ポケットWiFi

【GMO】ギガゴリWiFiの料金・速度・エリアを解説~レビューも有り~

GMOとくとくBBから新しいポケットWiFiサービスが開始されました。

それは「ギガゴリWiFi」です。

ギガゴリWiFiは「月20GB 2,350円」「月30GB 2,650円データ量無制限「ワールドプラン 月額3,460円」の3つのプランが用意されております。

特徴としては、

  • 料金が安い(業界最安値)
  • 1年契約※ワールドプランは2年契約
  • ソフトバンクの4G LTE対応(エリアが広い)

となっており、注目されているポケットWi-Fiです。

このページでは、「ギガゴリWiFi」の料金・速度・エリア・デメリット等を徹底的に解説します。

さらに、他社との徹底比較もしておりますので、「何故?ギガゴリWiFiがおすすめなのか」もシッカリと確認していってください!

ギガゴリWiFiについて


ギガゴリWiFiは契約期間1年間(ワールドプランは2年間)のポケットWiFiのサービスです。

20GB、30GB、無制限(ワールドプラン)といった3つのプランから自分に合った通信量が選べるようになっております。

なんか凄いサービスが始まったね。
そうだね!20GBが月額2,350円だったりと格安でWi-Fiが利用できるよ!

今まで「ネクストモバイル」が最安値でしたが、「ギガゴリWiFi」の方が毎月50円安いです。

運営会社について

ギガゴリWiFiの運営会社は「GMOインターネット株式会社」です。

GMOインターネットというと馴染みがないですが「GMOとくとくBB」といえば、「GMOとくとくBB WiMAX」の高額キャッシュバックだったり、「ドコモ光」を提供していたりと通信業界の大手です。

GMOなら安心して契約できるね!
そうだね!僕もWiMAXでかなりお世話になってるけど、サポートも充実してて安心だよ!

料金について

料金プランにつきましては以下の通りです。

月額料金
20GBプラン 1年目 月額2,350円
2年目以降 月額2,850円
30GBプラン 1年目 月額2,650円
2年目以降 月額3,100円
ワールドプラン 月額3,460円

20GBと30GBプランの1年目の料金は業界最安値級となっております。

20GB、30GBプランは2年目以降の料金が高いよ!
ギガゴリWiFiは1年契約(ワールドプランは2年契約)だから、更新月の13ヶ月目に解約をすれば安い期間だけ使えるよ
契約期間が短いって良いね!

※更新月以外での解約は契約解除料がかかります。

なお、月額料金以外に、契約事務手数料として3,000円の費用がかかります。

契約期間1年間!料金は業界最安値級の設定です。
ソフトバンク回線を使っていますので幅広いエリアで利用可能です。

ワールドプランは、無制限の使い放題となっております。
ワールドプランの契約期間は2年間の月額3,460円です。

ギガゴリWiFiの公式サイトはこちら

ギガゴリWiFiのメリットについて

何故ギガゴリWiFiがおすすめなのか、メリットを確認しておきましょう。

1.料金が安い!業界最安値

ギガゴリWiFiは2020年3月時点で業界最安値級の料金設定となっています。

その理由として、安い言われているポケットWiFiの料金表ですが、

月額料金 通信量 契約期間
NEXTmobile 月額2,400円 20GB 2年間
それが大事WiFi 月額2,380円 20GB 3年間
ギガゴリWiFi 月額2,350円 20GB 1年間

※20GB以外のプランもギガゴリWiFiが最安値です。

比較してわかるように、ギガゴリWiFiが一番安いです。

NEXTmobileとの比較について詳しくは『「ギガゴリWiFi」と「ネクストモバイル」を比較』をご覧ください。

ギガゴリWiFiは料金が安くて「1年契約」と契約期間が短くておすすめだよ!

2.契約期間は「1年間」と短い

ポケットWi-Fiは2年・3年といった長期契約が主流ですが、GMOのギガゴリWi-Fiは「1年契約」となっております。

2020年と言えば5Gが開始される年ですので、5Gに対応したポケットWiFiが出たときに「乗り換えたい!」と思っても、2年や3年といった長期契約だと困ります

その点、1年契約であれば、少し我慢すれば直ぐに1年(更新月)が来ますので、契約解除料を支払わずに解約することができます。

ポケットWiFiの業界は1年、2年で大きく変わったりするから、短い契約期間の方がおすすめだよ!

※無制限に使えるワールドプランは2年契約です。

3.1日3GBや3日で10GBといった速度制限なし!月間の通信量を超えなければ速度制限なし!

ギガゴリWiFiの「20GB」「30GB」の全てのプランは、1日3GBや3日で10GBといった速度制限がありません

月々のデータ通信量さえ気にしていれば大丈夫です。

注意点としては、契約している月の通信量を使い切ってしまうと速度が128Kbps以下になります。

速度制限になると、使い物になりませんので気をつけてください。

もし、20GB・30GBプランでは通信量が足りないという場合は「ワールドプラン」がおすすめです。

ワールドプランは月額3,460円の無制限WiFiです。

4.SoftBank 4G LTEを利用のため「使えるエリアが広い」

ギガゴリWiFiはSoftBankの4G LTEの電波を利用しています。

そのため幅広いエリアで利用可能です。

SoftBankの電波は、

  • 地下鉄
  • 新幹線
  • 建物の中

といった場所でも、繋がりやすくなっています。

エリアについて気になる人は「ソフトバンクのサービスエリアマップ」をご確認ください。

昔は「ソフトバンク」は電波が悪いと思われてたけど、今は基地局も増えて、快適に使えるよ!

5.初期契約解除(クーリングオフ)も可能!?

個人で申し込みの場合は、初期契約解除が可能です。

端末の着荷から8日以内に、初期契約解除を申し出て、ギガゴリWiFiの端末一式を返送してください。

【返送先】
〒132-0024
東京都江戸川区一之江2丁目11-13
ギガゴリWiFi 初期契約解除窓口宛

※端末を返送しなかった場合や故障してた場合は、端末損害金として1万円の支払いが必要になります。

初期契約解除は無料でできるの?
そうだよ!契約解除料を請求されることなく解約ができるよ。

ギガゴリWiFiの端末が届いて、

  • 思ったよりも速度が遅い
  • 電波が入らない

といった場合には、着荷から8日以内であれば初期契約解除できます。

ギガゴリWiFiのデメリットについて

1.2年目以降の料金は高くなる

ギガゴリWiFi1年間の利用であれば最安値で利用できます。

しかし、2年目以降は料金が450円~500円高くなりますので、2年以上の利用はおすすめできません。

月額料金(1年目) 月額料金(2年目)
20GBプラン 2,350円 2,850円
30GBプラン 2,650円 3,100円

※使い放題の50GB超えプランの新規受付は終了しました。

ギガゴリWiFiは2年目以降料金が高いため、長期間の契約をしたいという人には向いておりません

1年後は5GのポケットWiFiが出てるかもだから、それまでの繋ぎとして「ギガゴリWiFi」はおすすめだよ!

2.端末はレンタルのため「返却」が必須

ギガゴリWiFiの端末「FS030W」はレンタルになります。

そのため、契約期間が終わったら返却しないといけません。

解約月の翌月20日までに端末の返却がない場合は、補償料として解約月翌々月に10,000円の請求が発生しますので注意してください。
※端末が故障・破損している場合も端末損害金として10,000円かかります。

【端末の返送先】
〒132-0024 東京都江戸川区一之江2丁目11-13 ギガゴリWiFi 解約返却窓口宛

料金が安い分、端末はレンタルというのはしょうがないね。

3.途中解約は契約解除料がかかる

ギガゴリWiFiは1年契約の自動更新です。

更新月に解約しない場合は、解約違約金が発生しますので、注意が必要です。

解約違約金
1~12ヶ月目 18,000円
14ヶ月目以降 8,000円
13、25ヶ月目(更新月) 0円

※端末発送月を1ヶ月目として計算しています。

他と比較すると2年目以降の解約違約金は安いですが、それでも8,000円としてますので途中解約には気をつけてください

契約期間の縛りが気になる人は、縛りのない「クラウドWiFi東京」や「縛りなしWiFi」という選択もおすすめだよ!

4.オプションの「安心サポート」は加入必須

ギガゴリWiFiのオプションに「安心サポート」が用意されています。

正確に言うと、

  • 安心サポート
  • 安心サポートワイド

の2種類があります。

これは、端末の補償オプションになります。

例えば、端末が故障してしまった場合に、通常なら修理費・交換費用として10,000円を請求しますが、オプションに加入することで無料になります。

どういう場合が無料になるかというと「安心サポート」「安心サポートワイド」で変わってきます。

月額料金 補償内容
安心サポート 300円
最大2ヶ月0円
正常な使用状態で故障してしまった場合、無償で修理
安心サポートワイド 500円
初月0円
2ヶ月目200円
正常な使用状態で故障した場合、破損・水濡れによってGMOが修理を認めた場合

上記のようになっており、「安心サポートワイド」の方が修理範囲は広いですが、費用が高いという事になります。

詳しくは「ギガゴリWiFi」公式サイトの「端末修理保証サービス」をご確認ください。

ギガゴリWiFiを申込時は安心サポートに加入が必須

ギガゴリWiFiでは、申込時に「安心サポート」もしくは「安心サポートワイド」の加入が必須となっております。

どちらも初月は0円となっておりますので、いいのですが、安心サポートは3ヶ月後から、安心サポートワイドは翌月から料金が発生します。

どちらを加入したらいいかですが、

  • 落下させてしまうかもしれない
  • 水に落してしまうかもしれない

という人は念のため「安心サポートワイド」に加入しておいた方が良いです。

どっちも加入したくない人はどうしたら良いの?
契約した翌月にマイページからオプションの解約ができるよ!
それならよかった!とりあえず「安心サポート」選んでおくね!

安心サポートは契約した翌月にマイページから解約できますので、加入必須ですが、そこまで気にしないで大丈夫です。

5.契約時は本人確認書類が必要

ポケットWiFiでは、契約するサービスによって「本人確認書類が必要」だったり「本人確認書類が必要ではない」場合があります。

「ギガゴリWiFi」は申込時に本人確認書類が必要です。

必要な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真入り)
  • 外国人登録証明書(6か月以内)

上記のいずれかを用意していただければ問題ございません。

注意点としては、本人確認書類の記載内容と申込内容が違うと、審査で落とされる可能性がありますので気をつけてください。

本人確認書類について詳しくはGMOの「本人確認書類について」をご覧ください。

デメリットのまとめ

2年目以降料金が高かったり、端末がレンタルだから解約後は返却しないといけないデメリットはありますが、

ギガゴリWiFiは1年間であれば業界最安値で使えることは間違いありません。

1年後、WiFi業界はどう変わっているかは予想はできませんので、2年・3年といった長期契約よりも1年契約の方がおすすめです。

ギガゴリWiFiの「速度」及び「端末」について

ギガゴリWiFiで提供される端末は「FS030W」です。

FS030Wは「NEXTmobile」でも使われており、ボタン一つで使いやすいモバイルルーターとなっております。

ギガゴリWiFiの端末のスペックについては以下の通りです。

速度 下り最大150Mbp/上り最大50Mbps
本体サイズ 高さ 74.0mm×幅 74.0mm×厚さ 17.3mm
SIMサイズ microSIM
連続通信時間 20時間
同時接続台数 15台

連続通信時間が20時間だったり、同時接続台数が15台と数多くの機器をWi-Fiにつなげることができます。

FS030Wについて詳しくは「富士ソフトの「FS030W」の速度は遅い?設定方法から実際のレビュー!」をご覧ください。

速度について

気になる人が多いと思うのがギガゴリWiFiの速度です。

FS030Wは最大速度、下り150Mbps/上り50Mbpsとなっております。

WiMAXの人気端末「W06」と比較するとかなり遅いのがわかります。

最大下り速度 最大上り速度
W06(WiMAX) 1.2Gbps(1200Mbps) 75Mbps
FS030W 150Mbps 50Mbps
WiMAXってこんなに速度速いの?
この数値はベストエフォートだから、実際の速度は速くて100Mbps前後だよ!
それじゃあ「WiMAX」と「ギガゴリWiFi」の速度は変わらないってこと?
そうだね。どちらもそこまで大きく速度は変わらないよ!

ポケットWiFiを選ぶときに、最大速度に目がいってしまいがちですが、実際に出る速度はそこまで大きく違いはありません。
重要なのは何処の回線を使っているかです。
ギガゴリWiFiはSoftBankの4G LTE回線を利用していますので、幅広いエリアで高速通信が可能となっています。

端末の性能や速度を考えたときに、FS030Wなら快適にWi-Fiが使えるよ!

ギガゴリWiFiの評判・口コミについて

ネット上での気になる口コミをピックアップしました。


限界突破WiFiは1日3GBの速度制限を設けるように(3月11日時点)なってから、快適に使えないという人が増えてきています。

こちらの口コミでも、限界突破WiFiからギガゴリWiFiに乗り換えたという話です。

ギガゴリWiFiに変えたところ速度も下り48Mbpsの上り28Mbpsと、速度が速いのがわかります。


ギガゴリWiFiで17Liveの配信ができたという口コミです。

利用するエリア・時間帯に左右されてしまいますが、上記の口コミの通り、17Liveの動画配信も可能です。

それだけ速度が速く、安定しているというのがわかります。

一部の口コミを紹介したけど、遅くて使えないという口コミはなかったよ!

ギガゴリWiFiを契約してガチレビュー

ギガゴリWiFiが到着しました。

サービス開始して直ぐに申し込んだため、混雑していたようで、到着まで一週間前後かかりました。

箱の中には、

  • FS030W本体セットの箱
  • SIMカード
  • ギガゴリWiFiの設定方法
  • GMOポイントが貰える紙

が入っておりました。

なお、FS030W本体セットの箱の中には、FS030Wの保証書も入っていますので、1年間は大事に保管しておいてください。

FS030W本体とSIMです。

まずギガゴリWiFiを使うには、本体にSIMをセットしないといけません。

ここからはSIMをFS030Wにセットする方法は記載していきます。

まずはSIMを上記の写真のように取り外してください。

次に、FS030Wの裏蓋を開けます。

上記の写真のように開ければOKです。

裏蓋を開けたら、電池を外して、赤い枠の所にSIMをセットしてください。

セットしましたら、電池を戻して、蓋をしめれば準備完了です。

最初は充電がない場合もありますので充電してからご使用ください。

実際に速度を計測

購入前に気になるのが速度ですよね。

実際に速度を計測してみました。

ただし、ご利用の環境(使用エリア・時間帯)によって速度は大きく左右されます。

50Mbps以上出る人も居れば、10Mbps以下だったという人もいます。

実際に使ってみないとわからないというのが正直な感想です。

1回目の計測では、下り28Mbps・上り14Mbpsでした。

この速度でしたら、動画視聴も問題ありません。

快適にネットを使う事ができます。

2回目の計測でも下り18Mbps・上り10Mbpsです。

通常のネット利用であれば、十分すぎる速度です。

試しにHULU、AMAZON prime Video等で動画を見てみましたが、途中で止まることなく快適に視聴できました。

スプラトゥ-ン等のゲームはどうなの?
一応オンライン対戦も出来るけど、ラグや遅延がたまに起きるからあまりおすすめはしないよ。

ギガゴリWiFiの速度は動画視聴レベルであれば十分すぎる快適な速度です。

ギガゴリWiFiの公式サイトはこちら

「ギガゴリWiFi」と「ネクストモバイル」を比較


同じプランを提供している「ネクストモバイル」との比較になります。

どちらも料金は安くおすすめできるWiFiで間違いありませんが、どちらを買うか悩んでる人も居ると思いますので、比較をして結論を出したいと思います。

端末については、どちらもFS030Wを使用しているため、同じです。

料金の比較

契約事務手数料はどちらも同じ3,000円となっております。

月額料金 1年間の総額 2年間の総額
ギガゴリWiFi 1年目 2,350円
2年目以降 2,850円
31,200円 65,400円
NEXTmobile 2,400円
3年目以降 2,900円
31,800円 60,600円

1年で解約する場合は「ギガゴリWiFi」の方が600円安いです。

さらに、ネクストモバイルは2年契約となっておりますので、1年で解約すると契約解除料が請求されてしまいますので、おすすめできません。

料金での結論としては、1年で解約可能性がある人は「ギガゴリWiFi」、2年使う予定がある人は「ネクストモバイル」です。

契約期間の縛りの比較

  • ギガゴリWiFiは1年契約
  • NEXTmobileは2年契約

となっております。

これらを比較した際に、1年後さらに安いWi-Fiが出てる可能性もありますので、契約期間は短い方が良いです。

契約解除料についても確認しておきます。

1年目 2年目 更新月
ギガゴリWiFi 18,000円 8,000円 13ヶ月目 0円
25ヶ月目 0円
NEXTmobile 19,000円 14,000円 25ヶ月目 0円

上記の通り、ギガゴリWiFiの方が契約期間中の途中解約時の違約金が安いです。

契約途中でどうしても解約しないといけないという状況を考えると、ギガゴリWiFiを選んだ方が良いです。

ギガゴリWiFiとネクストモバイルの比較の結論

「料金」と「契約期間の縛り」で見てきましたが、ネクストモバイルも安いのですが、契約期間1年という短い点を考えると、「ギガゴリWiFi」の方がおすすめです。

契約途中解約時の違約金も「ギガゴリWiFi」の方が安いので何かあった時も助かります。

ギガゴリWiFiとネクストモバイルの比較の結論としては、

  • 料金が安く
  • 解約違約金も安く
  • 契約期間も短い

となっており、「ギガゴリWiFi」の方がおすすめです。

「ギガゴリWiFi」と「どんなときもWiFi」を比較


2019年3月に販売が開始された元祖無制限WiFiの「どんなときもWiFi」です。

無制限という事で人気を集めていましたが「ギガゴリWiFi」と比較した場合、どちらがおすすめなのでしょうか。
※2020年3月18日頃から「どんなときもWiFi」は通信障害が発生しており速度が遅いためおすすめできません。

なお、ギガゴリWiFiの使い放題の「50GBプラン」も2020年3月22日頃新規受付を終了しましたので、大容量の通信をしたいという人はWiMAXがおすすめです。

WiMAXについて詳しくは「WiMAXのキャッシュバック・月額料金を比較~おすすめプロバイダランキング~」をご覧ください。

まとめ「ギガゴリWiFi」はおすすめできる!

ギガゴリWiFiはGMOとくとくBBが送り出した、最安値のポケットWiFiです。

  • 20GB 月額2,350円←最安値
  • 30GB 月額2,650円←最安値

どのプランを選んでも、安く使えるのが特徴です。

しかも、契約期間は1年間と短いため、5GのポケットWiFiがでたら直ぐに乗り換える事も可能ですね。

ギガゴリWiFiの公式サイトはこちら