インターネット回線

JCOMの解約は注意!トラブルに合わない上手なJCOMの解約方法

JCOMを解約したい・・・


JCOMの評判を検索するとこんな書き込みをよく目にします。

いざ解約しようと思うとどんな手続きをすればいいのか解約にかかる費用はいくらかかるのかわからずに、お困りの人も多いようです。

そこでここでは、『トラブルに合わない』『トラブルに巻き込まれない』上手なJCOMの解約方法を紹介していきます。

JCOMの上手な解約方法

まずはJCOMを解約する際の流れからお伝えしていきます。

1.自分が加入している契約内容を確認する

JCOMを解約したいと思ったら、まずは自分の契約内容を確認しましょう。

特に重要なのはJCOMを契約した契約日です。
また、最初の契約からプランを変更した場合には、変更した変更日の確認が重要です。

理由としてJCOMの契約には、ほとんどの契約について契約期間が設けてありますが、契約期間以外での解約は違約金が発生してしまいます。

そのため上手にJCOMを解約するためには、この違約金が発生しない時期に解約するのが一番お得なJCOMの解約方法となるのです。

契約期間については最初にJCOMと契約してから、プランの変更をしていなければ利用開始日からになりますが、どこかでプランを変更しているとプラン変更時からの契約期間スタートとなります。

2.JCOMのカスタマーセンターに解約の電話をする

次に行うのはJCOMのカスタマーセンターに解約の連絡を入れることです。
その際に契約時の書類があれば手元に用意しておくとスムーズに進みます

契約時の書類がなくなってしまったなどで、契約期間がわからない場合でもカスタマーセンターに聞けばちゃんと教えてくれますので書類が不明でも大丈夫です。

JCOMのカスタマーセンターの電話番号は【0120-999-000】です。
解約には多少時間がかかりますので、時間に余裕のある時に電話をしてください。

カスタマーセンターの電話はなかなかつながらないことがあります。
特にお昼休みの時間帯や土日祝日はつながらない傾向のようなので、根気強く待つことが重要です。

オペレーターが出たら解約のしたい事を伝えましょう。
JCOMもあの手この手で解約を阻止してきますが、そこはブレずに自分の意思をはっきりと伝えましょう。
解約阻止の事をリテンションといいますが、このリテンションがあまりにもきつい場合は、オペレーターに「すでに他社と契約してしまっている」というのもいいかもしれません。

解約の流れ

オペレーターは解約の意志が強いと判断すると、解約手続きに移行していきます。

この際に決めることは、解約日と機材の撤去日です。

解約日はJCOMの契約を解除する日となり、解約日からJCOMのサービスはすべて使用できなくなります。解約日の上手な設定は方法については、JCOMの基本サービスは1か月単位となっているので、月末の解約のほうがサービスをぎりぎりまで使えるので無駄が少なくなります。
また、撤去日とはJCOMのサービスを利用する際に使っていたモデムやSTB(ケーブルテレビのチューナー)の撤去をする日の事になります。仮に解約日の翌月に撤去日が設定されても、追加の料金は発生しませんので自分の都合のいいときに撤去してもらうことができます。

JCOMの解約時に注意すること

JCOMを解約する際に注意しなければいけない点をご紹介していきます。
トラブルの無いようにあらかじめ注意点を把握しておくといいでしょう。

テレビが見られなくなる場合がある

JCOMを利用することで自宅のテレビのアンテナを撤去してしまっている場合があります。

この場合にはアンテナを立てるか他の方法を考えるか選択しなければなりません。
JCOMをやめられない多くの理由となるのがこのアンテナの件です。

確かに台風などの災害時や、家の外観を考えるとアンテナはないほうが良いに決まっています。
でも、そのために毎月1万円近いJCOMの利用料金を払うのももったいないものです。

そこでJCOMの代わりにアンテナを立てなくてもテレビが見られる方法としてフレッツテレビを利用することです。フレッツテレビなら毎月のネットの料金にプラス約700円ほどで地デジもBS放送もアンテナ無しで見られるようになるのです。

テレビが見られなくなるという理由でJCOMが辞められないのならばフレッツテレビは最も有効な方法となります。

JCOMネットのユーザーは専用メールアドレスが使えなくなる

次に問題になるのがメールが使えなくなる点です。

JCOMはJCOM独自のプロバイダ業務を行っているため【@jcom.home.ne.jp】などの独自のメールドレスを使用していると思います。
このメールアドレスはJCOMを解約してしまうと使えなくなってしまいます。

これはJCOMに限らずプロバイダーのメールを利用いているユーザーすべてに言えることです。
このようなことにならないように、gmailやyahooメールなどのフリーメールを利用するのがおすすめです。

フリーメールならば将来的にプロバイダーを変更してもメールアドレスを変える必要がないので非常に便利です。

au携帯スマートバリューが受けられなくなる

JCOMから他社に乗り換えることで違約金を実質0円にする方法についてはご理解いただけたと思いますが、ここで一つ注意しなければいけないことがあります。
それがau携帯とのセット割引スマートバリューです。

au携帯ユーザーには非常にありがたい割引サービスですが、JCOMを解約してしまうとスマートバリューの割引がなくなってしまうケースがあります。
そのためにもJCOMからの乗り換えはスマートバリューの割引が受けられる光回線に乗り換えるのが重要です

スマートバリューが受けられる光回線

NURO光
ビッグローブ光
So-net光

詳しくはauスマートバリューを参考にしてください。

高額な違約金が発生する場合がある

そして非常に重要で最もトラブルになりやすいのが解約時にかかる違約金です。
最近ではJCOMだけではなく他のインターネット回線事業者も利用期間を設けてその期間以外の解約については違約金が発生する仕組みになっています。

JCOMの場合、契約しているプランによって契約期間や違約金が異なります。
以下は、JCOMの一番代表的なプラン『スマートお得プラン』です。

契約内容 違約金
J:COM スマートお得プラン(戸建) 20,000円
J:COM スマートお得プラン(集合住宅) 10,000円
J:COM スマートお得プランミニ(戸建) 15,000円
J:COM スマートお得プランミニ(集合住宅) 3,500円

さらに解約に伴う撤去費用が発生します。

撤去費用とは解約の際にJCOMの工事担当者がチューナーの取り外しや電柱から引き込まれているケーブルの撤去にかかる費用です。
撤去費用は撤去の方法により金額が変わってきます。

解約内容 撤去費用
戸建部分解約 2,000円
戸建全解約ケーブル撤去 6,000円
集合住宅部分解約 2,000円
集合住宅全解約ケーブル撤去 6,000円

部分解約と全解約ケーブル撤去の違いはJCOMの線が建物に残るのか残らないのかの違いとなります。
仮にJCOMでインターネット、電話、テレビの3サービスを契約しているとします。

その中の1つのサービスを残すのであれば、部分解約になるので撤去費用は2,000円で済みますが、すべてのサービスをやめるのであれば6,000円の撤去費用となってしまいます。

上記の解約時にかかる撤去費用ですが、JCOMをすべて解約してしまう人でも2,000円で済ませる方法があります。その方法とは解約の連絡を入れる際にオペレーターに「もしかするとJCOMに戻すかもしれないので線は残しておいてほしい」と伝えることです。

全ての局で対応してくれるかはわかりませんが多くの局では対応してくれるはずです。
そうすればJCOMの線は残りますが部分撤去となるので撤去費用は2,000円で済んでしまいます。

これで通常よりも4,000円にJCOMを解約することができます

JCOMの解約にかかる費用を無料にする方法

ここまでご説明してきたように、JCOMの解約には最大で26,000円という違約金が発生してしまいます。
ではこの違約金を0円にするにはどうすればいいのでしょうか?

ここからはその方法についてご説明していきます。

解約するのを解約可能期間に合わせてJCOMを解約する

一番間違いがないのが契約更新時期に更新せずに解約する方法です。

JCOMの基本的なプランは戸建て契約の場合24か月、集合住宅の場合12か月の契約期間となっています。
この期間ならば違約金は発生しませんので撤去費用のみとなります。

では解約が可能な時期というのはどのようになっているのでしょうか?

解約しても違約金のかからない期間とは?

戸建ての契約期間は2年間となっていて、下の図を参考に説明していくと、2015年10月3日に契約をして2015年10月10日に工事が終了しサービスがスタートした場合、2年後の契約月の前月の1日(2017年9月1日)から契約した月の月末(2017年10月31日)の期間が解約しても違約金が発生しない期間となります。

集合住宅の場合は上記と同じ時期に契約すると、1年後の契約月の前月の1日(2016年9月1日)から契約した月の月末(2016年10月31日)の期間が解約しても違約金が発生しない期間となります。

ただし、電話のみのプランに関しては最低利用期間は設けられていませんので、違約金などが発生することはありません。

違約金を0円で済ませる方法!


当然のことですが、上で紹介した期間で解約手続きをするのが違約金もかからなくて良いのですが、何かしらの理由でそこまで待てないということであればどうしても違約金が発生してしまいます。

そこで当サイトがおすすめする【JCOMの違約金を0円で済ます方法】をご紹介していきましょう。

その方法とは他の光回線に乗り換えるという方法です。

この方法だと解約に伴いJCOMに一度違約金を支払わなければいけませんが、その後それ相応の額が加入特典としてキャッシュバックされるというものです。

一例だとSo-net光は新規加入の特典として33,000円のキャッシュバックが受けられます。
これならば仮にJCOMの解約に最大の26,000円がかかったとしてもSo-net光から33,000円のキャッシュバックを考えると、支払う額は0円どころか7,000円得をするということになります。

最近はやりの実質0円ということにはなりますが、月額料金が高いJCOMを使い続けるよりもトータルで考えると、他の光回線に乗り換えをするのは非常にお得な方法です。

JCOMに不満がある方なら一度は検討してみる価値はあるでしょう。

まとめ

JCOMの解約でトラブルなく解約するには以下のPOINTを押さえておくことが重要です。

解約後のテレビの視聴方法
JCOMメールからYahooメールやgmailへの移行
解約時の違約金について

JCOMの解約は他社に比べ多少面倒な点もありますが、以上3点をあらかじめ理解しておけば問題なく解約することができます。
現在の契約について少しでも不明な点があれば、JCOMのカスタマーサービスに電話をして聞くのも良いでしょう。

JCOMを解約するときの連絡先は0120-999-000となっています。

【JCOMの解約は注意!トラブルに合わない上手な解約】についてのご説明でした。