インターネット回線

ついに解禁!光コラボから光コラボへ乗り換えが可能に!!

現在の光コラボに不満がありませんか?

「ネットの料金が安くなる、ネットが速くなる」そんな話だったのに、いざ光コラボでプロバイダを変えたら思ったように変わらず後悔していませんか?

光コラボは一度転用をしてしまうと次は転用ができないという大きなデメリットがありました。

ところがこの大きな光コラボのデメリットがついに解禁されることになりました。

ここでは光コラボから他の光コラボへの乗り換えについてご説明していきます。

現在光コラボで他の光コラボに乗り換えたいけれどあきらめていた方は是非参考にしてください。

転用と事業者変更の違い
転用とはNTTから他の光コラボ事業者に変更することを指し、事業者変更とは光コラボ事業者から光コラボ事業者に変更することを事業者変更と言います。
例として
・NTTのフレッツ光から工事無しでソフトバンク光に変更することを転用
・ソフトバンク光からドコモ光に工事無しで変更することを事業者変更
と言います。

光コラボで失敗!?

近所の電気屋さんで安くなるし速くなるっていうから光コラボでプロバイダを変えたんだけど、なんかネットが遅くなっちゃった・・・
確かに料金は少し安くなったんだけど、これじゃゲームもまともにできないから元に戻したい。
でも、プロバイダに電話したらできないって言われちゃった
そうだね。
光コラボは1度転用してしまうと、2度目の転用はできないルールなんだよね。
次に他の光コラボに変えたいと思ったら今の契約を解約して、新規で他の光コラボを契約するしかないんだよ
え!!そんなこと聞いてないよぉ~

このようなトラブルは光コラボあるあるで、電話営業や訪問営業などで光コラボで転用した場合、営業マンの説明不足で1度転用したらもとに戻せないと伝えず、後に問題になる事が多いです。
※2019年7月より事業者変更が可能になり、光コラボから光コラボへ乗り換えが可能になりました。

特に多いのが、スマホの会社を変更したためにセット割りが受けられなくなってしまうケースです。

現状では今の光コラボを解約して新たに光コラボを契約するか、一時2回線になってしまいますが別の光回線を契約し開通後今までの回線を解約するという方法になってしまいますが、どちらも工事が必要になるので、工事費用が発生してしまいます。

この場合は、乗り換え先の光コラボは工事費が無料の光コラボを選ぶのがお得です。

また、問題なのが固定電話で、転用ができないということは新規で契約する事になるので今お使いの電話番号が使えなくなってしまいます。

昔から使っている電話番号が変わるのは困るという人にとっては大問題です。

この問題があるために、1度転用をしてしまった人の中には今のプロバイダを我慢して使っているという人は少なくないようです。

すべての電話番号が移行できないということではなく、昔からの電話番号(加入権)がついている場合には少し手間がかかっしまいますが番号そのままで乗り換えすることは可能です。

問題が解決!光コラボから光コラボの転用(事業者変更)が可能に!

光コラボは乗り換えができないって言われてたけど変わったの!?
正確には変わったではなく変わるなんだけど、そんな不満がついに解決!光コラボから他の光コラボに乗り換えが出来るようになったんだよ。
これで今まで他のプロバイダに乗り換えたくても乗り換えられないストレスから解消されるね。

光コラボから光コラボへの転用に関しては一度しか転用ができないため、一度転用してしまったら次回は他の光コラボと新規契約をするしかありまあせんでした。

このため光コラボによる乗り換えに踏み切れない人も多くいるようです。

しかしついにこの光コラボから光コラボの乗り換えができないというデメリットが解消されることになりました。

この問題についてはNTT側も問題視していたようで、2018年5月にはNTTが総務省に提出した【光コラボレーションモデルにおける「事業者変更」の対応について】という資料が総務省のホームページで公開されました。

この資料の中には「簡単な手続きで、ご利用中の設備等をそのまま利用し、異なるコラボ光サービスへの円滑な変更が可能となる事業者変更の仕組みを導入」という一文があります。

そして2019年7月より光コラボから光コラボに事業者変更をすることが可能となります。

光コラボから光コラボの乗り換え方法

2019年6月までは、光コラボから光コラボの乗り換えは2つの方法しかありませんでした。

一つは下の図のように、現在利用している光コラボAはそのままで、新たに光コラボBを契約工事し、光コラボBが開通後光コラボAを解約廃止する方法です。

この方法だとインターネットを利用できない期間が発生しないため、仕事などで毎日インターネットを使われている方におすすめです。

ただし、この方法の場合、2本の光ファイバーを同時に宅内に引き込まなければいけないので、屋内に引き込むルートの確保が必要となります。

マンションンの場合2本の光ファイバーを引き込むことが難しいためこの方法が取れないことが多いようです。

また、上の方法とは別に現在利用している光コラボAを解約撤去後に新たに光コラボBと契約新設する方法もあります。

この方法だと、現在利用している光ファイバーと別に宅内に引き込む必要がないので、マンションなどの光コンセントが一つしかない場合でも工事が可能です。

しかし、この場合光コラボAを解約後から光コラボBが開通するまでの間インターネットが利用できなくなってしまいます。

ネットがないと困る場合には、モバイルルーターをレンタルするなどの対策が必要です

光コラボから光コラボに簡単に乗り換えする方法がスタート

上で紹介した方法では、非常に手間と時間がかかってしまう事、工事費が新たに発生してしまう事などデメリットも多くあるため、光コラボから光コラボの乗り換えをする人はあまりいませんでした。

しかし7月1日よりスタートした事業者変更で光コラボから光コラボへの変更が簡単になります。

上のように簡単な手続きだけで、光りコラボから光コラボへの乗り換え、事業者変更が可能となります。

ひかり電話の番号も変更なしで乗り換え可能

今まで電話番号を引き継ぐ場合、加入権付きの電話番号を光コラボから光コラボに変更する際はアナログ戻しという作業が必要ではありますが、電話番号をそのまま引き継ぎ可能でした。

ただし光回線にしたときに電話番号を取得する光発番の場合は、初めてフレッツ光から光コラボに転用するときは番号を引き継ぎすることはできましたが、光コラボから光コラボへの電話番号の引継ぎは不可能でした。

7月1日からスタートする事業者変更では今までできなかったひかり電話の番号も簡単に引継ぎできるようになりました

また、加入権付きの電話番号もアナログ戻しなどの面倒な手続きが不要になります。

電話番号の引継ぎは光コラボの乗り換えの大きなハードルとなっていましたが、今回の事業者変更で一気に乗り換えのハードルが低くなったといえるでしょう。

引用元:事業者変更のお手続き

光コラボから光コラボへの事業者変更の方法

事業者変更の手続きは以下の手順となります。

ステップ1

現在利用中の光コラボレーション事業者から「事業者変更承諾番号」を発行してもらう。

「事業者変更承諾番号」とは事業者変更に必要で、契約者本人が現在の光コラボ事業者に連絡し、番号の発行手続きを行います。

「事業者変更承諾番号」の発行手続きに関しては光コラボ事業者により違いますので、現在契約中の光コラボ事業者に確認が必要です。

「事業者変更承諾番号」の有効期間は15日間です。
有効期間内にステップ2の手続を行わないと番号は無効となってしまい、「事業者変更承諾番号」を再度発行することになってしまいますので注意が必要です。

ステップ2

次に希望する光コラボ事業者に申し込みをする。

新たに契約する光コラボ事業者にステップ1で発行してもらった「事業者変更承諾番号」を伝え事業者変更の申し込みを行う。

現在付加サービスをNTT東日本やNTT西日本と契約中の場合NTTにも連絡する必要があります。

以上で手続きは終了です。

変更手続きや変更にかかる期間などについては各光コラボ事業者により違いますので確認してください。

初期契約解除制度について
初期契約解除制度とは契約した日から8日間が経過するまでは、申し込んだ光コラボ事業者の合意が無くても利用者の都合で契約を解除できる制度です。
電話営業などでよく理解せずに契約してしまった場合の対応策となります。
ただし、契約解除した場合、それまでに利用したサービスの利用料金や一定の工事費、事務手数料は支払う必要があります(それ以外の契約解除料金や違約金については支払う必要はありません)

光コラボから光コラボへ乗り換えにかかる費用

光コラボから光コラボに事業者変更する場合、事務手数料と承諾番号払出手数料の2つがかかります。

事務手数料 3,000円(転用先に支払い)
承諾番号払出手数料 3,000円(転用元に支払い)
ひかり電話オプション 1,800円

事務手数料は乗り換え先、承諾番号払出手数料は今まで利用していた会社に支払います。

承諾番号払出手数料は事業者によって違いますので現在お使いのプロバイダにお問い合わせください。

事業者変更は始まったばかりで情報があまり多くありません。
上の表は現在分かっているソフトバンク光、ドコモ光の承諾番号払出手数料となっています。

また、ひかり電話オプションは現在利用しているオプションサービスが転用先の事業者で提供できない場合、NTTと直接契約します。

その際にかかる費用で1,800円の手数料をNTTに支払いますが、電話のオプションが不要であればひかり電話オプションの1,800円は必要ありません。

NTT東日本オプションサービス NTT西日本オプションサービス
FAXお知らせメール FAXお知らせメール
フリーアクセス・ひかりワイド フリーアクセス・ひかりワイド
コールセレクト コールセレクト
特定番号通知機能 特定番号通知機能
ひかり電話#ダイヤル ひかり電話#ダイヤル
通話割引サービス(付加サービスセット・テレビ電話チョイス定額
グループ通話定額)
通話割引サービス(テレビ電話チョイス定額・グループ通話定額)

光コラボから光コラボの乗り換えのおすすめ方法は?

光コラボ事業者の変更が可能になったことで、今お使いの光回線に不満がある場合の対応策として3つの方法から選択できるようになりました。

  1. 現在契約中の光コラボ事業者を他の光コラボ事業者に変更する。
  2. 他の光コラボ事業者と新規で契約する。
  3. 他の光回線(auひかりやNURO光等)に変更する。

この中でお得に光コラボを利用できるのはどの方法でしょうか。

手間なく簡単に光コラボを乗り換えるなら「事業者変更」がおすすめ

光コラボから光コラボへの事業者変更が可能になったことで、乗り換え(新規契約)が面倒だったと言う人も、簡単に光コラボの乗り換え(事業者変更)が出来るようになりました。

2019年6月以前は、光コラボの乗り換えは事業者変更が出来なかったから、一度解約して新規に光コラボを申し込まないといけなかったんだよ。

中でもお使いのスマホとのセット割が利用できていない人には非常に大きな朗報です。

例えば、ドコモのスマホを利用しているけどソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンが魅力的で契約してしまった。

しかし、よく考えたらドコモのスマホとのセット割を受けることが出来ないから「ドコモ光」に乗り換えたい。
※セット割はスマホ会社の契約内容にもよりますが、毎月のスマホ代が500円~2,000円前後安くなります。

このような場合には多少の事務手数料などを支払っても、光コラボを乗り換えた方(事業者変更もしくは新規契約でもOK)がお得です。

緊急告知!ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えが可能に!!!ドコモのスマホや携帯電話を使用しているのにおうちのインターネットはソフトバンク光。 こんな人かなりいるようです。 ドコモのス...

今回の光コラボから光コラボへの乗り換え、事業者変更で一番メリットがあるのが利用しているスマホと光回線がセットではないユーザー(スマホとのセット割の恩恵を受けていない人)です。

また、格安スマホなどをお使いの方で、スマホの割引は気にしないという方には、月額料金の安い光コラボに乗り換えるというのもおすすめです。

光コラボから光コラボへの乗り換えはenひかりがおすすめ

光コラボから光コラボへ乗り換え(事業者変更)を上手に行うためには以下のようなポイントがありますので押さえておきましょう。

事業者変更のポイント

・契約期間が間近。
・工事費の支払いが終わっている。
・メールアドレスが変わっても大丈夫。
・乗り換え先の光コラボはIPoE接続に対応している。
・今よりも月額料金が安くなる。
・いつでも解約ができる。

以上のポイントを押さえておけば上手に光コラボから光コラボに乗り換えすることができるでしょう。

そこで当サイトがおすすめするのが光コラボレーションのenひかりです。

月額料金も安く、IPv6+IPoE接続にも対応、縛りも解約金もないので自分に合わなければいつでも解約ができるのはenひかりの特徴です。

光コラボの乗り換え先で悩んだらenひかりはかなりおすすめです。

enひかりはIPv6で超高速通信!?しかも料金が安い!~キャンペーン情報・評判~安いインターネットをお探しの人多いですよね。 enひかりなら光コラボレーションの中でも戸建て月額4,300円、マンション月額3,3...

auひかりやNURO光を検討してみる

回線速度やキャッシュバックなどの特典を期待するのであれば光回線をauひかりやNURO光に変更するのがおすすめです。

特にNURO光に関しては料金が安いだけではなく回線速度も速いのでより快適にインターネットを利用できるようになります。

auひかりも同様で光コラボ各社よりも月額料金が安く速度についても下り最大2Gbpsと高速通信です。

工事費も実質無料で新規契約時のキャッシュバックなどの特典もあるので、光コラボ事業者の変更よりもお得にインターネットを快適に利用できるようになります。
ただし、問題として利用できる地域が限られていること。

NURO光がご利用予定のエリアに対応していれば一番おすすめの光回線です。

NURO光の申込みはこちら

1ギガ超え!NURO光のメリット・デメリットを検証~お得なキャンペーンも有~ NURO光おすすめキャンペーン情報 オプション契約なしで35,000円のキャッシュバック! NURO光の申込みはこちら N...

他の光コラボ事業者と新規契約

どうせ光コラボを乗り換えるなら、少しでも特典があるほうがいいという方には、面倒ではありますが他の光コラボ事業者と新規契約する方法がおすすめです。

他の光回線を新規で契約する場合、光コラボ事業者によって特典など大きく変わってきますので、どの光コラボを選ぶのかが非常に重要になってきます。

光コラボ事業者を選ぶコツは

光コラボ事業者を新規で契約する場合、どのように選べばお得なのでしょうか?

光コラボを選ぶポイントは、

  • スマホを使っているならセット割がある光コラボを選ぶ事
  • 工事費が無料であること
  • 新規契約時のキャッシュバックや特典が多いこと
  • IPv6接続が可能なこと

以上のポイントを押さえると後に後悔しない光回線選びができます。

光コラボから光コラボへの乗り換えが簡単になったといっても違約金などの問題もあるので、一度乗り換えたら簡単にまた次にという訳にもいきません。

では、何を基準に光コラボを選べばいいのでしょうか?

ここからはユーザーの環境に合わせたおすすめの光コラボをご紹介していきます。

ドコモのスマホをお使いの方におすすめは「ドコモ光(GMOとくとくBB)」


ドコモのスマホをお使いの方ならばドコモ光が一押しです。

今までドコモの料金プランが複雑で、セット割の金額も分かりにくいものでしたが、6月1日からスタートした新プランではスマホの料金も簡単になり、それに伴い光回線とのセット割もわかりやすくなりました。

ドコモ光とスマホのセット割でスマホの月額料金が1台につき最大1000円の割引を受けることができるよ!さらに家族にも有効だからドコモを利用している人が多ければ多いほどメリットがあるよ!

ドコモ光は他の光コラボ事業者と違いプロバイダを選ぶ必要があります。

プロバイダごとにサービスが違うので、どのプロバイダがいいのか悩んだときにおすすめなのがGMOとくとくBBです。

料金も安く新規契約時の特典も豊富で、工事費が無料のキャンペーンやキャッシュバックも用意されています。

また、IPv6+IPoE接続にも対応しているので速度の面でも安心できます。

ドコモ光の中で、今最もおすすめなプロバイダです。

  月額料金
マンションタイプ 4,000円
戸建て 5,200円
月額料金も安く、キャッシュバックも貰えるドコモ光はおすすめだよ!IPv6対応のWi-Fiルーターも無料レンタルできるよ!

GMOとくとくBBの申込みページへ

ソフトバンクのスマホをお使いの方

ソフトバンクのスマホをお使いの方におすすめなのが光コラボ事業者ではありませんがSo-netが提供するNURO光です。

NURO光はソフトバンクのスマホやケータイが安くなるスマホ割りも適応になるだけではなく、キャッシュバックも高額で月額料金もソフトバンク光よりも低価格です。

新規導入時の問題でもある工事費が無料な点や、回線速度も速くメリットが多いので、ソフトバンクユーザーは新規にソフトバンク光を引くよりもNURO光のほうがおすすめです。

ソフトバンク光 NURO光
月額料金(戸建て) 5,200円 4,743円
月額料金(マンション) 3,800円 1,900円~2,500円
工事費 実質無料 実質無料
契約期間 2年 2年
違約金 9,500円 9,500円
回線速度 1Gbps 2Gbps
接続方式 IPv6+IPoE IPv6+IPoE

ただし、NURO光の一番大きな欠点はサービス提供地域が狭いことです。

順次提供エリアは拡大していますが、2019年6月の時点では以下のような提供エリアとなってしまいます。

ソフトバンクユーザーでNURO光提供エリア内の方なら、すべての光回線の中で最もおすすめなのがNURO光といってもいいでしょう。

NURO光の申込みはこちら

NURO光の提供エリア外でソフトバンクのスマホをお使いの方におすすめなのがソフトバンク光です

回線速度もIPv6に対応していることやサポートの評判も好評で、何よりもソフトバンクのおうち割が適応になりますのでソフトバンクのスマホやケータイの料金が割引になります。

僕の家は家族5人のうち4人がソフトバンクスマホだったから毎月4,000円安くなったよ

キャッシュバックも光コラボの中では高額なので、ソフトバンクユーザーにはメリットも多くおすすめの光回線です。

ソフトバンク光の申し込みはこちら

ただし、ソフトバンクのおうち割の場合、BBユニットなどのレンタルが必須となるので、おうち割りが適応になる回線が1台の場合お得感が薄れてしまいます。

その場合にはenひかりなど月額料金が安い光コラボを選ぶのもおすすめです。

auのスマホをお使いの方

auスマホをお使いの方ならスマートバリューが利用できる光回線がおすすめです。

その中でもauユーザーに特におすすめなのが、光コラボではありませんがauひかりは特におすすめです。

auひかりはキャッシュバックなどの乗り換え時のキャンペーンが充実していて、今まで使っていた回線の違約金や工事費の残金なども補填してくれるキャンペーンを行っているので、ほぼ出費無しでauひかりに乗り換える事が可能です。

月額料金も光コラボよりも安く回線速度の評判も良いのでauスマホをお使いの方ならauひかりは一番のおすすめでしょう。

auひかりの申込みページへ

ただし、光コラボはほぼ全国で利用できますが、auひかりは提供地域が限られてしまいます。

お住まいの地域が契約可能な地域か確認が必要です。

auひかりが利用できない場合におすすめな光コラボがSo-net光プラスです。

So-net光プラスは光コラボでもauのスマートバリューが適応になるのでauひかりが利用できない人でもauスマホが安く利用できます。

両社とも工事費が実質無料のキャンペーンも行っていますし、キャッシュバックも用意されていますのでネットの乗り換えの満足度は高くおすすめです。

So-net光プラス
月額料金(戸建て) 3,980円(36か月)
月額料金(マンション) 2,980円(36か月)
キャッシュバック 無し
接続方法 IPv6+IPoE
おすすめ窓口 公式サイト

3年後に他の光コラボに乗り換えるのが前提で毎月の料金をとにかく押さえたい方にはSo-net光プラスがおすすめです。
So-net光の詳細ページ

スマホの割引は気にしないという方

スマホがドコモ、ソフトバンク、au以外の場合や家族でスマホの会社がバラバラの場合には【月額料金、回線速度】が重要です。

このようなケースの場合にはスマホとのセット割があまり期待できないので、月額料金が安く設定された光コラボを選ぶのがおすすめです。

ただし料金ばかり安くなってもネットが遅いのでは意味がありません。

次世代の接続方法でもあるIPv6に対応した光コラボを選ぶ事は絶対条件といえます。

そこでおすすめなのがenひかりです。

月額料金が業界最安で、IPv6にもオプションではありますが対応しているので、最初はオプションを契約せずに利用して回線速度にストレスを感じるようであればオプションのIPv6を契約すればいいでしょう。

格安スマホをお使いのかたにはenひかりがおすすめです。

enひかりはIPv6で超高速通信!?しかも料金が安い!~キャンペーン情報・評判~安いインターネットをお探しの人多いですよね。 enひかりなら光コラボレーションの中でも戸建て月額4,300円、マンション月額3,3...

まとめ

光コラボから光コラボへの事業者変更が7月1日より可能になったことで、今まで光コラボに不満があった人がNTTに戻したり、他の光コラボ事業者に回線を変えることができるようになりました。

光コラボを利用して転用した時のように工事が不要で簡単にできるため、今まで光回線の乗り換えに躊躇していた人にも変えやすくなりました。

しかし、もっとお得くに光回線を乗り換えるのであれば、他の光回線の選択も検討することや他の光コラボ事業者と新規契約することも検討することで、よりお得にインターネットを利用することができます。

この機会に改めて自分に合った光回線を選んでみてくださいね!