インターネット回線

So-net光プラスのキャンペーンを解説!メリット・デメリットを知っておこう

インターネットを長くお使いの人なら【So-net】はご存じの方も多いと思います。

インターネットが始まったころからの老舗プロバイダですが、そのSo-netが提供する光コラボレーションがSo-net光プラスです。

キャンペーンやオプションなども豊富で光コラボの中でも人気度は高い光回線です。

So-net光プラスとは

So-net光プラスはソニーネットワークコミュニケーションズが運営する光コラボレーションです。

老舗のプロバイダという事もあり利用者も多い光回線ですが、料金等分かりにくい点もあるので項目ごとに解説していきます。

So-net光プラスの料金


先ずは一番気になるSo-net光プラスにかかる料金について解説していきます。

月額料金(戸建て) 1~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目以降:5,580円
月額料金(マンション) 1~24ヶ月目:2,480円
25ヶ月目以降:4,480円
2年間は格安で使えるんだね!
そうだね、2年間はキャンペーン料金で利用できるよ!

So-net光プラスは最初の2年間はキャンペーンが適用されて、他の光コラボレーションよりも安い料金にて利用可能です。

但し、3年目以降は料金が高いので注意が必要です。

So-net光プラスの初期費用


So-net光プラスを利用したい場合、他の光コラボレーション同様新規で申し込むのか他の光コラボやフレッツ光から乗り換えるかにより初期費用が変わってきます。

新規工事 24,000円
初めて光回線を契約した場合
事業者変更 2,000円
他社の光コラボからSo-net光プラスに乗り換える場合
転用 2,000円
フレッツ光からSo-net光プラスに乗り換える場合

新規契約の場合上記工事費の他に事務手数料として3,000円がかかります。

So-net光プラスは新規契約の場合派遣工事のあるなしにかかわらず工事費用が一律で24,000円かかります。

新規の場合工事費は実質無料のキャンペーン行っているから初期費用の心配はいらないよ!

転用・事業者変更の場合現在のプランにより金額が変わりますので、正確な金額を知りたい場合にはSo-net光プラスに問い合わせることをおすすめします。

カスタマーセンター TEL 0120-982-469(10時~21時)

電話の場合サポートには比較的繋がりやすいのですが、仮受付という形で後日改めてサポートから電話がくる形となることが多いようです。

急ぎの場合には公式サイトのチャットを利用すると簡単です。

So-net光プラスの速度


料金の次に気になるのがインターネットの速度です。

せっかく光回線をSo-net光プラスに乗り換えてもネットの速度が遅くてストレスが溜まるようでは後悔してしまいます。

通信速度(ベストエフォート)
接続方法 IPv6+IPoE接続
上り 1Gbps
下り 1Gbps

So-net光プラスは光コラボレーションなので通信速度はフレッツ光ギガタイプと同様1Gbpsです。

インターネットの接続方法はv6プラスを標準で採用していますので通信速度1Gbpsに完全対応しています。

IPv6+IPoE接続を利用することでプロバイダの混雑した場所を通らずにインターネットにつながるためネットが快適に利用出来ます。

So-net光プラスのオプションサービス


So-net光プラスは光電話などフレッツ光と同様のオプションサービスが利用出来ます。

サービス名 サービス内容 料金
So-net光電話 固定電話サービスオプションもフレッツ光と同様 500円/月
So-net光テレビ 地デジ・BS放送受信サービス 750円/月
So-net光安心サポート パソコンやインターネットの疑問を解決サポートサービス 300円/月
So-netくらしのお守り 自宅の水回り・鍵・ガラスなどの生活トラブルの解決 450円/月
詐欺ウォール セキュリティ対策ソフト 300円/月

オプションで一番利用者が多いのがSo-net光電話です。

So-net光プラスの固定電話サービスで、キャッチホンやボイスワープなどNTTの光電話で利用できる電話サービスのオプションはすべて利用可能です。

また、フレッツテレビと同じオプションサービスもあるのでテレビのアンテナを建てるのが嫌な人でも利用出来ます。

その他のオプションについては工事後でも付帯が可能なので、開通後に不便であれば追加で必要なオプションを付ける形がおすすめです。

So-net光プラスのキャンペーン

ほかの光回線はいろいろキャンペーンをやってるけどSo-net光プラスはキャンペーンをやってるの?
キャンペーンをやってるけどそこがSo-net光プラスの注意しなきゃいけないところ!
しっかりと覚えておかないと後で後悔してしまうかもしれないから注意してね。

光回線を契約する際に気になるのがキャッシュバックやプレゼントなどのキャンペーンですがSo-net光も他社同様キャンペーンが用意されています。

ここからは現在So-net光プラスが行っているキャンペーンについて解説していきます。

キャンペーン1 月額料金割引キャンペーン

So-net光プラスの目玉となるキャンペーンは月額料金割引キャンペーンです。

割引の内容は以下のようになります。(下段は割引後の月額料金

戸建て割引額 マンション割引額
新規契約 ‐2,500円
3,480円/月
‐2,500円
2,480円/月
転用 -2,100円
3,480円/月
-2,000円
2,480円/月
事業者変更 -2,100円
3,480円/月
-2,000円
2,480円/月

キャンペーンによる割引額は新規のほうが高額ですが、2,500円の割引の中には工事費の割引分も含まれていますので、結果として新規・転用・事業者変更すべて割引後は同額となります。

ただし、割引期間の24か月を過ぎると他の光回線よりも高額になることをしっかりと覚えておかないと返って料金の高い光回線を使い続けることになります。

割引があるとほかの光回線よりも安いんだね!
確かにそうだね。
ただ気を付けないといけないのは割引期間が終わると料金が高くなる事!
さらに注意しなきゃいけない点があるから検討するならこの後のSo-net光プラスの問題点を確認してね。

キャンペーン2 工事費実質無料

他の光コラボレーションやフレッツ光からの転用や事業者変更の場合工事費はかかりませんが、新規契約の場合には24,000円の工事費がかかってしまいます。

工事費キャンペーンは工事費用相当分が割引になるキャンペーンで、24,000円を指定した回数に分けてその分を割引するキャンペーンです。

月額 回数
マンション 500円 4年(48回)
戸建て 400円 5年(60回)

本来上記の金額が工事費用となりますが、同額が毎月割引となりますので実質工事費無料ということになります。

新規契約時の初期費用が心配という方でも安心して申し込むことができます。

So-net光プラスの公式サイトはこちら

戸建てが5年マンションが4年の分割払いとなるので、それ以前に解約してしまうと残りの工事費を解約時に一括請求となりますので注意が必要です。

So-net光プラスのメリット・デメリット


So-net光プラスを検討するうえでどのようなメリットとデメリットがあるのか知っておくことは後のトラブルを回避するためにも重要です。

ここからはSo-net光プラスのメリットとデメリットについて解説していきます。

So-net光プラスのメリット

先ずはSo-net光プラスを利用することで得られるメリットについて解説していきます。

メリット1 auのスマホが安くなる

auスマホが安くなるスマートバリューはすでにauユーザーの方ならだれでも聞いたことがあるでしょう。

スマートバリューとはauスマホユーザーが自宅のインターネットをスマートバリュー対応の回線にするとスマホが安くなる割引サービスです。

スマートバリューが利用できるのはauスマホを使っていて、自宅の光回線がauひかりの場合適応になる割引サービスだと思われている人も多いようですが、So-net光プラスでもauスマートバリューが適応になるのです。

auひかりが利用できない地域にお住まいの方で、スマートバリューをあきらめていた方にはとても魅力的です。

【注意】スマートバリューの適用条件とセット割について~auひかり以外も対応?~スマートバリューというと、auスマホと固定回線のauひかりを契約すればセット割引になると思っている人が多いようですが、これはカン違いです。スマートバリューを適用させるにはいろいろな条件があります。auスマートバリューの適用条件、さらにスマートバリューと間違いやすいauスマホセット割について説明していきます。...

メリット2 IPv6+IPoE接続標準対応


ネットを乗り換えたり新しく契約したけれどネットの速度が遅くてストレスが溜まってしまうというコメントがSNSなどを見ているとよく見られます。

So-net光プラスはネットの接続方法に標準でIPv6+IPoE接続(v6プラス)に対応しています。

So-net光プラスに限ったことではありませんが、多くの光回線はIPv6+IPoE接続にすることでネットの速度が速くなったというコメントも多くあります。

v6プラス対応のルーターが契約期間中ずっと無料でレンタルできるから、ユーザーが自分で用意するものが無いのも簡単でいいね!

So-net光プラスのデメリット


次にSo-net光プラスのデメリットについて解説していきます。

So-net光プラスのデメリットはそれほど多くありませんが、月額料金についてのデメリットが非常に大きいのでしっかりと理解しておく必要があります。

So-net光プラスの大きなデメリットは24ヵ月以降の基本料金が非常に高額な点です。

以下は戸建て及びマンションプランの月額料金を利用期間で表しました。

戸建てプラン 月額料金
開通月 3,000円(事務手数料)
1~24ヶ月 3,480円
25ヵ月~ 5,580円
マンションプラン 月額料金
開通月 3,000円(事務手数料)
1~24ヶ月 2,480円
25ヵ月~ 4,480円

戸建ての5580円は同じIPv6+IPoE接続対応のexcite MEC光の4,500円と比較すると月額980円も高額です。

同じようにマンションプランもexcite MEC光の3,500円と比べると980円高額となるため長期間利用する場合、トータルのコストで考えた場合損をしてしまうことになります。

じゃぁさ、2年でやめて他の光回線に乗り換えればよくない?
残念だけどそこはうまく出来ていて2年で乗り換えてもメリットはあまりないんだよ。

24ヵ月以降に料金が上がってしまうなら、その前に他社に乗り換えば良いと思うかもしれません。

しかしSo-net光プラスで注意しないといけないのが、縛り期間がSo-net光プラスは3年という点と、工事費の分割階数が60回(マンションの場合48回)という点です。

2年以降の解約時にかかる費用を分かりやすく表にしてみました。

戸建てプラン マンションプラン
24ヵ月 工事費清算 / 14,400円
違約金 / 20,000円
合計 34,400円
工事費清算 / 12,000円
違約金 / 20,000円
合計 32,000円
36ヵ月 工事費清算 / 9,600円
違約金 / 0円
合計 9,600円
工事費清算 / 6,000円
違約金 / 0円
合計 6,000円
48ヵ月 工事費清算 / 4,800円
違約金 / 20,000円
合計 24,800円
工事費清算 / 0円
違約金 / 20,000円
合計 20,000円
60ヵ月 工事費清算 / 0円
違約金 / 20,000円
合計 20,000円
違約金 / 20,000円
合計 20,000円

3年後に解約するのであれば違約金はかかりませんので工事費用の残高のみの清算になりますが、それでも1年間基本料金が1,000円高くなってしまいます。

結果として月額料金が安くても解約する時にかかる費用や利用期間中に支払う総額で見た場合それほどお得ではないという事になります。

でもマンションで光コンセントがあれば無派遣工事でしょ?
工事費用って安いんじゃないの?
残念ながら新規の場合戸建てもマンションも派遣工事があろうがなかろうがすべて一律24,000円がかかるんだ。

So-net光プラスは新規契約の場合工事内容に限らず24,000円の工事費がかかりますので注意してください。

So-net光プラスの良い評判と悪い評判


気になるのはSo-net光プラスの評判です。

SNSからSo-net光プラスの評判をまとめてみました。

So-net光プラスの良い評判

まずはSo-net光プラスの良い評判をまとめてみました。


多いのは通信速度が速くなったという書き込みです。

So-net光だけではありませんが、接続方法にIPv6+IPoE接続を利用している光回線は通信速度が速いという報告が多くあります。

So-net光プラスも標準でIPv6+IPoE接続なので通信速度に満足しているユーザーが多いようです。

So-net光プラスの悪い評判

So-net光プラスのSNS上での評判はなかなか高評価ですが悪い評判はどうでしょうか?

SNSで調べてみるとSo-net光プラスの悪い評判はあまりなく、速度も速く安いという書き込みが目立ちます。

接続方法も標準でv6プラスに対応していることや月額料金が低価格な点、サポートもつながりやすくチャットサービスもある点などはメリットが多く不満は少ないといえます。

ただし、問題はキャンペーンの割引がなくなった後で、利用期間が24か月以降に料金に関する不満が今後出てくるかもしれないね。

ahamo・povo・LINEMOでSo-net光プラスはおすすめ?

ドコ・au・ソフトバンクで安いオンライン専用のプランが始まるでしょ?
その時So-net光プラスっておすすめになるの?
特に今auのスマホユーザーなら心配だよね。
ここからはオンライン専用プランにSo-net光プラスがおすすめなのか解説していくね!

So-net光プラスを検討している人の中にはauのスマホが安くなるスマートバリューが使えることが理由の人も多くいると思います。

ですがご存じの方も多いと思いますがオンライン専用プランは光回線とスマホのセット割は適用になりません。

そのためauのスマホユーザーの人はわざわざSo-NET光プラスを選ぶ必要はありません。

月額料金が安いからSo-net光プラスでもいいんじゃないの?
24ヵ月を超すと月額料金が高くなるからスマートバリューを気にしないならおすすめできないんだよ

So-net光プラスはデメリットでも解説しましたが初めの2年間は安く使えるのですが、3年目からは他の光回線よりも割高です。

それならば毎月の料金が安いenひかりやexcite MEC光を長く使った方がお得といえます。

結論としてオンライン専用プラン【ahamo・povo・LINEMO (Softbank on LINE)】にはSo-net光プラスはおすすめできません。

オンライン専用プランにおすすめの光回線は、以下の記事を参考にしてください。
ahamoユーザーにおすすめの光回線を徹底検証!
auの格安プランpovoが始まったらauひかりは損!?
LINEMO (Softbank on LINE)におすすめの光回線は!

So-net光プラスの申し込みから開通まで

新規契約の開通までの流れ


新規契約はSo-net光プラスを利用したい場所で現在インターネットを利用していないもしくはVDSLを使用している人が新しく光回線を契約する場合は新規契約扱いとなります。

  1. 申込情報の入力
  2. 下のボタンより公式サイトに移動し【WEBで新規入会】をクリックし申し込みページに沿って必要事項を入力します。

  3. 申込確認メールの受信
  4. 入力終了後So-net光プラスより「お申込み受付のご連絡」メールが届きます。
    メールが届かない場合は以下のサポートディスクに連絡します。

    サポートディスク TEL 0120-150-223(9時~21時)
  5. 工事内容確認メールの受信
  6. 携帯電話にショートメールで工事の日程についての連絡が来るのでメールに記載されたURLから工事の日程を決めます。
    ログインは申し込み時の氏名・生年月日・電話番号でログインができます。

  7. 書類の送付
  8. So-net光プラスより郵送で「So-net契約内容のご案内」及び工事内容が記された「『So-net 光 プラス』に関するご連絡」が届きますので内容の確認をします。
    誤りがあれば上のサポートディスクへ連絡して訂正します。
    またNTTの工事担当より工事について電話連絡があります。

  9. 工事及びインターネット開通
  10. 工事およびパソコンやスマホなどの端末の設定を行い開通となります

    転用及び事業者変更の流れ


    現在フレッツ光を利用中の方は転用、So-net光プラス以外の光コラボレーションをお使いの方は事業者変更となり、開通までは以下の流れとなります。

    1. 転用承諾番号・事業者変更承諾番号の取得
    2. 現在使っている光回線がフレッツ光の場合、電話もしくはwebから転用承諾番号を発行してもらいます。

      NTT東日本 TEL 0120-140-202
      Webサイト NTT東日本光コラボレーションのお手続き
      NTT西日本 TEL 0120-553-104
      Webサイト  光コラボレーションモデルとは

      他の光コラボレーションをお使いの方は現在お使いの光コラボレーションのカスタマーセンターに電話をして事業者変更承諾番号を発行してもらいます。

    3. 申込情報の入力
    4. 下のボタンより公式サイトに移動し【WEBで新規入会】をクリックし申し込みページに沿って必要事項を入力します。

    5. 申込確認メールの受信
    6. 入力終了後So-net光プラスより「お申込み受付のご連絡」メールが届きます。
      メールが届かない場合は以下のサポートディスクに連絡します。

      サポートディスク TEL 0120-150-223(9時~21時)
    7. 書類の送付
    8. So-net光プラスより郵送で「So-net契約内容のご案内」及び工事内容が記された「『So-net光プラス』に関するご連絡」が届きますので内容の確認をします。
      誤りがあれば上のサポートディスクへ連絡して訂正します。

    9. インターネット開通
    10. So-netより「開通・ご利用開始のご案内」メールが届きますので接続IDでパソコンやスマホなどの端末の設定を行い終了

      So-net光プラスの公式サイトはこちら

      まとめ

      So-net光プラスはキャンペーンも充実している光コラボレーションです。

      しかし、契約期間が3年に対し工事費の支払いが戸建てで60回、マンションが50回の分割払いになってしまいます。

      工事費用の支払いが終了した時点で解約すると、高額な違約金が発生してしまいます。

      特に月額料金割引のキャンペーンが目当てで契約した場合、25ヶ月以降の利用料金が一気に跳ね上がります。

      それでも3年の縛りがあるので、その後も割引のない額で利用しなければいけません。

      以上のようなことを考えると、現時点ではSo-net光プラスはおすすめの光回線とは言えません。

      長くインターネットを利用するのであれば、enひかりexcite MEC光のほうがSo-net光プラスよりも利用期間中のコストを抑えることができます。

      24ヶ月使って乗り換えるというのも有り!?

      裏ワザ的な方法になってしまいますが、光回線の中には「工事費の残債・契約解除料」を負担してくれる乗り換え先もあります。

      So-net光プラスを2年間安い月額料金で利用して、違約金を負担してくれる光回線に乗り換えるというのもおすすめです。

      2年後に乗り換えるのは面倒だよ。
      そういう人は、ずっと料金が安い光回線がおすすめ!

      少しでも安く使いたいという人は、

      1. 2年間So-net光プラスを利用
      2. 25ヶ月目に違約金負担してくれる他社へ乗り換え

      という方法がベストです。