インターネット回線

@TCOMヒカリはおすすめできる?~契約前に確認しておくべきこと~※評判も有り

近所の家電量販店に行ったらTCOMひかりをすすめられたんだけどTCOMって何?
TCOMはもともとは1977年に設立の東海地域のケーブルテレビ会社。
現在はインターネット事業だけじゃなく格安SIMのサービスも提供する企業だよ。

TCOMひかりは、TOKAIコミュニケーションズが運営するインターネットサービスでNTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションの中の1つです。

家電量販店に行くとすすめられる事が多い@TCOM光は本当におすすめのインターネット回線なのでしょうか?

ここでは@TCOMヒカリの料金からSNS上の評判まで解説していきます。

@TCOMヒカリの基本情報

TCOM光の通信速度や接続方法など基本的な情報から解説していきます。

回線速度 上り 1Gbps / 下り 1Gbps
接続方式 PPPoE+IPoE接続
基本工事費 18,000円
契約期間 2年間
違約金 12,000円
スマホセット割 auスマートバリュー・格安SIM×光セット割

TCOMひかりはNTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションです。

通信速度はフレッツ光のように選ぶ事はできませんが、現在すべての地域で利用可能な上り下り1Gbpsと高速通信サービスです。

また、最近注目されている接続方法ですがIPv6+IPoE接続にも対応しているので通信速度に関しても問題はありません。

違約金については最近は3年縛りの設定をしているプロバイダが多い中、TCOMひかりは2年と他社よりも短めです。

しかし違約金が12,000円と2年縛りの割に高額な設定となっているので転勤など引越しが多い人は注意が必要です。

戸建てプランの料金

TCOMひかりがどれくらい安いかわかるようにフレッツ光と料金を比較してみました。

TCOMひかり フレッツ光
月額料金 5,100円 5,170円
プロバイダ料金 0円 760円~
合計 5,100円←安い 5,930円

TCOMひかりは光コラボレーションの為、光回線とプロバイダ料金がセットになっています。

そのため月額料金はセットの5,100円のみとなります。

それに対しフレッツ光は光回線の使用料金が毎月5,170円で、それに加えプロバイダ料金が加算されます。

プロバイダ料金は選択するプロバイダにより違いますが、安いプロバイダでも月額760円なので合計で月額5,930円とTCOMひかりよりも毎月830円高くなってしまいます。

同じようにインターネットを使うのであればTCOMひかりのほうが毎月830円、年間で9,960円安くなります。

フレッツ光と比べるとTCOひかりはかなりお得なインターネット回線と言えます。

マンションプランの料金

TCOMひかり フレッツ光
月額料金 3,800円 3,025円 / 3,465円 / 4,125円
プロバイダ料金 0円 550円~
合計 3,800円 3,575円~ / 4,015円~ / 4,675円~

マンションプランの場合フレッツ光は物件の戸数でプランが3つに分かれていますが、TCOM光の場合料金は一律となります。

注意しなければいけないのは16世帯以上の大型のマンションにお住まいの方です。

16世帯以上の場合フレッツ光マンションは一番安いプラン2の料金になります。

プラン2でプロバイダを一番安い会社にすると月額合計3,575円とTCOMひかりよりも225円高くなってしまいます。

よって16世帯以上のマンションプランに加入している人は、TCOMひかりに変えてしまうと毎月225円損をしてしまうことになりますので乗り換えはおすすめできません。

TCOMひかりの初期費用

TCOMひかりを利用するには契約と工事が必要ですが、それぞれ以下の料金が発生します。

工事費 18,000円(30回の分割払い)
事務手数料 3,000円

TCOMひかりを新規契約する場合や乗り換える場合には事務手数料と工事費用が発生します。

事務手数料は初回に3,000円となりますが、工事費用については最大18,000円を通常30回の分割払いで支払うことになります。

工事費用については工事により以下の3つのうちのどれかになります。

戸建て マンション
派遣工事費あり
(屋外・宅内工事あり)
一括:18,000
分割:1回目以降:600円×30回
一括:15,000
分割:1回目以降:500円×30回
派遣工事費あり
(宅内工事あり)
一括:7,600
分割:[初回350円]+[2回目以降:250円×29回]
一括:7,600
分割:[初回350円]+[2回目以降:250円×29回]
派遣工事費なし 2,000円(初回一括) 2,000円(初回一括)

どの工事が必要かはNTTに確認をしないと分かりませんが、戸建てで新規の場合は派遣工事が必要となります。

マンションについては宅内に光コンセントがあるかどうかで工事内容が変わってきます。

光コンセントに関しては【いまさら聞けない!光コンセントってなに?~工事・増設・探し方等~】を参考にしてください。

忘れてはいけないのがTCOMひかりはauスマートバリューが適用になるということ!
auユーザーでauひかりが利用できない人ならTCOMひかりでauスマホが安く利用できるよ!
【注意】スマートバリューの適応条件とセット割について~auひかり以外も対応?~スマートバリューというと、auスマホと固定回線のauひかりを契約すればセット割引になると思っている人が多いようですが、これはカン違い! ...

TCOMひかりのオプション


TCOMひかりは以下の4つのオプションサービスが用意されています。

4つのオプションサービスは他の光コラボレーションと比較するとそれほど多くはありません。

しかし、必要最低限のオプションサービスは利用できるので安心です。

TCOM ヒカリ電話

光回線を利用したIP電話サービスで通常のアナログ電話と同様に使うことが出来ながら通話料金は安いためアナログ電話よりもお得です。

固定電話を利用する人にはおすすめのオプションサービスで、特に海外への通話料は安いので海外に電話をする人には非常にお得なサービスです。

基本料金 500円
通話料(固定電話へ) 日本全国一律 8円/3分
通話料(携帯電話へ) ソフトバンク、KDDIへの通話 18円/60秒
オプションパック 1,500円

オプションパックはNTTの光電話オプション(光電話エース)に相当するサービスで、480円分の通話料と6つの付加サービス(ナンバー・ディスプレイ、ナンバーリクエスト、キャッチホン・ボイスワープ・迷惑電話お断りサービス、着信お知らせメール)がセットになったサービスです。

TCOM テレビオプション

TCOMひかりのオプションサービス《テレビオプション》はフレッツテレビと同様のサービスでアンテナなしで地デジ放送やBS放送を視聴できるサービスです。

月額料金 750円
工事費(単独) 3,000円(1台のみ接続)
工事費(複数) 19,800円(4台までの共聴工事)

現在ケーブルテレビを利用している人でもアンテナの心配をする必要がないので安心して乗り換えすることが出来ます。

またケーブルテレビの場合BS放送を見るためには専用のチューナーが必要ですが、TCOMテレビオプションなら接続したすべてのテレビでBS放送が視聴可能なのでテレビ周りがすっきりとします。

工事に関しては自宅の設備により工事内容が変わりますので一度問い合わせしてみることをおすすめします。

TCOMひかりテレビはフレッツ光のフレッツテレビと同等のサービスです。

もっと詳しくフレッツテレビのことを知りたい方は【テレビを見るならケーブルテレビよりフレッツテレビが安くて便利】を参考にしてください。

TCOM FOR YOU

《TCOM FOR YOU》とはTCOMひかりの有料サポートサービスのことです。

パソコンのことで分からないことはもちろん、こんなことをしてみたいなどの悩みから周辺機器の接続方法まで幅広く専門オペレーターが電話と遠隔操作でサポートしてくれます。

月額料金 500円(初月無料)

基本的には電話と遠隔操作でのサポートですが、別途有料で訪問サポートも利用できます。

その際訪問サポート料金が基本料金から2,000円割引とお得に利用することが出来ます。

パソコン初心者の方に特におすすめのオプションサービス
です。

TCOM TOKAI SAFE

《TCOM TOKAI SAFE》はTCOMひかりの利用者のためのセキュリティサービスです。

月額料金 400円(最大6デバイス)

TCOM TOKAI SAFEはマルチデバイスに対応しているのでパソコンだけでなくスマホやタブレットなど、ご家族全員で利用可能です。(最大6台まで)

パソコンをウイルスから守るだけではなくWebフィルタリング、ペアレンタルコントロールで子供も安心して使えます。

さらに端末の位置情報を把握することが出来るのでお子さんの見守りにも役立ちます。

最近ネットを利用した詐欺が増えていますので、インターネットを安心して利用するためにも必須ともいえるオプションサービスです。

《TCOMひかりの基本情報》のまとめ

月額料金以外については光コラボレーションサービスなので、他の光コラボレーションと回線速度等の基本的な部分は大きな違いはありません。

TCOMひかりの公式サイトはこちら

TCOMひかりの評判

TCOMひかりがフレッツ光より安いのはわかったけど実際に使ってみてどうなのかなぁ
確かに安くても遅かったりサポートが悪かったりしたら困るよね。
ネット上のTCOMの評判を調べてみたよ。

月額料金がいくら安くてもネットの速度が遅くてストレスになったりしては本末転倒です。

ではSNSなどインターネット上で実際にTCOMを使っている人の評判はどのようになっているでしょうか?

SNSなどの評判の一部をまとめてみました。

TCOMひかりの良い評判

まずはTCOMひかりの良い評判から紹介していきます。


現在TCOMひかりの接続方法はIPv6+IPoE接続が可能で通信速度についても満足のいく速度が出ているようです。

TCOMひかりの悪い評判

TCOMひかりの悪い評判で目立つのが速度に関する評判です。

なんか遅いっていう書き込みが目立つけど大丈夫なのかなぁ
確かにSNSでTCOMひかりの評判を探すと「遅い!」っていう書き込みが目立つよね。
でもこれに理由があるから心配しなくて大丈夫だよ

TCOMひかりの評判は主に速度に関する書き込みが多いのですが両極端ですがなぜでしょうか?

その理由は接続方法にあります。

TCOMひかりは2018年10月までは接続方式にPPPoE接続を用いてきましたが、2018年11月よりIPoE接続を利用可能となりました。

PPPoE接続はプロバイダの混雑するポイントを通過してインターネットに接続するため、混雑して速度が遅くなることがあります。

しかしIPoE接続をすることで、混雑するポイントを回避して接続することが可能となり、結果インターネットの速度も上がりSNSなどにも高速になったという報告が上がるようになりました。

ただし、TCOMでIPoE接続を利用する場合月額200円の利用料金が必要となりますので注意してください。

ひかり電話及びルーターレンタル契約の場合にはIPoE接続の200円は無料になるよ。
《TCOMひかりの評判》のまとめ

TCOMひかりの評判で多く見られる「速度が遅い」という書き込みはPPPoE接続の場合が多く、オプションのIPoE接続で改善されることが多くSNS上でもIPoE接続に変えたら高速になったという報告を見つけることが出来ます。

IPv6なのに遅い!?IPv6に必要な設定とおすすめのインターネットについて IPv4とIPv6という言葉を最近目にします。 あまり気にしていない人がいるかもしれませんが、これからインターネット回線を...

TCOMひかりはどこで契約するのがお得?


TCOMひかりは家電量販店で契約できるほかにホームページなどインターネットから契約することが可能です。

特に街の家電量販店でインターネット回線を見に行くとTCOMひかりをすすめられることがあります。

店員さんは「キャンペーンも充実していてお得です!」とすすめられますが、お店でTCOMひかりを契約するのはお得なのでしょうか?

TCOMひかりのキャンペーンは?

では実際TCOMひかりをどこで契約するのがお得なのでしょうか?

キャンペーン内容を比較していきます。

ネット 量販店 A
キャッシュバック 最大30,000円 最大20,000円
工事費 0円(実質無料) 9,000円(実質半額)
事務手数料 0円(実質無料) 3,000円

さらにネットからの申し込みの場合ファミリータイプで【1,200円×12ヶ月割引】マンションプランで【900円×12カ月割引】のキャンペーンも受けることが出来ます。

キャッシュバックが高額、工事費と契約事務手数料が実質無料、1年間の月額料金割引とネットからの申し込みのほうが断然お得です。

自宅で申し込みがすべて完結しますので、わざわざ店舗に行く必要もないので自分の好きな時間に申し込みができるので忙しい人には特におすすめです。

《TCOMひかりはどこで契約するのがお得?》のまとめ

TCOMひかりをお得に契約するなら現状ではネットから申し込むのが一番お得です。
金銭的にもメリットがある上に、混雑する店舗に出向く必要がないという面でもメリットは大きいといえます。

TCOMひかりの公式サイトはこちら

TCOMよりお得な光回線は?

TCOMひかりはネットからの申し込みでとてもお得な光回線なのはわかった!
じゃあ早速ネットから申し込みしなくちゃ!
ちょっと待って!
確かにTCOMひかりのキャッシュバックはお得だけど、それ以上にお得な光回線もあるから慌てないでじっくりと考えないと損しちゃうから注意だよ!

TCMOひかりのキャンペーンは光コラボレーションの中でも十分お得な内容ですが、それだけで光回線を決めてしまうのは損をしてしまうことになりかねません。

光回線の上手な選び方は利用期間のコストで考えるのが一番お得な選び方です。

特にご家族でお使いのスマホとセットにすることでスマホの料金が割引になるセット割も含め家庭の通信費すべてで光回線を選ぶのがおすすめです。

お使いのスマホ 割引内容
ドコモ スマホ1台につき 0円~1,000円
au スマホ1台につき 0円~1,000円
ソフトバンク スマホ1台につき 500円~1,000円
スマホをお持ちの方ならスマホとセットにするのが最もお得!
ドコモ光の詳細はこちら
auひかりの詳細はこちら
ソフトバンク光の詳細はこちら

TCOMひかりと同じ光コラボなのにもっとお得なenひかり

家族でお使いのスマホがバラバラのキャリアだったり、スマホとのセット割引は必要ないという方なら光コラボ最安のenひかりがおすすめです。

enひかりはTCOMひかりと同様NTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションなのでサービス内容TCOMひかりと同様です。

そこでここでは光コラボ最安ともいえるenひかりとTCOMひかりの料金を比較してみます。

enひかり TCOMひかり
月額料金 4,480円 5,300円
初期費用 18,000円 実質0円
合計(24ヶ月) 125,520円 127,200円

月額料金には両社ともIPv6オプション料金が加算されています。

TCOMひかりはキャンペーンが充実していますが、月額料金はenひかりと比べると820円毎月高額となります。

利用期間が2年ごとの自動更新となるので、初めの2年間の場合で出費の総額を比較すると1,680円とわずかですが4年間となるとその差は19,680円と差額は大きくなります。

光回線は頻繁に乗り換えるものではないので、月額料金の安いenひかりのほうが長く使えば使うほどお得な光回線です。

《TCOMひかりよりお得な光回線は?》のまとめ

TCOMひかりはキャンペーンも充実していますが、それだけで光回線を決めてしまうと損をしてしまいます。
少しでもお得にインターネットを利用するのであればスマホとセットがおすすめですが、それ以外にもTCOOM光よりも安い光回線を選ぶ事も検討する必要があります。

【2020年版】enひかりは料金が安い!?キャンペーン情報・評判~転用は超お得~ 最大通信速度10Gbpsのenひかりクロスがスタート! すでにフレッツ光でスタートしている超高速通信上り下り1...

まとめ

TCOMひかりはキャンペーンも充実していてお得な光回線ですが、申し込みをどこでするかによって違いがあります。

街の家電量販店で契約すると多くの場合でインターネットからの申し込みよりもキャッシュバックが少なかったり、特典が少なかったりしますので注意する必要がります。

量販店の中には「TCOMひかりを新規契約すると家電プレゼント」などのキャンペーンを行っているケースもありますが、実際はキャッシュバックのほうがお得だったり、利用期間の総出費で考えた場合かえって高額の出費になる場合があります。

以上のような点を考慮するとTCOMひかりを最もお得に契約するならネットからの申し込みが一番お得といえます。