ポケットWiFi

hi-ho Let’s Wi-Fiのキャンペーン及び制限と注意点について

「hi-ho Let’s Wi-Fi(ハイホーレッツワイファイ)」は月間200GB超えのポケットWi-Fiとして今注目を集めています。

最近のポケットWiFiは100GB制限が多いけど、それよりも使えるって事?
そうだよ!hi-ho Let’s Wi-Fiなら使い方次第で月間200GB以上も可能

ポケットWiFiを利用して大容量使いたいという人にhi-ho Let’s Wi-Fiはおすすめです。

このページでは「hi-ho Let’s Wi-Fi」のメリット及びデメリット(注意点)を解説していますので、契約前に参考にしてくださいね。

12月のキャンペーンについて

0円スタートキャンペーンを開催中。
初月0円2ヶ月目月額2,980円という格安にて始める事が出来ます。

hi-ho Let’s Wi-Fiについて

hi-ho Let’s Wi-Fiは「1日7GBの通常プラン」及び「1日4GBのライトプラン」の2つのプランが用意されています。

どちらも、契約期間は2年間のポケットWiFiです。

電波については、今流行りのクラウドSIMを利用しているため、SoftBank、docomo、auの3キャリアの最適な電波を受信します。

運営会社について

運営会社は「株式会社ハイホー」です。

hi-hoでは、

  • hi-hoひかり
  • hi-ho WiMAX
  • hi-ho GoGo WiFi(新規受付停止)

といったWiMAX及びインターネット回線の販売も行っており、通信業界では信頼のおける企業です。

運営会社に何か問題ないかと心配する人も多いですが「株式会社ハイホー」は問題ないです。

hi-hoのホームページはこちら

料金について

下記の料金表は1日7GBの通常プランの料金です。

月額料金 初月:0円
2ヶ月目:2,980円
3ヶ月目以降:4,300円
端末代金 0円
事務手数料 3,000円⇒0円
契約期間 2年間
解約違約金 開始~11か月目:18,000円
12ヶ月目~:9,500円
※更新月は0円
通信量 1日7GB

※ライトプランは月額3,480円、ライトプランの解約違約金は更新月以外9,500円です。
※キャンペーン中のため初月、2ヶ月目の料金が安くなっています。

他の100GBや1日3GB、5GBのポケットWiFiと比較すると料金が高いね。
そうだね。でも、大容量使いたいならハイホーのプランは良い感じだよ!

実は、1日7GB迄高速通信ができるサービスは他にありません。
※限界突破WiFiは1日5GB、縛りなしWiFiは1日2GB、WiMAXは3日で10GB等

また、端末は0円で返却不要となっております。

解約時に返却しないで良いのは助かる!

料金は少し高い設定ですが、1日7GBの大容量を考えると妥当と言えます。

端末について

「hi-ho Let’s Wi-Fi」にてレンタル可能の端末は「U2s」です。

U2sと言えばクラウドSIMでお馴染みの端末です。

端末のスペックとしては、

  • 最大速度下り150Mbps,上り50Mbps
  • 同時接続台数5台
  • クラウドSIM(SIMの挿入不要)
  • 連続通信時間、最大13時間

となっており、電源ONからネットが利用できるようになるまで、1~2分前後時間がかかるというデメリットはありますが、それ以外は普通のポケットWiFiと変わりません。

連続通信時間も最大13時間となっていますので、外出時の利用にも最適です。

キャンペーンについて

hi-ho Let’s Wi-Fiでは「0円スタートキャンペーン」を開催中です。期間は未定となっております。

キャンペーン内容としては、

  • 初月0円
  • 2ヶ月目:2,980円
  • 事務手数料が0円

といったキャンペーン中です。

最初の2ヶ月が格安で利用できるキャンペーンとなっており、通常3,000円かかる事務手数料も0円です。

初めの負担を減らして利用が開始できるため、かなりお得なキャンペーンです。

キャンペーンは通常プラン・ライトプランどちらでも適用されるの?
そうだよ!どちらも初期費用0円で利用可能!

hi-ho Let’s Wi-Fiの公式サイトはこちら

hi-ho Let’s Wi-Fiのメリットについて

hi-ho Let’s Wi-Fiの契約を悩んでる人も居ると思います。

ここでは、メリット及び特徴についてみていきます。

1.1日7GBの大容量通信が可能!?

1番の特徴としては「1日7GB」迄高速通信が可能という事です。

例えば、WiMAXなら「3日で10GB」、縛りなしWiFiは「1日2GB」、限界突破WiFiは「1日5GB」といった縛りがありますが、「hi-ho Let’s Wi-Fi」の場合は1日7GBと他よりも多く通信量が利用可能です。

動画視聴をする人や、アプリで長時間ネットを使うという人には1日7GBの「hi-ho Let’s Wi-Fi」はあってます。

但し、1日で7GBを超えてしまうと翌々日が速度制限となり、速度は128Kbps以下とかなり遅いので、1日7GB超えるかもという人にはおすすめできません。

1日7GB迄なら高速通信が可能。但し料金は高めなのでお財布事情と相談して決めてください。

2.端末は無料

hi-ho Let’s Wi-Fiの端末は無料でお使いいただけます。

端末費がかからないのは、ポケットWiFiを利用するうえでメリットとなります。

なお、レンタルではないため

  • 利用後は返却が不必要
  • 傷等がついても問題なし

という特徴もあります。

端末費無料で返却する必要はありません。

3.キャンペーンにより初月0円、2ヶ月目2,980円と格安で利用可能

hi-ho Let’s Wi-Fiでは、「0円スタートキャンペーン」を2020年7月31日まで開催中です。

こちらのキャンペーンでは、

  • 初月0円
  • 2ヶ月目2,980円

と2ヶ月間は格安でお使いいただけます。

最初の1,2ヶ月はあまりお金をかけられないという人でも、安く使えますのでおすすめです。

3ヶ月目以降は4,300円と少し高くない?
そうなんだよね。料金を安く抑えたいという人には向いてないよ。

キャンペーン中に申し込めば初月は0円2ヶ月目は月額2,980円と安く利用できます。

4.クラウドSIMを利用のため広いエリアで利用可能

hi-ho Let’s Wi-FiはクラウドSIMを利用しています。

そのため、「docomo」「softbank」「au」の3キャリアの最適な電波を利用することができます。

WiMAXの場合、地下鉄などで電波が切れる事が多いのですが、ハイホーレッツワイファイなら、建物内や地下鉄でも電波が入りやすいです。

電波に不安という人にも、クラウドSIMのhi-ho Let’s Wi-Fiはおすすめです。

私の家、田舎だけど電波入るかな?
実際に試してみないとわからないよ!

広いエリアで使えるからと言って、自宅に電波が入るかは使ってみないとわからないというのが正直な意見です。

購入して電波が入らなかったら最悪じゃない?
電波が入らなかったり、速度に満足できないという人向けに、初期契約解除を設けているよ!

初期契約解除については、次の「5.初期契約解除が可能」を見てください。

5.初期契約解除が可能

hi-ho Let’s Wi-Fiでは、初期契約解除も可能となっております。

初期契約解除を希望の方は、商品受け取り日より8日以内に「hi-hoインフォメーションデスク」までご連絡してください。

■hi-hoインフォメーションデスク
TEL:0120-858-140
携帯から:0570-064-800
営業時間:9:00-18:00 (平日・土日祝ともに)

注意点としては、初期契約解除の申請後7日以内に端末及び同梱物一式を返却する必要があります。

返却期日を過ぎてしまった場合や、返却物に欠品がある場合は、14,000円の機器損害金を請求されますので気をつけてください。

初期契約解除をしても、契約事務手数料は返金されません。なお、端末の返送料金はお客様負担となっております。

6.海外でも利用可能

hi-ho Let’s WiFiでは、クラウドSIMを採用しているため、海外でも利用が可能となっております。

空港で海外用WiFiをレンタルするのが手間だったから助かる!
そうだよね!でも、注意点があるから必ず確認してね。

hi-ho Let’s Wi-Fiを海外で利用した場合は、別途下記の料金が発生します。

利用料金
利用エリア1 1日あたり970円
利用エリア2 1日あたり1,600円

※利用エリア1は、アジアの一部エリア・オセアニアの一部エリア・ヨーロッパ・北米、利用エリア2はアジアの一部エリア、オセアニアの一部エリア、中東・中米・南米・アフリカです。詳細は公式サイトをご確認ください。

なお、海外利用時は1日あたり1GBまで高速通信が可能となっております。1GBを超えた時は、速度が256Kbpsに制限されますので注意が必要です。

海外WiFiをレンタルするよりも安く使える事が多いです。
また、レンタルする手間もなく日頃使い慣れたポケットWiFiを海外でも利用できるのは助かります。

hi-ho Let’s WiFiのデメリットについて

1.速度制限のタイミングがわかりづらい

hi-ho Let’s Wi-Fiの速度制限は、1日7GBを超えた時の翌々日が最大128Kbpsに速度が落ちます。

例えば6月28日に7GBを超えてしまった場合、6月30日が速度制限となり速度が128Kbps以下になります。

速度制限が翌々日に来ますので、肝心な時に「あれ?使えない」という事も十分起こりえますので、ご利用は計画的にお願いします。

7GBを超えなければ何も問題ないのですが、万が一、1日で7GBを超えてしまった場合は翌々日が速度制限の日となり、一日中128Kbps以下になりますので気をつけてください。

通信量の確認は「192.168.43.1」のU2sの管理画面にアクセスすれば大体どれ位利用しているか確認が可能です。

2.月間200GBは使えない?

データ容量月間200GB超えと公式サイトには記載されていますが、本当に200GB使えるのでしょうか。

速度制限ギリギリの1日7GB以内で止めればたしかに月間200GBを利用することができます。

しかし、1日でも「1日7GB」を超えてしまうと翌々日は速度制限にて、ネットの利用が難しい状況になりますので、この月間200GB超えという表記はいかがなものかと思います

理論上は200GB超えは可能です。但し、毎日7GB以下に必ず押さえないという条件付きです。

3.料金は少し高い設定

1日7GB制限というのは、2020年6月時点で他にはないのですが、月額料金4,300円は少し高い料金設定となっております。

当サイトで今おすすめのポケットWiFiと比較してみます。

月額料金 通信量
hi-ho Let’s Wi-Fi 初月0円
2ヶ月目:2,980円
3ヶ月目以降:4,300円
1日7GB
どこよりもWiFi 月額3,380円 無制限
それがだいじWiFi 月額3,250円 1ヶ月150GB

※どこよりもWiFiは今のところ無制限に利用可能です。但し、月500GBや1TB利用する方は制限がかかる場合もあります。

上記の通り比較をすればわかりますが、他のポケットWiFiの場合は月額3,000円台で利用できますが「hi-ho Let’s Wi-Fi」は月額4,300円と高いです。

料金を安く抑えたい方には「hi-ho Let’s Wi-Fi」はおすすめできません。

安いWiFiをお探しの方は「【2020年版】WiFiの料金が一番安いのは?~無制限で自宅でも外でも使える!~」をご覧ください。

4.契約期間は2年間と縛りがある

2年間の契約期間の縛りがあります。

契約期間中に解約した場合は、下記の違約金が発生します。

違約金
0~11ヵ月目 18,000円(税抜)
12~23ヵ月目 9,500円(税抜)
更新月(24ヵ月目) 0円
25ヵ月目以降 9,500円(税抜)

見ての通り1年以内の解約は18,000円と高額です、2年目以降も9,500円請求されますので、解約する際は更新月に解約した方が良いです。

契約期間の縛りがあるのはちょっと嫌だな。
そういう人には1日2GBの制限の「縛りなしWiFi」もしくは1ヶ月300GB制限の「クラウドWiFi東京」がおすすめだよ!

※縛りなしWiFi、クラウドWiFi東京は契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金はかかりません。

5.オプションの「hi-ho Wi-Fi端末補償」はちょっと微妙

hi-ho Wi-Fi端末補償は、申込時にのみ加入が可能です。

補償内容としては、

  • 正常な使用で故障した場合
  • 水濡れが原因で故障した場合
  • 端末機器が劣化、外部に損傷が生じた場合

となっており、一見すると普通の補償内容に見えます。

しかし、この補償には「補償対象外」になる落とし穴があるので注意してください。

補償対象外の条件について

  • お客様の過失・故意による故障
  • お客様の改造による損害
  • 盗難・紛失
  • 使用による劣化や色落ち

となっており、特に気になったのが「お客様の過失」及び「盗難・紛失」が補償対象外という事です。

他のポケットWiFiサービスの保証内容を見ると、盗難・紛失も対象だったりするサービスが多いのですが、残念ながら「hi-ho Let’s Wi-Fi」の「hi-ho Wi-Fi端末補償」は対象外です。

そのため、補償に加入していても、状況によっては無償で交換してもらえないという事です。

この補償内容だったら、オプションの補償の加入はおすすめできないね。

どうしても心配という人は端末補償に加入しても良いと思いますが、あまりおすすめしません。

【まとめ】hi-ho Let’s WiFiはおすすめできる?

hi-ho Let’s Wi-Fiの特徴をもう一度まとめると、

  • 1日7GB迄高速通信が利用可能
  • 初月0円、2ヶ月目2,980円、3ヶ月目以降4,300円
  • レンタルのため端末代無料
  • 2年契約

となっております。

これらを考慮したうえで、当サイトの結論としては「hi-ho Let’s Wi-Fi」はおすすめできません。

その理由として、

  • Wi-Fiを大容量使いたいという方の場合は「Mugen WiFi」がおすすめ
  • 契約期間の縛りにとらわれたくない場合は「モンスターモバイル」がおすすめ

となっております。

これら3社を比較してみます。

月額料金 通信量
hi-ho Let’s Wi-Fi 初月0円
2ヶ月目:2,980円
3ヶ月目以降:4,300円
1日7GB
Mugen WiFi 月額3,150円 無制限
モンスターモバイル 月額2,980円 1日2GB

まず「Mugen WiFi」ですが、月額料金が「hi-ho Let’s Wi-Fi」よりも約1,000円以上安いです。

通信量は月100GBと大容量になっております。
hi-ho Let’s Wi-Fiと違い、1日での制限はなく月100GBを超えるまでは使い放題となっております。

さらに、縛りなしオプション(月額600円)を追加する事で、契約期間の縛りなしにて利用する事も可能です。

テレワーク、在宅勤務、リモートワーク等にポケットWiFiの契約を考えている人にもおすすめです。

【ガチレビュー】Mugen wifiのメリット・デメリット・評判を解説!Mugen WiFiは2020年4月に無制限WiFiの新規受付を停止していましたが、2020年9月7日より「月100GBプラン」のサービ...

また、「モンスターモバイル」は、契約期間の縛りなしのWiFiとして注目を集めています。

  • 1日2GB
  • 1日3GB
  • 1日5GB

とプランが豊富なため、自分に合った通信量を選べます。

なお、契約途中でのプラン変更及び、ギガのチャージも可能となっており、利用しやすいポケットWiFiとなっております。

最安値!MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)はどうなの?メリット・デメリットを解説モンスターモバイルは2020年11月6日より開始のポケットWiFiサービスです。 大きな特徴としては、料金が安く、契約期間も「1年...

最後に、無制限WiFiが信用できないという人へ

どんなときもWiFi、限界突破WiFi、THE WiFi等、多くの無制限WiFiでは、使い放題と記載してたにもかかわらず急に速度が低下するという事態が発生しました。

その点を考慮するのであれば、1日7GBという制限がついている「hi-ho Let’s Wi-Fi」を契約するのは有りです。

その理由としては、速度制限の通信量が決まっていれば、トラフィックに負荷がかかりづらく、安定した通信が可能です。

但し、何度も書いていますが1日7GBを超えてしまった場合は翌々日が速度制限となりますので気をつけてください。

hi-ho Let’s Wi-Fiの公式サイトはこちら