終了が決まっているから、新規でADSLは申し込みできないよ。
ADSL廃止については【ADSLが廃止・終了!そのあとのインターネットは?】を参考にしてね。

新規でインターネットを契約する場合VDSL、光ファイバー、モバイルルーターの中から選ぶのですが、アパートの場合ユーザーが自由に選ぶことができないことが多いので注意しなければいけません。

まずは簡単にVDSL、光ファイバー、モバイルルーターについてご説明していきましょう。

速度が遅いVDSL


VDSLは建物の電話線を利用したインターネット回線です。

VDSLはアパートの共有部分(MDF盤等)までは近くの電柱から光ファイバーを引き込んできますが、共有部分のVDSL集合装置からは既設の電話線を利用してインターネットに接続します。

VDSLがスタートした当時はそれなりに高速な通信が可能でしたが、電話線を利用しているため最大通信速度が100Mbpsと最近では少々物足りない速度です。

また、VDSLは大規模な集合住宅で利用されることが多く、4世帯のアパートなど小規模なアパートではVDSLを利用されることはほぼありません。

VDSLのメリットとして、各部屋についている電話のモジュラージャックを利用することができるので、ユーザーは比較的手軽にインターネットを利用できるようになるといったメリットがあります。

現在主流の光ファイバー


建物の近くにある電柱から光ファイバーを引き込み、共有部分に設置されたスプリッタ(分配器)を通して各部屋に光ファイバーで引き込む方法です。

通常1本の光ファイバーを引き込みますが、戸数により引き込む光ファイバーの数は変わります。

部屋には光コンセントが設置され、ユーザーはこの光コンセントにONUなどの機器を接続しインターネットを利用する方法です。

VDSLのようにメタル線を使わないので回線速度は現在最大1Gbpsと高速です。

ただし、1本の光ファイバーを複数のユーザーで共有するため、利用者の多い時間帯などには回線速度が著しく低下することがあります。

また、部屋に光コンセントがすでに設置してある場合には工事が必要なく、プロバイダから送られてくるモデムを光コンセントに接続するだけでインターネットの利用が可能となります。
アパートで使える安い光回線を探すならこちらから

工事不要のモバイルルーター


モバイルルーターは携帯電話と同じ電波を利用したインターネット回線で、工事の必要が無く手元に届いたその日からインターネットの利用が可能です。

モバイルルーターってあんまり使うと速度制限があるんじゃないの?
以前はデータ量の制限があったけど最近は無制限のプランも増えているからヘビーユーザーでも安心だよ

モバイルルーターというと3日で10GBなどのように利用できるデーター量が決まっているイメージですが、最近のモバイルルーターはデータ通信無制限のプランも増えてきています。

しかし回線速度は利用する場所などに影響されることが多く、電波の状況が悪いとホームページの読み込みが遅いなどストレスになることがあります。

特にオンラインゲーム等、速度に拘ったりオンラインゲームでラグや遅延が気になる人には、モバイルルーターは不向きといえます。

フォートナイトやスプラトゥーンなどのシューティングゲームは光回線を利用したほうが快適にプレイできます。

とはいえ、電波状況さえよければ工事の必要もないので初期費用を抑えることが出来る上に、光回線よりも利用料金も低価格です。

動画の視聴が主だったり、外出先でもインターネットを利用したいという人なら手軽なモバイルルーターの選択もおすすめです。

モバイルルーターとパソコンの接続は基本的にWiFi接続なのでパソコンに無線LANアダプタが必要。
LANケーブルで接続したければ、ソフトバンクAirやWiMAXがおすすめだよ。
置くだけWiFiのキャンペーン比較~ドコモ・WiMAX(au)・SoftBankどれが安い!?~端末が届いたら直ぐに使える、工事不要の置くだけWiFiが人気になってきました。 置くだけWi-Fiが欲しいけど「SoftBank、...

アパートについている無料のインターネットって?

今度引っ越そうと思っているアパートはインターネットが無料なんだって!
毎月かかるお金だから、無料って助かる!
最近のアパートはインターネットが無料の物件が増えてるね。
でも多くの場合無料のインターネットは速度が遅くて使うのにストレスがたまるって意見が多いんだ。

アパートを選ぶ時、物件の中には【インターネット無料】と書いてあるものがあります。

この【インターネット無料】というのは本当に無料なのでしょうか?

また、無料なのには何かわけがあるのでしょうか?

ここからは、アパートの利用者が利用できる無料のインターネットについて解説していきます

間違いやすいインターネット無料と対応

物件のチラシや建物に書かれているのが、【インターネット完備】や【インターネット対応】等のコメントです。

【インターネット無料】はそのままですが、【完備】【対応】とはどういうことなのでしょうか?

完備は無料と同じでインターネットが無料で使えるということですが、対応は無料で使えるわけではないということです。

インターネット対応や光ファイバー対応などの物件は、入居後に自分でインターネットの契約をする必要がありますが、すでに光コンセントは設置済みで、工事をする必要がないので初期費用も抑えられて利用開始までの期間も早くなります。

無料・完備はインターネットの料金が家賃に含まれていますが、対応の物件はインターネットの料金は家賃には含まれていないということになります。

不動産会社の中にはレオパレスのレオネットのように、インターネットサービスを自社ブランドとして提供しています。

以下は主な不動産会社が提供する無料のインターネットの一覧です。

インターネット無料のアパート一例
  • JCOM-NET(JCOM)
  • レオネット(レオパレス)
  • BBM-NET(木下の賃貸)
  • SUISUI(住友不動産系)
  • D.U-NET(大和ハウス)
  • e-broad光(汎用サービス)
  • e-mansion(汎用サービス)
  • DK SELECT(大東建託)

多くのインターネットは光ファイバーを利用したサービスで、居住者で共有するサービスのため利用者が多いと速度が著しく低下します。

通常のマンションプランの場合、利用者が多いと外部から接続する光ファイバーは増設しますが、無料のインターネット場合残念ながら回線の増設あまり期待できないのが現状です。

また、ケーブルテレビのJCOMは他と違い多くの場合1Mbpsと回線速度が低速です。

JCOMの無料のインターネットはオーナーがネットの料金を支払っているため、ほとんどの建物が最低限の1Mbpsとなっています。

この場合、後にJCOMの営業マンが機器の設置の説明に来た際に「1Mbpsだと遅いので有料ですが高速のプランに変更しませんか?」という提案をしてきます。

ただ、残念ながらJCOMのインターネットは上りの速度が遅いので動画や写真のアップロードをする人にはおすすめできません。

快適にインターネットを利用するのであればインターネット対応の物件を選んで自分でインターネット回線を契約したほうがストレスなくインターネットを利用することが出来ます。
アパートで使える安いインターネットを探すならこちらから

無料のインターネットが遅い

建物に最初からついているなら、インターネット無料の物件を探すのがお得ね!
確かにそうなんだけど、上でも紹介した通り無料のインターネットはあまり評判がよくないのが現実なんだ。

SNS上で見つかる無料のインターネットに関する評判は各社ありますが、あまり評判は良くありません。


結論として無料のインターネットは設備があるということで、快適に利用できるかどうかは残念ながら別の話となってしまうようです。

特にオンラインゲームや高画質で動画配信サービスを利用する場合には無料のインターネットでは力不足になることは間違いありません。

快適にインターネットを利用するのであれば、無料のインターネットは避けるべきです。

アパートのインターネットが遅いときの対処法

新規にアパートを探している場合、インターネットが快適に利用できないと困るのであれば、無料のインターネットは初めからあてにしなければいいのですが、すでにお住まいの物件のインターネットが遅くてストレスな場合はどうすればいいのでしょうか?

無料のインターネットを速くする方法

無料のインターネットは設備を管理しているのが不動産会社なので個人で速度の改善をすることはできません。

不動産会社に言っても多くの場合いろいろな理由で断られてしまいます。

ケーブルテレビ(JCOM)は基本的に無料のインターネットは上り下り共に1Mbpsと非常に低速ですが、有料プランに変更すると契約速度を上げることが出来ます。

評判でもあるように、残念ながらJCOMのインターネットはあまり評判がよくないみたい。

JCOMのインターネットは回線速度が選べますが、実際に選べるのは下りの速度だけで上りに関してはプランにもよりますが最大512kbpsと非常に低速です。

動画や画像のアップロードをする人にはかなりストレスです。

上りも速いほうがいいという人はJCOMを解約して光回線を新たに契約する方がおすすめです。

JCOMの解約方法はこちらから
じゃぁ今インターネットが無料の物件に住んでる人はあきらめるしかないの?
そんなことはないよ。
自分でインターネットを契約したり、モバイルルーターを使う方法もあるから自分に合った方法を探せば大丈夫!

無料のインターネットが遅くてストレスな場合、自分で別のインターネット回線を契約する方法もあります。

ただし、工事には管理会社もしくは建物のオーナーの許可が必要となるので契約前に相談しておく必要があります。

許可が取れていないと、工事の段階で作業が出来ないということにもなりかねません。

管理会社によってアパートを解約する時に引き込んだ光回線を撤去して現状復帰すれば許可してもらえることもありますが、中には他のインターネット回線はNGという物件もあります。

その場合には工事の必要が無いモバイルルーターがおすすめです。
おすすめのモバイルルーターを探すならこちらから

インターネットが無料のアパートで別のインターネット回線を契約する場合、建物の設備により契約プランが変わってきます。
インターネット回線の分配器が設置されている建物はマンションプランが契約可能ですが、光回線の分配器などの設備が無い場合には戸建てプランを契約する必要があります。

自分専用の光回線を引く


アパートの遅いインターネットを改善するには無料のインターネットとは別に新しく光回線を契約するのが最も効果的な方法です。

ただ気になるのがその方法です。

新しく光ファイバーを引き込むにはどのような方法があるのでしょうか?

戸建てのプランをアパートの部屋に直接引き込む

アパートのインターネットが遅い場合、無料のインターネットとは別に戸建て用の光回線を契約する方法です。

無料のインターネットは1本の光ファイバーを各部屋に分配して利用します。

当然入居者数や、インターネットの利用者数により速度が大きく変わってしまいます。

夜間など利用者の多い時間帯は著しく速度が低下してしまう恐れがあります。

戸建てのプランで光ファイバーを部屋に直接引き込むことで、入居者の数や利用者の数で影響を受けず、安定したインターネットを利用できるようになります。

しかし問題点としてこの方法は管理会社や建物のオーナーの許可が必要な点と工事に制限があることです。

工事が必要なので管理会社に工事の了承を事前に取っておかないと工事ができません。

また、光ファイバーの引き込みは外から部屋に直接引き込む方法と建物の共有部分から配管を通して部屋に引き込む方法になりますが、外から部屋に直接引き込む場合3階以上は工事ができません

戸建てのように簡単に対処できないのがアパートの大きなデメリットです。

特に新築の大手ハウスメーカーなどのアパートは、後からの工事を禁止している物件が多く、これからアパートを探す人でインターネットが遅いのは嫌という人は、部屋を決める際に不動産屋さんに確認したほうが良いよ!

工事ができないならモバイルルーターを検討する

管理会社や建物のオーナーから工事がダメ!と言われてしまったらどうすればいいのでしょう?

そんな時におすすめなのがモバイルルーターです。

モバイルルーターは回線の工事が必要なく、届いたその日から利用することができるインターネット回線です。

携帯電話の電波を利用しているため、携帯電話が使用できる場所であればほとんどの場所で利用が可能です。

また、工事不要でいえば、モバイルルーター以外に、コンセントに電源を繋ぐだけで使えるホームルーターがあります。

ここでは、それぞれメリットとデメリットを比較していきます。

一例としてモバイルルーターでもシェアの大きいWiMAXの製品で比較してみましょう。
モバイルルーターとホームルーター比較

WiMAXモバイルルーターW06WiMAXホームルーターL02
最大接続数16台42台
LANポート
電源充電式(充電中も使用可)家庭用電源
WiFi電波の到達範囲狭い広い

価格や通信速度に関してはほぼ変わりありませんが、大きな違いとして最大接続台数とWiFi電波の到達距離です。

接続台数はどちらも10台以上となっているため、接続台数の点ではどちらでも問題ないといえます。

WiFiの電波に関してはホームルーターは家庭用電源なのでモバイルルータよりも強い電波を安定して発信することができます。

モバイルルータに比べ若干ではありますが、より広範囲でWiFiが利用できます。

ただし、モバイルルーターは手軽に移動が可能なことと電源が必要ないため、簡単に電波の状態の良い場所に移動できることや、外に気軽に持ち出せる点でメリットがあります。

家族でインターネットを使うのであれば、ホームルータータイプ、一人で利用するならモバイルルータータイプといった選択がおすすめです。

【2020年版】ポケットWiFi・モバイルルーターのおすすめランキングを徹底比較!ポケットwifiを契約したい、でも何処から買ったら良いのかわからない。 回線Boyでは、モバイルルーターの購入を検討している人の条...

アパートでおすすめのインターネットは?

光回線を引くことが可能となれば、次に問題となるのがどの光回線を契約するかということです。

光回線は「auひかり」や「NURO光」、NTTの光ファイバーを利用した光コラボレーション(Biglobe光、ソフトバンク光等)などから選択することになりますが、auひかりとNURO光は利用できる地域が限られてしまっていることや、工事の制約が厳しくハードルが高いなど厳しい点が多くあります。

そんな中NTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションは工事をNTTが行うので、非常にたくさんの実績とノウハウを持っているので工事もスムーズに行われることが他の光回線よりも多いです。

開通を早くしたい、アパートに引っ越してネットを直ぐ使いたいという人は、光コラボレーションを選ぶのがおすすめです。

光コラボレーションの開通工事は2週間~1ヶ月程度かかります。 NURO光の工事は2ヶ月以上かかる場合もありますので、開通を急ぐ場合は光コラボの方がおすすめです。

スマホがauならビッグローブ光

お使いのスマホがauをお使いならばauスマホの料金が安くなるスマートバリューが適応になるビッグローブ光がおすすめです。

ビッグローブ光はスマートバリューだけではなく固定電話のオプション契約が必要ないauスマホセット割を適応させることができます。

一人暮らしで固定電話も必要無いならセット割、家族がいるならより割引額の多いスマートバリューと使い分けることができます。

回線速度も次世代通信規格のIPv6+IPoE接続にも対応しているのでゲームでも動画でも全くストレスなく利用することができます。

auのスマートフォンやauケータイを利用中の方でアパートに光回線を引くならビッグローブ光がおすすめです。

月額料金(戸建て)4,980円
月額料金(マンション)3,980円
回線速度上り1Gbps / 下り1Gbps
スマホセット割スマートバリュー(500円~1,000円)

スマホがドコモならドコモ光


ドコモユーザーならドコモ光がおすすめです。

ドコモもau同様、ドコモのスマホやケータイとのセット割引【ドコモセット割があります。

ドコモのスマホをより安く利用できるのでドコモユーザーにはドコモセット割は必須といえるサービスです。

また、ドコモ光は光回線とプロバイダのセットではありますが、プロバイダを複数から選ぶことができます。

プロバイダの選び方として新規契約時の特典の多さや回線速度など、プロバイダ選びのポイントは複数あります。

その中でドコモ光のおすすめプロバイダは回線速度も速く特典の多いGMOとくとくBBがおすすめです。

月額料金(戸建て)5,200円
月額料金(マンション)4,000円
回線速度上り1Gbps / 下り1Gbps
スマホセット割ドコモセット割(500円~1,000円)

ソフトバンクのスマホならソフトバンク光

お使いのスマホがソフトバンクならソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光はソフトバンクのスマホケータイとセットの割引ができるおうち割が適応になるのは当然、光コラボレーションの中でも特典が充実していてお得感の高い光回線です

光コラボレーションなので利用する光ファイバーは信頼のNTTの光回線なので安心して利用することができます。

ただし、アパートに戸建てプランを導入した場合他の光コラボレーションと比較するとあまり安くはないので、ソフトバンク光同様おうち割が適応になるNURO光が利用可能な地域な方はNURO光を合わせて検討してみるのもいいでしょう。

月額料金(戸建て)5,200円
月額料金(マンション)3,800円
回線速度上り1Gbps / 下り1Gbps
スマホセット割おうち割(500円~1,000円)

SoftBank光の公式サイトはこちら

まとめ

アパートでインターネットを快適に利用するためには、その建物でどのようなインターネット回線が利用できるかで大きく違います。

快適にインターネットを利用したいのであれば【光回線対応】の建物を選ぶのがおすすめです。

家賃とは別にインターネットの料金がかかりますが、無料のインターネットやVDSLなどに比べ快適に利用することが出来ます。

また、無料のインターネットが遅くてストレスの場合には、管理会社に相談して別の回線が導入可能かどうか聞いてみるのも解決策の一つです。

退去時に原状復帰すれば別にインターネット回線を引き込む許可が出ることも少なくありません。

ただしどの物件でもそれが可能ということではありません。

当然管理会社から断られることもあります。

そのような場合にはモバイルルーターなど工事不要のインターネット回線を利用してみるのも解決策の一つです。