インターネット回線

ついに解禁!光コラボから光コラボへ乗り換えが可能に!!

現在の光コラボに不満がありませんか?

「ネットの料金が安くなる、ネットが速くなる」そんな話だったのにいざ光コラボでプロバイダを変えたら思ったように変わらず後悔していませんか?

光コラボは一度転用をしてしまうと次は転用ができないとう大きなデメリットがありました。

ところがこの大きな光コラボのデメリットがついに解禁されることになりました。

ここでは光コラボから他の光コラボへの乗り換えについてご説明していきます。

現在光コラボで他の光コラボに乗り換えたいけれどあきらめていた方は是非参考にしてください。

転用と事業者変更の違い
転用とはNTTから他の光コラボ事業者に変更することを指し、事業者変更とは光コラボ事業者から光コラボ事業者に変更することを事業者変更と言います。
例として
NTTのフレッツ光から工事無しでソフトバンク光に変更することを転用
ソフトバンク光からドコモ光に工事無しで変更することを事業者変更と言います。

光コラボで失敗!?

近所の電気屋さんで安くなるし速くなるっていうから光コラボでプロバイダを変えたんだけど、なんかネットが遅くなっちゃった・・・
確かに料金は少し安くなったんだけど、これじゃゲームもまともにできないから元に戻したい。
でも、プロバイダに電話したらできないって言われちゃった
そうだね。
光コラボは1度転用してしまうと、2度目の転用はできないルールなんだよね。
次に他の光コラボに変えたいと思ったら今の契約を解約して、新規で他の光コラボを契約するしかないんだよ
え!!そんなこと聞いてないよぉ~

このようなトラブルは光コラボあるあるで、電話営業や訪問営業などで光コラボで転用した場合、営業マンの説明不足で1度転用したらもとに戻せないと伝えず、後に問題になる事が多いです。

特に問題なのが固定電話で、転用ができないということは新規で契約する事になるので今お使いの電話番号が使えなくなってしまいます。

昔から使っている電話番号が変わるのは困るという人にとっては大問題です。

この問題があるために、1度転用をしてしまった人の中には今のプロバイダを我慢して使っているという人は少なくないようです。

問題が解決!光コラボから光コラボの転用(事業者変更)が可能に!

光コラボは乗り換えができないって言われてたけど変わったの!?
正確には変わったではなく変わるなんだけど、そんな不満がついに解決!光コラボから他の光コラボに乗り換えが出来るようになったんだよ。
これで今まで他のプロバイダに乗り換えたくても乗り換えられないストレスから解消されるね。

光コラボから光コラボへの転用に関しては一度しか転用ができないため、一度転用してしまったら次回は他の光コラボと新規契約をするしかありまあせんでした。

このため光コラボによる乗り換えに踏み切れない人も多くいるようです。

しかしついにこの光コラボから光コラボの乗り換えができないというデメリットが解消されることになりました。

この問題についてはNTT側も問題視していたようで、2018年5月にはNTTが総務省に提出した【光コラボレーションモデルにおける「事業者変更」の対応について】という資料が総務省のホームページで公開されました。

この資料の中には「簡単な手続きで、ご利用中の設備等をそのまま利用し、異なるコラボ光サービスへの円滑な変更が可能となる事業者変更の仕組みを導入」という一文があります。

そして2019年7月より光コラボから光コラボに事業者変更をすることが可能となります。

今まで光コラボから光コラボに変更する場合、現在利用しているA社をそのままにB社と契約し工事、B社の回線が開通後A社を解約・撤去という流れでした。

光りコラボから光コラボへの事業者変更が可能となると、工事が不要となります。

また、大きな問題とされていた固定電話の電話番号もそのまま移行できるようにもなりました。

これらの対応で光コラボでの転用のハードルがかなり低くなりました。

光コラボから光コラボへの事業者変更の方法

事業者変更の手続きは以下の手順となります。

ステップ1

現在利用中の光コラボレーション事業者から「事業者変更承諾番号」を発行してもらう。

「事業者変更承諾番号」とは事業者変更に必要で、契約者本人が現在の光コラボ事業者に連絡し、番号の発行手続きを行います。

「事業者変更承諾番号」の発行手続きに関しては光コラボ事業者により違いますので、現在契約中の光コラボ事業者に確認が必要です。

「事業者変更承諾番号」の有効期間は15日間です。
有効期間内にステップ2の手続を行わないと番号は無効となってしまい、「事業者変更承諾番号」を再度発行することになってしまいますので注意が必要です。

ステップ2

次に希望する光コラボ事業者に申し込みをする。

新たに契約する光コラボ事業者にステップ1で発行してもらった「事業者変更承諾番号」を伝え事業者変更の申し込みを行う。

現在付加サービスをNTT東日本やNTT西日本と契約中の場合NTTにも連絡する必要があります。

以上で手続きは終了です。

変更手続きや変更にかかる期間などについては各光コラボ事業者により違いますので確認してください。

初期契約解除制度について
初期契約解除制度とは契約した日から8日間が経過するまでは、申し込んだ光コラボ事業者の合意が無くても利用者の都合で契約を解除できる制度です。
電話営業などでよく理解せずに契約してしまった場合の対応策となります。
ただし、契約解除した場合、それまでに利用したサービスの利用料金や一定の工事費、事務手数料は支払う必要があります(それ以外の契約解除料金や違約金については支払う必要はありません)

光コラボから光コラボへの乗り換えにかかる費用

光コラボから光コラボへの乗り換えにはお金がかかります。

事務手数料や解約金・違約金が発生する場合がありますので注意が必要です。

事務手数料につきましては現時点でサービスが開始していないので詳しい料金などはまだ不明な点が多く、詳細については各光コラボ事業者に確認してください。
(当サイトでも引き続き情報があり分かり次第更新していきます)

光コラボから光コラボの乗り換えはお得?

光コラボ事業者の変更が可能になったことで、今お使いの光回線に不満がある場合の対応策として3つの方法から選択できるようになりました。

  1. 現在契約中の光コラボ事業者を他の光コラボ事業者に変更する。
  2. 他の光コラボ事業者と新規で契約する。
  3. 他の光回線(auひかりやNURO光等)に変更する。

この中で一番お得にインターネットを快適にお得に利用できるようになるのはどうするのが良いのでしょうか?

イチ押しは他の光回線に変更すること

一番お得に光コラボを乗り換えるならば光回線を変えてしまうのが最もおすすめです。

特にNURO光に関しては料金が安いだけではなく回線速度も速いのでより快適にインターネットを利用できるようになります。

1ギガ超え!NURO光のメリット・デメリットを検証~お得なキャンペーンも有~ NURO光おすすめキャンペーン情報 オプション契約なしで35,000円のキャッシュバック! NURO光の申込みはこちら N...

また、auひかりも同様で光コラボ各社よりも月額料金が安く速度についても定評があります。

工事費も実質無料で新規契約時のキャッシュバックなどの特典もあるので、光コラボ事業者の変更よりもお得にインターネットを快適に利用できるようになります。

ただし、問題として利用できる地域が限られていること。

利用したい地域内であればNURO光は今一番のおすすめの光回線です。

NURO光の申込みはこちら

他の光コラボ事業者と新規契約

次におすすめなのが他の光回線を新規で契約する方法です。

他の光回線を新規で契約する場合、光コラボ事業者によって特典など大きく変わってきますので、どの光コラボを選ぶのかが非常に重要になってきます。

光コラボ事業者を選ぶコツは

そんな光コラボですが、どのように選べばお得なのでしょうか?

光コラボ事業者を選ぶには3つのポイントがあります。

1.工事費が無料であること
2.新規契約時のキャッシュバックや特典が多いこと
3.IPv6接続が可能なこと

以上3点がお得に、後悔しない光コラボ事業者を選ぶポイントとなります。

ただし改めて光回線の導入工事があるので事業者変更よりも手間がかかってしまいます。

お得感が少ない事業者変更

そして今回解禁となった光コラボから光コラボへの乗り換え事業者変更については、事務手数料や場合によっては違約金や解約金がかかるためあまりおすすめではありません。

ただし、面倒なことやで固定電話の番号が変わりたくないという人は光コラボの事業者変更ということになります。

そこで少しでもお得に光コラボの事業者変更をしたいという人は、新規契約と同様に光コラボ事業者を上手に選ぶましょう。

光コラボ事業者によっては新規よりは安いもののキャッシュバックなどの特典が用意されていますのでそのような光コラボを選ぶのが良いでしょう。

また、回線速度についてもインターネットの接続にIPv6が利用出来る光コラボ事業者を選ぶとより快適にインターネットを利用できるようになります。

光コラボから光コラボへの乗り換えはenひかりがおすすめ

光コラボから光コラボへ乗り換え(事業者変更)を上手に行うためには以下のようなポイントがありますので押さえておきましょう。

事業者変更のポイント

契約期間が間近。
工事費の支払いが終わっている。
メールアドレスが変わっても大丈夫。
乗り換え先の光コラボはIPoE接続に対応している。
今よりも月額料金が安くなる。
いつでも解約ができる。

以上のポイントを押さえておけば上手に光コラボから光コラボに乗り換えすることができるでしょう。

そこで当サイトがおすすめするのが光コラボレーションのenひかりです。

月額料金も安く、IPv6+IPoE接続にも対応、縛りも解約金もないので自分に合わなければいつでも解約ができるのはenひかりならではです。

光コラボの乗り換え先で悩んだらenひかりはかなりおすすめです。

まとめ

光コラボから光コラボへの事業者変更が7月1日より可能になったことで、今まで光コラボに不満があった人がNTTに戻したり、他の光コラボ事業者に回線を変えることができるようになりました。

光コラボを利用して転用した時のように工事が不要で簡単にできるため、今まで光回線の乗り換えに躊躇していた人にも変えやすくなりました。

しかし、もっとお得くに光回線を乗り換えるのであれば、他の光回線の選択も検討することや他の光コラボ事業者と新規契約することも検討することで、よりお得にインターネットを利用することができます。

この機会に改めて自分に合った光回線を選んでみてくださいね!