ポケットWiFi

その契約ちょっと待った!カシモWiMAXのお得なプランはひとつのみ!

カシモWiMAXといえば月額1,380円~のWiMAX、2年契約のWiMAXで有名です。

2019年になってから、ネット上では「カシモWiMAX申込んだけど、3年契約になってた!」等の口コミが増加しています。

申し込み方法を間違えると、カシモWiMAXは3年契約になりますので注意して下さい!

2019年1月中旬よりカシモWiMAXのプラン内容が変わっておりますので、古い情報に騙されないように気をつけてください。

カシモWiMAXとは

カシモWiMAXは、最初の1,2ヶ月が月額1,380円で安く使えるWiMAXのプロバイダです。

WiMAXのプロバイダの中では、2年契約では最安値の料金設定、3年契約では真ん中あたりの料金設定になっています。

2年契約なら有り、3年契約なら他を探したほうが安くお得に使えます。

運営元は「株式会社マーケットエンタープライズ」の子会社「株式会社MEモバイル」となっており、信用できるか信用できないかの点で言えば、親会社は上場企業でもありますので社会的信用性はあります

どうしたら2年契約なの?

カシモWiMAXでは、申し込みページに行く前に、どの端末が良いかを選びます。

この時に「Triprouter」を選べば2年契約で申込むことができます

それ以外の端末を選んだ場合、3年契約となってしまいますので、絶対に間違えないようにしてください!

3年契約が駄目なわけではないのですが、カシモWiMAXで契約するメリットとしては2年契約だからです。3年契約を選ぶ場合は他社のWiMAXの方が安く使えます。

2年契約の料金は?

カシモWiMAXの2年契約の料金体系は申込みページに行くまでわかりません。実際に支払う金額は以下の通りです。

月額料金
1~2ヶ月目 1,380円
3~24ヶ月目 3,380円
25ヶ月目以降 4,079円

見てのとおり、1~2ヶ月目は月額1,380円と安く利用できますが、3ヶ月目以降は3,380円、25ヶ月目以降は月額4,079円と高くなります。

Triprouterプランは2年契約のため、端末の発送月から25ヶ月目が更新月となります。

例えば2019年3月に契約(端末発送)した場合は、2021年4月が更新月です。更新月で解約すれば無料ですが、更新月以外では下記の表の通り、違約金を取られますので注意して下さい。

契約月(端末の発送月)~12ヶ月目 19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目 14,000円
更新月 無料
26ヶ月目以降※ 9,500円

※26ヶ月目以降の更新月以外は9,500円の違約金が発生しますので、基本的には25ヶ月目の更新月に解約するのが一番お得にカシモWiMAXを利用できます。

更新月で解約する理由として違約金が無料という事と、25ヶ月目以降は月額料金が4,079円と高額になりますので、それ以上使ってもカシモWiMAXの月額料金が安いというメリットがなくなるからです。その代わり、キチンと2年間で解約した場合はコスパ最高でお得に使えたと言うことになります。

Triprouterって何?高速通信は可能!?


WiMAXで有名なW06、WX05と比較すると、全体的に劣っているTriprouterです。

まずは、3機種で最大速度を比較してみます。

最大下り速度 最大上り速度
W06 1.2Gbps 75Mbps
WX05 440Mbps 75Mbps
Triprouter 220Mbps 25Mbps

最大速度を見ると、2年プランのTriprouterは圧倒的に遅いです。

しかし、実測値を考えれば、そこまで差はでません。

私の家の中ではWiMAXの電波は下り30Mbps~60Mbpsとなっておりますので、どの端末を利用しても速度はほぼ変わらないはずです。

速度の面で言えば、Triprouterは通常利用で不自由のない速度は出ますので心配する必要はありません。

次にバッテリーの持ちです。WiMAXは持ち運ぶため、充電が直ぐ切れると肝心な時に使い物にならなかったりしますので、連続通信時間は重要視した方がいいです。

連続通信時間
W06 約9時間
WX05 約11時間
Triprouter 約6時間

上記の表の通り、連続で通信できる時間がTriprouterは圧倒的に短いです。

長時間の外出や旅行の際に、Triprouterを持っていく場合は、これとは別にモバイルバッテリーを用意しといたほうが安心です。

使用途中にバッテリー切れになって、インターネットに繋がらないと言うことがあると困ります

Triprouterにもメリットがある!

TriprouterはWi-Fiを飛ばす以外にも、USB接続でインターネットに繋ぐ事も可能です。

それ以外にも、モバイルバッテリーとして使うこともできますので、お使いのスマホの充電が切れそうになったらTriprouterから給電をする事も可能です。

長時間使えない点を除けば、Triprouterは通常利用では十分すぎるモバイルルーターです。もちろんW06やWX05と比較してしまうと劣ってしまいますが、機能としては十分使えるレベルです。

「カシモWiMAXの2年契約はおすすめ」できるの?

カシモWiMAXの2年契約のデメリットを記載していきます。

  • auスマートバリューmine対象外
  • ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)が有料オプション
  • 端末(Triprouter)に若干の不安

1.auスマートバリューmine対象外

auスマートバリューとは、auユーザーがWiMAXを契約すると、auスマホの利用料金が毎月最大約1,000円の割引を受けることができます。

しかし、カシモWiMAXはスマートバリュー及びスマートバリューmineの対象外のプロバイダとなっており、カシモWiMAXを契約したからと言ってauスマホの料金は安くなりません。

2.ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)が有料オプション

カシモWiMAXの2年契約のTriprouterプランでは、au 4G LTEのモードは有料オプションとなっております。

料金は月額1,005円となっており、ハイスピードプラスエリア(au 4G LTE)モードを利用した場合に請求が来ますので、注意して下さい。

ハイスピードプラスエリアモードは月7GBの速度制限があったりと、緊急時以外は使わないほうが無難です。

3.端末(Triprouter)に若干の不安

Triprouterは連続通信時間が他の端末と比較すると短く、最大速度も220Mbpsとちょっと物足りない数字になっています。

カシモWiMAXのTriprouterプランは2年契約となっていますので、2年間は使い続けないと駄目です。

途中解約は違約金が取られてしまいます。

そう考えると、端末がTriprouterでも気にしないと言う人はカシモWiMAXの2年契約のプランはおすすめできますが、端末はやっぱり最新端末の「W06」「WX05」が良いという人にはカシモWiMAXはおすすめできません

Triprouter以外の端末を選んでしまうと3年契約なので注意して下さい。何度も記載していますが3年契約の場合、カシモWiMAXは月額料金が高いのでおすすめできません。

カシモWiMAXの2年契約のメリットもみていきましょう!

  • 2年契約の中では、月額料金が最安値
  • 契約期間が2年と短い

1.2年契約の中では、月額料金が最安値

月額料金が2ヶ月目迄1,380円、3ヶ月目~24ヶ月目3,380円と格安で利用ができます。

2年間の合計費用も、77,120円(税抜)とWiMAX業界の中で最安値でギガ放題プランが利用できます

もちろん、本体代0円と端末代はかかりませんので、安くWiMAXを使いたい方には、カシモWiMAXがおすすめです。

2.契約期間が2年と短い

WiMAXの殆どのプロバイダが契約期間3年間となっている中で、カシモWiMAXのTriprouterプランは契約期間が2年です。

当たり前ですが、3年契約の場合は、2年契約よりも1年も長いため、モバイルルーターのバッテリーの持ちが悪くなったり、モバイルルーターが故障する確率が上がったりと、本体端末が壊れる可能性もあります。

そう考えると、契約期間はできるだけ短いほうが良いですね。

途中で解約したくても違約金が高額のため、解約しづらいという口コミもよく聞きます。

安くWiMAXを2年契約で使うのであればカシモWiMAXの端末はTriprouterがおすすめです。

何回も記載していますが、Triprouter以外の端末を選んだ場合は3年契約ですので注意して下さい。

カシモWiMAXの申込みはこちら

カシモWiMAXの3年契約はおすすめできない!

カシモWiMAXの3年契約は「最安級プラン」と「新端末プラン」の2つのプランが用意されています。

最安級プランの料金は、

月額料金
初月 0円
1ヶ月目 1,380円
2~24ヶ月目 3,480円
25ヶ月目以降 4,079円
3年間合計 130,368円

となっており、まあまあ安いですが、他にもっと安く使えるWiMAXのプロバイダはあります。

新端末プランの料金は、

月額料金
初月 1,380円
1ヶ月目 1,380円
2~24ヶ月目 3,580円
25ヶ月目以降 4,079円
3年間合計 134,048円

上記の通り、新端末プランは「最安級プラン」よりも2~24ヶ月目が100円高くなっています。また初月も1,380円の定額となっているため、最安級プランよりも3年間合計で3,680円高いです。

3,680円を多く支払って最新端末を使うか、我慢して旧端末を使うかは、購入者次第になります。

何の情報もなしにカシモWiMAXの3年契約の料金だけ見ると安いのでは?と勘違いしてしまいますが、安くないので注意して下さい。

カシモWiMAXと他WiMAXを比較

WiMAXの業界で安いと言われているGMOとくとくBBと比較をしてみます。

今回比較対象となる「GMOとくとくBB」のプランは、今一番大人気の「月額料金が安いギガ邦題プラン」になります。

さっそくGMOとくとくBBの料金をみてみましょう!

月額料金
初月 2,170円の日割り
1~2ヶ月目 2,170円
3~36ヶ月目 3,480円
3年間合計 122,660円

3年間の合計費用は122,660円です。
カシモWiMAXの最安級プランと比較すると、圧倒的にGMOとくとくBBがおすすめと言うのがわかります。

  3年間合計 キャッシュバック
GMOとくとくBB 122,660円 5,000円
カシモWiMAX 130,368円 なし

しかも、GMOとくとくBBは最新端末のW06、WX05、HOME 02等、全て無料で選ぶことができます。
カシモWiMAXの場合、最新端末プランは上記の金額よりもさらに高くなります。

GMOとくとくBBの方が最新端末も使えて、3年間の合計費用も安いです。さらにキャッシュバックの5,000円まで貰えますので、3年契約のプランを考えている場合、間違いなくGMOとくとくBBの方がおすすめです。


3年契約でおすすめのGMOとくとくBBのメリットみていきましょう!

  • auスマートバリューmine対応
  • ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE) 無料
  • 本体代無料
  • 20日以内ならキャンセルOK
  • 今だけ5,000円キャッシュバック
  • WiMAX最安値

上記の通り、GMOとくとくBBの割安プランは3年契約のWiMAXの中で一番おすすめできます。

電話が繋がりづらい等、一部でGMOとくとくBBの評判は悪いですが、WiMAXを安く使うなら間違いなくGMOとくとくBBです。

最新端末が最安値の月額料金で使うことができます。

GMOとくとくBBの申込みはこちら

契約期間の縛りが気になる人へ


2年契約や3年契約といった契約期間の縛りが嫌という人が最近増えてきています。

そこで、今大人気なのが「縛りなしWiFi」です。

縛りなしWiFiは契約期間の縛りがないレンタルWiFiです。

WiMAXもしくは、SoftBankの端末を提供されるのですが、月間無制限に使えるため、不自由なくインターネットが利用できます。
※3日で10GB or 1日3GBの制限有

縛りなしWiFiの特徴として

  • 初期費用0円、契約事務手数料0円
  • 初月は日割り
  • 月額料金3,300円
  • 13ヶ月目以降は月額料金2,800円
  • 月間通信量無制限
  • 契約解除料0円

となっており、月額料金も安く、初期費用も0円のため気軽にレンタルを開始することができます。

月額料金もカシモWiMAXやGMOとくとくBBよりも安い、月額3,300円の2年目以降は2,800円と超格安で利用できます。

回線Boyの中でも一番売れているポケットWiFiとなっております。

デメリットとしては、レンタルのため、契約を解除した際は返却しないといけません

返却方法はレターパックライト等を利用して送り返せばOKです。

初期費用もかからず、月額料金も安く、月間無制限にインターネットが使えますので、縛りなしWiFiはおすすめです。

縛りなしの申込みはこちら

「カシモWiMAXのお得なプランはひとつのみ!」のまとめ

カシモWiMAXの2年契約のTriprouterプランは月額料金も安くおすすめですが、それ以外の3年契約のプランはおすすめできません。

絶対に注意していただきたいのが、カシモWiMAXの申し込みフォームでは契約期間が何年か記載がありません。

他のホームページではTriprouter以外のプランも2年契約と思わせる書き方をしているサイトもありますので注意して下さい。

カシモWiMAXの2年契約のTriprouterプランは安くておすすめです。それ以外の端末を選ぶと三年契約となっていますので、注意して下さい。

カシモWiMAXの申込みはこちら